FC2ブログ

お茶ワゴン?




お茶ワゴン?

 時々ご紹介しているご近所のIさんが展示会で入賞されました。

作品を出される度に入賞されていますが何しろS県ご出身の元宮大工さんで、木工のプロの中のプロでいらっしゃいます。

 あまたの作品を拝見させていただきましたが、これも見事な出来ばえです。

 私の知識では正確なご紹介が出来ませんのでお写真のみのご紹介とさせていただきます。

 この一年間もご訪問を有り難うございました!! 

 皆様も良いお年をお迎え下さいね!! では!! 
スポンサーサイト



障子の張り替え





障子の張り替え


 いやあ頼まれていた障子の張り替えがとうとうしなければならなくなりました!! 

 だって明日はいろいろあって今日しか時間がありません!! 

 障子紙と糊は昨日買ってきておきました!!

古い紙の剥がし方


 今日はお昼前に障子の紙剥がしです。 これは簡単ですよ!! 障子を外に放り出してホースで水をかけるだけです!! 

 10分程放置しておくと糊がはがれ手で引っ張れば簡単にはがれます。 

 こつは古い障子紙を剥がした後、しっかりと古い糊をこすり取って置く事です。 

 結構残っていてこれがあるとせっかく新しい貼り付けた新しい障子紙に垂れて透明な染みを残したり、糊の乾燥が遅れてせっかく張った新しい障子紙に皺を作ったりする事になります。

 古い糊を剥がすのに20㎝位のプラッスチックの平たい安物の物差し等が便利です!! 

 これで、糊の付いていた部分をシューと軽くこするだけで綺麗サッパリと古い糊がこそぎ取れます。

 あとは写真の様に乾燥を待つだけです!! 

  夕方4時頃に見るとしっかり乾燥していましたのでいよいよ新しい障子紙を張りつけます。 

張り替えの段取り


 必要な道具はまず新しい障子紙と容器入り糊と後は小さなNTカッターです。 そして刃をおる為にペンチか何かがあると良いかと思います。

 何事も作業能率は段取りが肝心です。

 作業がラクな様に適当な高さの台を用意しました!!只の丸テーブルですよ!! 爆!! 

 作業手順なんて特にありません!! 障子の桟に糊を上手に塗り付けます。市販の障子貼り用の糊を買ってくるのが手っとり早いですね!! 

 昔は米粒を水で煮て糊にして、ハケでペタペタと桟に塗り付けていました。糊の塗りムラが出来るし、糊の薄い所は障子紙を張り始める前に乾いてしまい、厚く付いた所は乾きが悪く、その上後からそこには糊が垂れたりします。

糊について


 まず第一の糊の固さ加減が難しい!! 柔らかいと流れてしかも紙に吸収されてすぐに乾いて扱いが不便です。しかし固いと塗りづらくその上乾きにくくそして糊の厚さにムラができて大変でした!! 

 市販の物はそのあたりも、また塗り口ノズルも用意されていて助かります。容器を軽く掴みながらスーと桟をなぞるだけで適量の糊が塗れます。しかも、脹らみが在るので障子紙を張るのに手間取っていても乾燥してしまいませんので楽です。 
 糊を塗りおわると後は障子紙を張りつけるだけです。

障子紙張りと縁きり


 これが障子張りの要ですね。 最初キチッと位置を定める事です。これがうまく出来れば後は巻かれた障子紙を転がしながら広げ伸ばすだけです。

 次が余った余分な部分の切断です。 これは迅速にするのがこつです。 ぐずぐずしていると糊が障子紙になじんでしまいます。 そうすると紙の繊維がほぐれます。それからカッターナイフでスーと切ろうとすると紙の繊維がカッターの刃に引っかかり易くなり、せっかく張った障子紙が裂けたり歪みが出来てしまい、やり直しをしなければならなくなります。 

 紙を張りおわったら間髪を入れず鋭いカッターナイフで障子の桟の外側の段差を利用してスーッと余分な余った障子紙を切り取ります。

 大抵障子と上端と作業する位置の向側の側端は紙の切り口を合わせていますので紙の切断部分は手前側と張りおわった終端(大抵は下の側)です。 まず張りおわった下端側をカッターでスーと切り落とします。 短い方を先にするわけですね!! 

 それから、長い側(手前側=上下長い側)を次に切りサッと切り落とします。

 後は糊付の悪い所が無いかをチェックして問題が無ければサッサと障子を元あった溝にはめて次の障子にかかります。

 大体2枚位障子を張ったらNTカッターの刃を折って切れ味を確保します。

 書くと長いですが一枚の作業時間は4~5分です。 30分程で8枚の障子の張り替えが終わりました。 

 ああ!! 大変だった!! 爆!! 

監督はラブちゃん


 オイラブちゃん君がしっかり監督していてくれたおかげでうまく障子さんが張り替えられたよ!! 有り難う!!
 
でもね!! これ破るのは実は君なんだよ!! 縁側でヒナタボッコをするのは良いけれど、お願いだから寝相を悪くしてこの障子に足やシッポを突っ込まないで頂戴ね!! 爆!!

   _____∞⌒⌒∞
(/  // 6 6|\
(_____(_ _)*_●_)_)

 あら失礼!! 障子破りの犯人は私だったのね!! ごめんあそばせ!! 爆!!  

でも、私が破って上げないと障子さんはいつまでも古い障子紙の儘なんじゃない!! 

 お正月に真っ白になってすがすがしい元旦が迎えられるのは私のおかげと言うわけね!! 

爆!!  

 たくう!!  まあ時々障子も張り替えないとやり方を忘れて仕舞うからまあ良いとするか!! 

材料と注意


障子紙→今回使ったのは無地で一番シンプルな障子紙、4枚用(巾94㎝長さ7.4m)298円×2

糊→障子徳用糊(ノズル付き容器入り)198円

使い方のコツ:障子の桟に塗り易いようにノズル両側に在る突起を片方だけ残して外側桟に塗り易いように最後の写真のように片側を切断切り込みを入れました。(以前ノズルが片側だけ少し出っ張りがあって使い易い物が在りましたが今は両方に出っ張りがあって使いにく物しか見当たりませんでした。)

コウガイヒル(笄蛭)





コウガイヒル(笄蛭)

 ラブゃんと散歩しているとや何かいます。!! ヒルですね!! これはどうやら無害のコウガイヒル(笄蛭)の様です。

 でも、あんまり気持ちの良い物ではありません。黄土色のものと黒っぽいのがいます。これ、結構伸びて30㎝ならまだしも物によっては1m以上に伸びるのがいます。きもいの一語に尽きます。
  

 昔は田圃や山で遊んでいて淡水にすむ血吸い蛭や山蛭に足くびの当たりを良く吸われたものです。 気付いてからあわてて吸いついた蛭を引き剥がすといつまでも血がたらたらと流れたのを思い出しました。 

 いやですね!! 蛭は!! 

 でも血を吸い出してくれる山蛭は、マムシや蜂に噛まれた時、毒液を吸い出す為に、山村の雑貨屋などで昔は良く売られていたものです。

 口にある吸盤で吸いつくときに麻酔を注射して痛みを感じさせず、さらにヒルディンと言う抗血液凝固物質を吐き出してくれるそうです。 そのため古来ギリシャ時代から手術後の鬱血の排出や血腫予防に随分と活用されてきた歴史も在ります。

 まあでも、この手の生き物には余り関わりたくないのが正直な気持ちではないでしょうか!!  

 おい!! ラブチャンそんな物踏みつけてどうするだい。 まさか食べようって言うんじゃないだろうね!!

爆!!  

  _____∞⌒⌒∞
(/  // 6 6|\
(_____(_ _)*_●_)_)

 大丈夫よ!! 私こんな長い生き物は好きじゃないわ!! それにこれミミズさんを食べたらしいの!! 臭いで分かるは!! だからちょっとこらしめて居るだけよ!!

爆!! 

笄(コウガイ):戦国時代鎧兜に身を固めた武士が、頭等のかゆい所を掻く為に刀の鞘の外側に装着させていた細長い小型の簪(かんざし)のような先が少し平たく広がった細い棒の事。平和な江戸時代には女性の簪としてよく使われた。 

全輪バースト事故





全輪バースト事故

 いやあ恐いですね!! 今日二重衝突事故を見ました!! 

 路線バスにワゴン車が追突し、そこへもう一台の別の軽自動車がぶつかった様です。

 凄いと思ったのはバスに衝突したワゴン車の全輪のタイヤがバーストしていた事でした!! 

 良く見るとかなりの坊主タイヤです。 お分かりの様にほぼ完全にタイヤのトレッド(溝)が磨滅しています。

 この状態で急制動をかけるとタイヤに負担がかかり瞬間で全輪がバーストしてしまった様です。

 ヤッパリ車で安全にはタイヤが重要だと言う事は熟知しているつもりですが、このような事故を見るのは始めてです。

 トレーラー等の大型自動車のダブルタイヤに成った物がバーストして飛ばされた破片は良く見かけます。勿論不適切な空気圧によるタイヤの加熱が原因と言うのも多いようです。

 積載重量が25トンとかまれには制裁違反でその数倍の積載が原因でタイヤがバーストするのだと思っていましたがそれだけではないのですね。

 普通自動車でもこう言う事故が在るのは始めて見ます。

 まあタイヤは残り溝1.6mmになるとスリップサインがでて交換が法律で義務付けられていますので早い目の交換が大切と言うことかと思います。

 またタイヤの寿命は装着走行年数は走行距離にかかわり無く5年だそうです。

タイヤはゴムですからほぼ5年で紫外線や走行時の熱などが原因で硬化してしまいます。

堅くなったタイヤは地面に対するグリップ性能が低下します。

走行距離が少ないと溝が減らず安心してしまいます。また車検でも古いタイヤの交換義務はありません。しかし、安全の為にはヤッパリ早めの交換が大切なようです。

 最後はタイヤの溝と速度別車の制動距離の関係を表したグラフです。 

 低速走行では大差はありませんが高速走行になるほどタイヤの溝の深さが制動距離に影響します。

 ちなみに時速80㎞で急ブレーキをかけた場合の制動距離は溝が2ミリ以上で約40mですが坊主タイヤだとその倍の80mとなります。 

  やはりタイヤは早いめの交換が理想と言う事のようです。 

 今日は全輪クラッシュが原因と思われる2重衝突事故のご紹介でした。 

萱野三平










萱野三平

 暮れになると良く忠臣蔵が話題になります!! と言う事で先日近くの萱野三平屋敷に行ってきました!!

赤穂浪士の主君、浅野匠頭の刃傷事件をいち早く赤穂に伝えたのが萱野三平です。

 彼が京都から赤穂に向かう西国街道を早駕籠で飛ばしていた時、たまたま自宅前を通ると急死した母の葬列が家を出たのでした。 

 萱野三平は母を弔う事もせず一路赤穂に向かったと言われています。 

 最初の文字看板は大阪府箕面市にある自宅前のその場所に立っている看板です。

 事情で仇討ちに参加出来ない三平は自宅長屋門の居室で自害しその横には辞世の句を記した歌碑が残されています。

 三平は、吉良上野の介の屋敷の討ち入りには参加しませんでしたが、彼の自害が討ち入りを躊躇していた47名の赤穂浪士達にどの様な影響を与えたのかは定かではありませんが、彼は赤穂浪士の48番目の義士として数えられているようです。

萱野三平辞世の句  「晴れゆくや 日ごろ心の 花曇り」 涓泉

最後の写真はお墓から見た萱野三平のお屋敷です。
  

ラブちゃんの幸せ




ラブちゃんの幸せ

 今日はとっても良いお天気でした!! 

お天気だとラブちゃんはストーブさんをつけてもらえません!! 

 代わりに縁側で日向ボッコです。 

今日写っているのはいつも居る所とは違います。今は一番太陽が低いので夕方一番良く日の当たる所に移動してもらった場所です。

 こうしてラブチャンは夕方の散歩を心待ちにしてうとうと寝ているのです。

 心配は一つ!! 今日の夕方の散歩はどんな散歩になるかしら!! 

 ただそれだけが心にかかってオチオチ眠れません!! 爆!! 

 でもすぐにうとうと寝てしまいます。

 ヤッパリ生きる為にあくせくしている人間なんかよりもよっぽど人(犬?)生を有意義な物にしているように思えます。

 ああ!! 犬に成りたい!! 爆!! 

I Love You!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_49928604_0?20091225135445

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/21/2b/pinkorangedesert/folder/1494491/img_1494491_49928604_1?20091225135445

I love you
I am not saying it because it is Christmas
But because at Christmas we do not lie …


...とは、LBCレバノン テレビのソープドラマ中で、キザなレバニーズ男が恋人に言ったセリフ ...


だからワタシも正直に言うと、ユダヤ教でもキリスト教でもイスラム教圏でもない地域の人々が、
宗教は持ってません...だの、
一神教信じてる地域の人々はねぇ~... 
なぁ~んて言いながら、クリスマスだのハロウィンだのと真似っこ漫才騒ぎするのは何だか無節操だなぁ~...と思っているんですけれど... 

まっ、そんな無節操さも悪くない... 

とも思っているのですけれど...

それでも1948年イスラエル建国と同時に、自分達の土地から追い出されたまま、生まれ育った土地に足を踏み入れる事も許されないまま、また今年も外国の地でクリスマスを迎えるキリスト教徒パレスチナ人達からクリスマスの祝福の御挨拶などが届くと...

オナカにずっしり、胸にグッサリするものを禁じ得ないのでありまする...

そんな事を思いながら、便利になった時代、パレスチナ放送局が中継するベツレヘムのクリスマス礼拝行進のためのリハーサル風景をボーと観てすごしていました。

諸教会、諸地域、諸団体のボーイスカウト、ガールスカウトのバグパイプ、ドラムマーチが続々と続く中、午後3時のお祈りを知らせるアザーンがモスクから流れ始まると、リハーサルもぴたりと止み、アザーンに続くイマームのお祈りのスピーチがながれます...

こんな風にパレスチナでは、本当は千年以上もユダヤ教徒も、キリスト教徒もイスラム教徒も共に尊重協調しあって暮らしてきたのでした。 
ユダヤ教徒も、キリスト教徒もイスラム教徒もアラブ世界では迫害されたり、対立し続けてきた事等は実際にはなかったのでした。


金曜日はムスリム達が休み
土曜日はユダヤ教徒達が休み
日曜日はキリスト教徒達が休み
一週間代わる代わる週末をもって、商売は上手く運んで、夫々に補完協調して成り立っていた柔軟で、寛容な包括的な社会が長い歴史をとおして続いていたのでした。

国連パレスチナ分割と1948年のイスラエル建国時には、パレスチナ領域内のユダヤ教徒は33%、キリスト教徒は22%だったと云われています。
それが現在では、キリスト教徒人口は2%にまで落ち込みました。
イスラエル建国時の大追放以来、事実上今日までずっと続いているイスラエル軍事占領下の戦略的追い出し作戦の結果です。 

その結果、キリスト誕生の地パレスチナは、恰もキリスト教徒など存在しないイスラム教地域と思い込まれがちになり、事実イスラエルは『過激で暴力的なテロリスト ムスリムアラブ』だけがイスラエル人を『迫害』し続けている様な印象を吹聴し続けています。

エルサレムやベツレヘムへの聖地巡礼を続ける世界中のキリスト教徒達...
キリスト降誕の地パレスチナの人々の受難を見ても
一ミリたりとも動かない『良心』こそが
今も尚、あのキリストを十字架にはりつけたまま丘の上に立たせ続けているのだとは思いませんか...??


I love YOU
I am not saying it because it is Christmas
But because at Christmas we do not lie …


皆様、暖かい気持ちで、暖かい日々をお過ごしくださいませネ!


転載元: ドバイ ザ ワンダーランド

里親探し







今朝実家の姉から連絡がありました

キャバリアを拾ってきたから里親探し手伝って~って!

夕方会いに行ってきました

可愛い顔のキャバリア君です

どうも捨てられた子のようです

捨てられて、随分長い間一人でこのさむ空の中をさまよい続けていたようです

匂いも酷かったそうです

ストレスでホルモンバランスを崩し身体の毛がないトコがあります

甥っ子が見かねて今日病院へ連れて行きました

毛は治ってくると思いますとのこと・・・

皮膚病でなくてよかった



どなたか・・・この子の家族になってくれませんか???

性格はとてもおとなしいです

性別は男の子です
年齢不明

愛知県です


転載元: ***マクロでGO~***

巨大根




今日はクリスマスイブですね!! 

 でちょっと近くの農協に野菜の買い出しを頼まれました!! 

冬至のカボチャを頼まれましたが...ありません!! もうとっくに
売り切れデス。

 しかたがないのですこし野菜を買いました!! 

里芋が200円、菠薐草が110円、春菊が100円、葉付きニンジン100円
サツマイモ2本100円、水菜100円、そして大根130円です!!

みんな新鮮でとれたて、結構虫が食べてますので低農薬のようです。

 大きな大きな、大根が在りましたので買ってみました!!

大きな大根はスが入って美味しくないと聞きましたが...

ここのは大丈夫ですよ!! と言うので試しに買ってみました!!

 大きいですね!! 帰って量ってみましたら長さが63㎝太さが12㎝

重さはなんと6㎏も在ります!! 心配なので半分に切って見ました!!

正解です。みずみずしく芯までプリプリです!!

 これ、何にしょうかな!!とりあえず今日のお昼は短冊に切って

軽く塩揉みして塩昆布をまぶしレモン汁をかけて大根サラダにします!!

 牧師さんは クリスマスに 主夫もやってます!! 

爆!!  


下は美味しく新鮮な野菜が安く買えるJA兵庫六甲多田支店です。

営業時間は午前9時半から3時ですが早く行かないとなんにも残ってません!!

爆!! 

アドベントクランツ





アドベントクランツ

 明日はいよいよクリスマスイブですね!! 我が家でもクリスマスは簡単に
飾りつけお祝いをします!! 

 え!! 「教会だから当たり前だろう!!」ですか!! 

 いやいや歴史をひもとくとそう簡単ではありません!!

 有名なお話しですが英国の宗教改革を断行したオリバークロムウエルは聖書に
従う事に熱心な余りクリスマス禁止令を発布したことは多くの社会の教科書などに
取り上げられています。

 本当に聖書に忠実で熱心な信者さんのいる教会はクリスマスは祝わないのが当然なのです。

 何故かって!! それはクリスマスの歴史を学べは一目瞭然です。 

 そう、クリスマスは全てローマやヨーロッパの異教の風習その物だったからです。

 12月25日は初代教会当初はギリシャ世界を初めとする地中海世界に強大な勢力を
誇っていた太陽神ミトラの誕生日をお祝いするお祭りの日だったのです。

 さらにローマの農業神サターンの不道徳な祭りもその前後に盛大に祝われていました。

  キリスト教に入信したローマ帝国のコンスタンチヌス帝が313年にキリスト教
を公認しました。

 それまでは迫害される側だったキリスト教会は国家が後ろ楯になってくれたのを
良い事にして他の宗教を迫害しはじめたのです。

 単に迫害するだけではなくその敵対する宗教のお祭りまで横取りして、勢力拡大に
役立ててしまったのです。 

 この様にして、キリスト教が征服し、その内部に飲み込んできた異教徒のお祭りを
後からさもキリスト教のお祭りであるかのように偽装した物がクリスマスの正体なのです。

 だから本来のこの12月25日のクリスマスの風習は聖書やキリスト教徒は全く無縁で
世俗の他宗教のお祭りや風習その物だったのです。

 まあ難しい事はこれ位にして、興味ある方はこちらをご覧くださいね!! 爆!!  


表紙はこちら!!


さて、そんな事は全く意に介さない油食は毎年アドベントクランツを作って教会に
飾ります。爆!! 

  クランツなんて言う言葉は余り聞き慣れない方も多いかも知れません。

 何のことはないクランツはドイツ語で英語のリース(wreath)と同じ花輪と言う
意味です。家の教会はドイツのルッター派に属しますのでリースでは無くクランツと
言う次第です。 爆!!  

そして、この花輪は縦に飾ったり横に飾ったりします。横にするときは大抵上に
ローソクを4本立てます!!

クリスマスの季節は待降節(アドベント)といい4週間在りますので第一週に最初の
ローソクを立て第四週には4本のローソクを立てて点灯します。

 子供達はこのローソクが4本になって美味しい御馳走やプレゼントがもらえるのを
心待ちにするという事なのです。上手な演出と言うわけですね。

 これらも皆、キリスト教が支配する前の様々な国々の元々の異教の風習その物なん
ですよ!!

 プレゼントも、ローソクも、クリスマスツリーも、

 簡単に説明しておきましょう。

 プレゼント=農業神サターンの不道徳な淫らな祭りの売淫目当てのプレゼント。
 ローソク=ヨーロッパの蠟燭祭り、ゾロアスター教の拝火 
 クリスマスツリー=ドイツの土着もみの木祭りの装飾
 サンタクロース=100年前のコカコーラのセールスマンの赤白衣装
 まだまだ在りますがこれぐらいにしておきます。爆!! 


私がクランツのローソクに灯を燈しているとラブちゃんがソッポを向いて

しまいました。 ラブチャンはクランツさんには関心が無いようです。

おいラブちゃん!! 君はどうしてクランツさんに関心がないんだい!!

綺麗だと思わないかい!! 爆!! 

  _____∞⌒⌒∞
(/  // 6 6|\
(_____(_ _)*_●_)_)

あら!! そうかしら!! 只の蠟燭じゃない!!

そんな物ちっとも暖かくも無いし、それにチョッピリ明るくなるだけで
何の役にも立たないわ!!

 その蠟燭というのは美味しいイチゴケーキの上に燈して食べる前に
吹き消す物じゃない!!

ケーキがどこにも見当たらないわ!!  

がっかりさせるのもいい加減にして
ちょうだいよ!!

爆!! 

時給50円の30歳代男性、2時間放映TV181



「絶望と極貧」を余儀なくさせる国家は、滅びる。
テレビ181は、時給50円の30歳代男性他を2時間放映した。

1ヶ月働いても2万円にもならない。
身動きできない。
世の中の仕組みを考えるゆとりが無くなる。
目の前のことだけで精一杯。
同じ境遇は他にも50万人ほど居る。

北海道の両親は、貧困の夫婦喧嘩が絶えない。
田舎で働く場所がない。
金を工面してフェリーで大洗へ、金がないので歩いて東京へ。
餓死寸前の時、三人組の斡旋屋が近づいてきた。
身を任せるより他に選択の余地がない。
幸いに時給50円の住み込みの焼き鳥屋へ、 運良く焼き鳥屋に斡旋された。
焼き鳥屋は繁盛している、 客たちは談笑している 。
裏で働く時給50円の存在を、誰も知らない。


下部構造の創造的参加を得られない国家は滅びる。
一滴も出ない雑巾、
引きちぎれるまで納税者市民を収奪する国家は滅びる。

大都市へ流れ込む、仕事は無い、住む場所も無い。
ありそうに見えるだけだ。
空き家900万戸もあるというのに。
人間が都会にひしめいているというのに。
絶望的に意を決して、大都市での生存を求めて村を出る。


10万人当たりの自殺率は、秋田県が毎年一位だと云う。
自殺防止のチラシを配るテレビ映像が、今朝のニュースで流れた。
自殺まで追いつめられた人間は、チラシを見るゆとりが無かろう。
チラシより、アメリカのような食糧無料配布所を設けるべきだ。
寒さをしのぐ避寒センターや無料職業訓練所を設けるべきだ。

食糧を口にすれば排便を催す、便所で考えるゆとりが生まれよう。

普通なら、「思想」を持たずして人間のレベルで生きることはできない。
内面的な不名誉を克服する「思想」を、教えない國家は滅びる。
「思想」を持つ者を、自殺に追い込む国家の滅亡はなお早い。

目先真っ暗だ。

大都市一極集中は、自由や創造性に役立つわけではない。
田舎での大量失業と都市への大量移動を生むだけだ。

創造性は、無秩序の大きさ、楽しい奔放さ、
未知の計算から、リスクの中から生まれる。
一極集中の時代は終わった、分散化が大切だ。

血と汗の結晶である「円高」を、納税市民へ還元しない国家は滅びる。

昨今、80円台の円高が続いているが、電気・ガス・水道の値下げは無い。
30年ほど前には、固定相場から変動制へ360円から230円の円高で大狂乱していた。
この時も、納税市民への円高還元策は皆無だ。
衣食住電気ガス水道は、張り付いたまま変わらない。

農村や中小都市地域での仕事をする場所、幾百万の働く場所を、
働く機会を与えることが、重要では無いらしい、この国の政治家は。
「政治は結果責任だよ」豪語していたが、荒廃責任を取る者は誰も居ない。

下層社会には、
わずかな給料、非生産的な仕事でも、遊休よりはましだ。
完全であるよりも、適用範囲の広さが先決だ。

どんなに少なくとも、何らかの報酬をもたらすような仕事を、始めさせて欲しい。
少数の人が沢山生産するより、
すべての人がなにがしかの物を生産する方を優先させて欲しい。
農村地域や中小都市にたくさんの新しい働く場所をつくり出して欲しい。
分散化の時代だ。

下記は、1978年の円高騒動です。
貿易黒字を減らすのに、ヘリコプターやニッケルやウランなどを
アメリカから緊急輸入するが黒字減少に役立たない。
貿易黒字を減らさなければ、さらに円高となり、輸出が困難となるからと、
黒字減らしを叫ぶけれど妙案無し。
血と汗の結晶である円高効果を納税者市民の衣食住に還元すべきだが、
彼らの眼中に市民生活は無い。
「日経」筆者が、内需拡大を叫ぶのであれば、市民の体力増強に資する、
米牛肉の輸入拡大を説くべきだが、具体的主張は無い。
当時、1978年の日本の牛肉消費量は平均一人年間5kgs、アメリカ50kgs 、
比べてあまりにも少ない。
市民不在の政治に明け暮れた30年前、そして30年後の今日も、同じスタンスの見なれた風景が続く。

識者には予測されていた?「2008年IMF占領、財政史から見た日本破産。森木亮著」

▼(想起)
昭和52年度(1978)経常収支黒字、100億ドル予想が、140億ドルに増えそうだ、
と国を挙げて大騒ぎをしていた。

当時は、230円で円高騒ぎの大狂乱、黒字を減らさねば220円の更なる円高となる。

これ以上の円高を防ぎ、輸出産業に対する打撃を緩和するためにも、
黒字縮小は是非必要である、由にて、「輸入促進使節団」は、
ヘリコプター、医療器械、ジャガイモの皮むき器に至まで
総計19億ドル余の米国製品の輸入買い付けを行った。

国際収支対策閣僚会議は、
民間航空機の輸入促進、ニッケル、ウランなどの緊急輸入を決めた。

黒字縮小のため、53年度の輸出数量の伸びをゼロにすると云う方針も決めた。

たしかに、直接、輸入を増やし、輸出を抑えれば、
国際収支の黒字は解消しそうに見える。

だが、昭和46年(1971)、変動相場制以来、黒字不均衡が問題となるごとに、
緊急輸入や輸出税が対策として持ち出されるが、まだ成功した例はない

国内の需給のアンバランスを放置して、貿易だけをいじっても駄目だ。
無理に、特定商品を輸入したり、輸出を抑えたりすれば、国内経済に
デフレ圧力が加わり、他の商品の輸入が減って、
結局、国際収支の黒字は変わらない。

経済収支黒字は、供給に比べて、内需が小さすぎるからである。
昭和52年度(1977)の具体的な数字で云えば、
供給:7230億ドル
内需:7090億ドル
差し引き:140億ドルの黒字。

黒字を減らすためには、内需を増やす 他は無い。

政府は、大型予算を組み「公共投資需要」の拡大を図った
日本銀行は、公定歩合を引き下げて「設備投資需要」を刺激した。
これだけでは、吸収しきれず、大幅な国際収支黒字が残る。

もし、「減税」によって2兆円(80億ドル弱)の有効需要をつくり出していたならば、
経常収支黒字は、
7230億ドルー7170億ドル=60億ドル
で、政府の53年度目標を達成できていたはずである。

「内需拡大」だけが、有効な国際収支対策である。

内需不足=国際収支黒字
というマクロ経済学の原理を無視した「緊急輸入」や「輸出制限」は役に立たない。
(出典:大機小機、越渓。日経1978,3,23)


転載元: 地球市民点描・麻川黙雷







 写真を整理していると先月撮った菊の写真が出てきました!! 

 これラブチャンの散歩道のあるお宅に飾られている菊の花です。

 菊ってかなり難しいおはなですよね!! 

 一番は何と言っても土作り!! 腐葉土に肥料を適宜加え、ペーハも調整し、苗づくりから夏のこまめな水やりと遮光を調整して、花が咲く位置をうまく調整して漸くの事で綺麗な花が咲くのだと聞きました!!

 昔静岡に住んでいた頃毎年、お隣の一茶堂という老舗のお茶屋さんのご隠居さんが咲かせた見事な大輪の菊を一鉢いただいていました。

しかし、どう言うわけか我が家に来て私の管理下に入ると...

不思議不思議!! 上から下まで見事な緑であった葉っぱが下の方から徐々に枯れ始めます。

 でも、ご隠居さんの所にある菊はヤッパリ全く枯れていません!! 上から下まで綺麗な緑のまま花が咲き終えます。

 不思議でしたね!! ご隠居さんのやる事をようく見ていると、ヤッパリ水のやり方が違います。

 一つ一つ水やり具合が違うのですね!! どうしてそんな事がわかるのでしょうかね!! 不思議でしたね!! 

 さらに水その物がちょっと違いました!! 私は水道の蛇口から汲んだものですが、ご隠居さんは2~3日大きな瓶にいれて放置した水でした。 きっとカルキを抜き、さらに外気温になじませ、さらに瓶には炭の様な物に水草らしき物も浮いていました。

 菊の花の上には羅紗や庭木で適度に直射日光の当たり具合を調整してありました。 

 ヤッパリ植物でも動物でも、生き物を上手に育て上げるのは大変ですね!! 

 人間の子供が一番楽じゃないでしょうかね!! だって口がきけるのだから!! 爆!!  

 おいおい、ラブチャンどうしてそんなにつまらなそうな顔しているんだい!! 菊さんは綺麗じゃないか!! 

  _____∞⌒⌒∞
(/  // 6 6|\
(_____(_ _)*_●_)_)

 菊って確か食べられたわね!! これぜひ食べてみたいのだけど良いかしら!! 



 

溜まり石




溜まり石

 や!!今日もラブチャンと散歩で珍しい物を見かけました!!

 溜まり石です!! 石が窪んでいてそこに水が溜まる石の事です。

 水石と言う趣味の世界の言葉で、始めて聞かれる方も多いのではないかと思います。

 大抵の溜まり石は手のひらに乗るぐらいの大きさの石を言いますが、これは巨大です。

 多分1トン近くあると思います。

 これだけ大きな溜まり石は大変珍しいですよ!! 
 
 この石の在るお屋敷もかなりの豪邸でお玄関の飾り石にしておられるようです。

 今日は珍しい巨大な溜まり石のご紹介でした。  

ビーフカレー




明日は教会のクリスマスです!!

 昔は太陽暦ではなく太陰暦でしたから今とは暦(こよみ)の日の数え方が違ったのです。
 
 と言う事で、明日のお祝いのお昼のメニューの食材を調達する為に出かけました。

 行き先は以前ご紹介した行列の出来るお肉屋さんです!!

以前の記事はこちらです。

なぜクリスマスにお肉かって!! 爆!! 

お食事会のメニューのリクエストのダントツがビーフカレーだったからです。

簡単でしょう!! 爆!! 

さて、とういう次第で今は教会中は美味しいビーフカレーの臭いでいっぱいです!!

でも、ラブチャンはこのお買い物あんまり気に入らない様です!!

どうしてかって!! それはラブチャンは大きくて黒い和牛さんが苦手なのです。

実は家内の実家は長野の牧場!! そこで始めてみた巨大な牛さんに恐れをなして

腰が抜けるほど驚いて、それ以来ラブチャンは牛さんが苦手なのです!!

行列してお肉を買っている間に、当たりをお散歩しているとヤッパリ

大きな牛さんに出くわしました!! 爆!! !!

おいラブちゃん!! これが君が大好きな茶色いお肉の元なんだよ!!

  _____∞⌒⌒∞
(/  // 6 6|\
(_____(_ _)*_●_)_)

私はそんなお話信じられないわ!! こんな大きな黒い山のような生き物を

食べるなんて私にはとっても出来ないわ!! ダッテ私の方が食べられて

しまいそうで恐いの!! 速くお散歩は止めにしてお家に帰りましょう!!

爆!! 

下は本店付近のヤフー地図です!!

ミルトスの実



以前ご紹介したミルトスの実が熟れました!!

真っ黒でまるで干し葡萄のようになっています。 

甘くて美味しそうに見えたので早速お口に放り込んでみました!!

 ゲー!! 苦い!! これはズッゴイお味です!! 

とてもいただけません!! 爆!! 

ラブちゃんこれは駄目だよ!!お水!! お水!! 

 ヤッパリこれは薬ですね!! 

  _____∞⌒⌒∞
(/  // 6 6|\
(_____(_ _)*_●_)_)

あんた!! 変な物を食べるときは必ずしっかりと臭いをかいで!!

それから食べて良い物か悪い物かを判断するのよ!! 一手間抜くから

そんなひどい目にあうのよ!! こんどまたお腹を壊しても私はもう、

面倒みてあ揚げないわよ!! 爆!! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前ご紹介したミルトスの記事はこちらです!!  


屋久杉




 これなんだかお分かりでしょうか!! 

 実は屋久杉の置物です!! ご近所におられる元宮大工のIさんから頂きました!!

何でも樹齢2000年の屋久杉の置物の切れっ端だそうです。

勿論今は屋久杉は屋久島から持ち出す事は法律で禁止されて出来ません。

これは元屋久島の島民の方が50年ほど前に大阪に移住されたときに

持ち出された物だそうです。

2000年と言うと丁度最初のキリストがユダヤのベツレヘムに降誕された当時からの物です。

おそらく私が持っている物で一番の年代物だと思います。

勿論、水石が趣味の私ですから石はそれ以上の年代ものですがあくまでも無機質な鉱物です。

有機物ではダントツの屋久杉の切り株ですから早速家宝にでもする事しようかと思います。爆!! 

他に宝になるような物はありませんので!!

おいラブチャンどうだね我が家の新しい家宝は!! 良い香りだろう!!

  _____∞⌒⌒∞
(/  // 6 6|\
(_____(_ _)*_●_)_)

あんた随分と暇そうね!! こんな木っ端を大事にしまい込んで!!

これ只の木の脂の臭いよ!! 全然いい匂いじゃ無くってよ!!

だって食べれるような臭いじゃ無いもの!! 家宝なんかどうでも良いわ!!

だいたいね果報なんて言う物は私の様に寝て待つのが一番なのよ!! 爆!! 

ラブちゃんの特等席






ラブちゃんの特等席

 ラブちゃんはひとりぼっちが大嫌いな様です。

 最近はペットの分離不安症というのが流行っているようですがまあその 一歩か二歩手前なのでしょう!! 

 私が行く所には大抵金魚の糞のようにしてついて来たがります。

  大変おとなしい犬で一度として暴れたこともなく、粗相も全くしないお利口さんです!! 

 私がクルマを運転していると大抵こんな風にして覗き込んでいます!! 

 このままほおって置くと後ろを眺めたり左右を見つめていますがやがてぐっすりと寝込んでしまいます。 

  所用を終えて帰宅すると冬季は必ずストーブさんの前に陣取ってたちまち爆睡!! 

 5分もしないうちにすさまじい鼾が聞こえてきます。 

 今日は何処へ行くにも付いて来たがるラブちゃんの特等席のご紹介でした!! 

最後の写真は暑い夏の日のラブチャンの寝相です!! 

予防原則について

☟ は、クライメートゲート騒動の 続続編です。
(抄略転載)

予防原則がもたらしたもの

                        2007  中部大学教授 武田邦彦氏

はじめに

 現代の日本の環境問題( リサイクル、ダイオキシン、環境ホルモン、温暖化など )のほとんど
幻想であることの原因の一つが、予防原則の存在であり、予防原則自体が 環境破壊の
原因となる可能性があり、また 日本の誠実な文化を 根底から崩壊させる可能性も含んでいる。
予防原則とは どういうものなのか、 それは 何をもたらしてきたのか、現状から簡単に
振り返りたい。


1. 予防原則の成立

 予防原則( Precautionary principle )は、1992年にリオデジャネイロで宣言された
いわゆる リオ宣言第15原則 に端を発する。 その内容は、
「 重大な 或いは 不可逆的な損害の恐れがあるときには、完全な科学的確実性に欠けている
ことが、環境悪化を防ぐための 費用効果的な対策を 延期するための理由として用いられて
はならない 」というものである。

この予防原則に補完するものに「 代替原則 」(より有害性の低い代替物質への代替を検討
する)や「 未然防止 」(因果関係が科学的に証明されるリスクに関して、被害を避けるため
に未然に規制を行うこと)などの用語がある。

予防原則は、その定義から明らかなように 科学的根拠が薄弱であり、従って 誤りの頻度が
高いと予想されるので、すでに 2000年2月には EUで 予防原則のガイドラインが検討
されている。 それは、

 1) 釣り合いが 取れていること
 2) 不公平な取り扱いをしないこと
 3) 首尾一貫性
 4) 対策の有無による 便益と費用の検討
 5) 科学的知見の発展についての検討

である。 つまり、予防原則を盾に 何でも規制強化を言うのは誤りであり、リスク・代替リスク
・便益・コストなど、様々な側面を吟味し、適切な管理をすべきであるとの内容を含んでいる。

日本では、「 学問の自由 」などのように 輸入された概念と同様に、予防原則だけが無批判に
取り入れられたために、EUのガイドラインに相当するものはなく、かつその概念も無い。


2. 予防原則の実施

 予防原則の普及 と 実質的な環境問題の終焉の時期が 1990年付近と同一になったことが
問題ではあったが、ともかく 歴史的には 1990年頃から予防原則に基づく「 環境破壊
の予防的規制 」が盛んに行われるようになった。

日本における ほぼ第1号と考えられるのは 「リサイクル」で、このまま進むと 8年後には
廃棄物貯蔵庫が満杯になる との予想から、予防的な措置としてリサイクルが始まった。

第2号は ダイオキシンであったが、日本には 一人の患者も発生していなかったが、体内蓄積
などによって ほぼ20年後に ガンが多発すると予想されて、予防的な措置を講ずるための法律
が整備された。

第3号は 一時的な規制に留まったが,オスがメスになるなどの影響があると考えられた環境
ホルモン『内分泌攪乱物質』で、次世代への影響 つまり30年後ぐらい将来の為に予防的な
規制の必要性が強調された。 
もともと科学的現象である環境ホルモンという名称自体が、マスメディアによってつけられた
ことは、予防原則が 「科学的根拠薄弱」ということを示している。  従って、データの一部に
強い疑念が示され(例えば男子精子数の減少など)、現在では ほとんど問題にはされていない。

そして 4番目に、100年後の気温上昇を予防的に低減するために CO2の削減が実施
されようとしている。 気温上昇による現実的な環境破壊は、現在、一部に見られるものの、
世界全体で対策を講じるとか、人類の文化が滅びるというような大がかりなものではない。
しかし、予防原則に沿って 100年後の環境破壊に備えようとする動きが見られる。


 予防原則は「 科学的根拠が薄弱で、真に環境破壊が来るかどうかは不明である 」というのが
前提であるが、このような予想された環境破壊は、それが社会問題になると、あたかも科学的
根拠があるように報道され、認識されるということになった。

事実、家庭ゴミの体積の過半を占めるプラスチック類のリサイクルは、現実に 1から2%
しかされていなかったが、それでも 廃棄物貯蔵所が逼迫するという事態を招かなかった。
また ダイオキシンでは 患者は相変わらず 0であり、将来も出ないと予想されている。


3. 予防原則と誤報

 日本における予防的環境破壊については、NHKを中心として誤報が相次いだ。
予防原則の適用とマスメディアの誤報は 論理的にも対になっていて、このような事態を招いた
のは 予防原則についての 社会の未成熟を示している。

すなわち、予防原則は、まだ環境破壊が具体的におこらず、科学的根拠も薄弱なので、映像など
で その事実を示すことは不可能である。 それにもかかわらず 営利を目的としていないNHK
でも映像を流したい為に 誤報が相次いだ。

例えば ダイオキシンでは 患者が発生していないので、患者の映像は撮影できないのであるが、
ベトちゃんドクちゃん報道に見られるように 興味本位の誤報が繰り返された。
また 環境ホルモンでは 「 相模湾で 一週間、探し続け、最後の日に 一匹の奇形を見つけた
にもかかわらず、放送では その奇形魚の映像を 最初に放映するという手段 」が使われた。

さらに、温暖化では 「100年後の映像」を撮影する必要があるので、IPCCが「 南極の
氷は変化していない。 また将来、温暖化すると増加する 」と報告しているにもかかわらず、
IPCCの報告を報道する目的の番組で、NHKは 南極の氷が融けている場所だけを放映した。
また 南太平洋のツバル、北極海のクマなどについても、次々と誤報を繰り返した。

さらに NHKは 2008年に行われた洞爺湖サミットの前に 集中的に温暖化放送を行い、
主として 国立研究所の専門家を登場させて、温暖化に対する科学的批判を封じる という
手段もとった。

 予防原則による環境規制では
あくまで予防的であり かつ科学的証明が不完全なのだから、それを前提に他種類の見解
を報道するなどの必要があるが、歴史的事実は 全く考慮されないということであった。

また 温暖化に関する国際政治の動き、例えば 京都会議、京都議定書、バード・ヘーゲル決議、
ベルリン・マンデートなどの主要なものに対して、表面的な報道に終始したのも、予防原則と
会議内容との乖離を 十分に説明し得なかったことに原因の一つがあると考えられる。


4. 予防原則の評価

 環境関係のことについては、初期段階では 水俣病などのように現実に被害がでていたこと
から、「環境保全」に対する批判は 時に社会的に糾弾され、言論や表現、および学問の自由
自体が攻撃の的になることもあった。

この風潮は 被害者のいない予防原則時代にも延長され、私自身も リサイクルが成立しにくい
という学術発表を高分子学会で行った際、会場から「 売国奴! 」と呼ばれた経験がある。
現実に被害者が出ているときには、社会的には その批判は 慎重を要するが、予防原則下の
規制においても 同様の傾向が見られることは、主として 利害関係者の悪のりであり、健全な
学術的進歩を妨げると考えられる。

 また、1990年以後の予防原則が適応された規制には 二つの特徴がある。
一つは、予想される時間が、8年(リサイクル)、20年(ダイオキシン)、30年『環境ホルモン』、
そして 温暖化では 100年と 徐々に将来にわたるようになり、かつ100年という
検証不能な時間が設定されるに至っている。
仮に 100年後に破壊が予想される場合、その規制を 明日から行う為には 予防原則のように
「科学的に証明されていないもの」では 不十分で、新しい概念が必要であると考えられる

さらに第二の特徴としては、これまでの予防原則は ほぼ全部が間違っていたということだ。
リサイクルは ほとんどされていなかったが、環境は破壊されていない。 従って、予想が現実に
ならないときに、その溝を埋めるために 「ウソの報告」がなされる。
例えば リサイクルでは 「回収率」を「リサイクル率」と表示したり、焼却を「サーマル・
リサイクル」と読んだり、さらには 環境大臣が示したリサイクル品が、新品だったこと、
大々的な紙のリサイクル偽装が発覚したなど、枚挙にいとまがない。

これらのことから、日本の環境問題は、予防原則は その概念の正しさにもかかわらず、結果的
には 日本の環境を破壊するのに貢献したと評価することができる。


5. 重要問題と微細問題
予防的措置は、その結果が どのようになるかがわからないので、それに基づく規制とその
効果がわかりにくい。 その結果、政府をあげて進めてきたCO2の規制にもかかわらず、まったく
規制の効果がでないという奇妙なことになっている。

また、エネルギー危機、食糧危機、食糧安全問題、原油価格高騰問題、世界金融の崩壊など
巨大な重要問題が進行している中で、レジ袋の追放による 最大でも 1万分の1の削減(学問
的には間違い)などの運動が行われるなど、物事の軽重を理解していないし、また平衡感覚
を失った政策も見られる。

これらも,「予想」という不確実なことで 人の心を心理的に不安にする問題を、大きな社会全体
で進める場合の困難さを示していると考えられる。

例えば、世界的に見て 日本のCO2排出量は4.5%にしか過ぎず、日本はGDP1万ドルに
対して 原油換算エネルギーは 95トンに過ぎず、アメリカの1/3以下である。 従って、
学問的には 日本におけるCO2の削減は 世界の気温に まったく影響を与えない。

仮に、温暖化によって 日本の環境が破壊されるなら、気温の上昇に関する対策を講じる必要が
ある。 また、気温の上昇に関する環境破壊についても、海水面の上昇などの「ウソ」と、
コメの不作などの「 対策を講じないことを前提とした破壊 」が問題になるなど、予想に
よって 思考の幼児化が進むという特徴もある。

予想にもとづく 環境破壊に どのように対処するのか、さらに深い研究を要するだろう。


・・・・
                               以上  
               
                          


転載元: 混沌の時代のなかで、真実の光を求めて

冬のキノコ




冬のキノコ

 ラブチャンと落ち葉の絨毯が敷きつめられた散歩道を進んでいくと!! 


や!! 今頃キノコがのこのこと生えて来ています!!

 冬のキノコですね!! 冬にキノコが生えるなんて聞いた事がありません!!

 今年は相当の異常気象なのですね!!

 春先の花に全く蜜が噴かず、蜜蜂が消えてしまい、そして夏には山のようなキノコが生え、そうして秋には殆どキノコが見られず、今頃になってキノコが生え出しました!!

どうやらカレバキツネタケ(キシメジ科、キツネタケ属)の様です。

カレバキツネタケ
キシメジ科
Laccaria vinaceoavellanea

食毒:食
発生時期:夏~秋
発生場所:林内
傘:中央は窪む、放射状の条線有
傘の下面:ヒダ、直生~垂生、疎
柄:中実、条線有
http://www.pref.ishikawa.jp/ringyo/kinoko/data/karebakitunetake.htm

一応食用キノコの様ですが、ヤッパリ食べる勇気はありません!! それに少しですからとてもではないが料理する気には成りません!! 

 一年間も続いた天候不順ですがそろそろ終わって来れないと来春の生態系の食物連鎖が切れてしまい世界大の大飢饉でも来るのではと言う不安になります。 

 そう言えば2~3日前に近くの田圃で蛇が出てきたと言うお話しも聞きました!! 

 おいラブちゃん!! キノコさんはどうして今頃のこのこ出てきたのか得意のお鼻で調べてくれないかい!! 

  _____∞⌒⌒∞
(/  // 6 6|\
(_____(_ _)*_●_)_)

 だめよ!! だってキノコさんは耳もお口もお鼻も無いもの!! 

 お話しにならないわ!! 爆!!  

 

豪邸




ラブちゃんの散歩道で大きなお家の工事をしていました!!

まもなく完成しそうです!! 敷地は150坪位で建坪は100坪位、

延べ床面積は150坪(約500㎡)位です。

70坪のお家二軒分の土地ですね!!このあたり坪30万位です。

土地代が5千諭吉さんに

建物が坪単価50諭吉さんとして7000諭吉さん、

家具調度備品等が3000諭吉さんと言った所でしょうか。

総額は1億5千諭吉さんぐらいでしょうね!!

施工業者はパナホームとなっていました!! こんな不景気の時代にも諭吉さんが

団体で出入りされているお宅もあるのですね!!

最後の写真は玄関脇の階段に設置されたLED付きのステップです。

 これ良いですね真っ暗でも階段を踏み外す心配がないのですから!! 

 おいラブチャン君はこんな豪邸に住んでみたいと思わないかね!!

  _____∞⌒⌒∞
(/  // 6 6|\
(_____(_ _)*_●_)_)


  広いお家って素敵ね!! でもヤッパリ器も大切だけれど中身よ!!

 どんな大きな犬小屋寄りも、

その犬小屋の中に「どんな犬が住むのか、そしてどれだけ仲良く

暮らせるか?」と言う事が大切じゃないかしら!! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 さすがラブチャン!! 君には大切な事がよくわかっているね!! 爆!! 

お餅つき











お餅つき

 今日はドラゴンランドでボランテイアをして下さる方々の慰労をかねてNPOの
「環境にやさしい街づくり推進会」でお餅つきを行いました。
 http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f8/7a/semidalion/folder/750590/img_750590_42431550_0?1260607842
写真・1 (写真をクリックすると拡大されます。)
 羽釜に水をいっぱいいれ、セイロに一晩水に浸したもち米をいれて薪を燃やして
蒸しあげます。 かわいそうなのはラブチャン!! 出番が無くて腐っています。
 http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f8/7a/semidalion/folder/750590/img_750590_42431550_1?1260607842
写真・2
 蒸し上がるとお湯で温めておいた石臼に移し入れ、杵で小突いて練り上げ、
さあペッタンコ!! お餅つきです。 会長さんなかなかお元気ですね!! 
85才ですよ!! 参加者の中でヤッパリ最高齢です。
 http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f8/7a/semidalion/folder/750590/img_750590_42431550_2?1260607842
写真・3
  参加者の最若年は0才とそのお姉ちゃん!! 始めてのお餅つきでしたが上手につけました!! 
  http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f8/7a/semidalion/folder/750590/img_750590_42431550_3?1260607842
写真・4
世の中や鳴く虫にさえ上手下手!! (一茶) 爆!! どうしたのでしょうかね!!
 臼の方向と杵の向いている方向が少しずれていますね!! 介錯する人もつき手の
側で寄り添うのが一番安全なのですがね!! 爆!! 
 http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f8/7a/semidalion/folder/750590/img_750590_42431550_4?1260607842
写真・5  
 つき上がると、餅取り粉を薄く蒔いたテーブルに運び、ちぎり分けです。 
 http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f8/7a/semidalion/folder/750590/img_750590_42431550_5?1260607842
写真・6 
 ちぎり分けられたお餅を女衆で手早く形を整えます。見ていると皆様手際が良い
ですね!! あっと言う間に大きさも形も整ったお餅がささっと仕上がります。
ヤッパリ凄いですね!!熟年パワー!! 圧倒されます!! 
 http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f8/7a/semidalion/folder/750590/img_750590_42431550_6?1260607842
写真・7
 どこの世界にも要領の良い人間って居るものですよ!!写真を撮る振りをして
手を出して、撮ったお餅をアーンパックンと食べている人が約1名程います!! 
 http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f8/7a/semidalion/folder/750590/img_750590_42431550_7?1260607842
写真・8 
 ふと周囲を見ると、いやいや他にもいますね!! 手もお口も早い人!! 爆!!
 でもね!! ここにはシャッターを押す寸前までおいしそうにお善哉をたべている
4~5名の若い女性がいたように思うのですが!! シャッターが切れる瞬間には
大半が消えていますね!! 一体何処へ消えたのでしょうかね!! 爆!!
 http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f8/7a/semidalion/folder/750590/img_750590_42431550_8?1260607842
写真・9      
  女衆の手際良さに次から次へとつきあがる臼もあっと言う間に整っていきます。
あんころ餅、紫蘇餅、青海苔餅、大根卸餅、お汁粉、お善哉(関西は潰し餡)....
 http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/f8/7a/semidalion/folder/750590/img_750590_42431550_9?1260607842
写真・10
 ヤッパリつきたてのおもちって最高ですよね!! 爆!! 最後の写真は今回の
お餅つきの総責任者のFさんです。 大任を果たし終えられて、満足(腹?)
しておられる写真です。

 かわいそうに最後まで出番の無かったラブちゃんは車のリャーウインドウから
じっと皆が美味しそうにお餅を食べているのを恨めしそうに見ているだけ!! 

  でもご安心下さい。 

 お餅を上手について臼から飛び出した分は皆ラブチャンが綺麗に片づけて
くれました!! めでたしめでたし!! 爆!!     

モミジカー



フロントに 錦織りなす もみじかな (油食)

今日もラブちゃんと散歩しているとご近所のお宅の玄関に止めてある車に

紅葉したもみじの葉っぱがいっぱい落ちてました。

洗車して乗ろうか、それともこのまま走ろうか!! 迷うところでしょうね!!

そんな事を思いながらのお散歩でした。

オイラブちゃん!! 君ならどうする!!

  _____∞⌒⌒∞
(/  // 6 6|\
(_____(_ _)*_●_)_)

もみじして 落ち葉織りなす 悩みかな (ラブちゃん) 爆!! 

土方のボランテイア!!







今日は1時間だけですがドラゴンランドで土方のボランティアをしてきました。

以前ご紹介したセセラギの鯉の産卵場の水量確保工事です。

1月ほど前の小出水で土塁が流出して鯉さんの産卵場の水位が低下していたのです。

杭を打ち、板を横にしてその裏に土砂を注ぎ込みます。

私の仕事は一輪車に土砂をいれてそれをセセラギに渡した橋を越えて運んでくる仕事です。

一輪車にいっぱい土砂を積み込みました!!

  土って大体比重が5~6在ります。

普通のヒラスコ(平たいスコップ)に山盛りでだいたい15㎏位在ります。

10回ぐらい入れますので一輪車の重さは160~70㎏近くなります。

一台のアップライトビアノが大体200㎏ですからそれよりも少し軽く、

 大体中型バイクと同じぐらいの重さですね。

15~6回運んで時間切れとなりました!!でも 3トン近く運んだ事になります。

今日は良い汗流しました!! 爆!! 

最後の写真は以前の雨の日の作業で植えた蕎麦です。 

今丁度花が綺麗に咲いています。赤い蕎麦とそして白い蕎麦です。

ハヤブサ(隼) Suzuki Hayabusa 1300 (GSX1300R)



 ラブちゃんと夕方のお散歩をしていると後ろから白いオートバイに追い抜かれました!! 良いエンジン音ですね!! や左折して目の前に止まってくれました!! 

早速ラブチャンが検証に臭い嗅です!! くんくん!!爆!!  これは!犬の食べれる物ではないわ!!ふん!! つまらない!! 

 此のモデルは確か輸出用で国内では販売されていません!! きっと逆輸入したのでしょう!! 

最高時速は312㎞で当時ギネス記録でした!! 確かお値段も良かったですよ!! 下手な車より高級車ですね!! 爆!!  

以下は公式サイトと簡単な諸元です。 

 
http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/moto/supersport/hayabusa1300/99999-A0021-1L1.pdf
ギネス・ワールド・レコーズに登録されていた(312km/h)。
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー スズキ株式会社
製造期間 1999年 -2007年
車体型式 タイプ アルティメットスポーツ(メガスポーツ・ハイスピードツアラー) フレーム ダイヤモンド
エンジン 1299cc 水冷4ストロークDOHC直列4気筒
燃料供給装置 燃料噴射装置
最高出力 175ps/9,800rpm
最大トルク 14.1kg-m/7,000rpm
最高速度 312km/h
変速機 常時噛合式6段リターン
駆動方式 チェーンドライブ
サスペンション 前: テレスコピック式 後: スイング・アーム式
ブレーキ 前: 油圧式ダブルディスク  後: 油圧式ディスク
全長x全幅x全高 2140mm x 740mm x 1155mm
最低地上高 120mm
シート高 805mm
ホイールベース 1485mm
車両重量 kg
乾燥重量 217kg
乗車定員 2人
燃料タンク容量 21L
燃費 km/l
本体価格
同クラスの車 ホンダ・CBR1100XXスーパーブラックバード
カワサキ・ZZR1400

脱輪、速度違反、追突大事故






脱輪、速度違反、追突大事故 

 最近良く車を使いますが、今朝もいろいろ見かけました!! 上の写真を説明します。

 最初は脱輪です!! 二車線道の側溝に1トントラックが後輪を落としていました!! 

 ロードサービスで解決するのでしょう!! 携帯で連絡していました!! 

 少し行って幹線道に出ると対向車線でスピード違反で検挙です。 二番めの写真です。上り坂で制限50㎞のところですがご婦人が運転手の様です!! 後ろを見ないで運転していたのでしょうパトカーでした。

 対向車線はかなりきつい登りです。いったい何㎞だしていたのでしょうか!! 最近の日本の車は昔に比べると超高性能ですからきつい登りでも結構速度が出る上に道が広いとスピード感が無いので要注意です。

 そしてさらに進んで中国縦貫道を横切ろうとすると宝塚方面の右手も吹田方面の左手も車線制限です。や!!ここは朝のニュースに言っていた渋滞最後尾で停止していた大型トラックに大型が追突して死亡事故が起きたと言う場所です!! 残りの写真です。

 1時間程前のラジオのニュースでは登り線通行止めでしたが事故処理が終わって今は現場検証なのか一車線だけの通行規制の様です。

 このあたりでは、昔は渋滞だらけで全く不便極まりなかった車です。最近は道路網が整備されて何処へいくにも便利であっと言うまに移動出来るようになりました。 

  便利な車ですがやはりリスクは大きいものです。安全運転、そして頻発する事故やトラブルから身を守る為に心引き締まる思いのした一日でした!! 

 以下は上から順に今日見かけたトラブルの現場ヤフー地図です!! 





覆面パト



今日、所要で伊丹空港の近くを通りました!!

や!! 覆面パトです!!

水色のスポーティな車ですね!! これでは余程気をつけて運転していてもパトカーとは分かりません!!

まあ、速度違反で捕まるのはお気の毒ですが致し方ありません!!

捕まった車の運転手さんとかなり言い合いが続いているようです。

きっと点数が少なく、その上に違反も相当大きいのでしょう!!

この前後は主要幹線道で自動車専用道のうえ制限速度があたりは上限の60㎞です。

しかし、捕まっている箇所はインターチエンジのランプ部分で

制限速度が40㎞になっています。

直前まで大抵の車は80㎞で走っていますからその道の

制限速度が40㎞に成ったとたんに検挙されたら

大抵は40㎞オーバーで一発免停になります。

運転を業としている方では生活が成り立ちません。

う~ん!! 大変ですね!!

余分ですがここは大阪中央環状線と中国縦貫道の池田インターと阪神高速池田線の乗換部分です。

このあたりは覆面パトがウジャウジャいます。

黒塗りのクラウンに真っ白なクラウン、赤いスカイライン、シルバーメタリックのセダンに、この水色の車です。

それに白バイも結構大型の後ろから突然顕れてサイレンを鳴らし違反車両の検挙に明け暮れています。

また、このあたり道路に交差する信号待ちの狭い道路の車の先頭には陰で見えないようにしていつも白バイやパトカーが信号違反車両の摘発に虎視眈々として待機しています。

私も、このあたりでは細心の注意を払って交通ルール違反の(蜜から?)無いように八方に注意を配っています。

みなさん!! 道路交通法規を守ってくれぐれも安全運転をしてくださいね!!

以下はこの場所のヤフー地図です。

有馬温泉の歴史





今日は所用があって有馬温泉に行ってきました!!

良いですね有馬は!! 爆!! 我が家からくねくねとした細い山道を通って30分余りです!! でも私は用事を済ませた後はラブチャンのお守りですよ!!

有馬へ行くと言うと急に同乗者が約1名増えました!! 私が所用を済ませている間に「温泉に行って来てもいいかしら!!」という魂胆の様です!!

お風呂の大好きなラブちゃんですが、残念な事にラブちゃんが入湯できる施設は一軒も無いようです!!

しかたなしに行基さんの銅像の前でラブちゃんの記念写真です!! 爆!! 

何でも日本で一番古い温泉の一つだそうで、太閤秀吉さんも足しげく大坂城や伏見城から通ったそうです。

今日はとりあえず有馬温泉の観光案内マップのご紹介です!!

その他の施設や源泉などは追ってご紹介しますね!!

乞う!!ご期待!! 爆!! 

写真の説明!! (クリックいただくと拡大表示されます)

最初の写真は有馬の紅葉とラブちゃん!!

次の写真は行基さんの銅像とラブちゃんのツーショット!!

三番めの写真は有馬温泉の歴史を書いたプレート!!

最期の写真は有馬温泉の観光地図!!

下のヤフー地図は行基さんの銅像の在る場所です!! 


 我が家は此の地図の-を八回クリックして表示される川西市の市の字のど真ん中です。 直線距離ではたったの14㎞ですが実際には20㎞ぐらい在ります。

厳粛な死生





厳粛な死生
  
今朝ラブチャンの散歩をしていると、や!! 

ピーポー ピーポーが追い抜いて行きました!! 

 暫く行くと先程の救急車が止まっています。 近くの老人福祉施設ですね!!

 朝に救急車を呼ぶと言うのは大抵循環器系の病気とききます。

冬の老人施設ですから心筋梗塞や脳血栓などが多いのでしょうね!!
 
 施設のスタッフが出迎えて足早に救急隊員が施設の中に消えていきました!!

 ラブチャンの散歩を終えて自宅に戻り、部屋の窓の向こうを見ると、丁度先程みかけた救急車がサイレンも鳴らさずに静に消防署の方に帰っていきました!! 最期の写真です。 

 や!! 駄目だったのですね!! 

 救急車は生きている人しか乗せてはくれません。

長く牧師をしていると自宅で突然倒れられた方のお宅にお邪魔する機会が幾度かありました。

しかし、死亡が確認されると病院には搬送してもらえず、救急車はそのまま帰ってしまいます。そしてそのあと医師によって警察の検死が行われます。 

 昔はお年寄りは大抵家族の見守る中で臨終を迎え、そのあと身内の女衆が遺体を処置し自宅で葬儀を執り行って野辺の送りとなたものでした。 

 今はすっかり人間の死が病院や施設の中に収容されて、私たちの視角から遠ざかって行ってしまいました。

 私の祖父までは皆自宅で最期を迎えたものでした。そして私の出産の時も、自宅にお産婆さんを呼んで家族で新しい家族を迎えるのが普通でした。 

 今は、人の生と死がすっかり私たちの目から遠ざかり、医師の管理下に置かれ、その尊厳が失われてしまった様に思います。

 一昔前まで日本人は人間の命には始まりと終わりがあり、自らの命のなんたるかを思い、また家族の太い絆をしっかりと握って生きていたように思うのです。

 しかし、最近はその事がすっかり忘れられているのではないでしょうか?

愛する家族の生と死が視界から隠されて、命の尊厳を思い見ることなく子供達が成長しそのまま大人に育ってしまっているのではないでしょうか。

 その結果、そこかしこに人の命を軽々しく扱う風潮がはびこってしまったように思えるのです。 

 今日はラブちゃんの散歩途中で見かけた救急車の戻るありさまを見て思わされた「厳粛な人の死生」について思った事のご紹介でした。 

セルフスタンドオープン



セルフスタンドオープン

我が家のお隣...といっても100m程東ですが...セルフのガソリンスタンドが昨日オープンしました!!

以前からここはご近所の方が経営しておられたガソリンスタンドがありました。

しかし、2年程前に近くに出来たセルフの格安スタンドにすっかり客を奪われて店じまいに追い込まれていたのです。

この場所は4車線と2車線道の交差点で好立地です。

小規模な個人経営でしたから仕入れが高くなってしまい、安売りのセルフのスタンドに対抗出来ずあっさりと廃業してしまったのです。

同系列の他社が跡地を買い取って全施設を更新してセルフのガソリンスタンドとして昨日開店しました。

昔はガソリンスタンドが潰れるなんて考えられないことでしたが今は熾烈な過当競争で世知辛い時代なのですね!!

会員になると平日で1リッター119円でこのあたりで一番の安値です。

早速会員登録してきました!!

灯油も18リッター1136円位でやはりこのあたりで一番の安値です。

近いし安いので助かりますが、これでまた何処か他のガソリンスタンドが閉店に追い込まれるのは確実です。

本当に厳しい時代ですね!!

いちゃもん!


いちゃもん!

 最近変な事が多いですね!! 

 今日ラブチャンの散歩をしているときに、ご近所のおばさんの話しを聞きました!! 

 車を運転していて信号で止まったのでお顔の体操をいていると、突然隣の車のオッサンが降りてきておばさんの車のタイヤを思いっきり蹴飛ばしたそうです。 

 どうやら、お顔の体操をしていた口の動きをみて馬鹿にされたと思ったようです。

 実は私も3月程前にいやな経験をしました。 

 交差点で左折する為に事前に左レーンに車線変更をしようとすると執拗に意地悪をされました。 アクセルを踏み込んでさっと入った所その車は追い越し車線で後ろから追ってきて、信号待ちで止まったときに左の窓を開けて運転席と反対側に身を乗り出してボデイに痰をベチャと吐きつけられました!! 

 勿論、窓はしまっていますので後で洗い流しお終いです。 

 上記の写真は前を走っていた車が信号待ちをしていると隣のトラックの運チャンが降りてきて何やらいちゃもんをつけているところです。 長い信号待ちでしたが信号が青になるとしかたなしたに戻って運転席に戻っていきました!! 

 余分ですが左の車はこの直後左折してH大学の構内に入っていきました!! 運転手さんはどうやらこちらの大学の教授さんのようでした。 

 経済が疲弊して仕事で車を運転している方々にもしわ寄せがきているのでしょうね!! 
 ギリギリの生活の中で車を運転しているとゆとりが無くなりギスギスして、些細なことが引き金になってとんでもない行動に走っているのだと思います。

 みなさまもお車の運転などくれぐれもご用心召されますよう!! 
プロフィール

油食林間

Author:油食林間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR