FC2ブログ

ラブちゃんの掃除






ラブちゃんの掃除

 先日はラブちゃんのお風呂を紹介しました。 実はラブちゃんにはもう一つ大好きな事があるのです。

 それはラブちゃんの掃除です。

  一体どう言う事かというと掃除機さんに体を吸ってもらうのが大好きなのです。

 何時も大きな掃除機を使っていますがこの掃除機を押し入れから取り出すと、その音を聞きつけたラブちゃんが必ずやって来ます。

  掃除機さんの近くにデンと座り込んで動こうとしません。「早く私を掃除して!!」と言っているのです。

 シランプリをしているとあくびをして退屈そうです。

  掃除機のスイッチを入れると狂喜して近寄っています。興奮して動き回るので目や耳を吸っては行けないので足でラブちゃんの首を挟んで首の周囲や胸の当たりを吸ってやります。

  気持ちが良いらしく大喜びです。 背中やお尻やシッポまで一通り吸ってやると満足した様です。

  やっと私を離れました。これ実は、掃除機を出すと必ずして貰いにやって来るのです。

  大抵の犬は掃除機が嫌いなのだそうですが、ラブちゃんは掃除機に吸ってもらうのが大好きでこまった物です。

スポンサーサイト



「死の商人」とアメリカ軍需産業

昔から「死の商人」という言葉がある。嫌な言葉だ。死の商人とは、軍需品を製造・販売して大儲けをする資本家や会社のことだが、彼らにとっては戦争、ないしは戦争の危機がないと商売にならない。したがって、いつでもこの世を戦争状態に持っていこうとする。要するに“ハゲタカ”のような連中なのだ。

「死の商人」の定義はこのくらいにして、オルタナティブ通信の今日の記事(末尾にリンクしておく)によると、アメリカの軍需産業の兵器販売総額は2008年度で、公式には340億ドル、闇取引を含めると2700億ドル余り(約27兆円)に達するという。 この売上高は対前年度比で45%増という物凄いもので、大不況に喘ぐ他の産業を尻目に好景気を謳歌しているのだ。正にアメリカ最大の成長産業なのである。
アメリカに限らず、世界の多くの国は兵器を輸出しては儲けてきた。それは世界中に戦争や内乱などが起こるためであり、また 軍需産業は意図的に戦争を引き起こそうと努力する。よく「軍産複合体」という言葉を聞くが、これは軍需産業と軍部・政府が結託して戦争への準備、あるいは戦争の誘発を進める体制のことである。(少なくとも私はそう理解している。)
世の中が不景気になると、戦争でも起こせといった機運になることがある。今のアメリカがそうなのかどうかは知らないが、軍需産業が大好況ということはそういう面があるのかもしれない。アメリカはイラクから撤兵の方針だが、逆にアフガニスタンへの軍事介入は強めるようだ。それはオバマ大統領の就任演説からも窺えることで、軍需産業はこれからアフガンで大儲けしようとしている。いや、すでにアフガン地域で売上げを急伸させているという。

同じくオルタナティブ通信で興味深い記事を見つけた(これも末尾にリンクしておく)。 日本がアメリカから購入しているパトリオット・ミサイルはレイ・セオン社製だが、その経営者はチェイニー前副大統領である。一方、北朝鮮の核ミサイル開発を行なっているのはイスラエルのアイゼンベルグ社だが、その経営者もチェイニー氏なのである。 ほんまかいなと思ってしまうが、日本と北朝鮮がもし戦争寸前の状態になったら(そんなことは考えたくないが)、双方がミサイルを増強するから、儲かるのはチェイニー氏が経営する会社になるという“仕組み”である。これこそ「死の商人」の典型である。 チェイニー前副大統領はこれまで、湾岸戦争やイラク戦争などで大儲けしてきたが、そのことに触れるのは止めよう。(余談だがアメリカには、アジア人同士を戦争させて疲弊させ、その間に“漁夫の利”を占めようという戦略があることを付言しておく)

日本も戦後間もなく、朝鮮戦争が起きたため「朝鮮特需」で経済が復興した経験を持っている。別に日本が武器を輸出したわけではないが、戦争に絡むいろいろな需要が起き、どん底の経済状態から一気に回復への道を進むことができた。
そう考えると、嫌な言い方だが戦争も“ビジネス・商売”なのだ。アメリカの年間軍事予算は約50兆円、日本の防衛費の10倍ほどの巨額のものだが、米軍需産業はその恩恵にあずかるだけでなく、世界中に兵器を輸出して大儲けしている。
戦争は良くない、戦争は止めようと言っても、世界の経済構造がそうなっているのだ。したがって、どこで戦争が起きてもおかしくない。それが現実なのだ。
はたして、人類はこうした「戦争経済構造」からいつ脱却できるのだろうか。人類が戦争を行なう限り、死の商人は決して無くならないだろう。(09年1月30日)

http://alternativereport1.seesaa.net/article/113375096.html
http://alternativereport1.seesaa.net/article/73617435.html


転載元: 矢嶋武弘のページ

ラブちゃんのお風呂





ラブちゃんのお風呂

 今日は午前中大変良いお天気でした。

  おまけに大変暖かいので月に一度のラブチャンのお風呂の日にしました。

  お湯をかけてシャンプーでゴシゴシと洗います。

  ラブちゃんは小さい時からお風呂大好き犬!! 大喜びで動き回り、シャワーで水をかけるとブルブルブルと狂喜して喜んでいます。

 最初の写真は、綺麗にシャンプーを濯ぎ終えてお風呂から出てきた所です。

 まだ興奮しています。

次の写真は一度タオルで拭いた所です。かなり落ち着きました。

  水が毛から垂れなくなったのでストーブの前に連れて行きました。 デンと座り 神妙な顔をしています。

  最後は20分程して毛が乾ききり、興奮も収まり落ち着いた所です。

 これで月一回の割合でしているラブちゃんの大好きなお風呂は終わりです。  

  次は2月の末か3月の初めです。

スズメとヒドリガモ











スズメ

  最近朝早と夕方にはスズメが沢山やって来てチュンチュン鳴いてかなりウルサイのです。

  一体何羽位いるのか分からないが2~3百羽はいるらしい。

 田圃に稲穂が色づいた頃にはこの倍位を良く見かけるが、その時は早朝からチュンチュンとさらにうるさい。一斉に飛び立つ羽音もバタバタバタとかなりの物です。

  野中の一軒家だけあって丁度手ごろなのか雀さんは集合場所にしているらしい。朝方と夕方になると2~30羽位の群れがどこからともなく集まってきて、使われていないテレビのアンテナや柿の木や合歓の木の高い枝に鈴なりになっています。

  望遠鏡を持ち出して撮ってみました。居ます居ます。目まぐるしく飛びかって楽しそうです。

  こんなに沢山の鳥が食べれるほどの餌が一体何処にあるのか不思議ですが、皆元気そうにしているので今の所、食べ物の心配は全く無い様です。

 羽毛もふっくらとしていて冬の寒さも全く気にしている様子はありません。

 あくせくして明日の食べ物や着物の心配をしている人間どもをあざ笑っているかの様です。

  私も「空の鳥を見なさい。」と言われたキリストの教えに従ってよくよく雀さんでも眺めて勉強してみますね。

  最後の写真は、お隣の塔田池にのんびりと浮かんで、首を曲げて我が家の方の雀さんを眺めているヒドリガモの雄です。 

昆陽池のまとめ






今日は昆陽池の全体像をご紹介します。

一番最初の図面は江戸時代の昆陽池の様子です。実際にはこの左下にもう一つ巨大な昆陽下池があった様です。

 次の写真は昆陽池の南西に有った戦国時代の有岡城です。織田信長に謀反を起こした荒木村重の居城で、珍しい町民の住まい毎防塁で囲んだ惣構の構造になっています。

 次の銘盤は、伊丹市の教育委員会が設置した昆陽池の謂われを記したものです。 

 4番目の写真は池の東北端にある市立の昆虫館です。 入り口には巨大な動く蜜蜂の模型があり、中には甲虫類の生態や、巨大な温室には年中蝶が沢山舞っています。

  最後は、残された水面の様子で水源地になっている部分です。この向こうにも広い野鳥の池がありその池の中央には日本列島の形をした野鳥の島があります。右端に見えている温室の屋根が上記の昆虫館です。

  ★今までの記事はこちらです。 

ユリカモメ : http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/38346403.html

昆陽池 URL: http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/38367617.html

昆陽池の野鳥 http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/38437568.html

■以下は参考リンク。

伊丹市昆虫館  http://www.itakon.com/

昆陽池公園 http://www.city.itami.lg.jp/SHISETSU/_8275/0003863.html

有岡城 http://www.miyatasan.com/~yagifau/fujinamiism/ariokajo.htm

小西酒造 http://www.konishi.co.jp/html/sitemap/index.html

年貢を集める言葉 (箴言 30章1節)

リクエストをありがとうございました。 早速直訳です。

ヘブル語原典直訳 旧約聖書 箴言 30章1節

 言葉らの アグウル(集める)息子の ヤケ(保つ?)そのマサ(年貢) 口に出して言う その強い男  にイテイエル(共に私神) にイテイエル(共に私神)そしてウカル(食物?)

70人訳ギリシャ語旧約聖書 箴言 30章1節(原典では24章22節に続く)

そのらを 私のらを 言葉らを、息子よ、あなたは恐れさせられろ そして 受け入れられているを 彼らを あなたが変え理性し(悔い改め)続けている。 こう 彼が言い続けている その 男 その 信頼しているに 神に、そして 私は止め続けている。

 ヘブル語の方を翻訳にしてみます。

 アグウルの言葉、ヤケの子 それはマサの 戦士が口に出して言う イテイエルに イテイエルに ウカル。 

 コメント

お分かりの様に意味不明です。注意点ですが、ヘブル語の固有名詞は日本語と同様でそれぞれの語に意味があります。

  旧約聖書に見られる意味不明の長い系図等に見られる人名の羅列箇所は一般の翻訳ではそのまま日本語の発音に音写されていますが、それをヘブル語が持っている意味ある語として翻訳にして見ると、メッセージが必ず隠されています。 

  と言う事で、この箇所もヘブル語原典の直訳の所をご覧になって頂いては如何でしょうか。

意訳するとこうなります。

 年貢を保つ為の息子の言葉を集めた。 戦士が布告した。私と共に神 私と共に神 そして食物。

以上です。 

カシラダカ

カシラダカ

 今日、 夕方のサンポからかえってラブチャンのハーネスを外してやると、
何か見つけた様です。
 http://bible.ne.jp/brog/img/bird/1.jpg
 地面にいる小鳥さんです。最初はスズメかと思いましたが冠羽があり
カシラダカの様です。
 http://bible.ne.jp/brog/img/bird/2.jpg

  しかし、どう言うわけかじっとしています。ラブちゃんがクンクン
しても全く動きません。しかし、目は開いていて地面に立っています
ので死んでいる訳ではありません。

 暫くしていくとまだ同じ場所にじっとしています。
何処か具合でも悪いのでしょうか?おそらく今日は急に冷えたので
体温調整でも狂って動けなくなったのかも分かりません。 

 しかし、こんな所にいると猫やイタチに見つかってやられてしま
うのでどうしょうかと思いました。

 倉庫のシャッターを開けて何か無いかと思うと、在りました。
リンゴの入っていた水色の発泡スチロールです。 
 http://bible.ne.jp/brog/img/bird/3.jpg

 逆さにして出口を作り、そっと上からかぶせてやり、風で飛んで行って
しまわない様に小石を乗せておきました。

  一時間程して夕暮れに行ってみるともうそこには居ませんでした。
元気になって何処かへ飛んで言った様です。良かったと思い片づけようかと
思いましたがそのままにして置きました。


  日がとっぷりと暮れて今(23時48分)見るとまた居ました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/bird/4.jpg

どうもこのお家が気に入った様です。最後の写真です。
どうやら今日はこの発泡スチロールのお家に泊まる事にした様です。

昆陽池の野鳥

昆陽池の野鳥

 昆陽池は都会に残された貴重な水場で沢山の野鳥が
冬を過ごす為に集まって来ます。

 野鳥の餌場もありこんな感じです。
 http://bible.ne.jp/brog/img/koya/111.jpg

伊丹市の公園になっていて何カ所かに野鳥の一覧が在ります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/koya/116.jpg

野鳥達は殆ど人間を恐れないので近づいても全く逃げる様子がありません。
こんな感じで野鳥が撮れます。

 http://bible.ne.jp/brog/img/koya/117.jpg

池に集まって来るのは野鳥ばかりではありません。
こんな生き物も居ます。

 http://bible.ne.jp/brog/img/koya/113.jpg

ヌートリアです。 きっと野鳥の餌をかすめているのでしょう。
丸々と太っています。

勿論毛づやの良いカラスも沢山居ます。

 http://bible.ne.jp/brog/img/koya/112.jpg

ハシブトガラスの様です。他にも色々なカラスが沢山居ます。
しかし、カラスは色々な所で人間に酷い目にあっているらしく
近づくとサッサと逃げていきます。

マガモも沢山居ます。

 http://bible.ne.jp/brog/img/koya/114.jpg

もちろんアヒルも居ます。

 http://bible.ne.jp/brog/img/koya/115.jpg

そしてハトも
 http://bible.ne.jp/brog/img/koya/118.jpg

今日は以前ご紹介した昆陽池の野鳥たちの簡単なご紹介でした。

ヤハウエは王 (箴言24章21節22節)

箴言24章21節22節のリクエストをありがとうございました。

早速直訳です。
 
■旧約聖書ヘブル語原典直訳 

箴言24章21節 あなたは恐れろ を ヤハウエ 息子の私 その 王 共に 換えているらは 無い あなたが自分自身を抵当さしているは 

22節 その時 不意に 彼が立つ 苦難彼ら そして荒廃 両者彼ら 誰が 知っている 。

▲旧約聖書ギリシャ語70人訳 原典直訳

箴言24章21節 あなたは自分の為に恐れろ その 神を、息子よ、そして 王を そして ひとつも無い 彼らの あなたが非服従した(為)。
22節 突然 そして 彼らが確かに生じる その 不敬神らを、その も 復讐らを 誰が 彼が確かに自分の為に知る?

■ヘブル語を翻訳にしてみます。
箴言24章21節 あなたは恐れなさい ヤハウエを 私の息子よ。 彼はかけがえの無い王です。他にはあなた方自身を差し出してはいません。
22節 苦難や荒廃が突然に起きる事を誰が知っていますか(神様だけです。)

▲70人訳は一般の翻訳と同じようですので翻訳はやめておきます。

■コメント  

ここで言われている王は■ヘブル語原典で見る限りはヤハウエの神様と思われます。

その事が分かるもう一つの理由は箴言はバビロンの捕囚期間中かあるいはその後に記されたと思われるからです。イスラエルお王やダビデ王朝は地上から消滅していました。 

  もし、神様である事を否定して、ことさら翻訳の様に神では無く、地上の王様として訳出するとどうなるでしょうか?

   聖書の箴言が記されたのが捕囚期とすると、この王は当然バビロンの王ネブカデネザルかメドペルシャの王のアルタシャストと成る可能性が大きいからです。
 
 そんな不可解な事を聖書が命じるのは不自然です。
 
 しかし、▲70人訳の聖書が紀元前200年頃にエジプトで訳出された時には、プトレミー王朝のギリシャ人王朝が支配していました。この王朝の一人の王が聖書のギリシャ語訳を命じた訳ですから当然、70人訳は神様ではなく王様を恐れる様に翻訳される次第です。

 まあ、70人訳の王を今日の私達に当てはめるならば、合衆国大統領のオバマ氏と言うのが妥当かと思います。
 
  まあ無理をして、箴言の著作年代をイスラエルやユダ王国が滅びる紀元前7世紀より古い時代に書かれたと見なし、さらに神様と王を別だという一般の翻訳の様な訳出をして、是が非でも神様が立てた王様に従えとする事もあながち間違いと言い切る事は出来ないかも知れません。
 
  以上です。  

the time has come to set aside childish things.(子供じみた事はやめる時が来た)

the time has come to set aside childish things.(子供じみた事はやめる時が来た)

オバマさんの就任演説で聖書が引用された。一体何処だろうと思うが思い当たるのは有名な新約聖書の第一コリント13章11節だ。

愛の章として良く結婚式で引用される箇所で、多くの方は何処かで聞き及びのあることであろう。

しかし、どの訳から引用されたのかは定かではない。以下に関係があると思われる訳を記してみたい。

NKJV 1Co 13:11
When I was a child, I spoke as a child, I understood as a child, I thought as a child; but when I became a man, ●I put away childish ▲things.

NETBible When I was a child, I talked like a child, I thought like a child, I reasoned like a child. But when I became an adult, ★ I set aside childish ■ways.

分かる事だがNETBibleからは★「 I set aside childish」が引用され 「■ways.」の部分はNKJVから ▲things.が引用された物の様だ。

私は入手出来なかったが オバマ氏引用通りに翻訳されている訳があるのかもしれない。
見つけられた方は是非コメントにてご紹介頂きたい。

参考の為に以下に聖書の英翻の訳比較の出来るサイトのリンクを記しておく。

http://net.bible.org/verse.php?book=1Co&chapter=13&verse=11

この箇所に関しては幾度かこのブロクでも解説したのでこちらもご笑覧頂きたい。

この箇所の背景は以下をご覧ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/35825536.html

■ さて新約聖書のギリシャ語を以下に直訳にしてみます。

★1コリント 13章11節 

11 ・その時 私たちは である 幼児 、私たちは話していた 様に 幼児、私たちは考えていた 様に 幼児、見なしていた 様に 幼児、それは なった 大人、やめた そのを その 幼児の。

幾つかの英訳も参考の為に以下に記します。

KJV but whenI became a man,I put away childish things.
Ma but on becoming a man I wasthrough with childish ways.
RSV whenI became a man,I gave up childish ways.
WEB Now that I have become a man, I have put away childish things.

★翻訳にしてみます。

幼児の時には、私達は幼児の様に話し、幼児の様に考え、幼児の様に判断した。大人になって そう言う事はやめた。

■コメント

オバマさん、かなり大変な箇所を引用されました。 今までのアメリカは幼稚であったが、今は大人なのでそれをやめようと言うのです。

こんなきつい事を表面だけのキリスト教国で公然と言って後々問題にならないのでしょうか?

本当にアメリカ合衆国は大人の国になったのか? 今までしていたワガママや、喧嘩やマネーゲームなどという幼稚な事がやめれるのか、見守りたいと思います。

参考 以下は新約聖書中の幼児や子供や幼稚な教えに関する関連箇所。

ロマ8章17節。
1コリント4章14節、13章11節、14章20節。
ガラテヤ3章25節、4章1節3節、4章9節。
エペソ4章14節。
ヘブル6章1節

オバマ氏への公開質問状

 http://bible.ne.jp/brog/img/pink/obama.jpg


 http://bible.ne.jp/brog/img/pink/mhadeelk.jpg

アメリカ次期大統領バラク・フセイン・オバマ氏へ
元マレーシア首相マハティール・モハマドより

2009年1月1日

大統領殿
私はマレーシア人なので、大統領選挙であなたに投票はしていません。しかし、私自身もアメリカ人の一人のような気がしています。というのも、あなたの言動は私や私の国にまで影響を及ぼすからです。あなたの言う“Change”を私は歓迎します。実にあなたの国、アメリカ合衆国は多くの変化を必要としています。アメリカとその国民が世界の憎まれ者になった所以です。ヨーロッパ人までが、あなたがたの傲慢さを嫌悪しています。かつては、多くの占領地を解放し、あなたがたは世界から賞賛され、歓迎されていたというのに。

新年の初めには、その年の抱負を語る、という習慣がありますが、あなたもすでに新年の決意をされたことでしょう。しかし、さらにあなたに以下のことについて、変化の追及をご決意いただきたく、ここに提言するものであります。

1.殺人を止めなさい。アメリカは目的達成のためなら戦争という名の下に、見境なく人を殺します。しかし、今日の戦争はプロの兵士たちが互いを殺しあうのではありません。多くの、一般の罪のない人々を殺すのです。そのうち世界中があなたがたに壊滅させられることでしょう。戦争は野蛮です。戦争は野蛮人のとる解決法です。武器を作るのはもう止めなさい。あなたが、この先に計画している戦争も止めなさい。

2.あなたのお金と武器で、イスラエル人の殺人者たちを援助することを止めなさい。ガザの人々を殺している飛行機や爆弾はあなたの国からのものです。

3.制裁を加えるのをやめなさい。それらの国が同じようにアメリカに制裁を加えることは不可能なのです。イラクへの制裁は、薬や食糧の供給を絶ち、50万人の子供を殺したのです。奇形で産まれた子供たちもいます。その残虐行為によってあなたがたは何を成し遂げたというのですか。犠牲者や、正しい物の考え方をする人々から憎しみを買っただけではありませんか。

4.科学者や研究者が、より多くの人間を、効率よく殺すための残虐な新兵器の開発をするのを止めさせなさい。

5.武器の製造を止め、世界に武器を売るのも止めなさい。人の血による金儲けはクリスチャンにふさわしくありません。

6.世界を民主化するのを止めなさい。民主主義はアメリカでは通用しても、他国では必ずしもそうではありません。民主主義者ではないことを理由に、人を殺すのは止めなさい。世界を民主化しようとするあなたの国の改革運動は、あなたがたが倒した独裁政治よりも多くの人を殺しました。それでもアメリカは何の成功も収めなかったのです。

7.あなたが「金融機関」と呼んでいるところでのカジノゲームを止めなさい。ヘッジファンドやデリバティブ、為替取引を止めなさい。銀行が膨大な架空の金を貸すのを止めるように管理・統制しなさい。そのようなシステムを悪用して儲けた悪党どもを投獄しなさい。

8.京都プロトコルやその他の国際協定にサインしなさい。

9.国連を尊重しなさい。

あなたに変えて欲しい事は、他にもたくさんがありますが、2009年はこれくらいで十分でしょう。私が示唆するこれらのうち、ほんのわずかでもあなたが実行できるなら、偉大なリーダーとして世界があなたを忘れないでしょう。そしてアメリカは、再び世界から賞賛される国となることでしょう。そしてあなたの国の大使館の高い塀や有刺鉄線は取り除かれます。

明けましておめでとうございます。そして大統領就任おめでとうございます。

元マレーシア首相マハティール・ビン・モハマド


PINKさんのところで見つけた合衆国大統領オバマ氏への元マレーシア首相マハティール・モハマド氏よりの公開質問状をボランテイアで翻訳してくださった方が在ります。

上記がその翻訳です。PINK様の所に原文が在ります。 以下はリンクです。

 http://blogs.yahoo.co.jp/pinkorangedesert/46383221.html

昆陽池



昆陽池

 昨日は昆陽池が大きな池だったことをお話ししましたが、昔の写真を見つけましたので今日はそれをご紹介します。

上の写真が私が小学生の頃の写真で下が現在の同じ場所の写真です。 右から左斜め下に真っ直ぐ通っているのが西国街道と言われる国道171号線です。上に写真では2車線のコンクリート舗装の軍用道路で下の写真では4車線の幹線道になっています。171号線に沿って写真の中央近くにある四角い建物群は陸上自衛隊の西部総監部です。

 一番大きい池が私が子供の事に不気味に思った昆陽池です。右上の大きな池は端ヶ池で北半分が埋め立てられM電気の半導体工場になり、南の半分程が伊丹市の飲料水の貯水池になっています。

 大きな昆陽池の大きさは東西が900m南北が500mです。池の周囲は、約4㎞で広さは13万坪ぐらいと言われています。

 高度成長期の頃に右半分が埋め立てられS銀行の寮やグランドになってしまいました。

 同じく下の方に有ったのが昆陽下池で、江戸時代にかなり埋められ、さらに昭和40年頃から徐々に埋め立てられ、この当時は千僧池と呼ばれていて今は小さな池が残っているだけです。

 というわけで今日は行基さんが奈良時代に作った巨大な昆陽池のご紹介でした。  

ユリカモメ





ユリカモメ

 今日は、十数年ぶりに昆陽池に行ってきました。

  最初の写真は昆陽池公園の案内板です。この池は元々行基が作った物で、昔は近くに千僧池と言う巨大な池と並んで不気味な所でした。

 西国街道と言われる国道171号線の両側に広がる巨大な池で、ここを自転車でよく通ったものです。

 かなり大きな船も浮かんでいて、海の真ん中に来た様な錯角に陥る場所でした。 

  巨大な千僧池は埋め立てられ、隣の昆陽池もかなり小さくなり今は公園になり、野鳥の名所になっています。

  餌付けされている為にユリカモメさんがすぐ近くに来てくれました。 手の届く所で撮影しましたのでなかなか撮れないような写真が撮れました。 
  
  今日はとりあえず昆陽池公園のユリカモメのご紹介でした。  

自主防災会の立ち上げ(その二)

★昨日の続きです。

7・電気と水道が復旧し、一月程して、これを気に自主防災会の
立ち上げをしょうと思い立ち、市の消防本部を訪れさまざまに
ご指導を頂きました。
  しかし、「もうこんな災害は二度と起きないだろう」とい
う考えが支配的で、なかなか進まない為に、啓発のチラシを
自治会で作成し全戸配布する事にしました。

先ず作成したのは日本列島が地震の活動期に入ったと言う資料です。
 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/keikokubun.jpg 


次に安政の東海大地震の折りの震度分付図を添付しました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/toukai.jpg 

さらに今回の地震の被害の原因と見られる団地直下に存在する
有馬高槻構造線による地震動の増幅メカニズムを説明ました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/chishitu0.jpg 

そして、新たな災害時に備える必要性をアッピールしたのです。
  
8・そうして、3月18日に自治会の総会を開催し、そこに団地の
市営団地の管理組合と分譲マンション部分の管理組合の理事長も
お招きして設立が決定され、規約が承認され4月1日に市の消防
本部に届け出て漸く自主防災会発足の運びとなりました。

 自主防災会には市を通して初年度200万の助成金が交付され
、小型の消防ポンプを初め、無線機や発電機に加えて保安帽や
救助工具などを備蓄する事ができました。 さらに毎年活動の
為に申請した補助金も支給され防災会の活動が支援されています。

9・団地直下に危険な大活断層(構造線)がある事が判明し、
さらに構造線に最も近い棟の4階部分には構造物に縦横に
クラックが入っていた為、駅前の好立地で有ったにもかか
わらず安値で売却されて転出する方なども続出し中々大変
な事態でした。

10・しかし、多くの方々のご理解と強力を頂き、毎年、
市の消防本部の絶大な支援の元、市長はじめ県会議員や
消防団の協力を頂き大々的に防災訓練を毎年実施するにいたりました。 

防災訓練 
 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/kunren96.jpg 

以上が私どもの団地が取り組んでいる安全で安心なまちを
作る為の取り組みでございます。
これ以外にも様々な方法をぜひ皆様方に教えていただきたい。
               以上です。
 

自主防災会の立ち上げ

今日はあの阪神大震災から丁度14年めでした。 以前記した記事はこちらをご覧ください。
  たまたま当時住んでいた駅前の再開発団地の自治会長をしていた関係で
自主防災会を立ち上げる事になったのです。


あの地震後に罹災地の中で一番最初に立ち上げられた自主防災会の名誉会長として
1999年1月25日 兵庫県 防災本部主催の 自主防災会大会のパネリストとして
お話しした時の記録をご紹介します。

 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/bousaitaikai.jpg 

大会の様子はサンテレビや各新聞で報道されました。

県知事の挨拶

 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/chiji.jpg 

まちづくりの現状課題

川西市 ○○防災会 名誉会長  ○○○○

紹介いただきました○○団地自主防災会の○○でございます。川西市の駅前
にございます
○○団地340世帯で自主防災会を団地の人々とともに震災2
月後に設立いたしました。

今日は自主防災会を立ち上げる経緯を紹介させて頂きます。

1・川西の地震被害 

私たちの住んでおります川西市は人口15万人で兵庫県の東、大阪府に接しています。
南北に長く北部のニュータウンが人口の大半です。     

2・温水器被害 
 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/onsui.jpg
 団地で顕著な地震の被害は深夜電力温水器の倒壊でした。400リットルの
温水器が40基以上倒壊し、
80度の熱湯で火傷をしたかたや怪我をされた方、倒壊した温水器から
階下に漏水して大変な騒ぎでした。

3・近隣の被害  

 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/higai1.jpg

団地から西に120mの住宅倒壊場所の写真です。周囲では家が原形を止めず
文字どおり材木になっていました。
この地区で約五十件ほどの家が全壊しました。後で分かった事ですがこの地域は震度7と思われます。
 ほとんど報道されませんでしたが団地周辺の震度も7と思われます。根拠は 団地から更
に東に約1キロに阪神高速の斜張橋が工事中でここに震度計が設置されており記録が
422ガル=震度7でした。

 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/bigharp.jpg

また西に約1キロにある。宝塚の阪急平井車庫の震度が7でした。JRの架線を
支える電柱の折損と被害状況から地震後しばらくたって震度が決定されました 。

次の写真は、我が家の地震直後の室内の様子です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/shiyosai.jpg

 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/heya.jpg

団地に住んでいる人々の室内はこんなありさまで、足の踏場どころか多くの
方がなんらかの怪我をし、
震災後は壊れた家具や什器備品の整理に追われました。

何故、震源地から40㎞も離れているのに当地の被害が酷かったのかは
地質に原因が在ります。

4・地質図 
 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/chishitu1.jpg

この地質図に在ります有馬高槻構造線に沿って被害が生じていたのです。
平面図でははっきりしませんが下に断面図を記します。

5地質断面図 
 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/satukid.gif

 当地は山沿いの平地ですが、地面のしたには1000mも落差のある活断層が隠されています。 
 この断層に沿って震災の帯が宝塚から私達の住む団地に一直線に続いていたのです。

6断層の地層写真
 http://bible.ne.jp/brog/img/ken/jimen.jpg

 実際の断層は通産省工業技術員の寒川 旭さんが当地を詳しく調査されました。
 しかし、残念な事に断層の断面は調査出来ませんでした。なぜなら調査地点の北5m
に断層があったからです。調査が出来なかった理由は、丁度その土地を開発しようとしていた
不動産会社が地質のトレンチ調査を拒否した為でした。
 それ故に、この写真の断層は調査されなかったのです。 
しかし、その場所を地震前の工事中に私が撮影しておいたのが上記の写真です。

 はっきりと前回の地震で地面が隆起沈降した場所が特定できます。 

この場所は団地のすぐ西隣でありこの真下に有馬高槻構造線がある事は地質図や残されていた
ポーリング調査の記録と照合して間違いありません。

★この続きはまた明日にでも掲載します。 

だるまのお多福豆

 先日、長野から義母と叔母が来てくれました。有馬温泉に送って行き、
私とラブちゃんはお家でお留守番と成りました。
 
 http://bible.ne.jp/brog/img/daruma/1.jpg

 家内の実家は牧場を経営していますが、その登り口の所にだるまと言う
割烹があり、美味しいお多福豆の煮物が有名です。私も大好きです!!
 先日、頂いたお土産が実はこのダルマのお多福豆!! 

 今日の夕食後、すっかりあたりが冷えてきて、寒さのせいか何となく
お口が寂しい!! と言う事になりました。 「何か甘いものが?」 
 と言う事になり、思い出したのはこのお多福豆です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/daruma/2.jpg

 早速取り出して頂く事にしました。お多福豆の持ち味がして、甘味も程々!!
 大きなお多福豆をお茶請けにパクパクと3つ食べてしまいました!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/daruma/3.jpg


 毎度お引き立てに預かりまして、誠にありがとうございます。

 弊店ダルマのお多福豆はいわゆる佃煮の豆と違い、時間をかけて
炊きあげておりますので皮はやわらかく適当に歯ざわりもありながら、
硬すぎて口の中に残るようなところがありません。添加物を使わず、
上白製糖だけで炊きあげるため、いやらしい甘味がなく、上品に仕上
がり、炊きあがった豆はつややかでおもわずつまんでみたくなってし
まいます。
 ご用途に応じて、是非ご利用下さいませ。
                        店主敬白 
 


 --御用途--
● 慶事・仏事のお引き菓子
● お正月のおせち料理
● お茶のお友
(夏期は冷蔵庫で冷やしていただきますと一層おいしく召し上がれます。) 
 

  じつはこのお店、今は亡き義父の友人の経営した会社でした。
大阪の教会で挙式した私達は、田舎での披露宴をこちらにお願い
したものです。春日城址公園にあった大きな披露宴会場は今はす
っかり改装され経営も変わりブライダルのセンターになっています。 

  今日はなつかしい思い出の一杯詰まった、
伊那市名物「だるまのお多福豆」のご紹介でした。


  参照リンク  
 
だるまのお多福豆 http://tateshinafree.co.jp/shopping/daruma/d01.html 

プリエキャスレード http://www.prier-caslerde.com/

近代農業

近代農業

 先日コイン精米をしたついでに刈り払い(草苅)機の歯を買いに農機具店
に立ち寄った。たまたま50周年セールと言う事で沢山の農機が並べられて
いた。 

 http://bible.ne.jp/brog/img/noki/14.jpg

いずれも立派な機械ばかりでさぞ高いのだろうと思って見るとやはりかな
りお高い。

 http://bible.ne.jp/brog/img/noki/13.jpg

セールのお値段でこちらのトラクターはナント440万円!!

(@@;) ワオ!! 高級車並だ!!

エヤコンがついてる!! もしやステレオも!!

暑さ寒さに悩まされず、雨でも夜間でも作業出来る様になっている様子。
これにさまざまなアタッチメントを加え車庫も考えると腰が抜けてし
まいそう!!

お隣には中型のトラクター も展示されていた。

 http://bible.ne.jp/brog/img/noki/12.jpg

こちらもナント220万円!! 高い!!

勿論トラクター丈では田圃は出来ない!! 田植機が必要だ!!こちらを
見ると小型の35万の物から50万70万100万、そして200万と各種おそろいだ!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/noki/11.jpg

大きそうな物のお値段を見ると!!こちらもナント220万円!! 高い!!

勿論このほかにコンバインがいる!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/noki/16.jpg

こちらはまた特別に高そうだ!! 残念ながらカタログだけでお値段は分か
らなかった。

一式揃えると納屋兼倉庫も加えれば大変な経費だ!!

農協でプライムレート並の安いローンが組めたとしても耐用年数はどう
見ても10年、良くもって15年、ローンの返済額と年間償却費はだぶん同
じぐらいになり償却期間満了時にはまた新たな機械をローンでと言う
地獄だ!!

おそらくあの戦後のマッカーサーとGHQが新政府に1947年(昭和22年)
にやらせた農地改革が無ければ、戸別の作付け面積は広くこんなローン
地獄は起きず、大規模農家による日本農業の健全な運用が出来たかもと
思わされた。

  あの、農地改革は世界穀物メジャーの陰謀と言われる。日本農業の
国際競争力を削ぐため大地主が保有した全農地の7割を、政府に只同然で
買い上げさせ、それを小作人に只同然で売り渡さしたという。

 マッカーサーの表向きの理由は大地主が戦争に加担したという根も葉
もない言いがかりで、だれも反論出来ず、地主は散々な目に有ったという。
その後の1965年の地主への追加保証も只同然であった。
 
  その結果日本は大規模営農が不可能となり、今日の日本農業の衰退を
招き、食料自給率も39%まで下がった。

 http://bible.ne.jp/brog/img/noki/18.jpg

 上記の表は世界の農業と日本の比較表だが、もうどうする事も出来ない
僅かな耕地に、こんな立派で高価な農業機械が各戸に備わっている次第だ!! 
こんな陰謀の元凶の穀物メジャーだが時代は変わり、昔は5社あった巨大
穀物メジャーも今は再編され、残るのは以下の北米に拠点を置く3社のみと
言われる。

カーギル社 http://www.cargill.com/

ADM社 http://www.adm.com/

ブンゲ社 http://www.bunge.com/

これらの悪辣な営利集団は、危険な発癌性のある遺伝子組み換え作物や、
放射線投射種やF1苗等による苗種ビジネスの独占に加え、世界中の農地
買い占めや換銀作物の作付け強要に加え、ありとあらゆる投機によって
食料を金儲けの手段にのみ利用している。
 
折りからの世界の人口増と所得増で穀物需要の増大に加え化石燃料の
枯渇に対応するバイオエタノール生産でさらに穀物価格をつり上げている。

 そこに、地球温暖化や異常気象に砂漠化や生態系の異変に加えて、原油
価格の高騰が生産・輸送コストを押し上げ、さらに水資源や肥料資源の争奪
戦まで起きて、まさに世界同時飢饉の前夜の様相を呈している。

こんなおぞましい時代になってしまった。日本の農業には国内外に課題
や問題が山積しているが、今年も美味しいお米作りに頑張って欲しいと
祈らされた。 

この農機具の展示会には近隣の農家の方がひっきりなしに訪れていた。
次の写真はずらりと並んだ農家の方々のケイトラです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/noki/15.jpg

最後は昔の水田の農耕風景です。私の子供時代、何処の農家にも牛舎
があり、そこに馬喰などから預かったりした牛が一頭いて、これで代掻き
から田の耕しに加えて堆肥まで供給していました。古き良き時代の当たり
前の風景です。

  田植えの頃には、若い早乙女達が一列に並び田植えをし、家族総出で
稲刈りをしていた時代の安全で安く、しかも美味しい上に環境に負担の
全くないお米は遠い過去となってしまいました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/noki/17.jpg

私が農耕機を見ている間、心配そうにじっと見守って来れていた、
お馴染み、いつも呑気にしている我が家のラブちゃんです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/noki/lab.jpg

トップページ(2009年1月時点)

早いもので思いつきでブログを初めて2年半(2009年1月時点)が過ぎてしまいました。今までに投稿したページは900ページ余り、その殆どは聖書に関連する物ばかりです。

毎日更新していると沢山の書庫の奥の方に入り込んでしまい、私も探し出すのが一苦労です。初期に作成したページはほぼ毎回5千字近くありこのまま日の目を見ないのも勿体ないと思い、ここに各書庫へのリンクのページを作る事にしました。 クリック頂くと私のサーバーのリンク元ページが開きますので、是非ご利用頂ければと思います。
今日はとりあえず以下五つの書庫へのリンクを作りました。ご笑覧あれ!!

「原典聖書研究」http://bible.ne.jp/brog/ 450page

「直訳リクエスト」http://bible.ne.jp/brog/request.htm 68page

「ギリシャ語講座」 http://bible.ne.jp/brog/greek.htm 58page

「聖書研究方法」http://bible.ne.jp/brog/study.htm 18page

「時々に 」http://bible.ne.jp/brog/tokidoki.htm 150page

「1995年の説教放送」 http://bible.co.jp/real/1995.htm
「説教聴取RealPlayer」 http://bible.co.jp/real/install.htm

おって他の書庫へのリンクも作成いたします。

日中戦争を画策! アメリカの大謀略か

世の中は何が起きてもおかしくはない。そういう意味で、前の項目で第2次世界大戦の引金となった「独ソ不可侵条約」を復刻したのだが、つい最近、極めて興味深い話を聞いたので紹介していきたい。
国際政治というのは、一言で云うと“謀略戦”なのである。それは分かっているつもりだが、今回、アメリカのオバマ次期政権の下で駐日大使に任命されるジョセフ・ナイ氏が、過去に恐るべき謀略を画策していたことを取り上げよう。これは、ある方のサイトで知り元の記事を読んだので、末尾にリンクしておきたい。

ナイ氏はかつて、アメリカ大統領直属の国家安全保障会議(NSC)の議長を務めるなど、外交戦略を専門とする国際政治学者である。また、アメリカ民主党政権の高官をしばしば務め、知日派としても知られているそうだ。 その彼が過去に、日本に対する戦略会議の報告書をまとめた。題して「対日超党派報告書」である。要約すると以下の通りである。

「東シナ海や日本海近辺には、未開発の石油・天然ガスが眠っており、アメリカは何としてもそのエネルギー資源を手に入れなければならない。そのチャンスは台湾と中国が軍事衝突を起こした時である。当初、アメリカ軍は台湾側に立って中国と戦闘を開始する。
そして、日米安保条約に基づき、日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。中国軍は、米日両軍の補給基地である在日米軍基地、自衛隊基地を攻撃するだろう。そうなると、本土を攻撃された日本人は逆上し、本格的な日中戦争が始まる。

その間、米軍は徐々に戦争から手を引き、自衛隊と中国軍の戦争が中心になるように誘導する。日中戦争が激化したところで、アメリカが和平交渉に介入し、東シナ海と日本海の
PKO(平和維持活動)を米軍が中心となって行なう。アメリカが東シナ海と日本海で軍事的・政治的主導権を確保すれば、この地域での資源開発に、アメリカのエネルギー産業は圧倒的な優位を入手することが出来る。
なお、この戦略の前提として、日本の自衛隊が海外で自由に“軍事行動”が出来るように、状況を形成しておく必要がある」

以上がナイ氏がまとめた報告書だが、私に言わせれば「いったい 何を考えてるんだ!」と一喝したくなる。もちろん、このように事態がスムーズに運ぶとは到底思えないが、これがアメリカの外交戦略家の考えていることである。要するに、アジア人同士を徹底的に戦わせ、アメリカが“漁夫の利”を占めようというものだ。日中戦争、中台戦争が起きれば、アメリカの軍事産業が儲かるのは言うまでもない。 全てをアメリカの利益にするために構築された戦略である。戦略と言うよりも、正に「謀略」である。

こんな馬鹿げた謀略(盲想?)に、日本は乗ってはならない。もちろん乗るはずはないが、国際政治とはこうした謀略によって成り立っているのだ。だから油断すると、いつ戦争に巻き込まれるかもしれない。また、ごく一部の輩が「日中戦争、日中戦争」と騒ぐかもしれない。われわれは、何が国益になるかを十分に考える必要がある。
今日はジョセフ・ナイ氏の報告書を取り上げたが、冒頭に述べたように「独ソ不可侵条約」といった驚天動地の事態がいつ起きないとも限らない。国際政治はそれほど“複雑怪奇”なのである。(09年1月14日)

以下にナイ氏の報告書など、参考記事をリンクしておく。
http://www.asyura2.com/09/senkyo57/msg/559.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%A4


転載元: 矢嶋武弘のページ

コイン精米









コイン精米

  我が家は良く玄米を頂きます。無農薬の有機栽培の物だと玄米をそのまま圧力釜で炊飯して食べるのも美味です。それがはっきりしない時や低農薬のお米はやはり精米して白米にするのが安全と思っています。

  というわけで頂いた玄米30㎏を今日は精米する事に成りました。自宅近くに4カ所のコイン精米所が在りますが、ついでがあったので以前ご紹介した道の駅の近くのコイン精米所に行きました。

  最初の写真はコイン精米所の外観です。このあたり結構田舎ですので次から次へと利用者が在ります。車を横付けし保有米と書かれた玄米の30㎏の袋を「ヨイショ」と運び込みます。

 手順は簡単!! 先ず第一にコインを入れます。10㎏100円ですから300円を入れます。すると投入口が開きます。そして、玄米を入れて下さいという音声案内が在りますので、言われたとおり玄米の袋を開けて投入口に玄米を流し込みます。注意書きには「最低2㎏以上として下さい」と在りました。30㎏でほぼ口まで一杯になります。次の写真が玄米の投入口の写真です。

 そうすると精米の詳細を聞いてきます。5分突きか7分か、それとも標準か、さらには上白か、さらに綺麗に糠を除いたクリーン白米かを選びます。5分にするか7分にするか迷いましたが結局7分にする事にしました。5分だとちょっぴり米が茶色くなり胚芽もしっかり残ります。7分でかなり白くなりますが胚芽が残ります。まあこれ古米なので7分にしておく事にしました。三枚目の写真です。昔は白米ばかりを食べで脚気になったお話を良く聞きましたのでやはり7分位が理想かと思います。

  7分のスイッチをポンと押すと、ボタンが点灯して「ドン」と言うブレーカーが作動する音がします。そして「サッサッサッサッ」と玄米が吸い込まれ「ダクダクダクダク」と精米が始まりました。1~2分すると「パラパラパラ」と言う音がして、精米が受けだし口に降ってきます。四枚目の写真です。5分もすると五枚目の写真のようにこんなにたまりました。

 受けだし口の下に、玄米が入っていた袋をきっちりとセットして、横にある足踏みレバーを踏むと、精米されたお米が袋の中に流れ込みます。六枚目の写真です。精米が完了すると機械がまた「ドン」と言ってとまり「完了」のボタンが点灯しました。

これ気をつけていないと、時々精米が機械の中に残っているのにコイン不足で機械がとまっている事が在りますので要注意です。その様な時はコイン(100円)を追加しないとお米が無駄になります。でも、僅かしかお米が残っていないのに100円を投入するのは馬鹿らしい物です。気をつけていないと癖の悪いコイン精米機があって必ず何時も追加コインが必要となるので要注意です。 

  精米されたお米を入れた袋の口を縛り、用意したビニール袋に糠を取り出します。精米が終了し機械が止まってからこの糠を取り出す様になっています。前の人が糠を取らなかった為か少し多めに糠が出てきました。これは畑の肥料に最適なので遠慮なく頂いていく事にします。七枚目の写真です。

機械によっては糠が取り出せない構造の物があったり、何人もが糠を取らないと大量に糠が出てきてビックリする事もあります。その時の為に糠用の袋は多めに用意するのが基本です。

 最後はお米さんと糠さんに場所を占められて、困った顔をしているラブちゃんです。お家にかえってお米を量ってみると丁度30㎏だった玄米が27.5㎏になっていました。玄米で保存してあった為か大変美味しく炊けました。気をつけないと食べ過ぎて、また体重が増えてしまいそうです。

成人の日

成人の日

  今年は我が家にも成人式の案内が届きました。
 エ!! 何回目の成人式!! 
と聞かれてしまいそうですが、
さていったい何回目でしょうか? 爆!! 

 勿論、愚息への招待状でした。
 というわけで今日は家族で成人のお祝いをしました。

 京にいる姉はわざわざ美味しそうな
ケーキを届けてくれました。

  http://bible.ne.jp/images/brog/seijin/1.jpg

お隣のファクトリーナカタのケーキです。
ナカタの事はこちらをごらんください。

http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/35560987.html

早速、昼食のデザートにして頂きました。

 http://bible.ne.jp/images/brog/seijin/2.jpg

夕食に何を食べたいかを聞いてみると...
ナント美味しいとろろ蕎麦が食べたいと言うのです。
もう少しまともな物をと思いましたが
本人が食べたいと言うものは仕方がありません。

有機栽培の美味しい蕎麦に本場の伊勢芋を
すり下ろしたとろろ蕎麦をメインに、
手作りの餃子鍋にお赤飯とスモークドサーモンに
ブロッコリーを盛り合わせた夕餉 て簡素な
お祝いをする事になりました。

 http://bible.ne.jp/images/brog/seijin/3.jpg

みんなが御馳走を食べているのを何時もヨダレを
流してじっと我慢して耐えているラブちゃんには、
残念ながらおすそ分け出来る物は何にもありません。

 http://bible.ne.jp/images/brog/seijin/lab.jpg

何時もと同じドッグフードしかもらえないラブチャン
には、特別に牛肉の水炊きを3切れ程とブロッコリーを用意
しました。
これで、ラブチャンも成人式のお祝いのお相伴です。

 http://bible.ne.jp/images/brog/seijin/esa.jpg

○年前の娘の成人式は早朝から美容院に搬送し
会場への送迎や、記念写真等大忙しで、急ぎ過ぎて
鼠取りに引っ掛かり、ゴールド免許をフイにした
ものでした。 それに比べると簡単ですが、
愚息のお祝いはこれだけでした。

 http://bible.ne.jp/images/brog/seijin/kana.jpg

最後の写真は、ラブチャンの本当の飼い主である
娘の成人式の写真です。ラブチャンと何時もあんまり
仲良くし過ぎるので....とうとう顔まで....
ラブちゃんとそっくりになってしまいました。

満月の出






満月の出

 冬の満月は真東よりかなり北よりでかなり赤緯が高くなっています。 だから我が家から見ると丁度私の郷里に当たる箕面連山の明田尾山山麓に顔を出します。最初の写真です。

  頭を出したお月様はあっと言う間に空に躍り出て、ドンドンと高度をあげていきます。次の写真です。

 
  厚い地球の大気を通り抜けれた赤外線の影響で赤みががっていた月も、30分もするとかなり高度が上がり、ほぼ真っ白の普段の色のお月さまになりました。3番目の写真です。

最後の写真は、昨日ご紹介したのとほぼ同じ場所で煌々と輝いている今日の宵の明星「金星」です。 

「ガザ」もっとイメージを... のご要望にお応えして























































TOCKAさんがTBしてくださいました記事、
「ガザ」もっとイメージを と言うご要望があるようですの、更に『残酷過ぎる』画像をご紹介します。

以下のサイトを回覧、ご利用ください。



このサイトは、UAEドバイ地元人の裕福な家庭の奥様から

  『ガザのためにこのサイトをお知り合いに回し続けてください』

というメッセージつきでメールで送られてきました。 

数あるアラブ諸国政府は、強大な軍事スーパーパワー イスラエルの前で、微動だにできません。 アラブ諸国の一国たりとも、あるいは全アラブ諸国の全ての軍事力を集結してみても、イスラエルには敵わないのです。 

アラブ諸国が過去にイスラエルと戦って勝ったことなど一度もないのです。

もう二度とイスラエルとなど戦えない、勝てない敵とは決して戦争しないのが賢人の知恵と言うものです。 

エジプト、ヨルダンはイスラエルと平和条約を結んでいますから、いくら同胞アラブ・パレスチナ人が皆殺しに遭っていても、決して戦えません。
 
その他の周辺諸国、レバノンやシリアなど、まともな軍事力など全く無いの同様なのです。 高い武器を買わされているサウジアラビアなどアラブ湾岸諸国も、実際にまともに戦える軍事力、兵力など存在しないのと同じくらい、貧弱な名ばかりの軍事力しか持っていません。

アラブ人達は『戦う』などと言うことは、遥か彼方の過去、昔まだ戦士達同士が戦っていた戦争以外は知らないのです。

絶対に狙いを外さない、最先端技術を駆使した最新鋭のウォーマシーンを使った戦争など全く経験がないのです。


だから、ガザで虐殺が進んでいても、世界から誰も助けには来ません

   
   人は、目の前で他人が殺されていても止めないんですね


イスラエルは、労働党とカディマ党連立政権で、何の分裂もなく一致団結、停戦どころか、更なる軍事力投入を準備、決定しました。
要するにカーニバルね!


  虐殺は、これからまだまだ続きます...





転載元: ドバイ ザ ワンダーランド

最近の月






最近の月

  夕方お日様が沈む前に目の前の山から月が登ってきました。早速窓のガラス越しに撮影してみました。最初の写真です。

 今日は空気が澄んでいるのか月がとっても綺麗です。月は少し光度を上げ柿の木の向こうで煌々と輝いています。次の写真です。 

 じつは、今日はお月さまが一年でもっとも近い日です。距離が357696㎞で普段より2万㎞も「お近づき」になりました。

 最も近いのが夕方の7時50分で望遠鏡を持ち出して3番目の写真を撮影している頃です。視直径が33分26秒になっています。少し薄雲が出ていました。明日のお昼頃に満月となります。

  4枚目の写真は西の空に傾いた金星です。15日に東方最大離隔を迎え光度は-4.4等級になっています。太陽からは東に47度離れ、視直径は24秒で月の1/100位の大きさで半月形になって見えています。

やはり薄雲が出ていたので上手く撮影出来ていません。また、どうせ金星は厚い雲に覆われていて何時撮影しても光り輝く雲しか見られません。

 これから日ごとに地球に近づき、それにしたがって地球には影の方を向けるのでドンドン細くなり2月の20日には三日月の様な形で最大光輝-4.6等級となります。

最後の画像は0時を過ぎて天頂に来た満月を望遠鏡を使わないでデジカメで直接撮ったものです。どう言う訳か今日の月は随分と青緑色で神秘的な色に輝く珍しいお月さまでした。
  

散歩前





散歩前

  今日は久しぶりにラブちゃんの記事です。 毎朝と晩だいたい30分程の散歩ですが、ラブちゃんはこれが一番の楽しみの様です。

  朝食を終えると、ソワソワし始めます。知らない振りをしているとお話を始めます。

 ワウワウワウ ワオワウワオ フッフッワアオ~オア と興奮してなんかお話ししています。

  それでもほおって置くと、ウワ ウワッン ワン ウーワン と吠えだします。

仕方がないので散歩に行く用意を始めると大喜びです。 そしてまたシランプリをしてみると怒って、私に飛びついて私の手や足を大きな口で甘噛みを始める始末です。

  靴を履いてハーネスを取り玄関の外に出るとラブちゃんの興奮は頂点に達します。
あんまり興奮してハーネスが取り付けられないのでまたシランプリをしてみました。

 最後の写真です。何とか落ち着かしてリードをつけ、やっとこれからお散歩です。 

 毎日毎日この連続です。
  
  本当に犬は散歩が大好きです。 

神様のモビール





神様のモビール

最初の写真は私の部屋の窓から見える何の変哲も無い冬枯れの百日紅です。
 
眺めていると風に吹かれて枝が動いています。

最初の写真では動いている枝など判別が尽きませんので、二枚目の写真に動いている枝に→を入れてみました。

  風に吹かれて飛ばされた枯れ枝が、他の枝に引っかかって風で揺れている丈です。

  ただの枯れ枝ですが、動きを見ていると結構風情がある物です。注意してあたりを見ると同じように、枝にぶら下がっている枯れ枝がいくつも見かけられます。

  いずれも、それぞれが風に吹かれながら右に左にまるでモビールの様に動いています。

 チョット見ただけで15本位枯れ枝が枝に引っかかって風で揺れていました。

  次の2枚の写真に沢山の動く枯れ枝が写っていますが、写真では動いていませんので見分けるのは難しいと思います。

  今日は今まで余り気にも留めずに何気なく見過ごしている枝にひっかかってモビールの様に動いている何の変哲も無い枯れ枝のご紹介でした。 

知られない ユダヤ人達

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46396288_0?20090107105252

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46396288_1?20090107105252

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46396288_2?20090107105252

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46396288_3?20090107105252

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46396288_4?20090107105252

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46396288_5?20090107105252

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46396288_6?20090107105252

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46396288_7?20090107105252

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46396288_8?20090107105252

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46396288_9?20090107105252

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46396288_10?20090107105252

1948年に建国された現在あるイスラエルと言う国は、旧約聖書に出てくる古代に在ったとされるイスラエルとは、何の繋がりも関係もありません。

ですから歴史の『ユダヤ人』と現在のイスラエル国民とは、全く別の人々であることを理解する必要があります。

また、宗教的ユダヤ教徒達の多くは、現行イスラエル国の成り立ちそのものに反対し、その存在を認めません。 イスラエル市民になる事を拒否しているユダヤ人達も沢山いますし、パレスチナ人達と共同して反対しているユダヤ人達も大変に多いのです。

ただ、そう言う事実は都合が悪いので殆どメディアからは伝えられません。

今回のイスラエルのガザ攻撃に強く反対しているユダヤ人達も多くいる事をお伝えしたいと思います。

これらの画像、こうした情報は、アラブ人、ムスリム達の間で世界中に回覧され、『ユダヤ人』と『現行イスラエル国民』の違いをハッキリ認識し、こうしたユダヤ人達と対立しないよう、また彼らが差別されない様、理解を深める事に努力しています。

なぜなら、本来イスラム教には、ユダヤ教にもキリスト教にも対立する教えはなく、この二宗教徒達にイスラム教へ改宗する事を強要することもありません。

だから、イスラム文明下では長い間、これら三宗教が共同、補完し合いながら、繁栄し栄華を誇り、共有していたのでした。 ユダヤ教徒達が迫害された事などは無かったのです。

画像は、イスラエルの攻撃に反対する宗教的正統派ユダヤ教徒達のデモで、自分達はイスラエルの存在を認めない事、パレスチナ人達へ完全主権を譲渡したい事、等を訴えたプラカードを示しています。


そもそも、歴史的宗教的従兄弟達であるユダヤ人達がヨーロッパで迫害されている事を聞き、気の毒に思い、助けようと思ったパレスチナ人達が彼らを欧州から迎え入れたからこそ、多くの西洋ユダヤ人がパレスチナへ移住したのでした。

そして、助けてくれたパレスチナ人達の土地家屋を奪い始めて造り出したのが現在のイスラエルの始まりです。

ヨーロッパ系のユダヤ人達は、ユダヤ教に改宗したが故に『ユダヤ人』となった人々の子孫ですから、パレスチナの地とは、歴史的、地理的、人種的繋がりは何もない人達なのです。

元々この地域にイスラム教徒、キリスト教徒達と共存していたユダヤ人達は、今もイイエメン、イラン、エチオピア、エジプト他にもアラブ人、イスラム教徒達と共に暮らしているのです。

ただ、このイスラエルのガザ虐殺の故に、イエメンに暮らすユダヤ人達の生命も脅かされ始めています。 90%以上の東欧系イスラエル人達が、そうした元々のアジア系ユダヤ人達のことを何とも思わないのも、こうした人種的、歴史的繋がりが全く無い背景があるからでしょう。

シオニズムに基づいた現行イスラエル国家概念の存在を認めないのは、ハマスだけではなく、多くのユダヤ人達も認めていないのです。

それは、イスラエル人達の生活基盤を認めない、生存を認めない、とか言う事とは全く別なことです。 それも説明されず、伝えないられないだけなのです。

ユダヤ人とイスラエル人は、必ずしも同一ではないのです。




転載元: ドバイ ザ ワンダーランド

【注】衝撃に弱い方はご遠慮ください。 メディアが伝えられないガザの事実 - 最新情報 -

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_0?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_1?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_2?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_3?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_4?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_5?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_6?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_7?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_8?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_9?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_10?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_12?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_13?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_14?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_15?20090106200312

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46376025_16?20090106200312

ガザを封鎖してるイスラエル軍は、一切のジャーナリストを締め出し、ガザ地区内での国際メディアは、一体ガザで何が起こっているのか取材することはできません。

世界の誰も知らない... 

一箇所に閉じ込められた人々を大量殺人する事は過去にも行われてきました

ナチ支配下の強制収容所 アウシュビッツ など

82年には、レバノンのサブラ・シャティーラ難民キャンプの虐殺

2009年念頭は、占領下パレスチナ ガザ地区


前回記事の画像は、過去のものでしたが、最新画像がガザ地区内から送られて来ました。 

メディアが決して 伝 え ら れ な い 

現在のガザの顔です


残虐過ぎる画像ですので、衝撃に弱い方にはおすすめしません。


転載元: ドバイ ザ ワンダーランド

上弦の月とアペニン山脈






上弦の月とアペニン山脈

 今日は一年中で一番太陽の近い日でした。地球の近日点通過といいます。

 簡単に説明すると地球は太陽を一つの中心とする楕円軌道を描いて公転していて平均距離が約1億5千万㎞でそれよりも約250万㎞も太陽に近い所を通過したと言う事です。お分かりでしょうか? 爆!!

 最初の写真は今日の夕方の金星です。15日に東方最大離隔を迎え、光度も-4.4等級で2月の20日が最大光輝(-4.6等級)となります。地球から見える形は丁度上弦の月の様な形になっています。

 次は今日の月です。昨日が上弦でしたので半分だけ見えています。真ん中より少し北にあるアペニン山脈を拡大してみました。次の写真です。

 最後の二枚は丁度天頂あたりに来ているスバルです。右半分を撮った物ですが、月が近くにあったのであんまりはっきりとは撮影出来ませんでした。星がはっきりしないので最後の写真は少し調整してみました。

メディアが決して伝えないガザの事実

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_0?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_1?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_2?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_3?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_4?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_5?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_6?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_7?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_8?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_9?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_10?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_11?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_12?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_13?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_14?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_15?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_16?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_17?20090105102007

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_46342680_18?20090105102007

イスラエルのガザ攻撃が続く中、世界中を回覧メールがめぐっています。

西洋メディアが決して伝えない占領下パレスチナ、ガザの事実。

このカザ攻撃に反対しているイスラエル人達も犠牲になっています。

抗議にブルドーザーの前に立ちはだかったイスラエル市民も殺されました。

この回覧メールは、できるだけ多くの人々、特にもユダヤ人、イスラエル人、欧米人達に回して欲しい、と言う希望が載せられていました。

これらの画像は、新しいものばかりではありませんが『ガザの日常』を伝えるものです。

現在も行われているイスラエル軍のガザ攻撃は、戦争ではありません。 

国もなく、正規軍も非正規軍もなく、戦う武器も持たず、外界と遮断されたゲットーに押し込まれた人々への爆撃、やがては地上攻撃は、国家と国家の戦争などではなくて

『虐殺』『人殺し』です。  

人間は、同じ人間種族が殺されるのを観て楽しむ事ができる唯一の動物

どうして今、イスラエルがこれほどまでにガザを攻撃するのか...?

アメリカが作り出した世界金融危機と、その影響を受けての先進諸国の経済不況...  

金融危機勃発の初期、欧米首脳はこぞってアラブ湾岸産油国から救済資金を引き出そうとしました。 アラブ産油諸国は過去、父親達の時代とは違って、そう簡単には合意せず、いろいろ条件を出した... と言われています。

その条件が気に入らなかった欧米は、砂漠に投げ出されたままの古い武器を最新武器に買い換える様に、アラブ諸国に売り込む事にしたのでした..??

これは、中東に油田が見つかったと同時に人造国家イスラエルが造られて以来の常套手段でしたが、ここ数年のアラブ諸国は、武器購入よりも自国の社会インフラ開発建設に投資したい意向をはっきりさせていました。

欧米が瀕している時、思うように旧殖民国の財を思うがままに利用できないと、次の手段は『脅し』です...

アラブ、イスラム教徒達がいきり立ち、民衆、世界世論からの圧力を受け、イスラエルと強い姿勢で外交交渉をし得るには、中東地域最強のイスラエルに見合うほどの武力が必要である...と欧米に囁かれ、説得される...

アメリカも、英国もイラク撤退を具体的日程に上らせ始めた頃合に合って、次なる武器販売先を確保する事が、この不況時にどれ程重要なことであるかは、容易に想像できますでしょう?

数百人、数千人のガザ、パレスチナ人の命など安いもの...

そんな図式がありありと見えてきませんか?

この世界中が大騒ぎになっている金融危機、なぜかイスラエルの事は一度もメディアでは取り上げられませんでしたでしょう? 
日頃は『世界の金融を握るユダヤ資本』なんて言われながら、アメリカで潰れた投資銀行はみなユダヤ資本であった筈なのに...

何故か決してメディアの表舞台には現れなかったイスラエル...

オカシイとは思いませんでしたかぁ~??

この金融危機に、アメリカからのイスラエルへの膨大な資金援助が、アメリカ新政府内で問題にされている可能性がない、と誰が言えましょうか?

イスラエルは、ずっと前から手こずるガザは欲しくなく、ホントはさっさと手を引き、エジプトに押し付けたかった訳ですから...

ハマスのチョコチョコ撃ってくるロケット弾など花火ほどのものでしかありません。 それでも停戦合意中6ヶ月はチャンとおとなしくできていたハマスです... 

でも、ホントはおとなしくされては困るのですよぉ~ 
もう南レバノンのヘズボッラとは喧嘩したくないイスラエルですからぁ...

かと言って、ハマスがずっと静かにしていれば、和平交渉再開しなければならないですし...  

本当に中東が、イスラエルが平和になってしまうと、イスラエルへのアメリカからの援助金もなくなり、武器供与もなくなってしまう可能性もある...

イラクからの撤退、レバノンとも、シリアとも、パレスチナとも平和になってしまったら、アメリカからの援助を打ち切られ、直ぐにも経済的に困るのはイスラエルでしょう?

また、中東が平和になってしまっては、アラブ諸国に武器を売れなくなってしまいますから...
その武器商売の大本は誰なのか...?

もし、アメリカ新政権がイスラエルへの膨大な援助を見直しているとしたら...

もし、アラブ諸国が武器購入を懸念(すでにそう言う発言が出ています)しているとしたら...?

ここで大きな軍事行動をする事で『イスラエルへの危機』が存在することをアメリカに訴えられる上、アメリカ政府が無料でイスラエルに与える武器と、アラブ諸国へ高く売りつける武器の受注で武器商人達も、イスラエル政府も安心できると言うものではありませんか?

で、その武器商人達の元締めは誰なのか??



転載元: ドバイ ザ ワンダーランド

プロフィール

油食林間

Author:油食林間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR