FC2ブログ

渡渉路対策



渡渉路対策

今日もドラゴンランドで偉いお役人と現場視察をしていました!!

今日の問題は以前ご紹介した渡渉路が壊れたのでその修復対策でした。

出水は今年の8月1日の記事をご覧ください!! 以下です。

 立った40ミリぐらいのにわか雨の出水で折角作って頂いた渡渉路が土台から崩れてしまったのです。 

 こんなに呆気なく壊れたのは、水の力を見くびったのが原因でした!! 河道のど真ん中に4t位のコンクリートの方形物を50メートル程の巾に並べたのですが、周囲の流速を早めた為水流が下側をえぐり取ってしまい、その結果ぐらついて通行が難しくなってしまったのです。

 実はこのような渡渉路は国土交通省としては始めてで「過去に設置例が無い為に経験不足であった」と言う事でした。

 此れが無いと対岸の草刈りや作業に支障をきたしますので是が非でも復旧して頂く必要が在るのです。しかし、前例の無い構築物でこれからも試行錯誤が続きそうです。

 最初の写真は完成したばかりの渡渉路の写真!! 

 次の写真は小さな出水でデコボコになってしまった渡渉路!! 
スポンサーサイト



ドングリマン




ドングリマン

 変な題ですが誰の事でもありません!!何を隠そう私の又の名です!! 

 爆!!  

 幼い頃から台場クヌギの中で育ち、子供時代は甲虫やクワガタを取る為にあたりの台場クヌギを廻り、そして今も台場クヌギの中に在る家に住んでいます。

 クヌギの木は成長が早くしかも堅牢で燃料としては最高の資源と思います。 

 しかし、最近は殆ど顧みられず、宅地開発などで惜しげも無く伐採されて消えていくのに心を痛めています。

 クヌギの木は根が深い為に移植は難しいのですがドングリをうまく地面に蒔くとあっと言う間に大木に成長します。

 それを見込んで我が家の周囲や近くの公園に落ちているクヌギの大きなドングリを拾い集めてあたりかわまずポイポイと荒れ地等に勝手に蒔いているのです。爆!!  
  
 それ故に、人呼んでドングリマン!! 爆!!  と言う次第です!! 

 ドングリを拾うのは大抵早朝の6時ごろです。 そして此れを蒔くのはラブちゃんの夜のお散歩の時ですから誰も気づきません!! 爆!!  

  しかし、去年はどう言うわけか記録的なドングリの不作でした。だから、いくら探しても蒔くほどのドングリは入手出来ませんでした。 

 今年のドングリも少し小振りですが何とか蒔けそうな感じです。

 上の写真の袋に入っているのが丁度2㎏です。一つが平均で5g程ですから400粒程です。

 今年は後どれぐらい集められるか分かりませんが多分この3倍ぐらいでしょう!! 普通に蒔いただけではこの程度では年に1本が生き残れたら良い方でしょう。

 その程度でくじけていては何も始まりません。殆ど無駄と知りつつもあたりの荒れた山に放り込んでいます。
今年は河川敷にあるドラゴン緑地やドラゴンランドの高水敷に蒔いて水やりをして育てみる予定です。

 河川の内側は河川法によって植栽は禁止されていますが生えて来る物は仕方がありません!! 爆!!  

 勿論NPOとして明確な管理責任者も居ますし、口頭ですがここを所管する担当者と責任者にも了解を取り付けています。

まあ難しい事は置いておいて、遮る物の無い河川敷の広大な公園が家族連れや若者達に活用される為に日陰を作る為に成長の早いクヌギの木は最適なのです。

台場クヌギに仕立てて、大クワガタや甲虫に加えて玉虫などの生きた教育にしたいのです。河川のセセラギでのビオトープとセットで活用出来そうです。煙の問題さえ解決出来れば炭焼きも出来そうです!! 爆!! 

今から始めるとここが丁度良くなるのは私たちの孫が育児をする頃でしょう。その頃を脳裏に描いてドングリマンは今年も大活躍です!! 爆!! 
 
・最初の写真はドングリさんと仲良しのラブちゃんです。
・次の写真は今日取った2㎏のドングリです。
・最期の写真はこの河川敷を管理するNPOと偉いお役人さん達との今日の現場での打ち合わせです。以下は以前の関連記事です。


コクワガタとクヌギの木 http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/33835078.html

雉の記事



雉の記事

 今日、買い物から帰って来ると車の窓の外を何か歩いてます!! 爆!! 

 雉さんです!! 雄だけです!! 今は繁殖期ではありませんので当然です!! 

 春先には番いで我が家に良くやって来ます!! 夏には子供を引き連れているのを良く見掛けました!! 

 でも段々とその数が少なくなっていくのに心が痛んだものです。

 あたりにはキツネも居ますし、大きな鷹もいます。 時々密猟している罠も見掛けますので危険がいっぱいなのでしょう!!

 雉の肉は美味しいそうで結構狙われている様です。これ日本の国鳥ですが狩猟対象でもあり、昔から資源保護のために全国各地で数万羽の放鳥が行われています。

 でもこのあたりでは放鳥なんて聞いたことありませんので純粋の野生だと思います。 

 色々狙われている鳥なのに、この雄の雉さんはあんまり警戒している様子がありません。

 これ標準レンズで取りましたからどれだけ近くに居たお分かりかと思います。2mも無い至近距離です。この場所にはよく色々な動物が出没します。一昨日にはイノシシがいましたし夕べは大きなマムシが這っていましたので車でひき殺しました!! 5年程前に野うさぎさんもここで良く見掛けました。

 でも段々と少なくなり寂しい限りです。雉さんも無事に冬を越して、また春には番いで我が家に来てくれるのが待ち遠しい所です。

 下のリンクは以前の雉の記事です!! 爆!!  
 
http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/36557480.html]

コゲラのコラボ





コゲラのコラボ

 我が家にはキツツキさんが良く来ます!!

 今日は目の前の柿の木に来てコンコンコンと騒がしていました!! 爆!! 

 しばらくすると今度はコンコンコンコンコンと言う連打音とに続いて短く間欠の無い音でコンコンコンとふるえる様な応答が始まりました!!

 何事か!! と思って外を見るとコゲラさんが二匹、半分朽ちかけた栗の木の上と下でコラボです!! 爆!! 
 随分と長い間コゲラさんのコラボが続きましたが私が、窓を開け身を乗り出して撮影したとたん、向こうの栗の木に飛んで行ってしまいました。

 コゲラのコラボは終演時間となった様です!! 爆!! 

 コゲラさんはこうして朽木をつついて中に巣くっている虫を音と振動で驚かして外におびき出すと言う猟をしているそうです。きっと美味しい虫がたべれたのでしょうね!! 爆!!

写真の説明

最初の写真、一羽が細い木の左右を交互に突っ付いている時の写真。

次の写真、二羽のコゲラさんが上と下でコラボをしている時の写真。

3番目の写真、コラボの上方で合いの手の短くコンコンコンを担当しているコゲラさん。

4番目の写真、コラボの主旋律のコンコンンコンコンと強い連打をしているコゲラさん。

過去のコゲラさんの記事はこちら!!

ウスバツバメガ








★ウスバツバメガでした!! 爆!! 

・・・・・・・・以下は同定まえの記事です!! ・・・・・・・・・・

ウスバシロチョウ?

 今朝、ラブチャンと散歩していると何か飛んでます!! 

 200匹位い飛んでいるのじゃないでしょうか!! 

 最初の2枚の写真です。

 桜の木の枝の所になんか群がっています。

 拡大してみたのが最期の2枚の写真です。

 あんまり見掛けない蝶?です!! 気になるのでネットで調べてみましたが分かりません!! 

 一番似ているのがアゲハ蝶の仲間のウスバシロチョウです!! 

 生息域はほぼ日本全土です。でも晩春に羽化するというのですが今は秋です!! 爆!!  

 お分かりの方が有りましたら、是非お教えください!! 

・・・・・9月25日の朝の追加文・・・・・

今朝のラブチャンの散歩ではさらにまた沢山飛んでいました!! 4~500匹は飛んでいそうです!!

可哀相ですがイッピキ捕まえてクローズアップしてみました!! 最初の写真は上から、そしてラブチャンと写っているのはお腹の側から撮った写真です!!

これ一体なんでしょうかね!! あたりの桜の木の葉っぱは半分ぐらい食べられてしまっていました!!

★お昼休みにネットをアサリ回り★★★根性で探しました!! 爆!! ★★★

皆様ご心配を有り難うございました!! m(_ _)m

■ウスバツバメガ Elcysma westwoodii westwoodii (Vollenhoven, 1863)

科:マダラガ科(Zygaenidae)
ホタルガ亜科(Chalcosiinae)

属:Elcysma Butler, 1881

【旧名,別名,害虫名,同定ミスなど】 ウスバツバメ

【開張(mm)】 60

【分布】 本州,四国,九州;朝鮮

【本州四国九州における記録確認済都府県名】 愛知,三重,福井,岐阜

【成虫出現月】 9

【幼虫食餌植物】 バラ科:ウメ、サクラ、アンズ、スモモ、ボケ(※KD)、ヒメリンゴ(※SG)、ニレ科:エノキ

【終齢幼虫体長(mm)】 30

以下は同定したサイトへのリンクです!!

隕石



隕石

 地球の三割は鉄で出来ているとか!!その関係か地球に降り注ぐ隕石には隕鉄が多いそうな!!

 隣町のショッピングセンターに猪名川天文台に展示されている隕鉄が出張展示されていました。 

 1576年に南米のアルゼンチンに落下した隕石(隕鉄)だそうです。

 こられていた館長さんにお願いして触らせていただきました。

 丁度黒唐の固まりの様な色です。重さは7㎏!! 名前はカンポデルシエロと言うそうです!! 

 家の庭にでも落ちてきてくれたら家宝にするのですが!! まあそれは宝くじに当たるよりも稀な事でしょうか 爆!!  

猪名川天文台のサイトはこちらです!! 
http://www.town.inagawa.hyogo.jp/sisetu/Astropia/


 

栗金団






栗金団

 また秋に成りました!! 我が家の秋の恒例行事は栗金団作りです。

 今年は初夏の日照不足に加えた低温で栗は小さく味ももう一つです。

  冒頭の写真は小さな栗を相手に格闘した、今日の一連の作業です!!

 栗の量は10㎏、此れを30分ほど茹でて、スプーンで実をほじくり出し。砂糖を混ぜて加熱すれば出来上がりです。

  手間は大変ですが至って簡単な料理です。スプーンでほじくりだした栗の実の量は丁度7㎏、砂糖を1.5㎏ほど混ぜて完成です。

 後はラップに包み、半分は冷凍にし残りは冷蔵します。

 昨年の記事とレシピはこちらをどうぞ!! 


栗の数は千個位でした。 小さな栗の実を小さなスプーンでほじるのに4~5時間もかかりました!! おかげで右手の人指し指に豆ができてしまいました!! 爆!! 

何も数えた訳ではありません。標準と思われる大きさの栗を量りで量ってみると丁度10グラムでした。実が7グラム取れ捨てた鬼皮と渋皮が3グラム位でしたので割り算をしたのです。

最初から最期までテーブルの下で何か落ちて来るのを待っていたラブちゃんですが、残念ながら今日は何にも落ちてきませんでした!! お疲れさま!! 爆!! 

ワオンちゃん


ワオンちゃん

 ワオンとは何でしょうか!! 爆!! 
イオン銀行(AEON)のイオン電子マネがワオン(WAON)です!! 爆!! 

 先日近くのイオンモールへ行くと変なぬいぐるみが歩いていました!! 

ワオンちゃんだそうです。聞けばイオンのデンシマネーだとか!! 爆!! 
 なんだかややこしいことですね!! 要するにジャスコと言うスーバーを経営する会社がイオン銀行を作り、そこの系列店で商品を購入するとデンシマネーが溜まり、その デンシマネーをワオンと言う様です!! 爆!! 

 「変な私設のデンシマネーが流通する変な時代に成りました!!」 と言う事の様です!! 爆!!  
 
イオン銀行
http://www.aeonbank.co.jp/idea/waon/index.html
ワオン 
http://www.waon.com/

国有財産の五葉松


国有財産の五葉松

今日所要で隣の伊丹市に行く機会が有りました。 大きな五葉松を見掛けたので写真に修めてみました。

市役所の裏の簡易裁判所にある松です。何やら書かれたプレートがついていましたので見ると「国有財産」と書いてあります。

私もかなり長い間人間をしていますが「国有財産」と表示された松を見るのは始めてです。

きっと相応お値段が張るのでしょう。伊丹市は古くから栄えた町で様々な行基の遺跡や、戦国時代の荒木村重の惣構えの有岡城など歴史的な文物の多いまちですから何かいわれの在る五葉松なのでしょう。

近くの池田市や宝塚市には千年以上前から植木屋さんが多く、売りに出されている立派な松もよく見掛けます。

普通の黒松のお値段ですが、これぐらいの枝振りの黒松などは一本で200万円から400万円です。

五葉松ですからたぶんその10倍以上するかと思いますが、実際の所は分かりません。

詳しい方が有りましたらぜひお教えいただければ感謝です。

今日は「国有財産」と表示されている五葉松のご紹介でした。

蛙のヒナタボッコ



蛙のヒナタボッコ

 すっかり秋に成りました!!夏の夜に素晴らしい大合唱を轟かせていた牛ガエルさんも最近はすっかり鳴りをひそめてしまいました!!

 夜鳴く事を止めて昼間にヒナタボッコです!!池に浮かんだ発泡スチロールの上で呑気にそうにしています。 

10㎝位の大きさですからもしかしたら此の春にオタマジャクシから育った蛙さんではと思います。

 冬の冬眠に備えてしっかりと虫を食べて体力を貯える為に昆虫が近づいて来るのを虎視眈々と待って居る様な感じもします。

 あと少しで蛙さんたちは山に登って深い落ち葉の下にもぐって冬眠するのだろうと思います。


以前ご紹介した春のウシガエルさんの様子はこちらをご覧ください。

試食コーナー


試食コーナー

 じつは、.....目が合ってしまいました!!

 先日近くのショッピングセンターでの事です。

 買い物に付き合わされてレジ籠を持って試食コーナーでボーッと立っているとカートを押して試食のハンバーガーを手早く食べている主婦と目が合ってしまいました。

 所が、5分程そこにつっ立っていたものですから、さっき試食していた主婦がまた試食コーナーにやって来てハンバーグをパクパクと頬張っているのです。
 
 あれ!! と思ったその一瞬!! また目が合ってしまいました!! 爆!! 

 きっとハンバーグよっぽど美味しかったのでしょうね!! 

 お互いに気まずい思いをしてそれぞれ回れ右をして私はレジの方に向かいました!! 

 人生色々な事があるものですね!! 爆!! 

ヤマナメクジの交尾





ヤマナメクジの交尾

 今日は珍しい物を見つけました!! ヤマナメクジの交尾です。 

大きなナメクジで長さ10㎝位太さは2~3㎝位です。

 最初は木の葉の間でマムシがとぐろを巻いているのかと驚きましたがきれいな水色のナメクジの陰茎を見つけてまたビックリです。

ナメクジは雄雌同体の変わった生き物で二匹がそれぞれの陰茎を出し互いに精子を相手に与えて交尾し産卵するそうです。

 ほんとうに変わった生き物です。

  

特装車






特装車

 近くのショッピングセンターに行くとフロアーに特装車が展示されていました!! 

 勿論介護仕様の特装車です!! 車椅子で生活している老人を車に乗せて移動するのは本当に大変ですから!! 

助手席がスライドして上下したり、後部座席がスライド着脱してそのまま車椅子に成るものや、つり下げクレーンのついた車などさまざまあるのですね!! ビックリです。

 便利そうな車ですが気になるのはお値段。 特装料金は30万円位から50万円位が相場の様です。

 勿論新車の費用に上乗せされますから結構な負担です!! でも購入費や改造費の助成は勿論、免許の取得や通行料の割引に加えて燃料費の助成まで在るのだそうです。

 でも、此れ受けるのは結構手続きが大変でしょうね!! 

 今日はたまたま見掛けた特装車のご紹介でした!! 

マムシを踏みました!!




マムシを踏みました!!

 昨日イナゴを捜していると....や何か変だ!! 

足を見ると!! マムシです!! 踏んづけちゃいました!! かわいそ!! 爆!! 

 我が家の庭伝いの田圃の畦道です!! 

 こんな事もあろうかと山や田圃の畦を通る時には必ず長靴にしています。
 良かった!! つっかけだったら今頃アウトで入院です!! 爆!!  

 小さいですね!! きっと今年夏生まれたばかりの子供ですね!! 
20㎝位です。でも美味しいものを食べているのか結構太い!! 爆!!  

 私の足に向かって口をカッと開き毒牙を剥いて襲いかかっています。 

 ご苦労さま!! 爆!!  こんな小さくても油断は禁物です。噛まれると大変ですよ!! 

棒で....山や田に行く時には必ず何か持っています!! 爆!!  

 引っかけて倉庫まで運んで50ℓの収納箱に放り込みました!! 

 ほしいと言う人が居るのでこれから連絡です!! 喜んで持って帰られました。

 マムシは大抵県の条例で有害獣に指定されています。飼育する時には必ず県の許可を得て下さいね!! 

イナゴの佃煮

イナゴの佃煮
 http://bible.ne.jp/brog/img/inscet/inago0.jpg

 イナゴです!! 爆!! この季節になると無農薬の田圃には
イナゴがピョンピョン飛び跳ねてます。

 http://bible.ne.jp/brog/img/inscet/inago4.jpg

 美味しそうですね!! 爆!! イナゴの取り方ですが、
稲刈りの終わった直後の田圃に行くと沢山跳ねてます。

 http://bible.ne.jp/brog/img/inscet/inago3.jpg

上の写真は我が家(教会)の隣の田圃です。イナゴの写真は
この田圃の稲にいるイナゴです。 でも注意して下さい、
10月頃まではまだまだマムシが居ます。田圃に入る時は長靴
でイナゴを取る時にいきなり手を伸ばさないで、面倒でも
マムシが居ないかどうか確認してから手を伸ばしてイナゴ
を取って下さいね。

 http://bible.ne.jp/brog/img/inscet/inago2.jpg

上はイナゴの佃煮です。レシピは次の様な物です。
【材料】
いなご500g、砂糖250g位、しょう油100cc、味醂少々
【作り方】
・取ったいなごは1日程そのままにして糞を出させる。
・気になる方はトゲダラケの羽足を取ります。私は平気なので取りません。
・お湯が沸騰するとぐるぐるかき混ぜてイナゴを放り込みます。
(イナゴは目を回さないと鍋からピョンピョン飛び出します。)
・イナゴが赤くなるとザルにあけて水気をよく切り鍋に入れ、軽く煎る。
・砂糖・しょう油を加え弱火で水分が少なくなると味醂を加え混ぜて火を止める。

 http://bible.ne.jp/brog/img/inscet/inago1.jpg

新潟や長野では此れ売ってます!! これ栄養満点で美味しいですよ!! 爆!! 

蛾の幼虫(キイロスズメガ)



蛾の幼虫(キイロスズメガ)


 我が家の玄関に勝手に生えた山芋に芋虫が!! 爆!! 

キイロスズメガの幼虫さんです。 

 これ良く見掛けますが茶色いのや水色や薄緑色などいろんなのが居ます。 

 スズメガはまるで蜂鳥の様な飛び方をするかわいい蛾のホウジャク(蜂雀)の中間です。 

花から花えまるでミツバチの様に飛び回る姿につい見とれてしまいます。

 でも此れはこれ10㎝位の幼虫になり大きな蛾になります。大抵夜飛ぶので飛んで
いる所はめったに見る機会がありません。

我が家の庭に咲いているカラスウリの花の花粉の媒介に大活躍しているそうです。

 カラスウリの花と実はこちらです。 

人身事故




人身事故

や事故です!! 信号待ちで渋滞する道路中央のゼブラゾーンを西進していた2人が乗車するバイクが車両の影から突然横断した老婦人に激突し歩行者は路面に叩きつけられバイクはハンドルを取られて転倒です。

すぐに救急隊が到着し怪我した歩行者を病院に搬送し、現場検証が行われバイクの二人は自力で現場を後にしました。

実はこの国道は1年程前に拡幅され両側に広い歩道と道路中央に右折レーンが設置され渋滞のネックが解消されたばかりの所です。

実はこの場所では今回と同様の事故がすでに数度起こり一年で2名の方が亡くなられているのです。

以前の国道は歩道も無い狭い2車線の国道であたりは古いアパートが密集したお年寄りの多い地域で生活道路もかねていたのです。

道路が拡幅整備され、広い歩道に街路樹も植えられ右折レーンもあり整備されたとたんに事故が続発するようになったのです。

一番の問題は道路が整備されてもここを生活道路にしていたお年寄りは今までどおりのライフスタイルで渋滞が酷い道路を車をかき分けて横断した癖がそのまま残っているのです。

問題はそこに新設された右折レーンとそれに続く道路中央のゼブラゾーンを先の交差点の信号の右折可のサインの出ている間に右折を急ぐ車両が渋滞横をすり抜けようとする所によもや渋滞車両の向こうのゼブラゾーンを突進する車両があるとは夢にも思わず今までどおりの感覚ですいすいとかき分けて横断する歩行者が跳ねられるということになって居るのです。

ここ、車は一応追い越車線ではありません。また道路は横断禁止ですが老人は全く標識何か見てません。

どうもこのままではこれからもここは事故が頻発しそうです。 皆様ここを通る方は歩行者も車を運転する方もご用心を!!

以下は現場のヤフー地図です。


詳しい地図で見る

クマゼミ



クマゼミ

9月だと言うのにまだまだ暑いですね!! 爆!! 

ラブちゃんと朝の散歩していると、山桃の木にクマゼミを見掛けました!!

蝉さんも暑さに驚いてまだ鳴いていたのですね!! 今頃出てきてもきっと

仲間は居ないし、夜は冷えてくるし!! きっと辛い思いをしているのだろうな!!

と心配になりました。

我が家ではまだツクツクボウシは鳴いて居ますが他の蝉はすっかり見掛け

なくなりました。

今日は少し出遅れたクマゼミさんのご紹介でした。

おいラブチャン!! クマゼミさんはひとりぼっちだよ!! 可哀相だね!!

/⌒\
u・・u
(=●=) LAB

「何言ってんの!! 私もいつもひとりぼっちよ!! アンタ散歩が終わると

すぐに何処かに出かけるけど、きっと美味しいもの食べに行っているんでしょう!!

群れに内緒で抜け駆けは御法度よ!! 」

それは誤解だよ!!

/⌒\
u・・u
(=●=) LAB

「五階も六階も無いわ!! 蝉なんかちっとも美味しくないわ!!

だからもっと美味しい獲物を探しに散歩!! 散歩!! 」爆!! 

山の飢饉





山の飢饉
 
 今年はなんか変です!! 何が変かと言うと我が家の垣根の向こうになっている柿の実が段々少なくなって来るのです。

 この柿の木は富有柿で実が赤く熟して糖度がまし美味しい食べごろに成るのは霜のおりる11月初旬です。

 その頃までラブちゃんが縁側に日向ボッコをして番をしているのでカラスやヒヨドリに加えてメジロ等の小鳥たちが食べに来るのはあたりに食物がすっかりなくなった冬枯れの1月頃です。

 しかし、今年は8月の初めごろの柿の実が青く小さい頃に小鳥がやって来て青い柿の実を突っ付いて傷がつくと柿の実は黄色くなり、それをさらについばんで段々と柿が少なくなっているのです。

 犯人はメジロさんです。 3番目の写真です。

 そして、最期の写真は3年前の冬枯れの1月にあたりにすっかり餌が無くなって仕方なく柿の実を食べに来ているメジロさんの写真です。
 
 わかる事は今から1月の食料を食べていたらあたりにすっかり餌の無くなる冬枯れの1月には小鳥さん達には何にも食べる物が無い!! と言う事なのです。

 きっと餓死する小鳥が大量に発生するでしょう。 それとも餌を求めて南の国に飛んでいく事が出来るのでしょうか? 

 今から大変心配な小鳥たちの冬の食料事情のご紹介でした。 

コオロギ



コオロギ

 秋ですね!! ラブチャンと夜のお散歩しているとコオロギさんに出合いました!! 

 最初の写真です。秋の一番の風物詩はなんといってもコオロギさんに代表される秋の虫たちのコンサートです。 

 我が家の周囲は山や田圃ですから特に素晴らしい虫たちのオーケストラが楽しめます。

 たぶん4~50種類の虫たちが夜な夜な大合奏の名演を聞かせてくれます。

 いいですよ!! ただ素晴らしいのですが録音は大変そうなので皆様にご紹介する事はあきらめています。

 コロコロ、チロチロ、リーンリーン、チチチチ、キュロキュロ、リーンリーンと本当に見事な生演奏です。しかもチケット無しで一晩中聞けます。

 安いですね!! 夏の夜は蛙の大合唱そして昼は蝉時雨、軈て夏の終わりを告げるツクツクボウシが鳴き始める頃夜の虫たちが登場し夜間演奏の主役が蛙から虫にバトンタッチするのです。

 太古から繰り返させてきた当たり前のことですが最近は段々と希少な出来事になってきている様な気がします。

 未来にも、この秋の虫たちの大演奏を引き継ぐ為に私たちが自覚と責任を以て環境問題に取り組む時代が来ている様に思います。

 今日は、毎年素晴らしい大演奏を聞かせてくれる秋の虫たちのご紹介でした。 

太陽活動の低迷


太陽活動の低迷

 以前幾度も太陽活動の低下をお伝えしてきましたが相変わらず太陽の活動が低調です!!

 上の写真は今日の太陽ですがやはり黒点がありません。 

下のリンクは宇宙天気情報センターの太陽活動を監視しているサイトです。

下の数字は最近30日間の太陽活動の記録です。大変低調です。こんな状態が何時までも

続くと冷害などの気候変動が起き、農作物や牧畜水産業に甚大な影響が起きます。

過去に置いて太陽活動の低迷期には世界的な大飢饉や政変に加えて民族の大移動が

おきて人類は大変な艱難を味わってきました。

そしてこんな状態がさらに続くと飢饉だけではなくいずれ氷河期が到来してしまいます。

今日は気になる低調な太陽活動のご紹介でした。 
 
宇宙天気情報センターへのリンク。
http://swc.nict.go.jp/sunspot/

下は最近の30日間の低調な太陽活動の記録とそのサイトへのリンクです。 


# Date 10.7cm Number Hemis. Regions Field Flux C M X S 1 2 3
#---------------------------------------------------------------------------
2009 08 03 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 04 66 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 05 66 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 06 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 07 68 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 08 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 09 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 10 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 11 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 12 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 13 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 14 68 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 15 68 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 16 69 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 17 68 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 18 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 19 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 20 68 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 21 66 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 22 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 23 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 24 68 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 25 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 26 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 27 68 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 28 68 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 29 68 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 30 67 0 0 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 08 31 68 12 10 1 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
2009 09 01 69 12 10 0 -999 A0.0 0 0 0 0 0 0 0
プロフィール

油食林間

Author:油食林間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR