FC2ブログ

KZ1300







KZ1300

今日は車の車検で近くのオートバックスに行ってきました!!

珍しいバイクが合ったので写真を撮ってみました!!

市販のバイクとしては排気量が最大といわれる川崎のKZ1300です。

私の尊敬する憂国烈士さまの愛車と言うことぐらいしか知りませんが、
かなりの名車と言うことです。 

車検はブレーキやエンジンにCVTオイル交換のみで終わりました。

後は何一つ調整する所も交換部品も無く要したのは1時間ほどでした!!

一安心です!!

憂国烈士様のサイトへのリンクはこちらです。 


以下WikiPediaよりの引用諸元 (北米仕様) ]

A1(US)製造初年:1978年(1979年モデルから)
全長×全幅×全高:2295 × 905 × 1280 mm
メインフレーム:鋼管ダブルクレードル
サスペンション形式:
フロント:テレスコピック
リア:スイングアーム
ブレーキ
前輪:ディスクブレーキ(ダブル)
後輪:ディスクブレーキ(シングル)
乾燥重量:297 kg
エンジン形式:(水冷4ストロークDOHC2バルブ直列6気筒)
総排気量:1286 cc
ボア×ストローク:62×71 mm
圧縮比:9.9
最高出力:120 hp/8,000rpm
最大トルク:11.8 kg-m/6,500rpm

消耗品など(A2後期型)
エンジンオイル:SAE SE 10W-40 5.3リットル
ギアオイル:API GL-5 ハイポイドギアオイル SAE90
プラグ:NGK BP6ES / BPR6ES
タイヤ
フロント:110/90V-18 4PR 2.0kg/cm2
リア  :130/90V-17 6PR 2.8kg/cm2
スポンサーサイト



キノコ!!

キノコ

 今年はどうも異変のようですね!! 普通は秋に見掛けるキノコを良く見掛けます。

今日もラブチャンの散歩道にこんな立派なキノコが生えてました!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k11.jpg

どうも美味しいクリタケに似ていますが、正しいのかどうか全く自信はありません!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k12.jpg

わかる人があればお教えください。真上から見るとこんな感じです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k13.jpg

家に帰り着くと今度は目の前の山にこんなキノコが生えてました!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k14.jpg

これ何か形が多肉植物のリトープスに似ていますね!!でも柔らかくキノコである
事に間違いはありません。
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k15.jpg

これもなんという種類のキノコなのは皆目見当が着きません!! 爆!!

今年は秋に見掛けるキノコがもう生えてきたと言う異変のお知らせでした!!  

ミルトス(ギンバイカ)

ミルトス(ギンバイカ)

 ラブチャンが何時も散歩する道に白いミルトスの花が咲きました!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/g1.jpg

別名は銀梅花と言ったり、マートルと言ったり、ヘブル語ではハダサとなり絶世の美女
として知られるペルシャ王妃となったエステル(星)の幼名としても登場しています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/g0.jpg

清楚な白い花です。この木は前回ご紹介した、しあわせ地蔵様のお宅の夏椿の側のせせ
らぎに植わっています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/g2.jpg

そして、珍しい事に蜜蜂がいっぱい集まっています。 ブンブンと音がしています。
2m位の低木ですが100匹近い蜜蜂が羽音を響かせて飛び交っています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/g3.jpg

いますね!! 何処を撮っても西洋蜜蜂が1匹か2匹は映ります。相当良い蜜が流れている様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/g4.jpg

植物の葉に存在する葉緑素で光合成される澱粉や糖分ですがその仕組みはいまだに詳
しくわからず、全くと言って良いほど解明されていません。ある年には突然ある種の木
に大量の蜜が噴いたかと思うと、何の加減か翌年には全く蜜が噴かないという事が多々
ある様です。気温か、日照か、時期か、はたまた栄養状態か、おそらくそれらが複雑に
絡まり会い、ある特定の条件が満たされるとその年に特定の木にだけ大量の蜜が噴きま
す。 養蜂家はそれを流蜜と言いますが、全くと言っていいほどその仕組みは解明され
ていないのです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/g5.jpg

私がどうしてこのミルトスにだけ今年も蜜が噴き、他のアカシアや栗にマテバシイや
野バラなどの例年沢山の蜜が噴く植物には、今年は殆ど蜜が噴かないのかといぶかしがっ
ていると、退屈したのかラブチャンが大アクビです。爆!! 

ハイハイ!! ラブチャンおまちどうさま、さあ散歩を続けましょう!!


ミルトス
ヘブル語   ハダス=テンニンカ(桃金嬢)
英語   myrtle マートル 
ギャシャ語 μυρυσινη (ムルシネー)
日本語  銀梅花、別名:ギンコウバイ(銀香梅)
学名   Myrtus communis L. フトモモ科
旧約聖書に記されたユダヤ三大祭りの一つ 仮庵の祭りの木枝
(レビ記23章40節の繁った木=常緑樹)のミルトスとされる
用途 花はサラダ、葉はハーブ、実はスパイスや果実酒
作用 消炎、鎮静、抗菌 (成 分:シネオール、ゲラニオール、ミルテノなど)
 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/g7.jpg ミルトスの実

沙羅双樹(夏椿)

沙羅双樹(夏椿)

 ラブチャンと散歩するせせらぎにはしあわせ地蔵様のお家が在ります。 お庭に平家
物語の冒頭に登場する沙羅双樹の木といわれる夏椿が咲いたと言うのでお邪魔させて
いただきました!! 
 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/s1.jpg

 しあわせ地蔵様のブログはこちらです。


昔覚えた平家物語の冒頭が思い出されます。

祗園精舎の鐘の声     諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色     盛者必滅の理をあらはす
おごれる人も久しからず  ただ春の夜の夢のごとし

 日本には本物の沙羅双樹は育ちませんのでどうやら平家物語に歌われた木はこちらの
夏椿の様です。お釈迦様が入滅された時に周囲に植えられていたといわれるのは双葉柿
科の高木の沙羅双樹で学名は Shorea robustaという全く別の木だそうです。 

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/s2.jpg

 こちらの方は正式名は夏椿で学名はStewartia pseudo-camellia で赤い藪椿の花びら
を白くした様な花が咲きます。
 
 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/s3.jpg


 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/s4.jpg

この花は一日咲くだけで朝咲いても夕方には色あせて地面に落ちてしまいます。
隆盛を極めた平家の没落の儚さを象徴する花としてピッタリです。  

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/s5.jpg

 地面には赤茶けて色あせた夏椿の花が沢山落ちていました。綺麗な花の命は儚く本当
に短いものですね!! 人生を考えさせられました!!  爆!!  

ヤマモモ

ヤマモモ

 ラブチャンの散歩道にあるヤマモモが真っ赤に熟しました!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/y1.jpg

 昔住んでいた清水港の巴川べりの神社に巨木があり、子供と一緒に拾ってよく
食べたのを思い出しました。ヤマモモ(山桃、学名:Myrica rubra)は
いい香りが在りますが大抵甘酸っぱく、そのままではもう一つです。ジャム
や果実酒にするかゼリーに入れると香りと色合いが素敵です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/y2.jpg

ラブチャンの散歩道に4~50本植えられていて大抵は実の成る雌木で
あたりはいい香りがしています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/y3.jpg

 早速手を伸ばして取り食べてみました!! ラブチャンが欲しそうです!!
「ラブちゃん!! いいかい、気高い犬はこんな田舎者の様な、さもしいま
ねするもんじゃないんだよ!!お腹壊しても知らないよ!! 」爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/y4.jpg

折角進言してあげたのにラブチャンは言う事を聞いてくれません!!

「いいわ!!それ本当は美味しいのでしょう!! 色でわかるわ!!
私にも意地があるから、 自分で探すから!! 」

  と言う事の様です。全く食い意地の張った犬には困ったものです。
一体誰に似たのでしょうかね!! 爆!! 

合歓木の花

合歓木の花

 今年も我が家の合歓木が咲きました!!
 
 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/n1.jpg

 例年であればさまざまな昆虫たちや蝶に蜜蜂が飛び交っているのですが
今年も昨年同様に蜜蜂は全く飛んでいません。


それでも昨年は蝶が舞っていましたが今年は蝶も寄りつきません。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/n2.jpg

一日花が咲き乱れていても一匹の蜜蜂も訪花することなく、夕方となり葉
が閉じて眠りかけている合歓木です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/n3.jpg

ラブチャンの散歩道に有る白い花の咲く合歓木を見掛けましたが、やはりこちらにも蜜が噴いていないのか昆虫の姿はありませんでした。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/n4.jpg

幹は直径30㎝位、樹高は12m位ある大きな合歓木ですが、昆虫が全く居な
いのはやはり異様です。次の2枚の画像は今日の夕方の太陽活動の情況を表示
しているサイトです。最初の画像に有るように今日になって、左下に有る様
に太陽風と磁気圏内が少し活発になってきました。このまま太陽活動が拡大
してくれるのを願うばかりです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/n5.jpg

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/n6.jpg

上の画像の虹の様な模様は太陽活動の活発度を現したものです。左側の紫色
が低調で右の赤が活発を現します。下のリンクは元のサイトです。
 
http://swnews.nict.go.jp/swnews_inf.html

ネムノキ(合歓木、豆(まめ)科・学名 Albizia julibrissin )

コリント人への手紙第一 10章4節

リクエストを有り難うございました。

早速直訳です。

新約聖書第一コリント人への手紙 10章4節 ギリシャ語原典直訳 

04・そして 全てらは その 彼が(orらを) 霊に属する 彼らが飲んだ 飲料。彼らが飲んでいた そして 出て 霊に属する 同行していたの(or否+分離)岩の。その 岩が また 彼がであった そのキリスト。 

翻訳にしてみます。

04・そして彼ら自身は霊に属する 彼らが飲料を飲んだ。そして 彼らが飲んでいたのは霊に属して分離しない岩で。その岩こそがキリストでした。


  コメント 

 ここでパウロが主張している事は明白です。旧約の時代の出エジプトの人々が過越の贖いに与かり、紅海を渡り、キリストの水(ここでいわれているのは聖霊)に与かっても、偶像崇拝や姦淫や神様を試みたが故に約束の地=天国に行き着く前に、荒野(この地上)で神様によって滅ぼされたのと同様に、新約の時代にキリストの十字架の贖いに与かり、水で洗礼を受け、神の霊の満たしを受けたとしてもコリントの教会の様に、偶像礼拝(1コリント8章全体)姦淫(5章6章7章全体)さらに神を試みる(4章他)を教会ぐるみでし続けると天国に入れず荒野で滅んだ出エジプトの民同様に教会ごと神様に滅ぼされると言う事です。

勿論これは今日21世紀の世界や日本のキリスト教会にも当てはまります。 きっと旧約聖書の時代にヨシュアとカレブ以外の全ての人が約束の地に入れなかった様に現在の諸教会も新約の時代や旧約の時代と全く同様であるということです。

しかし注意してくださいね、モーセは地上では約束の地に入れませんでしたがそれを望み見た事で天国には行けた様ですから!! 参照ヘブル13章7節~ら17節他) そして、彼らが殺されると言った幼子達も約束の地に行けた様ですから。と言う事で教会に属する事や洗礼を受ける事や聖霊体験などは全く救いの保証にはならないということかと思います。

必要な事は「神様の御心にかなう=聖書(教理や翻訳聖書ではなくあくまでも原典の主張)に従う」ということですね!!
 以上 

父の日



今日は父の日だったようですね!! 爆!! 

夕方になって東京の娘から荷物が届きました。

丁度お茶にしようと思っていた時でグッドタイミングでした!!

届いたのは銀座の文明堂の三笠と匠のバウムクウヘンです!!

写真を取る前に約3名ほど手の早いのがいて物が減っています!! 爆!! 

よく分かりますね!!オヤジの好みとお袋の好み!! 爆!! 

私に三笠で家内に匠のバウムクーヘンと言う事です!! 爆!! 

手を出している愚息に、「オイ、お前のプレゼントはまだ届いてないぞ!!」

と言うと「これ美味しそうだね!! 」と全く話が通じません!!

もしかしたらこっちの方が世渡りは上手いのかもわかりませんよ!! 爆!! 
今日は、また夏至でも在りました!!

当地では日の出が4時45分、日没が19時14分。

冬至の日の出7時3分、日没の16時54分と比べると日の出が2時間18分、

日没が2時間20分長くなります。

と言う事は一番昼の短い冬至に比べると夏至は昼間が4時間38分も長いと言う事です。

どおりでこの時間になると眠たく成るわけです!!

では皆様お休みなさい!! 爆!! 

拉致被害者の暮らしぶり、北朝鮮の資金源であるパチンコを根絶せよ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/1132245/img_1132245_27853342_0?20090621194246

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/1132245/img_1132245_27853342_1?20090621194246

人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、拉致被害者である蓮池薫氏が北朝鮮での暮らしぶりを語ったのはご存知だと考えます。


蓮池薫さん「北」の暮らし語る…読売新聞単独インタビュー

 2002年10月15日、一時帰国の形で24年ぶりに故国の地を踏んだ夜、東京・赤坂のホテルから見た景色が今も胸に残るという。マスコミのカメラを避けるため閉じていたカーテンを、深夜、妻の祐木子さん(53)とそっと開けた。眼前には、輝くばかりの夜景。前日に見た平壌の暗い夜との落差に「拉致の記憶がよみがえった」。

 それは突然だった。祐木子さんと新潟・柏崎の海岸を歩いていた1978年7月31日夜。男たちに袋に押し込まれ、ボートで連れ去られた。殴られ腫れた目に柏崎の街の灯がにじんだ。「優しい光でした。が、2日後に着いた北朝鮮で見たのは、アパートの窓からこぼれる裸電球の暗い光。その差に、ああ、全く違う所に連れて来られたんだと」

 「日本に帰りたい」という思いは、80年に結婚、やがて2人の子供が生まれたのを機に消し去った。「子供が少しでもまともに暮らせるようにするので精いっぱい」だったという。

 とはいえ、時には心が揺れた。韓国人歌手キム・ヨンジャさんが平壌で朝鮮半島の統一を祈る「イムジン河」を歌った時のこと。鳥ならば空を飛び、南北を分断する川を越えられるのに、という歌詞に、望郷の念で涙腺がゆるんだ。自分もギターを手に、何度も「イムジン河」を口ずさんでは心を慰めた。「でも(北朝鮮の人は)南北の統一を願っているとしか思わなかったでしょう」

 誰にも理解してもらえぬ孤独--。平壌で公衆電話を見つけ、思わず受話器を取り、ダイヤルを回した時にも感じたことだった。「もちろん、かける相手はいないし、日本に通じるはずもない。なのに、私が秘密の電話をしていたと密告されてしまった」

 生きることに努力が必要だった。米の作柄が悪ければ、配られる穀物の9割が雑穀になる。冬場の貴重な食料のキムチは、一家4人で毎年1・4トン漬けた。停電が続けば山で薪を拾った。

 だから帰国後は、何にでもチャレンジできるのがうれしかった。市役所に勤めたが、05年5月には韓国小説「孤将」を訳して翻訳家デビュー。新たな道を選んだ背景には、子供たちへの思いがある。「私は韓国語ができる。『北』での暮らしを空白にせず、負も生かす道があると教えたかった。『北』で生まれた自分を否定するな、とも」。誇らしげな父の顔になった。

 拉致問題への世間の関心が低くなっていることに不安を覚える。どうすれば世論を喚起できるか。答えの一つが取材を受けることだった。24日には拉致への思い、北朝鮮での生活などをつづった手記「半島へ、ふたたび」(新潮社)を出す。
(6月20日 読売新聞より一部抜粋)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090620-00000525-yom-soci


2002年の小泉元首相が訪朝の際に、金正日総書記は日本人拉致問題について「国家的テロ犯罪」と認めて謝罪をしましたが、今でも北朝鮮は多くの日本人を拉致しており、日本人拉致被害者の救出はされていません。


北朝鮮の資金源とは、パチンコ産業です。

パチンコとは、公営ギャンブルではなく「換金とは違法行為」であり、「中毒性」も指摘されている危険な遊戯であり、何より「朝鮮人の利権産業」です。

「パチンコの店舗数」は全国で減り続けて、昨年末は全盛期の1995年より約3割少ない約1万3000店となりましたが、一方では、パチンコ業界大手の「マルハン」(韓裕社長)は第37期決算(平成20年4月1~21年3月31日)で「パチンコ機の営業が順調に推移したため売上(2兆559億7000万円)、利益(506億2100万円)とも過去最高を更新した」と報告しています。


"パチンコ利権"を貪る上場貸金業者と警察の天下り

警視庁には天下りを斡旋するセクションがある。それが、「警務部人事一課人事企画第2係」(通称・人材情報センター)と呼ばれる部署である。そこに民間企業から求人票が提出され、"コンプライアンスの徹底""情報の管理強化"といった大義名分の基、多くの警察OBが天下っているというのだ。
こうした求人票を調べ上げたジャーナリスト寺澤有氏によると、警察との結びつきが強いと言われるセコム、綜合警備保障などの警備会社に加え、日本マクドナルドやヤマダ電機など数百社に及ぶ有名企業が警察OBを受け入れており、その採用数は増加傾向にあるという。
そんな中、同氏が取材を通じた上で、興味を引かれた業界が"パチンコ"だ。
周知の通り、日本のパチンコ業界は特殊景品を使った三店方式を採用。三店方式とは、「ホールで出玉と特殊景品を交換」→「景品交換所が特殊景品を現金で買い取る」→「景品問屋が交換所から特殊商品を買い取り、ホールに卸す」という換金システムであり、半ば公然とギャンブルを行っている格好だ。
「こうしたパチンコの換金システムは誰が考えても不自然で、過去の国会でも問題となっています。ですが、警察庁の言い分は、『パチンコ店が直接現金に換えているわけではないから、直ちに違法にはならない』というものです。『それならば』と、新宿でカジノ業者が同じ三店方式を採ったことがありましたが、こちらはすぐに賭博罪で摘発されましたよ(笑)」(寺澤有氏)
三店方式にまつわる業務は、東京ではパチンコ業者が作った東京商業流通協同組合、東京ユニオンサーキュレーション株式会社が担っており、実はこの組織に、多くの警察OBが天下っているのだ。
「日本全国でパチンコの違法状態が放置されている理由は、他でもない警察が換金業務を牛耳っているからです。換金所は1店舗につき1カ所あるわけですから、膨大な数になる。年間何回も(警視庁の人材情報センターに)求人票が出るくらい、人員が必要になるんです。警視庁に出された求人票には『暴力団排除』という目的が謳われていたりしますが、もともと暴力団はパチンコにはほとんど関与していない。要はパチンコ店が『自分たちに換金をやらせれば、賭博罪にはとわないよ』ということですよ」(同)
さらに、こうしたパチンコ利権に深くかかわっている有名上場企業があるという。それが「セゾンカード」を発行する、クレジットカード大手のクレディセゾンだ。貸金業者である同社の連結会社が、関東一円で幅広くパチンコチェーン『コンサートホール』を経営し、各店舗で警察官の天下りを受け入れているというのだ。寺澤氏が続ける。
「同社は警視庁の人材情報センターで、『各店1名』という求人票を出しています。同社は各店舗に警察の天下りを受け入れることで、さまざまな面で安全を担保しているのでしょう」
こうした指摘に対し、クレディセゾンに取材を申し出るも、広報担当者は「一切回答できません」と言うばかりだ。「パチンコによる多重債務が社会問題化している中で、貸金業をやりながらパチンコ屋もやっているというのはマッチポンプもいいところです。たとえば『コンサートホール』調布店に行くと、周りにパルコや西友があって、当然セゾンのATMカウンターがありました。これでは多重債務を助長していると思わざるを得ません」(同)
なりふり構わぬやり方で、利益を追求するクレディセゾンとそれを黙認する警察。両者の癒着構造にメスが入る日は来るのだろうか?
(日刊サイゾーより引用)
http://www.cyzo.com/2008/10/post_1040.html


今こそ、北朝鮮の資金源であるパチンコは根絶し、パチンコにより資金を得ている、反日企業・売国議員・亡国役人も根絶すべきです。

国家とは、主権を守るのは当然であり、国民の生命と財産を守る義務があります。

国民の生命と安全を守れない国など真の独立国ではなく、歳月の流れにより拉致被害者はもちろんの事、拉致被害者のご家族も高齢となっています。

もし彼方様が「拉致被害者」の立場なら、貴方様のご家族が「拉致被害者」ならと考える事こそ、拉致被害者救出問題には必要なのです。

良識ある日本国民の皆様、拉致被害者救出についてご考慮下さい。

===★★  ランキングの応援お願い致します  ★★===

良識ある日本国民の皆様、下記ランキングアドレスのクリックをお願い致します。

「人気ブログランキング」 https://blog.with2.net/in.php?646336


転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

ビワの豊作

ビワの豊作

 今年は珍しくビワが豊作です。 今までなった試しがないビワですがどう
言うわけか今年は鈴なりです。

このビワの木は以前住んでいた清水港で蒔いた種から芽生えマンションに
住んだ頃はプランターに植えてありました。 痩せた土に肥料も全く与えず
ヒョロヒョロの貧相で見すぼらしい物でした。しかし年数が経っている為、
地植えにしてからたちまち大きくなりました。ほったらかしでしたが毎年
幾ばくかの実がなり小鳥たちがやって来て結構いい餌場になっていました。

今年は1月頃に珍しく沢山花が咲いていたので、もしかしたら少しはまと
もな実がなり、口に出来るかと内心少し期待していました。
 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/b1.jpg
 
例年は折角花が咲いても冬に飢えた鳥が花を全部たべてしまい、収穫する
程実る事が無かったのです。そして大抵実が熟する前にヒヨドリ等にすっか
り食べられてしまっていました。しかし、今年はどう言うわけか小鳥たちに
食べられることなく色づきました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/b2.jpg

昔は鳥よけに新聞紙をワラビ粉などで作った糊で貼ってビワの実にかぶせ
た物です。しかし、袋かけは大変に面倒です。かといってここまで実った
ビワを、みすみす小鳥たちに全部食べられるのも癪です。
そこで、倉庫にあったボロボロの鳥よけ網を引っ張りだしてきて形だけ防
鳥ネットにしました。
 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/b3.jpg

ビワを狙うのは小鳥たちだけではありません。昨晩は夜中にガサゴソと音がするので行ってみると何とイタチがビワの木に登ってビワを食べていました。 もう少し置いておくともっと甘くなり美味しいのですがそれまで待てそうにありません。とりあえず今、食べれそうな分を取ってみると10㎏近く在りました。
多分全体で4~50㎏位は実っていそうです。もう少し手入れをすれば糖度も増すのでしょう。とりあえずは不出来なビワを明日教会に来られる方に声を
掛けて、もしもらって下さる方があれば感謝と言うものです。爆!! 
 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/b4.jpg

創世記7章1節

リクエストを有り難うございました。

まず創世記7章1節のヘブル語原典直訳です。

1.そして彼は言った ヤハウエ に ノア あなたは行け あなた そして全ての 家 あなた に その柩 その時 をあなた 私は見た 義 に顔ら 私の 中でその時代 そのこの

次に70人訳ギリシャ語聖書の直訳を記します。

01 ・ そして 彼は言った 主は その 神 方に ノア あなたは入れ あなたは そして 全て その 家 あなたの 中へ その 櫃、それは あなたを 私が見た 義 面前に 私 中で その 世代 この。

ヘブル語の方を翻訳にしてみます。

ヤハウエはノアに言った。あなたとあなたの全ての家はあの柩に入れ。 その時に、私は私の前にあなたを義と見る。こんな時代の中でも。

70人訳ギリシャ語聖書もほぼ同じ意味ですので翻訳は省略します。

コメント

ヘブル語の文面を見る限りノアが義と見られたのは、柩と言う意味を持つ方舟に入った行為によると原典は主張している様です。

アブラハムの場合とは異なり、ノアは行いによって義と見られているという明白な主張です。
これと同じ主張は新約聖書のヤコブ2章23節24節に記されています。

ヤコブ2章21節~24節の原典直訳を記します。

21 ・アブラハム その 父 私たちの 無い 出て 働きら 彼が正しい事を示される 、運び上げる イサク その息子 彼の 上に その 祭壇?  
22 ・あなたは見ている それは その 信頼 彼が共に働く その 働きら 彼の そして 出で その 働きら その 信頼 彼が完成される、
23・そして 彼が満たされる その聖書 その 書かれている 、彼は信頼した そして アブラハム その神に 、そして 彼は見なされた  彼に 中へ 義、そして 友 神の 彼は呼ばれた。
24 ・あなた方は見られろ それは 出て 働き 彼が義とされる 人が そして 無い 出で 信頼 唯一。 
聖書の基本原則として必ず相反する主張が両方とも存在し、その両方が正しいと言う物があります。
信仰義認と行動義認も同様で、信じて行いが無いと言う事は信仰が無いと言う事で、本当に信じたと言う事は行いが伴うと言う事なのです。

ノアの救いを現すこの創世記7章1節はその事を明確に記していると言う事です。

以上。 以下は過去の記事や参考箇所 

参考  http://bible.co.jp/noah (一部工事中)
創世記7章 動物の救い http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/10618180.html 
創世記6章 ノアの方舟 http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/10555483.html
創世記6章2節  http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/27808024.html
創世記8章 弓の契約 http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/10682593.html

網戸張り替え

網戸張り替え

 今日は出かける予定がキャンセルになり時間が出来ました。こういう日は
要注意です。早く他の用事を作らないと余計な仕事が飛び込みます!! 爆!!  
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a1.jpg

マゴマゴしている間に課(家)長から網戸の張り替えの注文が入りました!!
爆!! 古くなって穴があいたり長く裂けている部分が有る座敷の網戸で、
高さが1.8m、巾が70㎝の大きい網戸4枚が今日のノルマです!!爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a2.jpg

必要な道具と材料はこれだけです。+ドライバー、カッターナイフ、押し込み
ローラー、-ドライバー、ラジオペンチ、そしてCRCです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a3.jpg

 手順は簡単です。まず網戸を外します。プラスのドライバーで上部の左右
にあるネジを緩めガイドを下げます。ネジの位置は下の方の赤で注意書きした
写真を参考にしてくださいね!! 

 網戸によってはネジが正面の外側から見えず網戸の両端の横溝の内側に有
る物も在りますのでご注意ください。そのネジを緩めて引き下げると網戸を
両手で平行に上方に持ち上げると簡単に網戸は外れます。

 上部のネジを緩めても動きがきつく、うまく網戸が外れない時や、硬い時
は下部の戸車のネジもドライバーで緩め上方に向けて引き上げると網戸は軽
く外れます。

 大切な事ですが左右に互い違いにスライドして開閉する引き戸式の窓や戸板
を外す時には、どんな戸でも必ず戸を両手で持ち、上に平行に持ち上げて、
下の戸車部を先に外します。その次に上のガイドを溝から外します。
 また逆に引戸をもとのレールや溝にはめるめる時は、まず先に上部をガイド
部分のレールにはめて、次に下の戸車を下のレールに嵌め込みます。
  これ、逆にすると戸や窓が壊れますからご注意くださいね!!  

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a4.jpg

次に古い網戸の網を網戸から外します。止めのクッションをラジオペンチ
で引き抜き、網戸から網を剥がします。これは簡単です。サッシに網戸をは
めたまましても、外してから作業してもどちらでも同じです。やり易いほう
でやります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a5.jpg

 さて、お次は張り替え用の網です。 普通の網もありますが、小さい虫の入
らない細かい網のものがおすすめです。
さらに外の景色が綺麗に見える黒い網。さらに網の外面に銀が塗布されて
昼間は中が見えにくく内面が黒で景色の綺麗な物の4種類が良く売られてい
ます。
近くのホームセンターで見るとお値段は91㎝×2mの物でそれぞれが
200円~300円~1000円位です。

お徳用の10mとか20mの物を買うとお買い得です。しかし、一度張り替え
た網戸は数年は持つでしょう。しかし、取り起きしておいてもそちらも経
年劣化してしまい使い物にはなりませんので考えものです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a6.jpg

張り替えのコツなんて特にありません。強いて言えば目地の嵌め込み用の
ビニールの紐状の留め具に正規の寸法の物を使う事です。
太さに沢山の種類が在りますのでこれだけは間違えない様にしないと折角
張り替えた網戸がすぐにほつれたり外れたりして大変です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a7.jpg
どうも新しく買った物は馴染みが良くないので外した古い方の物を使いま
した。かなりこれは微妙な弾力の差があり新しい物で古い網戸に合わせるの
はこれだけ注意していても難しいものの様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a8.jpg

私が作業していると、面白そうなので身を乗り出して興味を持っていたラブ
チャンです。しかし、私が網戸さんに夢中でかまってくれないのでつまらな
くなり大アクビです。爆!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a9.jpg

網戸を適度に引っ張りながら市販のローラーで止めゴムを嵌め込むと簡単
に網戸の網が張り替えられます。あっと言う間に終わりました。
後ははみ出した部分をカッターで切り取るだけです。このとき出来るだけ
切れ味の良い新しい刃を使います。 気をつけないとすぐに新しくした網戸の
方に傷をつけてしまいます。それを防ぐ為カッターナイフの刃の部分を出来
るだけ少しだけ出すようにして作業すると良いかと思います。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a10.jpg

こんなふうにはみ出した網の不要な部分を軽くカッターで切り取ります。網
戸のアルミの枠の内側の所ににカッターナイフの持ち手の部分を軽くあてて
刃が振れない様に注意してサッと切ると良いかと思います。一度使った刃は
出来れば折取って、次にはまた新しい刃で切り取ると余分な力が不要でその
分新しい網に傷つける心配が無いかと思います。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a11.jpg

さて、網戸の張り替えが終わるとちょっとした事ですが網戸のメンテです。
長く使った網戸の戸車にはけっこう色々な物がつまったりして滑らかに回転
せずゴロゴロとしているものです。

この戸車の回転部に市販のCRCスプレーを軽く吹きつけます。じつはこ
のCRCのスプレーは電気回路のスイッチ等に使う接点復活剤用の物です。
まあ、要するに汚れたり頑固にこびりついている物を剥がしてスベリを良
くしてくれる代物と言う事です。ほんの0.5秒ほどシュと吹きつけるだけです。 

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a12.jpg 

網戸の張り替え作業が終わると後はサッシ外枠に元通りはめるだけです。
このときはめる溝と左右裏表を間違え無い事です。

  うっかり、表裏や左右を間違えると、網戸とガラス戸の間に僅かな隙間
が出来て蚊や虫が沢山入って来ます。 勿論虫が入れば間違いがすぐにわか
るので心配はいりません。 爆!! 
この時に網戸の上端の左右のネジを緩めてスライドストッパーの位置を適度
に調整しすま。 これがいい加減だと網戸が堅くなったり、反対にすぐに
外れて思わぬ怪我や事故を誘発します。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a13.jpg 

網戸の外の上両隅に有るこのネジです。
通常は上側に有るガイドの位置の調整で網戸のスベリを調整します。その
コツは網戸をはめた状態で上側の左右のネジを緩めネジの位置を一番上側ま
で引き上げます。その位置で軽くネジを閉めた状態でさらにそこから2~3㎜
程ネジを下に下げて網戸と外枠レールの遊びの隙間を調整します。そのまま
で網戸を動きを確認してスムースでガタが無ければその位置でしっかりとネジ
を閉めて固定します。この2~3ミリの隙間がものすごく大切です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a16.jpg 

隙間が5㎜を越えると開閉時や何かの拍子に突然網戸が外れて、転落や
庭の丹精込めた立派な植木の枝を折ったり、咲き始めた見事な花を落と
したりで閉口です。

これより狭いとサッシのゆがみで戸車に不均衡な負荷が掛かり開閉が上手
くいかず堅くなったりします。 下側の両隅にあるのは戸車の位置の調整用
です。戸車用のネジは普段はこちらは一番内(上)側にしておきます。
上部調節ネジでは調節仕切れない時や、閉めた状態で左右の網戸が平行に
成らず上か下に隙間が出来ている場合などに下部も調整して丁度良い隙間に
成る様にします。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a17.jpg 


この隙間は大切です。隙間が不適切だと網戸に不均衡な力が働き、その
結果網戸が変形したり破れたりします。また思わぬ力が掛かって網戸が
レールから外れ外に倒れたり落下します。
高層階では網戸が落下すると凶器になり、万が一下に人が居たりする
と大怪我をして傷害事件の加害者となるかもしれません。そうなると業務
上過失傷害罪で刑事告発されたり、検挙される可能性も在ります。

たかが網戸、されど網戸です!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a14.jpg 

はい!! 作業完了です。後は片づけと掃除です!! 待ちくたびれたラブ
チャンはすっかり寝入ってしまいました。あたりは暗くなり外から網戸の
写真を撮るとフラッシュが点灯し、光を反射して中が見えにくくなっています。

  やはり高いだけの値打ちが在ります。でも我が家はタヌキと猪しか
覗きはいません!! 爆!!
 
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/a15.jpg 

はい!! ラブチャンおまちどうさま!! これから夕方のお散歩だよ!! 爆!! 

池田緑のセンター(その3)

池田市緑のセンター(その3)

  http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g11.jpg

緑のセンターでは花の苗も育てている様です。沢山の苗のポットが
所狭しと置かれていました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g12.jpg

それになんだか珍しそうな花が沢山在りました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g13.jpg

きっとわかる人が見れば面白いのでしょうが私には猫に小判です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g14.jpg

見た事も無いし聞いた事の無い花ばかりのようです。
 
 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g15.jpg

名前を控えるのも面倒なのでパスです。 爆!! 
 
 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g16.jpg

温室から外へ出るとラブチャンがソッポを向いてしまっていました!!   

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g22.jpg

おまちどうさま!! さあ行こう!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g17.jpg

 喜んだのも束の間、綺麗な芝生がある中庭にはラブチャンは入れません!! 。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g18.jpg

 仕方がないので管理施設の方へ行きました!!
しかし、こちらもやはり施設内にはラブチャンは入れません。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g19.jpg
施設の一階には第一回お花の絵はがきコンクールの作品展がなされて
いました。皆様おじょうずですね!!
 
 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g20.jpg
施設の二階にはこのあたりに生息する動物たちがお気の毒に剥製に
されていました!! 雉にタヌキにイタチにフクロウさんにカラスや白鷺
です。あたりには猪や鹿も沢山いますが幸いな事に剥製にはまだされていない様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g21.jpg

最後は待ちくたびれているラブチャンが待っている管理施設のテラスの写真です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g23.jpg

鎖を解くとプンプン怒ったラブチャンはサッサと橋をわたってお隣の
児童文化会館の方に行ってしまいました。
おいおいラブチャンまってちょうだいよ!! 爆!! 

池田市緑のセンター(その2)

池田市緑のセンター(その2)

  http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g01.jpg

いつでも何処へ行っても可哀相なのはラブチャンです。
建物の中には絶対に入れてもらえないのです。すっかりしょげて
がっかりしているラブチャンです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g02.jpg

可哀相なラブチャンを見捨て、温室に入ると綺麗な胡蝶蘭が迎えてくれました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g03.jpg
鮮やかなピンクや黄色等バリエーションが見事です。名前を聞いても覚え
られない程沢山の見た事の無い綺麗な花がいっぱい在りました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g04.jpg

 花ばかりではありません珍しい木も在ります。これはアセロラと書いて
あります。バラ亜綱(Rosidae) ヒメハギ目( Polygalales)キントラノオ科
(Malpighiaceae)ヒイラギトラノオ属(Malpighia) アセロラ( M. glabra)だそうです。

 http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/37/Malpighia_glabra.jpg

 姫リンゴの様な形で真っ赤な実が鈴なりになり、ビタミンCがいっぱいで、
清涼飲料水、ジャム、ゼリーに重宝される様です。
 秋に来てあたりに落ちている実を親切に拾って上げて片づけ、蒔いたら
育つかも知れませんね!!爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g05.jpg

 その向こうにも 所狭しと綺麗な花が沢山並べられています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g06.jpg

  花だけではありません。何やら幽霊の様な宿り木の様な物がぶら下
がっています。
  その向こうには 美味しそうなバナナの木が在りました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g07.jpg

バナナってお店に並べられている様にではなく反対向いてなっているの
ですね!!始めて気がつきました!!
 美味しそうに色づいたバナナはそろそろ食べごろのようです!! 爆!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g08.jpg

 その隣には見事なストレチアが咲いています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g09.jpg

  お花や木を見ている間ラブチャンがどうしているか心配になって外を
覗いてみると退屈そうにしていました!! 大丈夫そうです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g10.jpg

  次はサボテン類のコーナーが在ります。丸いの長いの、太いのそれに
モジャモジャしたものなどです。

まだまだ在りますので残りは明日にでもご紹介します。

池田緑のセンター(その一)

池田市緑のセンター(その一)

  http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g1.jpg

先日20年振りに池田グリーンセンターに行きました。子供が小さい頃良く
遊びに連れて行った所です。その理由は無料で入れるうえにあたりは緑一色
遊具も多く子供連れにはおすすめのスポットです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g2.jpg

施設はこんな風になっていて大阪府池田市の五月山公園の外れに在ります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g4.jpg

ここの目玉は水琴窟です。 20年前の完成当初にはキン!! という綺麗
な音があたりに響いていました。しかし、径年劣化したのか、竹筒が通さ
れていてそこから消え入る様な音しか聞こえてきませんでした。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g3.jpg

構造はこんな風になっているそうです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g5.jpg

少し上ると巨大な台場クヌギが在ります。かなり年数が経っている様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g6.jpg

もう一つ立派な大王松が在ります。こちらも20年前はさほどでもありま
せんでしたがやはり20年の歳月は樹木を立派に育てます。大きな松ぼっくり
が見られました、秋の台風の季節にはきっと松の実が沢山採れそうです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g7.jpg

建物の前には小さな池があり、水辺の植物が展示されています。スイレン
やパピルス等でその池には錦鯉や金魚等が泳いでいました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g8.jpg

この施設の中心は大きな温室がありそのなかには見事な蘭や珍しい熱帯の
樹木が植わっています。施設の内部は明日にでもご紹介する事にします。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/g9.jpg

下はヤフー地図です。

西谷の森公園

宝塚西谷の森公園

今日は最近近くに出来た西谷の森公園に行ってきました。

 http://nishitaninomori.jp/hp_gazou/mori_gazou.gif
こちらは案内看板です。隣の宝塚市の北部丘陵地帯に有り、
我が家から山道を車で15分位行った所です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/m1.jpg
大きな案内看板が在りました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/m2.jpg
中央管理施設です。こちらでもさまざまなイベントがなされ
ている様です。面白いのはこの施設の屋根や屋上が緑化されて
いて芝生の様な草と雑草が生えています。管理しやすい様に
移動式の梯子が備わっていました。
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/m3.jpg
管理施設の直ぐ上には保与谷池があり綺麗な水面に里山を美しく
映しています。でも恐いマムシの注意書きが目につきました。
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/m4.jpg
少し行くと早速ヤマカガシのお出迎えです。これも立派な毒蛇ですから
かまうのは危険です。
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/m5.jpg
少し行くと小さな湿原がありそこにもマムシの注意書きがありました。
これだけ涼しい山ですからマムシも沢山いるかと思います。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/m6.jpg
ちょっと進むと丁度笹ユリのが咲いていました。我が家より2週間
程遅いと言う事はそれだけ涼しいのだと思います。
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/m7.jpg
道は段々と山深くなり、日差しはきつかったのですが木陰の心地よい
散策道でした。
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/m8.jpg
ちょっと上るとシダの群落が在りました。お正月のしめ飾りなどに
使う縁起物のウラジロの様です。
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/m9.jpg
暫く行くとまた管理棟の所に戻ってきました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/m0.jpg
下の写真は見晴らしの良い所から撮ったパノラマ写真です。
クリックして画面を拡大してご覧ください。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/mp.jpg

以下は参考の為のご案内です。
公式ホームページ
http://nishitaninomori.jp/

開館時間(散策道はいつでも行けます。)
http://nishitaninomori.jp/subpage/shisetsu_jikan.html
電話0797-91-1630 fax0797-91-1631
所在地 〒669-1222 兵庫県宝塚市境野字保与谷14-1

ヤフーの地図はこちら

詳しい地図で見る

公園の詳しい地図はこちらです。(クリックして、画面を全画面表示にして、
さらに%を100%程度に指定すると詳しく地図を見ることができます。)
http://nishitaninomori.jp/pdf/parkmap_1.pdf

栗とマテバシイ

栗とマテバシイ

今朝もラブチャンの散歩に行こうとしました。お隣の栗畑を見ると
いっぱい栗の花が落ちていました!!
 http://bible.ne.jp/brog/img/bee/kri1.jpg

掴んでみると、や!! やはり全く蜜が噴いていません。
普段の年で有ればこの花には沢山蜜が残っていて手が
ベットリするほど蜜がつくものです。しかし今年も去年と
同様に全く蜜が噴いている様子がありません。

 http://bible.ne.jp/brog/img/bee/kri2.jpg

 そして、例年であれば沢山の蜜蜂が飛び交う満開の栗の花の
どこにも蜜蜂もその仲間の昆虫も全く来ていませんでした。


 http://bible.ne.jp/brog/img/bee/kri3.jpg

 蜜蜂が来ていないのは栗だけではありません。ラブチャンの
散歩道にあるマテバシイの木も花が満開でしたが、やはり一匹も
蜜蜂さんは来ていませんでした。

こんなに木に蜜が噴かないのでは、去年に引き続いて今年も
おそらくハチミツは大打撃の様相です。

最後は、蜜蜂さんが全く居ないマテバシイの木の下で
立ち往生して心配しているラブチャンです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/bee/kri4.jpg

普段の年であれば手にベットリと蜜の着くはずの栗や
マテバシイに蜜が噴かない原因で考えられるのは二つです。

一つは最近酷くなった大陸から流れて来る酸性雨と、
もう一つは、太陽の黒点減少による紫外線の激減です。
太陽の可視光線は僅か0.2~3%の減少ですが、目に見えない
けれども光合成に必要な紫外線が普段の年の20~30分の
一以下に減少しているそうです。勿論日本だけではなく世界
中でです。世界中で蜜蜂がいなくなる原因として紫外線の激
減による光合成の激減が樹木などの蜜が分泌しなくなりその
結果蜜を集めに行った蜜蜂が行き倒れになっている様です。

 まあ、いずれにしても当分この蜂蜜の不作は続きそうです。

下は昨年も栗の花に蜜が噴かなかった記事です。 

http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/33789534.html

最後は相変わらず低迷している太陽活動の現状へのリンクです。


ピッチングマシン

ラブちゃんと公園を散歩していると変な音が聞こえてきました!!
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/p0.jpg

ゴルゴルゴルと言う音です。音のする方に行くとあれ!!

坊やが野球をしています。
でもピッチャーがいません!! 爆!! 
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/p1.jpg
そう小さなピッチングマシンで遊んでいるのです。

このピッチングマシン毎回出て来る玉のコースが違います。

なかなか優れものの様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/p2.jpg

お兄ちゃんがいて球拾いをしてピッチングマシンに弟と打った玉を集めて
機械にボールを入れていました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/p3.jpg

なんか羨ましい様な、気の毒な様な不思議な心境に成りました。

調べてみると色々有る様です。

下のリンクは上から玩具から本格的な物までです。



桑の実

桑の実

 今日もラブちゃんと散歩していると、あ!! 桑の木が在りました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/k1.jpg

 桑の木は昔は何処にでも有ったものですが、養蚕業が低迷した最近は
めったに見掛けなくなりました。

春先にモジャモジャした花が咲き、今は丁度実が熟する頃です!!
 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/k2.jpg
美味しい桑の実があるかなか!! 爆!! 

 ありましたね!! 早速頂き!! 爆!! 
 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/k3.jpg
洗いもせずそのままお口にポイ!!

 でもこれはあんまりおすすめ出来ません。、桑の実は美味しいので蛾の
幼虫の毛が着いていたり、コマバエが卵を産んでいたりして要注意です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/k4.jpg

でもネイテイブの田舎者にとってはそんな事全く気になりません!!

美味い美味い!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/k5.jpg

ほおっておかれたラブちゃんがちょっとご機嫌ななめです。

桑ですぐに思い出すのは岡谷や諏訪の製糸工場に出稼ぎに出された飛騨の
少女たちの過酷な労働実体を記録した女工哀史です。

日本の近代化の為に絹を輸出し貴重な外貨を稼ぐ国策の犠牲となった女工
さんの記録です。

 同様の人権侵害は、当時の日本全国各地で行われていました。ちょど
おしんの時代です。

余分ですが、この女工哀史に登場する「飛騨で迫害され家を焼かれて
死んでいく宣教師」は私が属する教団の日本宣教師でした。

桑に興味のある方は以下のリンクをご覧下さい。

★ 女工哀史 野麦峠
http://www6.plala.or.jp/ebisunosato/nomugi.htm


★桑の百科事典 http://www.momo-kuwa.com/jiten.html
・桑(くわ)科、学名 Morus alba (桑)
Morus bombycis(山桑) Morus:クワ属 alba:白い bombycis:蚕の
、絹
Morus(モーラス)は、 ケルト語の「mor(黒)」が語源らしい。

★桑の実の成分

カルシウム     39.6mg
鉄         1.59mg
カリウム       234mg
マグネシウム    19.7mg
亜鉛        1.39ppm
ビタミンB1     0.04mg
ビタミンB2     0.05mg
ビタミンB6     74μg
ビタミンC      33mg

★桑の実ジャムのレシピ


★以前記した赤とんぼの記事はこちらです。





停電

停電
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/black.gif
 停電です!! 見事に停電の写真が撮れました!! 爆!!

  最近はめったに停電なんて言う事はありません。しかし、夕べ外出から
帰宅するとスタンバイにしておいたパソコンが二台とも起動しています。
おかしい!! 

 それにデジタルの電気時計は点滅状態です。

 や!! これは停電があったな!! 電源を切ってセキュリテイを落と
すのは盗賊と言うのが定番です。泥棒でも入ったのではないかと思い出入
り口を調べましたが全く異常はありません。  

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/bulb0.gif

お向かいのO様の家にお邪魔して聞いてみました。「停電がありました
よ!! 」「そうでしたか!!」これで一安心です。

 しかし、作業中の私のパソコンのデーターは消えてしまっています。

 早速電力会社に苦情を言う為に電話を掛けました。しかし、時間外で
通じません。勿論本社も!! ご時世ですね!! 

 ネットで電力会社を捜して事実確認と苦情をメールで送信しておきました。

 きっと口うるさい嫌な顧客と思われるでしょうが、気にせず「言うべき
事は言っておく!!」のが私の主義です。

 きっとわたしはこれで相当損をしているでしょうね!! 爆!!  

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/bulb1.jpg

今日になり担当者からお侘びの電話が入りました。停電があったのは昨晩
20時26分頃から3分程だそうです。原因は現在調査中と言う事でした。
停電の範囲を問いただすと、Y地区と隣接するK地区と言う事でした。

パソコンのデーターの補償について問いただすともぐもぐいいながら、
停電の原因が判明してから検討致します。といって「後ほど連絡させていた
だきます」と言うので、どんな原因が考えられるのですか?と言うと、

 「配電機器の故障か、動物の可能性が在ります。」と言うので蛇やカラス
ですか?と言うと

  「そうです。原因箇所には動物の死骸かあたりに黒く焦げた痕跡が残り
ます。」と言って電話が切れました。

私は弱電はある程度知っていますが強電、特に6600ボルトの高圧線が短絡
事故を起こした場合の実際は全く分かりません。しかし、おそらく相当の
大音響に加えて凄まじい火花があたりに飛び散ることは間違いないでしょう。
だから原因はすぐにわかるだろうと思います。
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/crow.jpg

夕方帰宅すると留守電が入り、少しして担当者からまた電話連絡が在りま
した。「現在まだ原因が判明していません。弊社の設備は停電後24時間近く
通電して弊社の責任による原因では無い様です。ですから、データーの補償
は難しいかと思います。」と言う事でした。

  顧客の損失の補填はきっと相当いやなのでしょうね!! 爆!! 

広いと言ってもたかが3000戸に満たない配線区域を幾つかの作業班で一日
掛かって調べて原因が判明しないのは怪しい!! と思いましたが、私の失っ
たデーターはたかが知れていますので「わかりました。では停電の原因が分
かり次第連絡をお願い致します。」といって連絡待ちの状態となりました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/pole.jpg

あんまり担当者をいじめるのも悪趣味ですが、やはり「電力会社は地域
独占の上にあぐらをかいて消費者に対する態度が余りよろしくない。」
とかねがね思っていました。

  昔勤めていた何処かの公社と体質がそっくりです。爆!!

  しっかりと事あるごとに牽制球を投げておく事が横暴な独占企業をのさ
ばらせない秘訣かと思い、こんな意地悪をしています。 爆!! 

でも、皆様停電は開発途上国だけではなく日本でも時々起きています。
パソコンのデーターの管理にはくれぐれもご用心!! 爆!! 
 
 データーのセーブにはこちらをどうぞ!! 

これなんでしょう?

これなんでしょう?

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/q00.jpg
 ラブチャンが玄関に咲き始めたスカシユリを見ていると、
ユリの向こうに何か在ります。

  http://bible.ne.jp/brog/img/flower/q0.jpg

ちょっとだけ拡大してみます。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/q01.jpg
これなんです。

大きい方が太さが2㎝長さは5㎝ほどある多肉植物の様です。

こんな物、植えた覚えも蒔いた記憶もありません。かといって
自生していたにしては他に全く見掛けません。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/q1.jpg

さらに拡大して見ましょう。

これです。 爆!! 

反対側から見てみましょう。

 http://bible.ne.jp/brog/img/flower/q2.jpg

お手上げです。誰か教えて!! 爆!! 

大教大附属池田小事件

大教大附属池田小事件

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/ikefu0.jpg
事件のモニュメント、犠牲となった8人の児童を現す8つの鐘。

 早いものですね!! あの日からもう8年が過ぎました。あの事件は
本当に身近な事件でした。 事件現場は娘の参観に幾度も訪れた教室
だったのです。また、当日は中学に入学したばかりの愚息が写生して
いたその目前で事件が起きていたのです。
 
 http://bible.ne.jp/brog/img/family/ikefu2.jpg
附属小学校のグランド。息子が写生していたのはグランドの左向側。

 事件当時は附属中学校のPTAの実行委員で会計を担当していました。
会長から連絡が入り急ぎ学校に駆けつけました。上空には多数のヘリ
コプターが舞い、あちこちに警察や消防の緊急車両がとまり、あたり
は騒然としていました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/ikefu1.jpg
事件のあった附属小学校正面玄関付近(当時)です。

学校の東南の山の斜面には報道陣のカメラの砲列が四六時中校舎を
にらんでいました。犯人や教官を伴って現場検証が繰り返され、役員
会も幾度も招集されて時間が慌ただしく過ぎ去って行きました。

凄惨な事件現場では授業は再開出来ず、校舎建て替えが決まり急遽
建設された仮設校舎への移転、怯える子供達を励ます為に通学路に役員
は勿論保護者も総動員しての安全パトロールや、施設のやり繰りなど
目まぐるしく協議が重ねられました。

犯人には2003年の8月28日に死刑が宣告され、弁護団の上告を自ら
取り下げ2004年の9月14日に大阪拘置所で処刑されました。

年ごとに追悼の式典を重ね、校舎もすっきりとほぼ建て替えを終え
当時の小学校の教諭も転任し、襲われ逃げまどった子供達も義務教育
を終え高校生と成りました。そしてそれを見守っていた私たち保護者
もその任を終えました。

見かけは何事も無かったかに見える学校に戻りました。しかし、
ご遺族を初め、子供達や教師に加えて保護者達の心には今も深い傷が
残っています。  
 
 http://bible.ne.jp/brog/img/family/ikefu3.jpg
事件の起きた旧南校舎 当時の壁や床が今も残されています。

手前の建物が問題の南校舎ですが、そこは憧れの附属に受かった
子供達と家族が一番喜びに溢れて時を過ごす、明るい教室だったの
です。

一体あの事件はなんだったのでしょうか!! 今も瞼を閉じると
あの頃のさまざまな思い出や出来事が走馬灯の様に脳裏に浮かび
消えて行きます。

この学校は対外的にはお金持ちのエリートが通うセレブの学校と
思われている様です。確かにセレブと思わしきご家庭は少なくはあ
りません。しかし、実はこの学校に通う大半の子供達は決して豊か
とは言えない、いやむしろ貧しい家庭にありながら大切に育てられ
た子供達こそが多いのです。彼らの能力に見合った難関国公立を目指
す為に安い経費で理想的な教育環境を提供しているのです。

国立である為、授業料や納付金が安いが故に、経済的に決して豊か
でない家庭にある優秀な子供達が多く集う学校であると言うのが本当
のこの学校の姿だったのです。

そんな事を思い見る能力すらも無い一人の男が、死刑になる為に
起こしたこの事件は私たちに一体何を教え様としているのでしょうか。

今日6月8日は本当に考えさせられる日に成りそうです。
 
 http://bible.ne.jp/brog/img/family/ikefu4.jpg
大教大附属池田小学校の航空写真

下はヤフー地図です。

詳しい地図で見る

プレハブ住宅

プレハブ住宅

 朝ラブチャンの散歩をしていると家の部分を積んだトラックが随分と
沢山並んでいました。10台ぐらい在ります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/seki1.jpg

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/seki2.jpg

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/seki3.jpg

暫く行くとやクレーンが在ります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/seki4.jpg

これで吊って家を組み立てるのですね。 早い早い。

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/seki5.jpg

1週間余りして現場に行くと早快適に暮らせそうな素敵な家がほぼ完成し
ていました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/seki6.jpg

基礎工事を確か一月程前にしていましたので工期は1月と少しですね。
昔の家は布基礎の工事からお建て前が終わると屋根を拭き、壁は竹と
藁で骨組みをして土壁を塗りじっくりと乾かし、木材の癖を見ながら
さらにじっくりと内部の造作をして半年から2年位掛けて建設したもの
でした。

こんなにも呆気なく家が建ってしまうと、後々何か問題が起きないか
が気になってしまいます。

バイクの引越し

バイクの引越し

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/k1.jpg
 この4月にお江戸に引っ越した娘の置いて行ったバイクの引越しが漸く終
わりました。

最初は自分で乗って赴任すると言っていましたが何とかバイク便に落ち着い
てくれた様です。

ネットで申し込むと早速取りに来てくれました。メット等を入れるダンボー
ルも一箱送れます。

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/k2.jpg

聞けば北九州から来て下さり明朝にはお江戸に届くそうです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/k3.jpg

今日はこの4t車一杯の予約が在り危うく次の便(次週)になる所でした。

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/k4.jpg

興味のある方はこちらにお電話下さいね!! 大変親切でした。400ccの
バイクが兵庫からお江戸まで23500円でした。大手の引越しやさんにお
願いするほぼ半額でした。バイクが行くとまた乗り回して心配が絶えま
せん!! 全くもう!!とあきれていますがもう立派な大人です。
祈りながら見守る事にしました。

下の写真は前のバイクやニュージーのツーリングの写真です。

ラブちゃんも心配してラブマスクを使わしてくれました!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/k5.jpg

 http://bible.ne.jp/brog/img/family/k6.jpg

バイオス開放

バイオス開放

 http://bible.ne.jp/brog/img/pc/p1.jpg
今日は酷い目に合いました!! 夕方にパソコンが起動しなくなったのです。

 発端は強制終了でした。あれ!! 電源スイッチが壊れた!! どうやら強
く押したためスイッチ部分が裏に抜けてしまった様です。早速腑開けして
みると、や!! スイッチの収納部からスイッチがパソコンの筐体内に抜けて
ハードデイスクの上に転げ落ちています。

最近のパソコンは全く何処で手が抜かれているか知れた物ではありません。
ゼムクリップを曲げて脱落したスイッチ部を筐体にうまく固定出来ました!!
直ったと思って安心してスイッチを再投入しましたが......あれ!!

起動しません。つい、ここであわてて電源スイッチを落としました!!

実はこれが故障を酷くした原因でした。 よく調べてみると...

  あ!! 着脱可能になっている前面のハードデイスクの鍵をオンにして
ませんでした!! 大失敗です。

 鍵をオンにして恐る恐る電源を投入しましたが。さあ大変!! バイオス
(※注)に前回の終了時の設定が残った為ブート(★起動時にハードデイ
スクに読み込みに行く動作)をしません。ヤバイ!!

  これは下手をするとまたメーカー修理になるぞ!! 色々といじって
みましたがパソコンはウントもスンとも言いません。

※注バイオス=BIOS( Basic Input/Output System)のことでコンピュータに
附属する基本部のハードディスク、キーボード、画面と本体のCPUや
メモリ、OS(ウインドウズ)などのデーターのやり取りをコントロール
するパソコンの基本中の根幹部分のプログラム群。
 

 http://bible.ne.jp/brog/img/pc/p2.jpg
蓋を明けた私のメインのパソコンです。 

  しまった!! また3~4万の出費に1週間のパソの修理期間か!!
とすっかり落胆しメーカーのサポートに連絡するとあれ!!
今は時間外でサポートセンターは受付していないと言うのです!!

  たくう!!

すると月曜の朝まで待つしかないか!! とさらに落胆してしまいました。

予備のパソコンは後2台在りますがメインのダウンは痛手です。
特に土日は忙しい私にとって相当な痛手に成りそうです。

イライラしている所に約1名ほど呑気な人が居て「今買い物が終わった
から迎えに来い」と言うのです。動かないパソコンをそのままにして
出かけ、ほうほうの体で帰宅しました。


頭に血が登っていた為か、落ち着いて考えてみると一つ手段が残ってい
ました。そうバイオス(※注)開放です。

説明は大変なのでこちらをご覧ください。このパソコンのマザーボード
の隅にあるボタン電池がバイオス(※注)と言うパソコンの起動を取り
仕切っている部分の設定を記憶させているメモリー用のボタン電池です。

これをソケットから外して、2~3分開放状態にすると、記憶されてい
る設定情報が消えて初期状態(デフオルト)に戻ります。この作業をバイ
オス開放と言います。

 http://bible.ne.jp/brog/img/pc/p3.jpg
これがマザーボードのバイオス(※注)の電池です。これうっかり手で
触ると手の油等が付着してそこを伝わって微弱な電流が流れて電池の寿命
をものすごく縮めます。だから手が触れた所はきれいなテイッシュ等で汚
れを拭き取ってやる必要が在ります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/pc/p4.jpg

爪でバイオス(※注)のバックアップ電池を外しました。これがリチウム
のボタン電池です。目に見えない汚れが付着しない様に、丁重に扱います。

この電池うっかり汚れた手で触ったり埃がついてしまうとすぐに放電し
て切れてしまいます。 そうなるとパソコンの時計が止まってしまいます
ので色々大変面倒です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/pc/p5.jpg
 外した所はこんなソケットになっています。 

  20秒ほどでメモリーの電力が放電してバイオス(※注)の設定記録が
全て消えるはずです。

  念のため20分程そのままにしてその間にお茶を一杯呑みました。
それから元通りに電池を入れて、蓋をして電源を再投入しました。 

 http://bible.ne.jp/brog/img/pc/p6.jpg

 しかし残念ながら全くブート(★参照)が進みません。途中でブート
(★参照)が停止してしまいました。

 しかし、少し変化が在ります。表示されている画面にはファンクション
キー(キーボードの上にあるF1~F12のキー)入力が可能に成ってい
ます。

  この画面さえ表示されれば後は何とかなります。

早速カーソル(画面の色が反転した入力可能箇所)を移動してバイオ
ス(※注)の初期設定を読み込む画面にたどり着きました。
  後は初期設定を読み込ませてそれをセーブ(上書き)して初期設定を
終えるだけです。

これ画面は全部英語ですから最初は戸惑いました。でももう慣れました。

操作を全て終えると..や!! バイオス(※注)の初期設定の画面が
閉じ、ハードデイスクが動きだしました。ブート(★)が起きています。
バイオス(※注)が機能しパソコンのハードデイスクに記録されている
基本ソフトのウインドウズの読み込みが始まりました。

  これで直ったとおもいきや....や!!また、止まった!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/pc/p7.jpg

 ところが今度は見慣れない画面が表示されています。マイクロソフトの
ウインドウズの認証手続をしないと起動してはくれないと言うのです。

え!! 何時からこんな物はじまったのでしょうね!! 長年パソコンを
扱って来ましたがこんな事は始めての経験です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/pc/p8.jpg

 この認証手続きとやらは色々面倒ですね、48桁もある数字が書かれて
います。 これをマイクロソフトのウエブ認証サイトと自動的にネット
経由で通信をして再発行された新IDを入力させられて始めてライセンス
認証がなされる仕組みの様です。

  やってみましたが........ところが...............これ....
うまく行きません。途中で止まってしまいました。 たくう!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/pc/p9.jpg

 すると画面が変わりそこには、マイクロソフトのサイトに電話をかけて
認証手続きをする様にと案内が出てきました。 しかし、今はもう夜の9時
過ぎです。認証サイトは開いてるのかな!! 

こんな時間にオペレーターははたして応対て居るのか、心配ですが致し方
ありません。画面に表示された電話番号に電話を掛けてみました。 

出ました。女性ですが多分日本では無さそうな雰囲気です。
何処か外国のオペレーションセンターにいる日本語の出来るオペレーターの
様です。たぶんこの時間帯はインドあたりと感じました。電話の話のレス
ポンスに若干の時間差が在り無音時に微かなザーというノイズが在ります。
元は電話屋さんですからピンと来ます。爆!!  

 日本語にも少し変なイントネーションがありますが綺麗で立派な日本語です。

 そして、彼女はパソコンの筐体にあるプロダクトIDを連絡して欲しいと
言うのです。

 パソコンの本体にはコードが一杯繋がっていてそんな物がつながり
パソコンを起動したまま後ろが見れるわけがありません。

 しかし、何とかして見て下さいと言うのです。窓から外に身を乗り出して
漸くの事でプロダクトIDをオペレーターに知らせました。

 しかし、それを入力しても認証がされません。読み間違えていると言う
のです。全く、こちらは高い窓から身を乗り出して命懸けで読んでいるの
にと思いましたが、確認すると間違っていました。9とQを間違えています。
修正するとやっと認証が出来ました!! 万歳!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/pc/p0.jpg

 これでやっとウインドウズが立ち上がります。パソコンが壊れてから
約5時間が経過してしまいました。

 漸く見慣れたデスクトップ画面が表示されラブチャンの笑顔で元気そうな
写真が出て起動が完了です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/pc/p11.jpg

あああ!! 大変お疲れさまでした。 爆!! 

ウシガエル

ウシガエル!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/water/k3.jpg

  田植えも終わり我が家は賑やかな蛙の合唱の季節となりました。
しかし、今年はどうした事かいつもの年程の賑わいはありません。 

 やはり蛙の世界も異変が生じているのでしょう。でも一番大声の
ウシガエルさんは元気な様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/water/k4.jpg

この写真は我が家のお隣の塔田池です。

ここには沢山の生き物がいますが一番声の声の大きい賑やかな生き物が
ウシガエルさんです。
 別名は食用蛙。1918年に東京帝国大学の渡瀬庄三郎教授が安価な
タンパク源としてアメリカから輸入して飼育を始めたのが最初だそうです。

学名はRana catesbeiana アカガエル科アカガエル属のカエルで体長は
20㎝以上あり大きな物は足を伸ばすと40㎝位になります。

こちらは卵です。  http://bible.ne.jp/brog/img/water/k0.jpg

実際の池ではこんなふうになっています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/water/k1.jpg

オタマジャクシになって最初の年はオタマジャクシの儘ですが二年目の
春にはこんなに大きなオタマジャクシになります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/water/k2.jpg

そして、まもなく尾が短くなり、後足と前足が生えてすっかり蛙になります。

鳥のささ身の様な食感で美味しいそうですが、私は物心ついてからは
食べた事が無いので味の記憶はありません。 爆!!

  今日は我が家の隣の池に沢山住んでいる食用ガエルのご紹介でした。

昨年ご紹介したアオサギがこれを食べに来ています。こちらをご覧ください。

アオサギの獲物 
http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/31661802.html

ふれあい公園

ふれあい公園

 今日はラブちゃんと良く行く公園をご紹介したいと思います。 

 http://www.town.inagawa.hyogo.jp/hp/tosikeikaku/kouen.files/sougou_kouen/sougou_park.jpg


 隣町の猪名川町の白金台と言う所に有る図書館や市民ホールの併設され
ている「ふれあい公園」です。広さは10ヘクタールもあり丁度よいラブ
チャンの散歩コースです。 


 この公園必ず週に一回はお邪魔します。隣に有る巨大なイオンショッピン
グモールに良く買い物に行く人が約一名いて、私は運転手を仰せつかるのです。
 用済み待機時間にもちゃんと仕事があてがわれていて、ラブチャンの散歩
が待っています。

 広い芝生の公園ですからラブチャンは大喜びです。広い公園でパノラマ写真
になっていますのでクリックして大きな画面でご覧ください。

 http://bible.ne.jp/brog/img/lab/west.jpg

 反対側の東側はこうなっています。左に見えるのが市民ホールです。
正面の木立や大木の裏側には巨大なショッピングモールをがあります。
建物は100m×200mの4階建てで立体柱車場もあり、5箇所の駐車場の
、駐車台数は1964台だそうです。こちらもパノラマ写真です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/lab/east.jpg

この公園を散歩していて西の大きな斜面の中腹にガレージがあるのが
気になっていました。一体何が入っているのかと興味を持っていたのです。
始めてこのガレージのシャッターが開いていました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/lab/garage.jpg

早速ラブチャンと一緒に記念撮影です。予想通り、広い公園を管理する
道具類が一杯つまっていました。

そうして広い公園の芝生広場では福祉関係のNPO法人が障害者と一緒
に芝刈りをしています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/lab/work.jpg

 以前は造園業者に委託されていた業務が、財政の逼迫に伴い、より安く
請け負う福祉団体に委ねられ、傷害を持って生きようとしている青年達の
職となっているようです。

  一体公園の管理費が年額いくらなのか? そして、福祉団体に正当な
価格で請け負われているのか。さらに、実際に労働している障害者の青年
達に十分な手当が支払われているのか? 

 つい、つい心配になってしまいました。

 行政が目指すのは明らかに経費削減。福祉団体が目指すのは赤字続きの
事業の合理化と健全化。そのしわ寄せを受けるのは社会弱者の障害者の
青年達ということが多い様に思います。

 案外知られていませんが、公園や河川の草刈りはかなり危険な作業です。
機械を使うので草に捨てられている金属やガラスにコンクリート片などに
接触してある確率で思わぬ事件や事故がいつか起きます。

 そんな事故が起きない様に、ちゃんと作業方法や手順が訓練され、監視が
行き届いているのだろうか。万が一の事故で、負傷者には受けた傷の治療費
や巻き添えが起きた時にちゃんと被害が補償される体制ができているのだろうか? 

  それとも単に「経費節減の為になされた奉仕で善意の事業だから
というお題目に隠されて、弱者の権利が踏みにじられる事はないのだろうか」
とつい余計な心配をしてしまいました。

  最後は大きな公園のヤフー地図です。


  最後は公園のホームページへのリンクです。

今朝の太陽

今朝の太陽

 http://bible.ne.jp/brog/img/space/a2.jpg

今朝4時50分頃の私の部屋から見たの日の出です。

 以前太陽に元気が無い事をお話ししました。それ以後もずっと
殆ど元気の無かった太陽さんですが、昨日から少し元気の兆しらしき
物が見られました。 

 下のデーターをご覧下さい。

これは以前ご紹介した最近の30日の太陽活動の記録データーです。 


下の★の部分のデーターに少し良い兆しが見られます。 

# Last 30 Days Daily Solar Data
#
# Sunspot Stanford GOES10
# Radio SESC Area Solar X-Ray
# Flux Sunspot 10E-6 New Mean Bkgd
# Date 10.7cm Number Hemis. Regions Field Flux
2009 05 30 69 0 0 0 -999 A0.0
2009 05 31 69 15 30 ★1 -999 A0.0
2009 06 01★ 73  ★23 ★ 80 0 -999 ★A1.3

元のデーターはこちらです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/space/a1.jpg

これから太陽活動が活発になってくれるのか? それともまた元に戻って
低調な状態が続くのか?

 http://bible.ne.jp/brog/img/space/a3.jpg

大変気になる所です。上の写真は私の心配をよそにグウグウ寝ている今朝
のラブチャンです。お顔に朝日が差しています。ちょっと目を開けてすぐに
また寝てしまいました!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/space/a5.jpg

ラブチャンが寝ているのは奥の座敷の縁側で私の部屋から差す光が顔に
あたっています。

太陽はすっかり登り、田植えが終わった水田の水面に反射して、まるで
太陽が2つ有る様に見えています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/space/a4.jpg

太陽さんが元気になって来れないと今年のお米の収穫まで気になってしま
う所です。
プロフィール

油食林間

Author:油食林間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR