FC2ブログ

キノコにご用心、

 いやねえ、キノコの美味しい季節ですよね。 私も今までで食べた最も美味なるものの一つが

山で取れたキノコですね。 マッタケや椎茸にシメジやマイタケも本物は実に美味しいですが、

その中でも私が好きなのはアワタケ、クリタケ等々、知り合いの名人が採取して塩漬けにしたも

のを時々頂き、おろし和えにしたり、キノコ汁にしたものは垂涎物で天に昇る心地です。

  しかし、一歩間違えば命と引き換えというところが恐いところですね。

  以下は、「山の キノコ は食いたし、命は 惜しし。」というジレンマを報じる時宜を得たネットニュースです。

<食中毒>毒キノコは都心の公園にも 「食用」でも油断禁物

毎日新聞 10月23日(日)9時45分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000008-mai-soci

 秋を迎え、キノコによる食中毒が各地で相次いでいる。厚生労働省は、食用のキノコと確実に判断できないものは「採らない、食べない、売らない、人にあげない」の「4ない」を徹底するよう呼びかけているが、事故は後を絶たない。山中だけでなく、都心の公園でも毒キノコを採取した事案が起きている。さらに、これまで食用とされていたものに毒があることがわかり、食べることが禁じられたものもある。「採取歴が長い」とか「図鑑で調べた」から大丈夫などの安易な自己判断や過信は禁物だ。【江刺弘子】

【写真特集】食中毒の原因となるキノコ

 厚労省の統計では、毒キノコによる食中毒は2006(平成18)年から15(平成27)年に494件あり、患者1476人のうち5人が死亡した。このうち約9割が9~10月に起きている。今秋も、北海道で70代の男性が「食べられるキノコと思った」と毒キノコを食べ入院した。鳥取では高齢の男女が毒キノコをシメジと間違えて採取。また神戸市では、公園に生えていたキノコを食べた40代男性が嘔吐(おうと)や下痢の症状を発症している。

 ◇「食用だから」ともらっても食べない

 岡山市内の夫婦が9月26日、親戚からもらったキノコを食べて中毒症状を起こした。また27日には北秋田市内の一家が、知人からもらったものをみそ汁の具に使い、吐き気や下痢の症状を訴えて2人が入院している。岡山のケースは、道の駅で販売されたものだった。

 東京都福祉保健局・食品危機管理担当課長の渋谷智晃氏は、知人などから「食用だから」と言われてもらっても、食べないでと呼びかける。専門家ですら、自分が知っているもの以外は絶対に口にしないという。「ベテランでも見誤ることはある」と渋谷課長。「ベテラン=知識が十分」とは限らない。道の駅で販売されたものに有毒なものが混ざってしまったケースのように、地元の人でも見誤ることがあることは念頭に置いておくべきだ。

 では、自分で図鑑などで調べて判断するのはどうだろうか。こちらも絶対にやってはいけない。渋谷課長は、キノコの種類は膨大な数にのぼるうえ、同種でも、環境によって色あいが変化し、判別の目安がつかないものも多いので、図鑑の写真とぴったりあてはまるものは少ないと話す。そもそもキノコの生態は不明な部分も多く、形態や要素が変異することもあり、いまだ「未知の世界」という。

 ◇「食用」だったスギヒラタケも

 スギやマツなど針葉樹の切り株などに、白色のカサを連ねて生えているキノコを見たことはあるだろうか。これはスギヒラタケかもしれない。かつて食用とされてきたが、食べた後に急性脳炎になった事例が出たため、現在は、各関係機関が「食べないで」と呼びかけている。

 スギヒラタケの毒成分は現在のところ不明だが、腎臓に疾患がある人が中毒症状を起こしやすいとみられ、最悪の場合は死に至る。またスギヒラタケは地域によって「かぬが」「すぎたけ」など名称が異なるので、注意が必要だ。

 ◇食中毒トップはツキヨタケ

 厚労省の統計によると、06年から15年の毒キノコによる食中毒発生件数のうち、一番多いのがツキヨタケで206件、次いでクサウラベニタケ87件、テングタケ18件となり、この3種類で全体の約6割を占めている。

 ツキヨタケは、ヒラタケやムキタケ、シイタケと、クサウラベニタケは、ホンシメジやハタケシメジとそれぞれ誤認しやすいうえ、簡単に見分けることができない。今秋もすでに、ツキヨタケやクサウラベニタケによる食中毒が各地で起きており、毒キノコか否かの判別がつきにくいことを物語っている。

 またテングタケは、カサの表面に白いイボがあるのが特徴だが、このイボが落ちていることがあり、テングタケとは思わず採取してしまうケースがあるという。

 ことさら危険なのはカエンタケだ。ブナやナラなどに赤やオレンジ色で手の指が出ているように生えている。毒性が強く、触れるだけでも皮膚に炎症を起こすこともあるという。

 ◇言い伝えを信用しない

 派手な色をしたのは毒がある。炒めると大丈夫--。こうした世間で一般に「安全」と言われている見分け方を信用することも絶対に避けるべきだ。都の食品安全情報サイト「食品衛生の窓」には、七つの「ウソ」が紹介されている。

 (1)柄がタテに裂ける(2)地味な色をしたもの(3)虫が食べているもの(4)ナスと一緒に料理する(5)干して乾燥する(6)塩漬けにし水洗いする(7)カサの裏がスポンジ状--これらは食べても安全な証拠と伝えられているが、すべて迷信だ。

 東京都は厚労省の「4ない」と同様に、毒キノコによる食中毒防止5カ条を提唱している。(1)確実に鑑定されたもの以外は絶対に食べない(2)採取の際は、有毒キノコが混入しないよう注意する(3)「言い伝え」は信じない(4)図鑑の写真、絵にあてはめて、勝手に鑑定しない(5)食用でも、生で食べたり、一度に大量に食べると食中毒になるものがある。

 渋谷課長によると、今年は雨が多く、キノコが生えやすい環境が整っているという。湿気の多い場所を好むキノコだが、乾いた場所でも日当たりがよくない所では生育していることもあり、都心の公園にも生えている。「好奇心や興味だけで知らないキノコを食べることは絶対にやめ、ベテランと言われる人も、どこかに思い込みや落とし穴があることを心に留めておくべきだ」と話している。


毒キノコは都心の公園にも 「食用」でも油断禁物



スギヒラタケ=東京都健康安全研究センター提供




最終更新:10月23日(日)10時21分



スポンサーサイト



猛毒カエンタケ京都吉田山に

恐いキノコが有るのですね。 触れるだけでも皮膚炎を起こし、一口食べて死亡した例も多いと

言うのです。 以下は昔は山奥に敷かなかった恐ろしいカエンタケが人里近くにも現れたこと

を報じるネットニュースです。






汁を触るだけで皮膚がただれ、僅か一口[1]で人が死ぬこともある。
カエンタケは希少種で、江戸時代の文献には「大ありといへり」(「猛であるとのことだ」)と記述されていたものの、現実に猛毒きのことして一般に知られるようになったのはごく最近のことである(後述)。
を持たない棍棒状の独特の形状を持ち、その柄は時に1-2回枝分かれし、手状とも形容される。その鮮やかな赤色とあいまってまさに、「火炎の如し」である。近年ではい色のカエンタケも発見された。ちなみに、中国語ではカエンタケ仲間は「肉棒菌」とよばれる。肉棒…。

中毒

な中症状を発生させることから、本種は時に殺人キノコとも形容される。
普通、どんな猛毒きのこでも(たとえドクツルタケでも)触るだけなら問題ないとされているが、このカエンタケだけは例外で、皮膚刺があるので汁を触るだけでも危ないといわれている。しかし、触った間にただれるというわけではなく、汁に触れなければ問題ないともいわれている。実際に「触ってただれた」という例は報告されていないようだ(吐瀉物に触れたことが原因と見られる皮膚の炎症は報告されている)。
味は非常に苦い。口に含んでしまうと口の中がひどい口内炎になるといわれており、一口かじっただけで「後頭部を鈍器で殴られたようなショック」を受けたという体験談がある。
不幸にも食べてしまうと、嘔吐腹痛下痢などの消化器症状に次いで、全身の皮膚の糜爛(びらん)呼吸困難血球と血小板の減少造血機多臓器不全といったきわめて多かつ致命的な中症状が発生する。その多さから「数え厄満」と揶揄されることもある。当然、致死率は高い。致死量は3~10gであるとされる。
僅か2-3日で死に至り、そうならない場合でもこれらの症状は1かほども続く。その上、回復してもの萎縮による運動脱皮脱毛などの後遺症が残ることが多いというから、最毒きのこカエンタケを推すがあるのも頷ける。
そもそもこんな警色丸出しのきのこをなぜ口にしようと思ったか、という点であるが、ニナギナタタケとの誤食や、おそらくカエンタケの存在を知らなかった人による事故が起こっている。食用のベニナギナタタケとは、それを実際に見たことがあればまず混同しないほどの違いがあるが、初心者が図鑑の写真だけで判断したら間違えることもあるのかもしれない。とりあえずカエンタケ質がベニナギナタタケよりずっと硬いことで簡単に見分けられる。
本種が有であることが発覚した実際の誤食事故は、ある館に物しさから飾られていた本種を、酔った宿泊客が勝手に浸しにして摂取したというものであったという。摂取した5名は中症状を起こし、うち1名が死亡した。2012年現在、分かっているだけで日本では6例の誤食事故が起きており、10名が中を発症、うち2名が犠牲になっているという(実際には本図譜の記述から、過去にさらに犠牲者が出ているものと考えられる)。
成分としてはトリコテセン類を6種類(ロリジンE、ベルカリンJ(=ムコノマシンB)、サトラトキシンHとそのエステル3種)含んでいることが判明し[2]、これらに致死的な生理活性があると考えられている。トリコテセン類というと、にフザリウムというカビが含むことで知られているが、フザリウムのにもカエンタケを思わせる情け容赦のない性質がえるので納得である。例えば、F・スポロトリコデスが産生するトリコテセン類のT-2トキシンATA症(食中毒血球症)を引き起こすが、髄の造血機が徹底的に破壊されて致死率は30-80%である。カエンタケの中症状にも造血機がある。

発生傾向

このようにな中症状を発生させ、その強すぎる性で半ば都市伝説になっている本種であるが、その性の強さに反して中例はさほど多くない(上記の通り誤食事故6例、中者のべ10名)。論その見たの禍々しさから口にすることをっている人間も少なくないと思われるが、どちらかと言えば本種自体の発生が稀であることが理由としては大きいであろう。
しかしながら、レア種であるからと言って安心は出来ない。
近年、レア種であるの本種が大発生する事例が見られるという。その原因として、木が大量に枯死する「ナラ枯れ」の発生が摘されている。ナラ枯れは「カキノナガキクイムシ」という寄生木に寄生することで媒介されるが、このナラ枯れで枯死した木に、本種が好んで発生する傾向があるという(カキノナガキクイムシが本種を媒介している訳ではない)。実際にナラ枯れの発生が確認された地域と、本種の発生が確認された地域を地図で重ね合わせると、しばしば重なりあうことが分かっている。
カキノナガキクイムシの大発生の原因については諸説あるが、木を燃料として使わなくなったことや、管理を行う人間が居なくなったこと等による里山の荒が原因である、とする説が有であるという。はある程度人によって整理された方が健全な状態を保てる場合がある。闇矢と伐採することや、過剰に管理することを推奨する訳ではないが、ナラ枯れとカエンタケの大発生は、人と里山との付き合い方というものを再考すべきである、とする、自然からの警告であるのかも知れない。

自生発見時の対処法

もし自らの所有している敷地や山などでカエンタケが自生しているのを発見した場合、決して触らず、速やかに最寄りの保健所などに連絡するのが望ましい。
素手で触らずに分厚い手袋で摘み取り、地中に埋めるという方法も存在するが、これで全に対処出来る訳ではなく、直ぐにまた生えて来る事がどなのだという。
危険なので、決して自分一人で解決しようとは思わないように。

「触るだけで危険」猛毒キノコ 散歩コースの京都・吉田山に



 京都市左京区吉田中大路町の吉田山の山道でこのほど、猛毒のキノコ「カエンタケ」が見つかった。付近は通学途中の小学生が歩いたり、住民が散歩コースとして利用している。市は「触るだけでも危険。近寄らないで」と注意を呼び掛けている。
 カエンタケは赤やオレンジ色で、細長い円柱状の形が特徴。人間の指にも似ている。毒性が強く、食べると死に至る可能性があり、触れると皮膚の炎症を起こすとされる。
 9月27日朝、近くに住むミュージシャン末松よしみつさん(61)が犬の散歩中に見つけた。地表に現れた朱色のキノコを見て「赤い鬼の角のようで、おどろおどろしかった」とフェイスブックに掲載した。知人がカエンタケと教えてくれた。
 住民から連絡を受けた市左京保健センターが30日に除去し、切り株に危険を伝える注意書きを設置した。同センターによると、左京区内では昨年10月に若王子町の山中でも目撃されたという。
 今月初めに末松さんが現場を訪れると、再び数本のカエンタケを確認したという。同センター職員が7日、再び除去作業を行った。末松さんは「菌を完全に除去するのは難しいかもしれない。子どもや散歩の犬が気付かず踏んでしまわないか気になる」と話している。
最終更新:10月8日(木)



触るだけでも危険

東大阪市(2015年9月28日)
産経新聞(2015年8月1日)

京都市の吉田山の山道で発見

Yahoo!地図

猛毒キノコ多発生

ブナ枯れでカエンタケが大発生。

カエンタケが大発生している様です。触れるだけでも炎症をおこし、食べると脳障害が残る危険も在る様です。
 
下は、昨年の猛暑で秋に毒キノコが大発生し食中毒が多発した記事です。
 

猛毒「カエンタケ」森林拡大、触れるだけで皮膚に炎症

読売新聞(ヨミドクター) 8月26日(金)11時45分配信
http://amd.c.yimg.jp/amd/20110826-00000304-yomidr-000-0-thumb.jpg
拡大写真
発生が広がっている猛毒キノコ「カエンタケ」(滋賀県森林センター提供)
 猛毒キノコ「カエンタケ」の発生が滋賀県内の森林で広がり、県は注意を呼びかけている。

 カエンタケは表面に触れるだけで皮膚に炎症を起こすほか、食べると下痢、嘔吐、運動障害などの症状が出て、死に至る場合もあり、県は「触ったり食べたりしないよう、注意してほしい」としている。

 県森林センターによると、カエンタケは、円筒形のほか、手の指のような分岐したものがあり、15~3センチの大きさ。表面は赤色。1999年に新潟県で、2000年には群馬県で死亡した例があり、致死量はほぼ1本分の3グラムという。

 枯れたコナラの地中の根から生えることが多い。ナラ類の木々が大量に枯死する「ナラ枯れ」が近年、県北部から南部にも広がったため、カエンタケも県全域に分布し始めたという。今月、野洲、大津、長浜市内の広葉樹林内で見つかっている。

 同センターは「5本の指に入る猛毒キノコ。食べると小脳に後遺症が残ることもあり、気をつけてほしい」としている。
 
 

下は去年の記事ですがやはりこの季節は毒キノコに要注意です。

クサウラベニタケとツキヨタケ、ニガクリタケなどなど
 
 

プロの目も欺かれる

ツキヨタケ(厚生労働省提供)
ニガクリタケ(厚生労働省提供)
 毒キノコによる食中毒が、全国で相次いでいる。
 食中毒患者は10月20日までに全国で209人(72件)に達し、過去5年で最多だった2007年の199人(60件)を突破。新潟県では10年ぶりに「発生警報」を発令する事態となっている。
 厚生労働省によると、毒キノコの販売や食中毒が確認されたのは26都県に上る。クサウラベニタケとツキヨタケ、ニガクリタケが食中毒の主な原因。福島県では、クサウラベニタケを食べた2人が、吐き気や下痢などを訴えて一時入院した。
 最も患者が多いのは41人(16件)の福島県。県きのこ振興センター(郡山市)の青野茂専務理事によると、夏の猛暑で土中の温度がキノコの菌に最適な25度前後となり、9月中旬以降の気温低下と雨がキノコの生育を一気に促したという。
 青野専務理事は「豊作との評判を聞き、多くの素人がキノコを採っている」と分析。“プロ”の目が欺かれるケースもあり、同県平田村や東京都墨田区などではクサウラベニタケやニガクリタケが販売されていた。
 採ったキノコは、保健所などで鑑定してもらうことが大事。毒キノコの見分け方は、厚労省がホームページに掲載している。
2010年11月4日 読売新聞)

ジャガイモタケ

 

 ジャガイモですね!! 爆!!  でもねこれは畑に成っているジャガイモでは有りません。
 
近くの空き地に毎年生えて来るジャガイモタケです!!
 
 去年の記事はこちらです。 http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/41398706.html
 
年によって色が少し違いますが大体こんなものです!! おいしそう!!

 あたりに沢山生えています。一応食べれますが匂いがきつく「食用不適」だそうです。
 大きさも色も形もジャガイモそっくりですが中を割った瞬間は白っぽくすぐに濃い青に変色します。

  最後は、全然いい匂いがしてこないのでジャガイモタケに辟易してアクビいるラブチャンです。

ガンタケ、ホコリタケ

今年はキノコが多いですね!! またキノコですよ!! 爆!!  

 これはどう見てもテングタケの仲間ですね!! でも色から見るとガンダケの様です。勿論毒キノコですが食べれないほどの猛毒では無いそうですよ!! どなたか要りませんか!! 爆!!  

 美味しそうでしょう!! 爆!!  そしてまたラブちゃんがキノコを見つけました!! 

これは何でしょうかね!! 

分かりませんね!! 爆!!  
そうしてお家に帰り着くと!! ヤ!! 何処かで見たキノコですね!! 

ラブちゃんの右上にアンパンが在りますね!! 

 これですね!! 美味しそうですよ!! これどうやらホコリタケの大きいやつですね!! 剥がしてみましょう!! 

おい!! らぶちゃん美味しいよ!! いらないかい!! 
 
いらない!! 爆!! 
 
これキツネノチャブクロとも言ってもっと小さくて白いのは立派な食用キノコなんだよ!! 
これもう2~3日すると上に噴火口の様なものが出来て叩ったり触れると煙の様な胞子を吐き出すよ!! 
 

あれ!! ラブちゃんソッポを向いてしまいました!! 爆!! 
しょうがないね!! じゃあこれはまた元に戻しておく事にするよ!!  
プロフィール

油食林間

Author:油食林間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR