FC2ブログ

鯉の産卵場

鯉の産卵場

 先日セセラギのお話しをしましたが:今日はセセラギの効用でもご紹介してみましょう。
 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/se1.jpg

 まず思いつくのは親水施設として子供たちや家族連れに人気です。しかしセセラギの効用は、それだけではありません。

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/se2.jpg

 実は魚たちの産卵場になっているのです。一番はオイカワの産卵場です。温かい日差しに加えて砂場の浅瀬に適量の流水が有る為ここで沢山のオイカワや小魚が産卵してこのあたりの魚影を濃くしてくれています。そしてマシジミも驚くほど沢山生息しています。 

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/se3.jpg

 そして、少し深い所も作りそこに柳や葦などが生やしてあります。正確には勝手に生えてきます。ここがその場所で鯉の産卵場になっています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/se4.jpg

 高速道路の工事が始まる前にはこのあたりでよく1mを越える鯉を見かけました。また実際につり上げて居るのも良く見掛けたものです。高速の工事が始まり、オイカワもギギもドンコもドジョウもすっかり姿を消してしまいました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/se5.jpg

最後は少し深くして鯉の産卵場にしてある部分にロープを張って注意を促している所です。

今日は簡単なセセラギの効用のご紹介でした。
スポンサーサイト



テングタケ

テングタケ
 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/tg1.jpg
 ラブチャンの散歩道にまた何か生えてきました!! 
今年は天候不順のせいかキノコが大発生している様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/tg6.jpg

なんてかわいいキノコ何でしょう!! 美味しそうです!! でもこれ...

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/tg3.jpg

こんなふうに成長して傘が開くとこんなキノコです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/tg5.jpg

色といい形といいなかなか美味しそうですよ!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/tg4.jpg

でもね、皆様何処かで良く見るキノコですよ!!
そうです!! これ毒キノコの代表テングタケです。爆!! 
 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/tg8.jpg

食べても死ぬ事は稀ですが、胃がキリキリ痛みだし嘔吐下痢、
さらに痙攣や麻痺が起こり、意識不明の酷い事になります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/tg7.jpg

最後の写真は私がテングタケさんと遊んでいると怒ってソッポを向いてしまった
ラブチャンです。
あんた!! そんな悪い友達と遊んでいるとお腹を壊して散歩が行けなくなっても
私は面倒見ないわよ!! 爆!! 

以下wikipediaより引用。

学名 Amanita pantherina
和名 テングタケ
★(テングタケ科 テングタケ属)
界 : 菌界 Fungi
門 : 担子菌門 Basidiomycota
綱 : 菌じん綱 Hymenomycetes
目 : ハラタケ目 Agaricales
科 : テングタケ科 Amanitaceae
属 : テングタケ属 Amanita
種 : テングタケ pantherina

 夏から秋にかけてブナ、ミズナラ林やアカマツ、コナラ林、シイ、カシ林、
などの林内地上に発生する。現在のところ分布は日本と北アメリカ東部という
離れた2つの地域のみで確認されている。 数あるきのこの中ではこのように
分布域が非常に離れているものがいくつかあるが、これはいったいどうした
理由によるものだろうか。

[特 徴]
 傘ははじめ半球系で最後にはほとんど平らに開く。色は白色~淡褐色でと
がったイボが多数付着する。このイボは脱落しやすい。ひだは白色で柄に
離生する。 柄は白色で根もとは球状にふくらむ。柄にはつばをもつ。
つぼの存在はあまり明瞭ではない。

★有毒で、食べると下痢や嘔吐、幻覚などの症状を引き起こし、最悪の場合、
意識不明に至ることもある。毒の成分はイボテン酸で、うまみ成分でもある。
また、この成分は殺蝿作用もあり、同じ成分を含むベニテングタケよりも
強い毒をもつ。殺蝿作用からハエトリタケの別名が付いた。

・なお、テングタケに酷似し、よりはっきりしたイボ状の膜の破片を持つキノコと
同種扱いにされていたが、近年、このキノコはイボテングタケ(A. ibotengutake)
という別種となった。イボテン酸の名はこの菌にちなむ。

★中毒症状 食べてから15分から90分以内に発現し、2?3時間でピーク。
腹痛、嘔吐、下痢などの胃腸炎症状。痙攣、精神の一時錯乱などの神経症状。
毒成分 イボテン酸(ibotenic acid )、ムッシモール(muscimol )、
ムスカリン( musucarine )
●治療 対症療法で、胃洗浄、活性炭と下剤の投与。このキノコに限らず、
一緒に食べた人がいたら無症状でも出来るだけ速やかに胃の内容物を吐かせる。
解毒剤 フィゾスチグミン。ムスカリンの拮抗剤であるアトロピンは中毒症状の
程度により使用を判定する。 後遺症 数日間の頭痛。

雨の後





雨の後

 先日、ドラゴンランドの草刈りが雨で撤収になった事をお話ししました。今日はその後の作業に行ってきました。

 実は28日にも、猪名川ネットの方々のご協力を頂いて作業を予定していましたが残念ながら雨!! 

 まあ、花火大会の15日までに2万坪程刈ればいいのでまあボチボチです。 爆!! 

 と言う事で臨時に今日は4名程で花火会場に成る河川敷の草刈りに行ってきました。

2時間程作業して私は100坪程刈れました!! まあ今日はこれでお終いです。爆!!

 ★写真の説明

 ・最初の写真は前回雨で少ししか出来なかった物です。

 ・次の写真はパノラマになっています。クリック頂ければ全体が見れます。広い河川敷に4名ばかりでは全く人影が無いに等しい状態です。

 ・次の写真は今日刈り終えた部分です。4人の作業ですが塵も積もれば山に成る!! 爆!! 

 ・最後は「ご苦労さま!!さあお茶にして!!」 と笑顔で労っているラブチャンです!! 爆!!  

 ★草刈りをしている理由★

 なぜ、私たちがこんな河川敷の草刈りをしているのか!! といぶかしがる方もきっとお有りでしょう!! 実はこの写真に写っている阪神高速池田線の延伸部分の工事が始まったら「江戸時代から続いている猪名川花火大会は終わりにする。」 ということに決まっていました。

その事を聞いた私たちは道路を管理する阪神高速道路公団、河川敷を管理する国土交通省近畿整備局猪名川工事事務所、川西市と交渉する過程で、私たち川西の住民が道路建設と河川改修に強力する条件に猪名川花火大会の継続を入れたのです。

バブルがはじけ折からの緊縮財政のせめぎ合いで、幾度かその約束は反故にされかけました。しかし、粘り強く交渉して、漸く花火大会当日の交通規制を公団に認めさせ、猪名川花火大会の継続実施を勝ち取ったのです。

だから、お金の無い国土交通省や川西市に代わって私たちが草刈りをしているのです。「言う事は言う!! やる事はやる!!」 と言うのがやはり人間関係の基本かと思います。

爆!! !!

★猪名川花火大会の予定★ 

2009年8月15日(土)19:20~20:30
悪天の場合 8月16日(日)に延期
4000発 
川西市 市民生活部 地域活性室 商工・観光課
〒666-8501 川西市中央町12番1号 市役所3階
電話:072-740-1162 ファクス:072-740-1187 
http://www.city.kawanishi.hyogo.jp/shokai/kisetu/hanabi.html
池田市 観光・ふれあい課 072-754-6244
ホームページ http://www.ikedashi-kanko.jp/

クリナム(Crinum)






クリナム(Crinum)

ドラゴンランドに有るセセラギの脇に清楚な花が咲いていました。クリナムです。浜木綿(ハマユウ)ともいいます。

 側を流れているセセラギは今から10年程前に建設省によって施工されました。翌年の集中豪雨でセセラギは土砂で埋まり、それを以前ご紹介した管野会長が殆ど一人で再掘削して今の姿に戻したのです。

 私も、その作業を数回手伝いましたがそれはそれはきつい仕事でした。建設省が3千万円を投入して作られた200m余りのセセラギに埋まった土砂を取り除き、猪名川の本流からの取水口につまった巨石をチエーンブロックで移動し、数カ月かかって漸く水が流れるセセラギが取り戻せたのです。

 その後も幾度か小さな出水がありその度にセセラギを元に戻してきました。そればかりではありません。セセラギは格好の植物の繁殖場でした。春に育ち始めた水際の水性生物は五月の連休の頃にはセセラギをすっかり覆い尽くし、水遊びどころではなく恐怖を覚えるほどのジャングルでした。 それを草刈り機で刈り払い子供たちや家族連れに提供してきたのです。

  今は建設省の理解と絶大な信頼を頂き、私が立ち上げたNPOの方々の尊いボランテイアでいつも最良の状態に維持されています。

このセセラギの側にいつもそれを見守っていたのがこのクリナムです。最後の写真はセセラギの取水口の側でくつろいでいるラブちゃんです。

 クリナム(以下は花図鑑より引用 http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/kojimachi-hana-mokuji.html)

夏の夕方から、芳香のある白花を咲かせ、夜中に満開となる常緑多年草です。花弁は裂けたように分離しており、1本の花茎から多数の花を咲かせます。暖地を好み、海岸の砂地や花壇で見られます。茎は白い鱗茎で、花茎はやや扁平で太く高さ80cmまで伸びます。根から出ている葉は厚くて光沢があり、幅や長さもあります。これは根出葉(こんしゅつよう)と呼ばれます。
一般名:クリナム(Crinum)
学名:Crinum asiaticum Liliaceae var. japonicum
別名:ハマユウ(浜木綿)、ハマオモト(浜万年青)
科属名:ヒガンバナ科クリナム属
草丈:100~150cm 花径:6cm 開花期:6~9月 花色:白 葉長:70cm 葉幅:10cm 花茎長:80cm

民主党マニフエスト









民主党マニフエスト

 全文入手しました!! これは速報です。写真の説明です。

1・最初は外見

2・目次と本文初の部分

3・本文最後のページ

4・目次の最初のページ

5・目次の第二ページ

6・目次の第三ページ

7・本文最初の項目です


 コメントで要望して下されば、以下にドンドン写真で追加アップします。

タヌキ




タヌキ

 ラブチャンと散歩していると珍しい物を見つけました!!信楽焼のタヌキです。 

大物です!! 爆!!  高さは台も含めると4~5mは在りそうです。

 良くまあこんな巨大な焼き物を作ったものです。 大変でしょうね!! それにここまで運んで来るのも!! 

 ただただあきれて側を通り抜けました!! 

今日はラブちゃんの散歩道で見掛けた大きな信楽焼の狸さんのご紹介でした!! 

雨男

雨男健在

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/ku5.jpg

以前ご紹介したドラゴンランドの南には広いドラゴン自然緑地が在ります。
兵庫県と大阪府の境を流れる河川敷の高水敷でこのあたりだけで2万坪ぐらい在ります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/ku4.jpg

ほっておくとたちまちこんなふうに凄まじい雑草が生えてしまうのです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/ku6.jpg

たちまち人間の背丈ぐらいになってしまいます。 と言う事で年に何回かボランテイア
で刈ってます!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/ku1.jpg

今日は会長さんからお声が掛かり早速応援に出かける事にしました。参加はNPOや
猪名川流域ネットからの助っ人さん達です。 会長さんから簡単な作業の注意事項が
ありそれぞれの受け持ちを決めている所です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/ku2.jpg

 河川敷での器械を使っての草刈りは結構危険が伴いますので参加者は全員ボラン
テイア保険に加入頂きます。草刈り位いと思われている御仁も折られる様ですが、
ここにも約1名ほど草刈りで針金が足を貫通して救急車で病院に搬送された事が
有る人も居る事ですからご理解頂きました。 爆!!  

  http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/ku3.jpg

大型の草刈り器が入る整地部分は前日に建設省の猪名川工事事務所にお願いして
刈って頂きました。

さあいよいよ作業開始です!! 所が!!
 始まって30分もしないうちに

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/ku7.jpg

雨が!!降って来た!! 爆!!  誰だい一体雨男は!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/ku8.jpg

最初はそれでも頑張って作業しましたがとうとう土砂降りです!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/ku9.jpg

撤収!! 爆!! 

最後は私が刈れた部分です。ラブチャンの散歩ついでに見てきました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/ku11.jpg

そんなに土砂降りに成る様な予報では無かったのですが!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/ku10.jpg

最後は当日の天気図です。 どうやら雨男は健在でした!! 爆!! 

葉書の木(タラヨウ)

葉書の木(多羅葉・タラヨウ)

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/ta1.jpg

先日郵便局に行ったら、郵便局の木と言う木を見つけました。なんでもこの木の葉
っぱの裏側をとがった物でこするとそのあとが紙に字を書いた様に黒く残るのだそう
です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/ta2.jpg

 何やらいわれの書かれた名盤も側に在りました。 難しい事はおいておいて何でも、
この葉っぱの裏側に字を書けば黒く成ると言う事の様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/ta3.jpg

 これがその噂のぱっぱです。 何の変哲も無い当たり前のハッパです!! 爆!!
大きさは長さ10㎝巾は五センチぐらいです。あんまり長い文面は書けないですね!!
でも簡略な葉書だといちいち最後まで読む手間が省けて返って良いかでしょうね!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/ta4.jpg

早速ハッパを失礼して裏返して持っていたキーを使って書いてみました。お!! 
ちゃんと書けますね!! 書いた後が確かに黒くなります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/tree/ta5.jpg

タラヨウと書いてみました。 確かに葉書に使えそうです!! でも1週間もすると
枯れてハッパ全体が茶色くなりやがて文字は完全に消えてしまいます。
でも、これなら使った後落ち葉で環境には全く負担無く自然に帰りますね!!


タラヨウ、多羅葉、学名:Ilex latifolia
別名  モンツキシバ モチノキ科モチノキ属の常緑高木。
インドで経文を書くのにつかわれた貝葉の原料である
ヤシ科のタラジュ(多羅樹、Corypha utan)という木に類似
常緑高木、樹高:10~20m、花期:5~6月
雌雄別株、果期:11月、分布:本州(静岡県以西),四国,九州

パソコントラブル

パソコントラブル
 http://bible.ne.jp/brog/img/cpu/pk1.jpg

 仕事をしていたら!! 「あれ!! パソのやつ勝手に終了しちまいやがった!!」

   左上のナナオのデイスプレイは真っ黒、右のパソコン本体の電源パイロット
ランプも消えてます。

  じつは1週間程前から調子が悪かったのです。起動途中で強制終了に入っ
たり、ブランザー使用時にメモ帳に書いたファイルを保存する操作で勝手に終了して
くれるのです。

爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/cpu/pk2.jpg

早速パソの腑開けです!! 爆!!  色々な症状が在りますが湿気の多い時期のパソ
のトラブルはホコリと言うのが定番です。出番は掃除機とエァースプレー!!

まずパソコンの心臓部周辺の掃除を入念に行います。

 http://bible.ne.jp/brog/img/cpu/pk3.jpg

このアルミの熱交換機の様な物はパソコンの頭脳にあたるCPU(中央演算装置)
の放熱板です。 パソコンのファンがここに気流を作り冷却する為周辺にはゴミが
いっぱい付着するものです。

   次はその左手に有る各種ポートです。接触部分が不可避であるため絶縁塗料
で覆う事が出来ず、このあたりの配線露出部にゴミが付着し、湿度で絶縁が悪く
なると漏電します。実際にはデバイス(キーボードやマウスなどの各種外付け機器)
からのデジタル信号のパルス(電圧のある部分)が消失して他の信号として認識され、
その結果考えられない様な強制終了や思わぬ誤動作を引き起こします。

 http://bible.ne.jp/brog/img/cpu/pk4.jpg

お次はパソコンの心臓部分ノースブリッジやサウスブリッジと言う基幹部です。
メインメモリーや各種カード類のソケットが集中している為やはりここも配線が
露出してホコリがつくと誤動作や故障の原因となります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/cpu/pk5.jpg

最後は電源部や内蔵HDDやFDDの可動部分や接続コネクター部分のゴミを
エァーダスターのスプレーのノズルでゴミを吹き飛ばし、他に入り込まない様に
ダイソンの掃除機で吸い込みます。別に何処の掃除機でもいいですが強力な吸引力
がほしいものです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/cpu/pk6.jpg

  掃除が終わったら外部デバイスへのコードを接続して、周囲の配置を戻し通電
します。

 http://bible.ne.jp/brog/img/cpu/pk7.jpg

 はい!! 直りました!! 正常起動しますし、暫くほおって置いてもおいても
異常な動作は無い様です。 サポートセンターに問い合わせると必ず入院治療となり、
変えなくても良い部品交換(掃除前に調べて不都合な部品を交換し、交換時に掃除を
入念にしてたんまり部品代と技術料を徴収して

あちら様は「ウハウハ」、コチトラ「エンエン」となる事間違いなしです。 

 http://bible.ne.jp/brog/img/cpu/pk8.jpg

扇風機は30度を越える猛暑の中でパソコンさんのご機嫌を取る為に必須アイテム
です!! 爆!! 
  作業時間締めて30分!! これでまた無駄な修理費4万円が節約出来ました!! 爆!! 

 おそらく次の故障は11月の冬の長雨!! また、ホコリがたまりそこに高湿度でパ
ソにはイロンナ症状が出ますがまあもう一度位、掃除して来年の梅雨位には腑開けの
掃除位では直りきらなくなり、いよいよ新しいパソに買い換えになるかと思います。

 悪い時代になりましたね!! 爆!!

木星に隕石衝突痕跡か!! 

木星に隕石衝突痕跡か!! 

 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/2009/07/images/090720-jupiter-spot-impact-picture_big.jpg
(衝突痕跡は上右方、写真は上が南極、赤道付近の黒い点は木星の衛星イオの影)

 木星の南極付近で新しい黒斑点が7月19日に発見されました。どうやら隕石か彗星の
衝突痕跡のようです。

 黒い斑点の大きさはほぼ地球ぐらいの大きさです。もしこの隕石が地球に衝突してい
たら今頃人類は絶滅していたと言う事です。

 http://bible.co.jp/noah/img/impact.jpg

 これを最初に発見したのはオーストラリアのアマチュア天文家アンソニー・ウェス
リー氏、それをカリフォルニア州にあるNASAジェット推進研究所(JPL)の天文学者
グレン・オルトン氏が追確認した。

 1997年7月に、今回同様にシューメーカーレビ彗星の9つの核が木星に衝突し地球の
大きさを越える巨大な爆発が幾度も確認されたのを覚えておられる方も多いかと思います。

 また、1908年、シベリアのツングースカに彗星の衝突と思しき大爆発が起き15メガ
トン相当の大爆発がおきツンドラの樹林をなぎ倒した映像が世界に衝撃を与えた事も
思い出されます。

 http://bible.co.jp/noah/img/globespin.gif

 http://bible.co.jp/noah/img/asteroid1.jpg
上は宇宙から見た地球と100万個も発見されている小惑星の一つの写真です。
 地球が太陽を巡る公転速度は秒速約30㎞、小惑星などの公転速度もほぼ
同様ですから両者の相対速度は最大秒速60㎞に達し得ます。これは相対速度
で時速約21万㎞でたったの2時間足らずで月に到達する超高速です。 

 結構、太陽系の惑星では隕石や彗星との衝突は多いと言う事の様で、人類の
未来にまた一つ心配事が増えたと言う事です。

 以下は「ノアの洪水は隕石の衝突である」と言う事を紹介しょうとした工事中の私の
サイトへのリンクです。


 今までに地上で発見された隕石などが衝突した痕跡約150箇所のリストです。
つい、最近になってわかった事は「地球は過去に隕石等との多くのアクシデントを
経験してきた」いう驚くべき事実の記録です。

 下は、つい最近発見された巨大な8つの直径100㎞以上のクレーターの抜粋です。


 もし今、これらの隕石衝突のひとつでも現実となったら数分で全人類は地上から
消滅します。そして、大切な事は「これらの衝突の証拠はいずれもつい最近発見
された物ばかりです。そして、このことを知らずに出来てしまった生物の進化や
地質年代学は科学的な後ろ楯(※斎一論 :最下部の解説参照※)を全て喪失しました。

 再び科学として議論する為には「全て根本的な次元=(零)から再構築され直す
必要に迫られているのです。

と言う事は進化論や地球の年代学全ては、隕石衝突痕跡(=地表の巨大クレーター)
が全く考慮されておらず、科学的には大変お粗末で非科学的なものなのだということ
なのです。

ノアの「洪水」と訳出されているヘブル語の誤訳については以下を参照。

ヘブル語「マブール」は「衝撃」または「打撃」と言う意味です。



なにはともあれ私たちの住んでいる地球が過去にこれだけの多くの隕石との衝突を
経験していたという現実には愕然とさせられ戦慄を覚えます。

★以下は情報元のサイトと参考サイト。 


以下は木星の隕石衝突痕跡を報道する元のサイトの記事の引用です。 

National Geographic News July 21, 2009

 2009年7月19日、木星表面に新しい黒い“染み”が見つかった。週末の間に何らかの
物体が衝突した跡と考えられ、天文学者たちを驚かせている。

 カリフォルニア州にあるNASAジェット推進研究所(JPL)の天文学者グレン・オルトン
氏によると、突然できたこの染みは直径は地球よりやや小さく、未観測の彗星か小惑星
が木星に最近衝突して生じたものだという。「衝突であることは間違いない」と同氏は
言う。

 木星の南極付近に黒っぽい染みが出現したのを、オーストラリアのアマチュア天文家
アンソニー・ウェスリー氏が7月19日に最初に発見した(写真は上が南極。赤道付近の
黒い点は木星の衛星イオの影)。

 メリーランド州にあるNASAゴダード宇宙飛行センターの天文学者エイミー・サイモン・
ミラー氏も、「天候パターンの変化とは一致しないので、衝突に違いない」と同意する。

 痕跡の元となった衝撃は、1994年にシューメーカー・レビー第9彗星の破片が木星に
衝突したときのものに非常に近いと考えられる。

 サイモン・ミラー氏によると、衝突した物体のサイズはまだ判明していないが、木星
の上層大気を貫通して穴が開くときに爆弾のように爆発した可能性があるという。
「衝突の瞬間に木星を真横から見たとしたら、火の玉が見えただろう。画像に写って
いる染みは木星大気層の穴ではなく、爆発で燃え尽きて表面に落ちてきた残骸だ」。

 今後数日以内にまた別の衝突が起きる可能性があるため、今度は爆発の瞬間を観測し
ようと天文学者たちは準備している。「できるだけ早くすべての大型望遠鏡の照準を合
わせるつもりだ」と同氏は話す。

Image courtesy Ian Sharp

・・・・・・・・以下補足説明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※斎一論 : 太陽系の中で地球が出来、現在に至る過程は今と全く同じ状態が継続して
という科学の大前提。隕石衝突などのキャタストロフイックな大激変は一度として存在
しなかったと言う想像上の仮説。

19世紀から20世紀前半に進化論や地質年代学という科学的に根拠を持たない仮説が
はびこったのは、後に発見される隕石衝突痕跡が世界のどこにも見られないと言う
事が前提であった。

★現代も隕石衝突痕跡が科学的に全く議論されない理由

20世紀後半になって宇宙からの観測や重力場などの測定が可能となり、人類は始めて
巨大何隕石衝突痕跡が地上に数多存在するという事実を突きつけられた。そして、
経済的理由から隕石衝突痕跡は一つとしてまともに調査されていない。その理由は
地殻を貫く巨大なインパクトを調べるにはボーリングだけでも深さ60㎞に達する
超大深度調査が幾カ所も必要だからです。
さらにお金の問題だけではなく、人類のもつ最新の工学技術を駆使してもたかだか
10㎞のボーリングすら満足に調査出来ない状態で現実には隕石衝突痕跡の調査は
全く手つかずでどの学者も誰一人まともな論文一つすら現す事が出来ないのが今の
人類の科学のお粗末な実力の実体です。

ましてその上に一本数百億円という経費をまかなえたとしても海底や国際紛争の
ある地域に巨大な地質調査ボーリンクを幾カ所も行う事は絶望的なのです。
その結果、巨大クレーターと言う過去の隕石衝突痕跡に関する一切の学術的データ
ーが存在しないい上に、学位を取った権威有る大学や論文を根本から否定する事に
なりお金も技術も勇気もなく誰もこの問題を研究する人が起きてこないのです。

おそらく未来永劫誰一人この人類の足元に手で触れれる隕石衝突痕跡を調査研究
出来る学者は起きてこないのではないでしょうか!!

ナラタケモドキ

ナラタケモドキ

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/nam1.jpg

 ラブチャンは行く先々でキノコに出合ってばかりです。
今日もお家のお庭で座っていると向こうに見える台場クヌギ
になんか変な物がいっぱいなっています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/nam2.jpg

ズームしてみましょう!! や!! 美味しそうなキノコです!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/nam3.jpg

ラブちゃんは庭の扉を越えて早速調査にいく事にした様です。
これは一体なんだろう!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/nam4.jpg

スゴイ量ですね!! お店で売っているブナシメジにそっくりです。
そうキシメジ科でナラタケの仲間の様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/nam5.jpg

早速パパに報告して採取です!! 本当に沢山なってますね!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/nam6.jpg

 持ち帰ってヘルスメーターで量ってみると風体込みでなんと

2.4㎏も在りました!! 

キノコだけで2㎏位でしょう!! ものすごい量ですね!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/nam7.jpg

 詳しく調べてみるとナラタケに有るはずのツバがありません。
と言う事は食用のナラタケモドキです。

 これ大変美味しいキノコですがあんまり沢山食べるとお腹を
壊す事が有るそうです。 

 誰か!! 勇気と食い気のある方ナラタケモドキ!! 要りませんか!!爆!! 

料金着払いのクール宅配便で送りますよ!! 遠慮は無用ですよ!!  爆!!  

担子菌亜門 真正担子菌綱 ハラタケ目 キシメジ科 ナラタケ属 
和名 楢茸もどき 学名は Armillaria tabescens。

料理:歯切れと口当たりが良く、けんちん汁や鍋物、煮物などに人気です!! 

ドクササゴ

ドクササゴ

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ai1.jpg
 今日もラブちゃんがお家でキノコを見つけeようです!! お隣の笹が繁っている栗林との境になんか生えてます。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ai2.jpg

 ラブちゃんは「なんかまた変な物が生えてるは!! これ危なそうよ!! 」と言っています。上に向かって傘の開いたラッパの様な形をしたキノコです。 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ai3.jpg

 こんな形をしているキノコはミヤマカヤタケかホテイシメジかドクササゴの様です。いずれもよく似た色と形ですので素人の私には決めかねます。でも、ここは笹藪の側ですから、大抵こういう所に生えているのはドクササゴというのが定番です。

  もし、毒ササゴだとすると食べてすぐに食中毒のような症状がでて収まり、それから一週間ほどしてから、足や手などの指先に激しい痛みが数十日続くそうです。大抵の方はキノコのせいだとは気付かずに居る事が多いそうです。まあ、死亡例は殆ど無いそうですが、紛らわしいキノコは食べないようにするのが賢明と言う事の様です。 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ai4.jpg

 おい!! ラブチャン!! 間違えてそんな変な物を食べると暫く散歩に行けなくなるよ!! 

ドクササゴ
キシメジ科
学名:Clitocybe acromelalga
毒成分:クリチジン、アクロメリン酸
発生時期:秋
発生場所:笹藪等
傘:漏斗状
傘の下面:ヒダ、垂生、密
柄:中空、基部がやや肥

オオコゲチャイグチ

オオコゲチャイグチ

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/kb1.jpg

キノコ犬のラブちゃんは今日もまた、キノコを見つけました!! 見えますか!! ちょっとみにくいですね!! もう少し拡大してみます。 真ん中になんか薄い茶色の大きなキノコが有るのが!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/kb2.jpg

なんか苔の様なビロードの様な変な感じのキノコです。腐ったキノコに黴びでも生えてチット触れたくない雰囲気のキノコです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/kb4.jpg

上から見るとこんな感じです!! とてもキノコとは思えません。まるで黴びの固まりです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/kb3.jpg

でも、これ大変大きくなるキノコだそうです。名前はオオコゲチャイグチです。 見かけは悪いのですが切ってみると中は肉厚で純白!!美味しそうなのですがお酒と一緒に食すると中毒を起こすそうで一応毒キノコになっている様ですが食べれると言う方も多い様です。

和名:オオコゲチャイグチ
学名:Boletus obscureumbrinus Hongo
亜門:担子菌亜門
綱:真正担子菌綱
目:ハラタケ目
科:イグチ科 イグチ属

コウジタケ

コウジタケ

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ak1.jpg
 本当に今年は自然が何もかも変です!! 秋に出るはずのキノコがもういっぱい出てきま

した。ご紹介するのはラブちゃんの散歩道に出てきた赤いキノコです。ラブちゃんの向こうの藪の中にいっぱい生えてます。この写真ではうまく見えませんね!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ak2.jpg
反対側から撮りました!! 向こうに休憩しているのがラブチャンです。 美味しそうな赤いキノコが群れて生えてます。美味しそう!! これ多分イグチの仲間のコウジタケです。 食感が良く美味しいそうです!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ak3.jpg

ちょっとアップにしてみるとこんな感じです。広葉樹や松の混じった雑木林等に良く生えるそうです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ak4.jpg

地方によってはこれ「アンパン」と呼んでいるそうです。なるほど上から見るとアンパンそっくりです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ak5.jpg

もっと拡大してみましょう。イグチの仲間は皆傘の裏がスポンジ状になっていて、大抵は食用です。しかし、以前ご紹介したようにヤマドリタケとそっくりな毒ヤマドリタケもあり決して安心出来ません。

和名: コウジタケ
学名: Boletus fraternus Peck
科属: イグチ科、ヤマドリタケ属
方言: あおじこう、あかじこう、あわだけ、あんぱん、いぐち、いがたけ、いくち
傘色:赤褐色~紅色、ビロ-ド状、細かいひび割れ
菅孔:黄色。
菅口:黄色、青くなる
柄:黄色地に赤色の縦条紋あり。
肉:黄色、裂いた面は徐々に青変する。   
食べ方:味噌汁等、ぬめり、美味

ジャガイモタケ

ジャガイモタケ

ラブちゃんのお鼻は万能です!! 爆!!  お散歩道で何か見つけました。お道にジャガ

イモが落ちてる!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/sh1.jpg

間違いなくジャガイモです。少し拡大してみましょう。
 
 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/sh2.jpg

でも今頃こんな所にジャガイモが落ちてるなんて変です。それに持ち上げてみるとこのジャガイモにはモジャモジャの根が生えてます。爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/sh4.jpg

ジャガイモは地下茎で太い根で芋づる式になってますがジャガイモから直接細かい根は生えません!! 爆!! でもこれどう見てもジャガイモです!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/sh3.jpg

どうやらこれは絶滅危惧種のジャガイモタケの様です。ラブちゃん珍しいものを見つけたね!! お手柄だよ!! これ食べれるから食べたら!! 爆!!  え!! こんな変な臭いのする物は犬は食べないのだって!! 爆!!  でもね、これ世界中で様々に料理される立派な食用キノコであの高価なトリュフの仲間なんだよ!! 日本でも長野県では醤油煮にして食べてたんだって!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/sh5.jpg

念のため中を割って見ました。本物のジャガイモタケなら割ってみると瞬間白い果肉の部分が濃い青色に変色するよ!! ほらなった!! 間違い無さそうだ!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/sh6.jpg

折角講釈しているのにラブちゃんは全く関心が無い様です。また大アクビをして散歩の続きの催促です。 ハイハイ、ラブちゃん!! こんなつまらないイモタケはいい加減にして大事な散歩を続けようね!! 爆!! 

分類
門 : 子嚢菌門 Ascomycota
綱 : チャワンタケ綱 Pezizomycetes
目 : チャワンタケ目Pezizales
科 : イモタケ科Pezizales
属 : イモタケ属 Terfezia (Tul. & C. Tul.)Tul & C. Tul.
種 : イモタケ Terfezia giganteaImai
学名 Terfezia giganteaImai
和名 イモタケ

キノコ

ウスムラサキヤマドリタケ?
 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ya6.jpg

ラブチャンがお家の庭で何か見つけました!!

一個だけ咲いてます!! 爆!!  キノコは繁殖器官なので花の様な物ですから!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ya5.jpg
これです、色が黄色いの上に傘がラッパ型に開いています。そして傘の裏側は
スポンジ状です。と言う事はイグチの仲間です。

前回ご紹介したイグチの仲間のヤマドリタケによく似ていますが、大きさや裏側の
色は全く違います。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ya8.jpg

色から見るとキイロイグチと同じ色ですが傘の形が違います。考えられるのはイグチ
の仲間の ヤマドリタケの一種の ウスムラサキヤマドリタケが一番近い様です。他に、
アケボノアワタケかニガイグチか、ニガイグチモドキ、そして先程紹介したキイロイグ
チがよく似ています。と言う事はこれは何かわからないと言う事です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ya9.jpg

一個しかないと言う事はまだ胞子が落ちて菌糸が増えたばかりと言う事です。
長い年月かかって菌糸の代は少しずつ増えていくでしょうから10年くらい先にも
まだキノコが咲いていたらその時には種類を決める事が出来るかも知れません。
何しろキノコは様々な情況によって色や形が嘘のように変化する物だからです。

「 おい!! ラブチャンお家のキノコはどうして食べないんだい?」

  _____∞⌒⌒∞
(/  // 6 6|\
(_____(_ _)*_●_)_)

「これ!! これはいい匂いがしないわ!! きっと食べても美味しくないと思うの!!」 爆!! 

ヤマドリタケ

ヤマドリタケ

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ya4.jpg
ラブチャンがまた散歩道でなんか何か見つけました。 大きなキノコです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ya1.jpg
これです。どうやら食用になるイグチの仲間のヤマドリタケの様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ya0.jpg
「これ美味しそうね!!頂いても良いかしら? 」おいおいラブちゃん変な物を食べてお
腹を壊しても知らないぞ!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ya2.jpg
しっかり見て頂戴よ。そっくりのヤマドリタケモドキもあるし、恐ろしい毒ヤマドリタ
ケもあるんだからね!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/ya3.jpg

イッタダキイ!! 爆!! どうやら食欲旺盛なラブチャンには美味しくて歯ごたえの有ると言われるヤマドリタケは得意の鼻で嗅ぎ分けられる様です。爆!! 

でも毒キノコの中毒は今年は相当増えそうなので要注意です。

以下は毒キノコの注意と症状を記したサイトです。 。

ホコリタケ?

ホコリタケ?

本当に今年はキノコのあたり年です。見た事も無い変なキノコが在りました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/h1.jpg

キノコは4万とも8万種類もあると言われる菌類の一種。そのなかでさらにカビや
キノコや酵母と分類され、その中のキノコと呼ばれるものは複雑多岐にわたり実数も
定かでないそうです。

 日本に見られるキノコの種類は5千以上とされ、そのなかで名前のついているのが
たったの2千で名前の無い物の方が多いのだそうです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/h2.jpg

  キノコは地面の下に有る菌糸で朽ちた動物や樹木から栄養を取り、目に見える部分は
子実体と言われる繁殖器官なのだそうです。これも一概に分類出来ずなんかややこし
いのです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/h4.jpg

今日ご紹介するのはラブちゃんの散歩道の法面に生えている変な茶色い固まりです。
多分ホコリタケの一種かと思います。こんなふうに非定型で海面の様なふわふわした
キノコです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/h3.jpg

上の写真はキノコを叩いてみた後の写真です。なんかモワモワとホコリか煙の様な
物が出てきました。あんまり近づくのは遠慮したくなるキノコです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/h5.jpg

私がキノコを突っ付いている間、興味津々で見ているラブちゃんです。

「あんたそんなつまらない物に引っかかっていると獲物が逃げちゃうわよ!!」

  とでも言いたげな表情です。 ハイハイ!! 散歩の続きに行こうね!!

  と言う事で今日は名前も種別もわからない変なキノコのご紹介でした。

  わかる人があったら助けて!! 爆!! 

毒キノコ(シロタマゴテングタケ?)

毒キノコ(シロタマゴテングタケ?)

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/tu1.jpg

 今年はどうも異変続きの様です。ラブちゃんの散歩道にもうキノコがいっぱい生えて
きました。 例年は9月から10月頃にキノコが生える所に今年はもうキノコが大繁殖
しています。 

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/tu2.jpg

このキノコ綺麗な白色です。根の部分にツボと呼ばれる卵の様な物が在りますので
タマゴタケの仲間だと思います。

大抵のタマゴタケは毒キノコと思えば間違いありません。上に茎の上の方にツバと言
われる袴の様な突起物があるのも毒キノコが多い様です。
さらに拡大してみましょう。大きいです、ラブチャンの頭位在ります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/tu3.jpg

どうやら猛毒のシロタマゴテングタケの様な感じです!! 私はキノコは全く詳しくあ
りませんのでどなたかわかる方が在りましたら教えて下さい。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/tu4.jpg

もし、これがシロタマゴテングタケで間違いないなら食べたら命に関わる恐い毒キノコです。
普通の大きさの一本で成人男性の致死量と言いますからこれだけ大きいと恐ろしいですね。


間違って食べると次の様な二段階の症状が起きる様です。

食べてから一日程して激しい嘔吐・下痢・腹痛が起こります。まるでコレラの様な症状
だそうです。

それがすぎると、症状が収まり助かったと安堵する事が多いのですがその数日後肝臓
や腎臓などの内臓の細胞が破壊されて重篤な症状が起き死亡に至る危険が有るそうです。

一般に食べて直ぐ症状が出る物は毒性は低く、このキノコのように症状が出るまでの
潜伏時間が長い物ほど毒性が高く非常に恐いそうです。

キノコは美味しそうですが本当に恐いですね!! これから数回連続でラブチャンの
散歩道に、今年は大豊作のキノコ(今年見掛けるのは大抵毒キノコ)をご紹介します。

ラベンダー

ラベンダー
 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/ss1.jpg

 ラブチャンの散歩路のセセラギに煙が上がっています。
セセラギを綺麗にする為にボランティアで奉仕して下さるM様です。
 「おはようございます!!  朝早くからご苦労さま!!」

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/ss2.jpg

 煙は七輪で燃やす蚊遣でした。 

「このあいだは...どうも枝きりをありがとう...!!」

「え!! もう知れしてしまいましたか!! 」爆!! 

悪い事はできないものですね!! 数日前の夕方の散歩で同じセセラギの上の方
を綺麗にされているIさんと出くわした時の事です。

ちょうどその時、Iさんは鬱蒼と繁った樫の木の枝払いをされていました。
「折角植えたラベンダーに花が咲かないのですよ!!」

枝払いが大変そうだったので私が「ちょっと手伝いましょうか!! 」といって
少しお手伝いしたのです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/ss3.jpg

こんなふうに木に登って枝の上から切ると切った所が開いて楽ですよ!!
と言う事でまるでおサルさんの様にあっと言う間に一本丸裸にしました。

その事のお礼でした。なんせ私は折り紙付きの田舎者ですし、オヤジは田舎で
木こりをして炭焼をして、その横に寝かされて育ったのですから木こりは天職です。
爆!! 

立ち話を終えてラベンダーの植えられているあたりに来ると、もう一本あった繁った
樫の木の枝もすっかり払われていました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/ss4.jpg

これで漸くラベンダーさんに日が当たり綺麗なお花が楽しめそうです。

ラブチャンは私がラベンダーの花壇を撮影していると大きなアクビをしていました。

ゴメンゴメンさあ散歩の続きをしょう!! 爆!! 

キノコ

キノコ

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/k1.jpg

ラブチャンの散歩道には良くキノコさんが生えています。
今日もラブチャンの座った所に茶色いキノコが生えていました。
分かりにくいので拡大してみましょう。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/k2.jpg

らぶちゃんのお鼻の少し右に有る茶色く丸い物がそのキノコです。
何となくラブちゃんの作品(?)に似ていますが、犯人は決して
ラブちゃんではありません。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/k3.jpg

さらに拡大してみましょう。これがその問題の茶色くて丸いキノコです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/kinoko/k4.jpg

一個だけではありません、近くには同じ種類のキノコがいくつか生えています。
キノコの生えている場所はどうやら椎の木の根元の様です。
残念なことにこのキノコ何と言う名前かワカリマセン。
誰かわかる人があれば是非このキノコの名前をご教授下さいね!! 爆!! 

地上の生活と永遠の命

リクエストを有り難うございました。 

新約聖書ヨハネによる福音書 12章25節直訳 

・ その 友愛するは その 生活を 彼の 彼が滅び続けている 彼女を、そして その 憎んでいるは その 生活を  彼の 中で その 世 この事に 中へ 命 永遠 彼は確かに監視する 彼女を。

これを正確に翻訳にしてみます。

新約聖書ヨハネによる福音書12章25節翻訳

・生活を大事にして見返りを期待しても生活は滅びるだけです。逆にこんな世の中で生活を粗末にしてこそ永続する命をその人は監視します。

コメント

 ここで比較されているのは前半の生活(原文プスーケ)と後半の命(原文ゾーエ)の相違です。

だから前半で言われているのは永遠の命の事ではありません。

前半で言われているのは「普通の地上の生活(原文プスーケ)を大切にしても所詮地上の生活は何時か消える」と言う当たり前の事です。 

 そして後半は、こんな世界の中で自分の生活(原文プスーケ)を粗末にした方が返って永遠の命(原文ゾーエ)を見いだし命(原文ゾーエ)を失わない様に監視することに成る。」というしごく当たり前の事なのです。

以上

ソバの花が咲きました!!

ソバの花が咲きました!!

  http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/s1.jpg

 咲いたのはドラゴンランドの堤防です。咲かせたのは花咲かジイサンのカンノ会長
です。勿論NPO法人のボランテイアの皆様の尊いご奉仕の結果です。

  http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/s2.jpg

 会長さんからお知らせを受け早速ソバの花を見に行ってきました。咲いてますね!!

ボランテイアの方々が今度は隣に、二段に分けてソバの種を蒔いておられました!!

「やあ!!コンニチハ!! ご苦労さまです!! 綺麗に咲きましたね!! 爆!! 」

  http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/s3.jpg

お隣の大阪府池田市に渡れる渡渉路の側にはソバを植えている事の説明書きが
在りました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/s4.jpg

帰りに会長さんのお宅にお邪魔し、ソバのお話しを聞きました!!

 会長さんは明治時代に東北から北海道十勝に入植した開拓団の家庭に生まれ、
そこで雄大な上士幌の自然と戦いながら開墾と養蜂を会得され、招集解除ののち
転地養蜂に専念され昭和33年からこの兵庫県の川西市に本拠を構えて養蜂一筋に
励まれています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/s5.jpg

移り住み本拠を構えた自宅の真上を通る高速道路の計画が持ち上がり、
私もご一緒に河川改修に高速道路建設や環境問題などに共に携わってきました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/s7.jpg

「北海道では6月の20過ぎにも霜が降る。するともう、その年は何一つ作物が
実らない!!
そんな時にはすぐに畑を耕して蕎麦を蒔く!! 蕎麦は芽が出て背が伸びるとすぐに
花が咲き実がはいる。残された2ヶ月余りの短い夏に蕎麦が稔り、飢え死にせずにすん
だんだ!! 」と厳しい開拓団の生活のお話しをしてくださいました!!

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/s8.jpg

開通から10年、高速道路問題も一段落、今は住民に全面開放された広い高架下と
さらに広い猪名川河川敷の管理を私も一緒に設立させていただいたNPO法人で行っ
ておられます。 

 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/s6.jpg

 最後はその事を地域の皆様にお伝えし、広大なドラゴンランドの維持と美化の為に
ボランテイアを募っている案内です。


 http://bible.ne.jp/brog/img/dragon/s9.jpg

シナイ写本 (cordex sinaiticus)公開

シナイ写本 (cordex sinaiticus)公開

 http://bible.ne.jp/brog/img/greek/sinai2.jpg

 シナイ写本がネットで公開されています。 爆!! 

 ちょっと説明が必要でしょうね!! 日本語に翻訳されている聖書は御存知かと
思います。その元は新約聖書はコイネーと言うギリシャ語で書かれ、イスラエルの
言葉ヘブル語の旧約聖書もギリシャ語に訳されている物が有るのです。

そのギリシャ語で筆写された最も古いものの一つが「シナイ写本」と言います。
勿論さらに古い死海写本が後に発見されますがこちらはヘブル語の旧約聖書に
なります。

と言う事で「世界で最も古いかなり完全なギリシャ語聖書の写本」と言う事なのです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/greek/sinai0.jpg

http://google-earth-travel.net/mars/maps.cgi?loc=0709210006
 上の文字列をクリックしてグーグル地図を表示させると発見場所(修道院)の詳しい
場所がわかります。
荒野の中で周囲には何もありませんので「-」を何回かクリックすると地図らしく
なります。航空写真に切り換えや「+」をクリックすると周囲の情況がわかります。


 1844年にドイツ人の考古学者テッシエンドルフ(C.Tishchendorf)が シナイ半島の
突端にあるセントカタリナ修道院で見つけました。この修道院は世界で最も古い修道院
として世界遺産に登録されています。

この場所は伝統的に旧約聖書の出エジフト記の「柴の箇所」と言われ、預言者モーゼ
が神から召しを受けたとされる場所です。ローマ人のコンスタンチヌス大帝が古めか
しいギリシャ人の立てた小さな修道院を政治利用するため大々的に増築したと言われて
います。

 http://bible.ne.jp/brog/img/greek/sinai1.jpg

このシナイ写本が1844年に発見されるまでは、まともな聖書写本はローマのバチカン
が所蔵する「バチカン写本」の他には全くと言っていいほど存在しませんでした。

その理由はローマカトリックの本山のバチカンが宗教改革時代にラテン語に訳されて
いるウルガタ聖書(注)が批判され、その権威を守る為に密かに元のギリシャ語で書かれ
た古代写本を燔書したためと言われています。

(注:ヒエロニムスが400年頃ローマ皇帝の命により従来のラテン語訳を大幅に改定=改竄
したとされ、その伝統がKJVを初めとする英訳聖書と各国語の翻訳に受け継がれて
います。)

そのようなわけで、古い大文字の古代ギリシャ語で書かれた聖書の写本が見つからな
いが故に、聖書の歴史性が疑われ、台頭した近代主義の思想によってキリスト教の聖典
である「聖書は出鱈目な嘘の記述に過ぎない」と主張する破壊的聖書批評学がはびこり
ました。
反論しようにも証拠となる古代の大文字ギリシャ語で書かれている写本が手元に無い
以上、当時の聖書学者たちはそう言う見解を受け入れざるを得ない状態だったのです。

その様な聖書学の世界に晴天の霹靂となるシナイ写本発見の経緯は以下の様な物です。

 ドイツザクセンの医師家庭に生まれたテッシエンドルフは名門ランプチヒ大学を卒業
し聖書研究者となります。彼は古い写本を捜して、パレスチナを廻りシナイ半島のセン
トカタリナ修道院にまでやって来て、ここで暫く逗留していたのです。

 折りからの寒さに暖をとる為に修道士が暖炉にくべている大版の古文書をふと見
ると、彼が求めてやまない古代の大文字ギリシャ語が古びた羊皮紙にびっしりと書かれ
それが暖炉で薪がわりに焚かれていたのです。

 あわてて、暖炉にくべる修道士を制止して古びた羊皮紙を手にしたテッシエンドルフ
はそれこそが紛れもない70人訳ギリシャ語旧約聖書の筆写本で有る事を見いだしたの
です。しかし、すでに貴重な古文書の大半は煙と化し僅か48枚が手元に残っているだけ
でした。

 http://bible.ne.jp/brog/img/greek/sinsi5.jpg

彼は幾度かカタリナ修道院の広大な書庫を訪れ、最終的に70人訳ギリシャ語旧約聖書を
193枚、そして新約聖書のほぼ全ての148枚になる古い大文字ギリシャ語写本を見つけ出
しました。

 こうして、縦37㎝横34㎝の羊皮紙に4世紀(紀元300年代)に手書きで記された新約聖書
のほぼ全体と70人訳ギリシャ語旧約聖書のほぼ全書の古い写本が発見されたのです。
そこには信憑性が問題にされた旧約聖書の大半の書が含まれ、中身の2/3ほどは欠損し
ているだけでした。。

当時の複雑な世界状勢故に、発見されたシナイ写本の大部分は1862年にロシヤ
皇帝に献上されます。
 
  しかし、ロシヤ革命後キリスト教に反感をもつ共産政権によってシナイ写本は
大英図書館に10万ポンド(たぶん現在の価格で2~300億円)で1933年に売却され
て現在に至ります。



上はそのシナイ写本がネットで公開されているサイトへのリンクです。
サイトの実際は下の様になっています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/greek/sinai3.jpg

下は公開されているシナイ写本のテキスト本文へのページへのリンクと実際の
サイトの様子です。


 http://bible.ne.jp/brog/img/greek/sinai4.jpg

codexsinaiticus

以下はシナイ写本の公開を報道しいるヤフーニュースへのリンクです。



コミュニテイプラザ

コミュニテイプラザ

 先日久方ぶりに大阪の梅田に出ました!! 爆!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k2.jpg

都会には最近はすっかりご無沙汰していましたのでお上りさん
気分で曽根崎警察署下の地下街に有る大阪府警コミュニテイ
プラザに入ってみました。 

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k1.jpg

入り口にはミニパトが展示されています。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k3.jpg

最初に目についたのは車のナンバープレートの盗難防止ネジの
コーナーです。え!! ナンバープレートって盗まれる事が有るのだ!!
と驚きました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k4.jpg

次は家庭の防犯です。最近は我が家のあたりでも空き巣が多く
近くのスーバーでは深夜に土日の売上金が金庫ごと盗難になったの
を思い出しました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k5.jpg

防犯の決めてはやはり鍵!! 最初の3分程で鍵が開けれないと大抵の
空き巣は犯行をあきらめるそうです。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k6.jpg

お次は警察官の制服です!! 右側の水色は白バイに乗る警察官の制服です。
制服を着用して見たい方は受付に申し出ると用意されている様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k7.jpg

その隣には時代劇等でおなじみの顔出し撮影コーナーが在りました!!
ラブチャンにモデルになっていただきましたよ!! 爆!!  

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/k8.jpg

最後は警察音楽隊の制服です。最近は大阪も物騒な事件が多く、警察官も
お仕事大変だなあと思いながら曽根崎警察署地下の大阪府警コミュニテイ
プラザを後にしました。

一本足の鳩

一本足の鳩

 http://bible.ne.jp/brog/img/bird/h1.jpg

ラブチャンの散歩道に最近一匹の鳩を良く見掛ける様に成りました。
この鳩さんです。早朝も、夜10時頃にもここで見掛けます。ここを、
ネグラにしている様です。おかしいなあ!! と思っていました。

 http://bible.ne.jp/brog/img/bird/h2.jpg

普通は大きな木の太枝の上などを良くネグラにしていますがきっと
何か理由が有るのだとおもっていて、ふと見るとかわいそうに鳩さん
足が一本しかありません。どうやら不安定な樹上では暮らせず、
かといって藪の中では猫などに襲われてもすぐに飛び立つことが出
来ず、この山裾の道端をネグラにしている様です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/bird/h3.jpg
小鳥たちが足を失う原因は大抵、釣り人が石や流木に絡めたテグス。
鳥たちが餌場でうっかりとこの透明なテグスや釣り糸を足に絡めると
そこから下の足が壊死して、たちまち脱落。かなりはその時の化膿が
進んで全身に及び、命を落としてしまうそうです。

かろうじて一命を取り留めても、一本足では満足に営巣出来ず、
独り暮らしを強いられます。あげくはタヌキやイタチに加えて猫やキツネ
に捕食されるのが運命です。

ここの人通りは繁くはありませんがそれでもやはり往来は在ります。

 http://bible.ne.jp/brog/img/bird/h4.jpg

驚いて、飛び立ち向に有る橋の手すりに逃げた所です。やはり片足
ではうまく休めない様です。餌を上げると肥満して敏捷性を欠き捕食の
危険が増し、餌をあげずに放置すると体力を失い、弱り何時かまた捕食の
憂き目に合うのは防ぎようはありません。

今日はラブチャンの散歩道をネグラにする、
可哀相な一本足の鳩さんのご紹介でした。

復刻「カバ車」

復刻「カバ車」

 今日近くのスーパーに行くと珍しい物を見つけました!! 

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/kb1.jpg

チョコレートや焼き菓子で知られた岡山に本社のあるカバヤ食品「カバ車」です。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/kb2.jpg

懐かしいですね私の幼い頃、自宅の前に有る国道176号線をカバ車が通るのを良く見掛けました。


 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/kb3.jpg
たしか昔は京都のロバのパン屋さんや豊中市内のパルナス製菓や横浜の不二家と並んで
子供たちに大変人気のある会社でした。

 http://bible.ne.jp/brog/img/etc/kb4.jpg
すっかり忘れていましたが3年ほど前にこの復刻「カバ車」が出来て全国行脚を始めた様です。

 http://www.kabaya.co.jp/histo/car_1b.jpg

上の写真は往時のカバ車です。 下は復刻「カバ車」いわれや全国行脚の日程を記した
ホームページです。


大阪は7月5日まで、12日からは北海道の旭川に移動する様です。

岡山の本社のサイトはこちらです。


京都のロバのパン屋さんはこちらです。


今日は懐かしい復刻「カバ車」のご紹介でした。

1947年 以前 以後





つい先日、6月27日のパレスチナ、イスラエル軍事占領下西岸地区のビリン村での出来事です。 以前ご紹介したメストさんが、この日、ここで、この状況を、このビデオを撮っている人達と一緒に取材撮影をしています。



昨年12月末から始められたイスラエル軍のガザ攻撃は記憶に新しいですが、大規模な軍事攻撃は治まったものの、ガザは未だに封鎖状態、西岸地区も高い壁に囲まれたゲットー状態であることに変わりはありません。

日常あらゆる場面での、あらゆる形でのハラスメントの中の生活も続いています。 


1947年以前のパレスチナ
http://www.youtube.com/watch?v=vjEBQ_bE7uA 

今日、パレスチナ人ムスリム女性の友達からメールで送られてきたリンクです。 

『一宗教集団が人造的に独立国家を造り得る』と言う考え方を国連を通して世界が認めてしまった事で、現在のイスラエル建国が実現してしまいましたが、その概念が具体的に物理的な体である『国家』として現存し始めて以来、パレスチナ始め、レバノン他、近隣アラブ諸国に急速に『宗教アイデンティー化』が始まった事が、このビデオクリップから理解できると思います。

1979年のイランのイスラム革命は、更にその傾向を強め、具体的な日常生活のレベルでも、一目で分かる『宗教別化』が進められました。 

シーア派は、イラン、スンニ派は、サウジアラビア王家を通して、アラブ諸国全体の低所得層故に、教育レベルの低かったイスラム教徒層に、シェーラを着け、丈の長いスカートをはくなど、現在のガザに多くなった『ムスリムルック』を支援金を提供する事で推奨してきたのでした。



『宗教』を国家アイデンティティーとする、と言うシオニズムの考え方が、国連を通して実現、実存してしまった事が、イスラム教徒達、キリスト教徒達への宗教アイデンティティーを政治化する動きが80年代以降強くなって行ったと言えます。

超党派・超宗教の『民族解放運動』から『宗教アイデンティティー』解放運動へ流れて行った裏には、元々の現行イスラエルの建国理念が先進大国の英国主導で、欧米諸国、国連をして承認された事実があることは確かです。

何故なら、イスラエル建国前、アラブ・イスラム帝国以来の最後、オスマントルコ帝国内では、宗教の違いは何の問題でもなく、人々は夫々の信心をもって自由に共存していたからです。 

ここにも『分断し、征服せよ』の戦略統治の黄金法が適用されていた事が判ります。

ビジュアルに宗教アイデンティティー化させる事は、本来イスラム教徒達や、キリスト教徒達の中から出てきたことではなく『イスラエル建国の原理』に対するリアクションとして生まれたものが、更に巧みに陰謀政治的に、CIAによって中東、アラブ諸国リーダー達を通して推し進められてきた結果が、今日の『ムスリムルック』が急速に、広くパレスチナ他、周辺諸国に拡がった原因でした。

イスラエル建国前、宗教アイデンティティーの政治利用時代前までは、宗教別分断、識別などする必要が無かったので、宗教などお互いに問う事も無く、問う必要もなかったのです。

中東は宗教戦争のメッカ... と多くの人々が信じ込まされていますが、実際には、全くその逆だったのでした。

『宗教戦争』を作り出す事で、一つだった地域を分断し、産油地を恒常的に不安定地域に置く事によって『西洋の存在』に依存せずには生き延びられない『アラブ諸国の統治者層』を管理、誘導する事が目的であったのでした。

日本周辺をも含み、世界中を見渡せば、その西洋の統治政策である
『分断し、制覇、統治』が地球上の隅々まで行き届いている事がよく判ると思います。


転載元: ドバイ ザ ワンダーランド

雨蛙

雨蛙

 我が家では毎年梅雨になると雨蛙が孵ります。例年だと雨蛙の赤ちゃんが向き
向きに沢山居るのですが今年は少なく一匹だけ見つけました。
 http://bible.ne.jp/brog/img/ikimono/a1.jpg
 これから孵るのが多いのだろうと思っていますが、一匹と言うのはかなり心配です。
スカシユリの中に居るのは雨蛙のお父さん?かお母さんです。
 http://bible.ne.jp/brog/img/ikimono/a2.jpg
 こちらは我が家で繁殖しているらしいモリアオガエルさんです。
 柿の木の下にいました。写真を撮っていると恥ずかしいのか秋明菊の影に隠れて
しまいました。小さいのでこちらはお父さんだと思います。お母さんはこの倍ぐらい
の大きさです。 
 http://bible.ne.jp/brog/img/ikimono/a3.jpg
 今年はどうも我が家の周囲のカエルさんもかなり数が少ない様です。
さまざまな周囲の変貌でどうもやはり底知れぬ所で環境の激変が起きて居る様な
気がします。
 http://bible.ne.jp/brog/img/ikimono/a4.jpg

 最近話題になっている太陽ですが、今日も太陽活動は大変低調だった様です。

以下は太陽の活動が相変わらず低いことを伝えるサイトへのリンクです!! 


イザヤ書53章10節

リクエストを有り難うございました!! 

イザヤ書53章10節 ヘブル語原典直訳

そして ヤハウエ 彼が喜んだ 徹底的に潰す事の彼 彼が弱くさした彼 もし 彼女が置いた 違反 生活彼 彼が見る 種蒔 彼が縦さした 日ら そして喜びの ヤハウエ 中で彼 彼が成功する。

イザヤ書53章10節 70人訳ギリシャ語原典直訳 

そして 主は 彼は企てた 清くする事 彼を その 打撃。もしあなた方が与えた(為) 関して 罪、その 生活 あなた方の 彼が見た 子孫 遠命。そして彼が企てた 主は 離れ取る事 

 ヘブル語の方を翻訳にしてみます。
イザヤ書53章10節 ヘブル語原典翻訳

ヤハウエは彼をぶち壊し 彼を病気にさせた。もし彼の生活が違反を置いたなら 彼は子孫を見、日を連ね ヤハウエの喜びの日で彼が成功する。


ギリシャ語の方を翻訳にしてみます。

主は彼の打撃を清くしょうと企てた。もしあなた方が罪について出来るなら、あなた方の生活は遠い命の子孫を見る。 彼が企てたのは 主が特別扱いする事。

コメント 

 メシャの受難を預言したとされる有名な聖書箇所ですね!!ここで何が言われているのかは難しい物がある様に思います。

  「彼」をキリストに置き換えて読んでみると分かりやすくなるのでは無いでしょうか!!

ヤハウエはキリストをぶち壊し キリストを病気にさせた。もしキリストの生活が違反を置いたなら キリストは子孫を見、日を連ね ヤハウエの喜びの日でキリストが成功する。

 以上!! 


  
プロフィール

油食林間

Author:油食林間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR