FC2ブログ

深井戸


 
 ラブちゃんとお散歩していると何か凄い機械が運ばれてきました。 ボーリングマシンですね!!
  隣にはクレーンが止まっています。

 
 一体何処で井戸掘りやるのでしょうかね!! もしかしたら温泉掘りかな?
 次の日の朝に成ってみると、近くの老人施設で非常時用の水源確保の為のボーリングの様です。 でもね、このあたりは少し掘ると粘板岩の基盤岩が出てきて60㎞ほど地殻が有りますよ!!

 
おい!! ラブちゃんこんな固い岩をぶち抜いて水が出るのかなあ?

いよいよボウリングが始まりました。一週間もすると終わってしまいました。 これでは掘れたのは200m位でしょうね!!  

どうやら水は涌いた様ですね!!
 さっそく作業している方に聞いてみました。 ヤッパリ200m掘って素晴らしい水を掘りあてた様です。

 
 こんな岩盤でも良く水が出るものですね!! スッゴイ!!

上手くいけば散歩の途中で美味しい水がのめるかも!! と舌なめずりしているラブちゃんです。
スポンサーサイト



何の花?


これラブチャンの散歩道に咲いていた花です。
 スッゴく良い香りがしていました!! 一体何の花でしょうか?
  木の花で大手毬の様な感じですが葉っぱがあじさいの様な形でした。 高さは3m位有ります。 
 
御存知の方教えて下さい!! 

チェルノブイリ原発事故 24周年 

1986年 4/26未明、 1時23分 (モスクワ時間)、
  旧ソ連邦(現 ウクライナ)の チェルノブイリ原子力発電所4号炉が
      実験中 原子炉の出力が 急上昇して暴走、
      炉心融解(メルトダウン)の後、爆発炎上。

    放射性降下物により 広範な地域が汚染されました。
  @ ウクライナとベラルーシ、ロシア南西部など 約11万K㎡(日本の約1/4)が
   汚染され、さらに 北半球のほぼ全域が 〝地球被曝〟をこうむる。



 あの大惨事から 24年が経ちましたが、 
  今もって 人類は、 この事故から 十分な教訓を得る暇(イトマ)もなく、
  科学・技術が解放した 原子核エネルギーの炎に、
  自らの内から湧き起こる欲望の油を注ぎこんで、
  世界中に 遼原(リョウゲン)の火のように、原子力発電所の建設を 推し進めています。

 自然を、自らの手で 支配し 管理し切れるという 
  己の力を知らない 傲慢 が、 
  人々から 自らの欲望への 警戒心を失わせて、
  その 内より湧き起こる 欲望の 盲目的な奔流に、 
  原子核エネルギーを 呑み込んでいこうとしています。

 本当に 恐ろしく 危険なものは、
  原発の激甚な事故ではありません。
 本当に 危険で 恐ろしいものは、
  我々の 盲目的で 自己中心的な欲望であり、
  自然 及び自己を 十分にコントロールできるという 我々の自己過信であります。
                                   合掌

  
 YouTube - チェルノブイリ原発事故 6-1~6
          http://www.youtube.com/watch?v=N0fcc2KzKOw


 目撃者によると、
1時24分頃 2回の爆発が続いて起き、夜空に向けて 花火のような吹上げがあったという。

原子炉とその建屋は 一瞬のうちに破壊され、
爆発 と それに引続く10日余の火災によって、膨大な量の放射能が放出された。

 最初の放射能雲は 西から北西方向に流され、ベラルーシ南部を通過しバルト海へ向かった。
 27日には 海を越えたスウェーデンで放射能が検出され、これをキッカケに 
 28日 ソ連政府は 事故発生の公表を余儀なくされた。




 事故から4ヶ月後の8月、ソ連政府は IAEA(国際原子力機関)に事故報告を提出した。
  その報告などに基づくと、
 事故の主な原因は、チェルノブイリ原発の運転員が 運転手順書に違反したことによる。
  【 指摘された規則違反のほとんどは、後に ‘濡れ衣’だったことが 判明した 】
  大量の放射線被曝による急性障害が 200名余りの原発職員と消防士に現れ、結局
 31人が死亡(含、爆発時の行方不明1人、事故当日火傷死1人、被曝以外の死因1人)。
 事故翌日の27日に避難した 原発に隣接するプリピャチ市住民4万5000人、及び
 5月3日から6日にかけ 周辺30km圏から9万人、計13万5000人の避難住民には、
 急性の放射線障害は 皆無であり、晩発性障害も 無視できる程度でしかないという。
 ――― ソ連からの説明は IAEA会議参加者によって 完全に受け入れた!

  ソ連報告の後、ソ連国内の放射能汚染や被害に関する情報は 全くと言ってよいほど出て
 こなくなった。 チェルノブイリ事故に関する情報は 機密扱いとされ、汚染地域に居住
 している人々にも 自分たちが住んでいる所の汚染について 知らされなかった。

  ベルリンの壁が崩れたのは 1989 である。
 東西冷戦終結の流れの中で ソ連国内でも 変化が起きつつあった。
 ウクライナやベラルーシでは、民主化・独立を求める運動 と 汚染地住民の運動が合流し、
 当局に 放射能汚染の対策 を求め始めた。

 事故から3年近く経った 1989 2月 初めて詳細な汚染地図が公表され、
 原発から300kmも離れた地域にまで 高汚染地域の広がっていることが明らかになった。
 ベラルーシ共和国は、モスクワ政府の意向に反し 新たに 11万人もの人々の移住を決定。

 汚染地住民の突上げ や 各共和国の反抗に手を焼いたモスクワ中央政府は、1989 10月 
 IAEAに対し、汚染地域住民の健康影響と汚染対策の妥当性についての調査を要請した。
 IAEAは 国際諮問委員会(委員長重松逸造)を組織、その下に 1990春より国際チェルノ
 ブイリプロジェクトが始まる。‘91 5月 プロジェクトの報告会が開かれ、
 < 汚染地住民には 放射線被曝に起因する健康影響は認められない。 汚染対策は
 もっと甘くてもよいが 社会的現状を考えると やもを得ないであろう。 > 
 という報告がなされた。・・・・
     ☝ から分かるように、IAEAは、原発推進を立場とする国際機関です
        決して、核の被害から我々を守ることを立場とした機関ではありません。
        そして、わが国の外務省 積年の念願だった この事務局長に、
        昨年 天野之弥氏が就いたのでした。 愚かなことです。
        わが国の 本当に力を注ぐべきは、こういう処にあるのではないはずなのです。 

   ■ チェルノブイリ原発事故 ~ 死の灰直撃 荒れる大地  
                   中国新聞 2001 12/23
    医師でもあるシェフチュックさんは、セシウム137によるベラルーシの汚染地図を 
   机上に広げ、現況を話し始めた。

   「 見ての通り、わが国は 国土の23%が汚染された。特に 当時の風向きの影響で
   チェルノブイリ周辺から北東部にかけてのゴメリ州がひどい。
   今も 6000平方キロは 人も住めないし、作物も植えられない状態だ。 」

   これまでに 強制移住させられた家族は 約13万5千世帯。 彼らを含め汚染地域から
   非汚染地域へ移り住んだ人たちは 約100万人。
   強制移住の対象外で、今も 汚染地域内に住む人たちは 約140万人にのぼる。
   「 この国の人口約1000万人のうち、250万人近くが ヒバクシャ。つまり
   4人に1人は 何がしかの補償対象になっている。 」 
       


  

  燃え続ける原子炉を封じ込めて 火災を消火するため、4月末から5月始めにかけて、
 砂、鉛、ホウ素など 5000㌧以上の資材が ヘリコプターから炉心めがけて投下された。
 86年ソ連報告によると、5月6日になって大量の放射能放出が終ったとされている。

 崩壊した原子炉と建屋を 丸ごとコンクリートで囲い込む 「石棺」 の建設が
 6月から始まり 11月に完成した。

  火災の鎮圧、汚染除去、石棺建設といった事故処理作業には、軍隊をはじめ 大量の作業員
 が ソ連各地から動員され、その数は 60万から80万人に及んだ。

 石棺の建設と平行して 残った1~3号炉の復旧作業が進められ、1号炉の運転再開は
 9月29日、2号炉は 11月9日、3号炉は 87年12月であった。
 また、事故当時建設中であった5,6号炉の建設は 中止となった。
 
   @ 石棺のその後  1995年
      以上のように、石棺は、1986年の事故に匹敵するほどの 新たな影響を
     もたらす危険性を抱えており、現状のまま放置しておくことはできない

    チェルノブイリ「石棺」を鋼鉄で覆う計画が進行中
                          2007  11/27
      BBCによると、仏Novarka社が 14億ドルを費やして、長さ約190m、幅200m
     の鋼鉄製のシールドで 原子炉を石棺ごと覆う計画だという。
     資金は 各国からの寄付によって まかなわれ、欧州復興開発銀行が管理する。

     シールドの耐久年数は 100年が想定されている。私に言わせれば 100年は
     決して長くないが、ウクライナ政府によると、原子炉は それまでに解体され、
     危険はなくなっているはずだという。 そうなることを願う。

   @ チェルノブイリ周辺の核汚染、予想より減少進まず                                            WIRDER SCIENCE 2009年12月18日



 ■ その時、市民は? 市・共和国の当局は? 政府は? 
  プリピャチ市は、原発職員のために作られた人口5万人たらずの近代的な町で、
 発電所敷地の北西、原子炉から3kmぐらいの距離から町並が広がっていました。
 幸いに 爆発の最初の放射能雲は、プリピャチ市街に向かわず その南の林を通過しました。

 26日 事故の朝、大部分のプリピャチ市民は 普段通りの土曜日の朝を迎え、子供たちは
 学校へ登校しました。 ただ、一部の関係者の家族は、発電所で大変な事故が起きたことを
 知り、子供を休ませ窓を閉め切って外出を控えたと言います。

 市内からは 4号炉が よく見通せ、大部分の市民は 夕方までには事故を知りましたが、
 それで パニックになることはなく、中には 煙を吐く4号炉を眺めながら アパートの屋上
 で 日光浴をした人もいたと言います。・・・・



                          


転載元: 混沌の時代のなかで、真実の光を求めて

初めて見かけたミツバチ

今年初めて見かけたミツバチである。
 

 
 例年であれば花が咲き乱れるこの季節はうるさいほどミツバチが飛んでいる季節であった。
 
  これだけミツバチが少なくなるといろいろ生態系に大きな変化が起きて、あらゆる実の成る作物の不作が懸念される。
 
 

JR福知山線脱線事故現場

また4月25日がやってきました!! 


 
あれからもう5年がたってしまいました。当時の事は昨年に記事にしましたが、身につまされる事故でした!! 
以下昨年の記事へのリンクです。 
 
 
 先日も所用があって事故現場を通りました!! ほぼ事故と同じ時刻の快速です。
 伊丹駅を出ます。

 
しばらく行くと名神高速道路の高架と列車が激突したマンションがその向こうに見えてきます。

このあたりで列車は時速100㎞を越える速度で半径300mの急カーブに突入します。

脱線したのはこのあたりでしょう。 

そうしてそのままフエンスを突き破り二階建てのガレージを破壊して建物に激突したのです。

今もその時の衝突痕がそのまま残されています。
 事故の責任をめぐって不起訴となった歴代JR西日本の社長三名が検察不服申請で起訴がきまり、今後の裁判における責任問題の追求がなされる予定です。
 
 私見ですが、この事故に関してのいろいろ問題点はあるが、最も重大な責任は事故に先立つ8年前の、1997年まではほぼ直線であった現場の線路を、急カーブしている下り線と一緒にしてしまった事にあると思っています。
 
 それ以後、現場を猛スピードで通過する快速に幾度も乗りましたが、いつか必ずこのような事故が起きるだろうという確かな予感がしていました。
 
 その様な危険な箇所を作り出し、安全装置の設置も怠り、その上に現場に実現不可能なダイヤを組ませた企業トップの責任は免れ得ないと私は思っています。
   これからも幾度も現場を通る事ですが、経営者に何を優先するべきかの自覚を促す為に不埒な経営者達に厳正な裁きがなされる事を願います。
 

トラブル

トラブル
 お昼過ぎに携帯が鳴りました!! や!! 鯉のぼりにトラブルです。 

 駆けつけると!! あー!! 16mのポールの掲揚紐がほどけて片方が上まで揚がってしまっています。

 脚立で釣り竿の先にルアーの戻りを付けて引っかけようとしましたが上手くいきません。上ろうとしましたがポールが細くて危険です。

 最終手段、ポールを引き抜いて倒して建て直しです。 
 何時も河川敷の工事をしているM組さんに会長さんが頼み込みました!!
 二つ返事で重機が移動してきました!!
 玉掛けロープを巻いてあっと言う間に引き倒されました!!

 滑車にロープを通して、今度は括り目がほどけない様に注意して再建て直しです。
 でも穴を掘り直す必要が有ります。手掘りをしてみましたが周囲が崩れて出来ません。

 小型の重機を移動して頂き、あっと言う間に1.5mほど掘れました!!

 大型重機で柱を吊って立ち具合を注意しながらはい立てあがりました!!

 鯉のぼりをつなぎ直して、暗くなる前になんとか回復出来ました!!

ああー!! 一騒動でした!!

 あんたたちなにやってんの!! とラブチャンに叱られそうですよ!! 爆!! 

呉服(くれは)座跡地

 
ラブちゃんとお散歩していて呉服(くれは)座跡地を通りました!!
 

 
 私の子供時代にはここには芝居小屋があり大層賑わっていたところです。
 
 
今は河川改修で立ち退きとなり、明治村に移転しています。
 
あたりは昔の面影はすっかり消え、人通りの殆どない河川の堤防と成っています。
 
 
   謂われを記した銘板はこちらです。
 

 
 
 明治村のサイトはこちらをご覧ください。
 
 
 
 
下は現在の様子が分かるヤフー地図です。  
 
 
 
 
 
 

お上りさん!!

お上りさん!!

 
ですね!! 爆!!  たぶん15年振り位ですよ!! ここに来たの!!
 
大阪梅田の一等地曽根崎警察署前です。
 
  大きなビルが建っていますね!!

 
 カメラを構えたおっちゃんがあたりをキョロキョロしてパチパチ写真を撮ってます!!
 
 口をあんぐり開けて上も撮ってますよ!! 爆!! 
 

高いビルですね!! いったい何階建てでしょうか!! 
 
 向こうを見るとあれ大阪駅が大改造中ですね!! スッゴイ!! 

爆!!  
 
 すっかり浦島太郎になったオッチャンが阪急電車に乗ろうとして歩いていると!!
 
有りましたね!! 懐かしい!! これ何か御存知でしょうか!!
 

 
動く歩道ですね!! 1970年の大阪万博会場にあったものをここに移設したのです。
 
 懐かしいなあ!! あの頃!! もうあれから40年が過ぎてしまいました!!
 
  鏡を見てもヤ!! まだ大丈夫、髭も髪も真っ白には成ってない!!
 
乙姫さまからまだ玉手箱を受け取って居ないからね!! 爆!! 
 
そうそう、玉手箱は有りませんが40年前に働いていた会社から万博で
働いた記念に総裁から表彰された時の銀メダルが有りました。
 
ここにご紹介しておきます。
 
 後にも先にもこんな偉い人から表彰されたのはこの時だけですよ!! 爆!! 

鯉のぼり渡し完成

鯉のぼり渡し完成

 漸く16mの鯉のぼり柱に10m金太郎鯉のぼりのセット2本、
 
そして120mで鯉のぼり75匹の第一と
同じく120m鯉のぼり75匹の第二の鯉のぼり渡しが出来上がりました。

  風にたなびく180匹近い大きな鯉のぼりの連続は壮観ですね!! 爆!! 
 
 前回の作業から一週間、もう一本の鯉のぼり渡しの準備をしていました。
前回の記事はこちらです。 http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/43207775.html
 今回もやはり20名ほどで作業を開始しました。 

 対岸のポールと支線とアンカーの埋設。河川敷は砂礫が堆積していますから岩盤よりはるかに大変です。

  堤防に広げられた75匹程の鯉のぼりです。
 
 

 スチールワイヤーを渡すのに丸一日かかりました!! 
 鯉のぼりを付けるフックを整えスチールワイャーに吊るしてリード線で引き渡します。

 所が、昨日は強風で半分ほど渡したところでリード線が切断!! 

 もう一度やり直しです。
 強風下の作業は進まずすっかり暗くなって漸く完成しました!! 

 お疲れさまでした。 

 最後は総監督のラブちゃんです。

 
 みんなが作業の合間にラブチャンのお腹や背中を撫でにきてしっかり指図を受けていました!!
 
ラブちゃんの指図は単純明快です!! 爆!! 
 
 そう!! 笑顔!! 特に危険な作業はみんなのチームワークが大切、そのためには笑顔が大事よ!!   爆!! 
 
これが、現場総監督さんの一番大切な指図です。 爆!! 
 
 でもみんなが忙しく作業している時は出番が無くてすっかりご退屈の様子です。爆!! 

速報 ヤフーショッピング中国全面進出(6月1日開始)

速報 ヤフーショッピング中国全面進出(6月1日開始)
 
   「もしかしたらこの記事が原因でこのブロク消えるかも!!」と思いながらこの記事書いてます。爆!! 
 
    実は私はヤフーショッピング開始当初の10年前からショッピングサイトの店長をしています。
 
     親しい経営者の方が私がパソコンやインターネットに詳しい事を知られ、その方にに頼まれて人助けのつもりでサーバー管理やネット通販のサイト管理を片手間にさせて頂いているのです。
 
 
    その当時はヤフーショッピングには23店舗しか出店がなく、素晴らしくよく物が売れるお店でした。(今は違いますよ!! 爆!! )   サイトはこちらです。
 
 
 今回の中国進出について記事にしょうかどうか迷いましたが、とりあえず書いてみます。
 
 発端
 
 それは3日前の夜でした。突然ヤフーから出店者全員にオフィシャルメールが入りました。
 
見出しは
 
「 ~~ Yahoo!ショッピング『中国向け販売』のご案内 ~~」でした。
 概要は
 
  「Yahoo!ショッピングでは、2010年6月1日(火)より「中国向け販売」の開始を予定しています。本日は、その概要と詳細ページについて以下の通りご案内いたします。」

と言う事で具体的な内容は次の様です。
 
【1】Yahoo!ショッピング「中国向け販売」の概要
    ・「淘日本」(taojapan)への掲載について
    ・中国のお客様の誘導方法について
【2】中国からの注文の特徴
 ・決済について
 ・物流について
 ・お客様対応について
 ・注文情報フィールドについて
【3】配送料全国一律525円(税込)集荷サービス
【4】Yahoo!ショッピング「中国向け販売」についてのFAQ
 
 私が心配する事について!!
 
 御存知かと思いますが今中国のオークションサイト淘宝(タオバオ)で仕入れて日本のヤフオクで売って儲けるお話が巷を騒がしています。
 
    しかし、この記事はその反対で規模の大きいヤフーショッピングが殆どそのまま自動的に中国語に翻訳コピーされて、「淘日本」(taojapan) として広い中国にそのまま販路拡大されると言う事なのです。
 
     今の様に、日本で物が売れない時代に、それを売れる中国に進出すると言う事でいいことづくめかもしれません。
 
     特に、私の様な出店者にとっては、自分では何もしないで自動的に顧客が数倍から数十倍になり、営業成績が上がるのですからまさしくタナボタです。
 
     しかし、消費者にしてみればとんでもない事ではないでしょうか ? 
 自分たちの国で作られている産物が、しずかに、そして大々的に外国販売が開始され、しかもその相手国が自国の数倍の市場規模をもつ経済大国であると言う事なのです。

  もし、売れないなら何の問題も有りません。しかし、もし外国で日本の物が高く売れたらどうなるでしょうか? 
 
    そう、日本人が買える商品が日本の市場から消えて無くなると言う事なのです。おそらく他のインターネットショッピングサイトもヤフーに追従して、時をおかずして同様の販路を切り開くでしょう。
 
  その結果はどうなるのでしょうか?
 
 日本では生産がそのままで、突然ある日から需要が激増するのです。だから需給バランスから市場原理が働いて当然物価が上昇するでしょう。
 
       特に問題なのは農産物です。 生産が限られている上に、もし中国に旱魃が起き、農産物の収穫が激減したら.........
 
  その結果は........あっと言う間にヤフーショッピングを経由して日本の農産物が中国に流出して、日本に中国の飢饉が輸出されてしまう事にならないでしょうか。 
 
   しかも、もしかしたら日本人は失業者が増え収入が低下するかもしれません。
 
  心配は、農産物だけでは有りません。工業製品も同じです。もしかしたら日本に中国から輸出されている沢山の工業製品の多くが、経済力を付けた中国人消費者の手に直接渡り、人気商品等は日本では品薄になり、売れない物ばかりが日本に回される。」なんて事も懸念されます。
 
 衣料品、医薬品、土地、不動産、漁獲物、林業、中古物品、株、チケット、旅館の宿泊....
          等もかなり不安が残ります。
 
 販売する側には大変嬉しい事ですが....もしかしたらこのヤフーショッピングを経由して、全ての日本の物品が中国に筒抜けになり、日本人の生活は何もかも中国に持って行かれて産業と労働といった雇用問題だけではなく、
 
 毎日の生活に不可欠な、農産物や海産物などの食品も日本から消えてしまう事が起きないとも限りません。
 
 単なる懸念ならばいいのですが皆様のご意見をお待ちしています。
 そうそう、今ちょっと忙しいのでレスなど出来ないかも知れませんので、皆様で相互にご意見を交わして頂ければ幸いです。 

速報 本日の昼食にタラの芽の天ぷら!!

 速報! 本日の昼食にタラの芽の天ぷら!! (川西聖書教会礼拝出席者限定)
お箸とお茶わんは不要です!! 爆!! 



 
 食後は希望者と共に15分程離れた近くの山にワラビとゼンマイ取りに出かけます。
 下の写真は今日の食事とその後のワラビやタラの芽取りの写真です。(教会で取れた分の写真だけです。このあと山に出かけましたが、その分は写真は撮りませんでした!! 秘密です!! 爆!!  )

洋酒ケーキ

  

なんか広島の上下町から届きましたね!! やなんだろう!! 
 くにひろ屋の洋酒ケーキです。注文したのをすっかり忘れていました!!爆!! 

 これ大変な人気です。注文してから2ヶ月しないと届きません。 
 ウエブサイトもあった様ですが、今は閉鎖されているようです。
 きっと、注文が裁ききれずネットでの販売を中止されたのでしょう。

 このご時世に凄い事ですね!! ネットで電話番号を調べて
 仕方ないので電話で注文ました。あれから長い日数が経ちました。

  首が伸びてキリンさんに成った頃漸く届きました!!
 これが、噂の洋酒ケーキです!!  後払いでしたがすぐに送金して みんないただきました!! 

試食したいと言う方も有りおすそ分けもしました。 
 お味ですか!! 勿論美味しかった!! 爆!!  
 下は、くにひろ屋さんの電話番号を記したURLです。

タラの芽の天ぷら


 や!! 油食さんは朝っぱらからが何か取ってきましたね!!  爆!! 

 体重計で無いと測れないぐらいですよ!! 1.4㎏も有ります。 
 そう!!山菜の王さまのタラの芽ですね!! 殆どが刺の無いメダラです。 美味しそう!! 

 お店で売っているのよりもかなり伸び過ぎて大きく成っています。そうこれぐらいが一番香りが良くって歯ごたえも適当で美味しいのですよ!! 爆!! 

 早速調理です!! お分かりでしょう!! テンプラです。テンプラ粉を水で溶いて、大根をすりおろして出し汁を加え、そうして衣を付けて....新しい油をフライパンに入れて....何か油の入れ物が逆立ちしていますね!! 爆!!  
 

 油が温まると揚げ物開始です!! あっと言う間に揚がってしまいます。


 はい!! イッチョウ出来上がり!! ラブちゃん!! 犬はね、こんなとげとげの山菜なんか食べないんだよ!! 爆!!  

ドラゴンランドの鯉のぼり

    
 

今日はNPO法人環境にやさしい街づくり推進会の大事業の一つ、鯉のぼり渡しの作業日です。本日の参加者は20名と少し!!

 この渡渉路の上に2本の鯉のぼりが端から端まで引き渡されます。今日の作業は半分で残りは明日です。

  今まで担当の方たちが準備を進めて来られました。 後は段取りされた物をみんなでヨイショと実施するだけです。
 
   長いポールや長い長いスチールワイヤーも二本分に張力を取る為に強力なチエーンブロック等も整えられました。 でもいろいろ調整が必要でみんなで話し合いながら進めます。

  この日までにいろいろな方々から寄付頂いた大切な鯉のぼりは
150匹あまり。沢山ありがとうございました。m(_ _)m 
 
  下の写真はワイヤーにつり下げる為に鯉のぼりにフックを取り付けています。

 ドラゴンランドの猪名川河川敷に建設省近畿整備局猪名川工事事務所に専用許可をとって準備万端、下の写真の樋門から川を越えてスチールワイヤーを伸ばします。120mほど有ります。

 
 ワイヤーは下の写真の河川敷に生えている大木にくくり付けたポールで受取ます。少し支えのステーが弱そうなので補強する事になりました。

  みんなが一生賢明作業していると!!や!! ヤッパリいますね!!  大幅に遅れて来る人が約一名!! 
 
   カメラを持って、原付でさっそうと登場です!! 爆!!  来たと思うともうお昼!! お弁当を買いに行く役を引き受けて厚かましく、みんなと一緒にホッカ弁を食べている最中に何処かに消えてしまいました。 爆!!  
 
   だから、みんなが一生懸命作業している写真は有りません!! 爆!! 
 
 
  夕方になり、みんなが大変な作業を無事終えて鯉のぼりを眺めようとすると!!
 
   や!!またさっきの人が来ましたね!!
 
   この時を待っていましたとばかりに、犬を一匹連れてカメラを持ってやってきました。 空々しく、たなびいている鯉のぼりを見ながら「素晴らしい!! やあご苦労さま!!」なんて言ってますよ!! 爆!!  

 
 

 でも、出来ましたね!! 鯉のぼりの川渡し!! 75匹ほどが見事に川面の上空を泳いでいます。壮観です!! 

  早速記念撮影です!! 爆!!  何人か片づけ作業をしていてここに出ていません。左の方には以前ご紹介した金太郎が乗った鯉のぼりの16mの物が二本有ります。
  下の写真はラブちゃんと鯉のぼりさん達との記念撮影です。明日もまた残りのもう一本の鯉のぼりを張りわたします。

 今日は真冬のような寒さの中の作業でしたが、明日はお天気良くなれば良いですね。
 
    みなさま大変、ご苦労さまでした!! 今日は夕食美味しいぞ!! それにぐっすり安眠間違いなし!!       

ドラゴンランドの監視カメラ

ドラゴンランドの監視カメラ
 昨日はドラゴンランドの堤防に私たちがボランテイアで植えたチューリップが500本程折られた事をご紹介しました。

 
 実は、現場には大変高性能で遠隔操作が可能な監視カメラが設置されているのです。 
 

 これは大変高性能なCCDカメラでパソコンさえ有れば世界中の何処からでも操作画面からネット経由で遠隔捜査でカメラの回転や上下角度調整にズームアップが可能で映像を見る事が可能です。

  上が建設省のサーバーにログインして専用ソフトで監視カメラを操作してチューリップが折られた現場をズームしてみたところです。少しズームすると下の画面のようになります。人の顔も判別可能でこんな感じです。
 

 勿論、夜間でも問題なく監視出来ますし、録画も出来ます。
 制御装置の本体は三菱電機の特注製品でコンパクトですが最新式です。

 
設置経費は施設全体で3千万円ほどだと聞きました。
 
 カメラは大容量で専用の光ファイバーケーブルによって建設省のサーバーに接続されています。ラブチャンの横に在るのがそのケーブルが敷設されている専用ハンドホールです。

  ドラゴンランドにはこんな設備のある事は秘密にしておこうかと思っていましたが、もし今度同じような事件が起きたらこれで犯人を特定して検挙する事になると思います。
  昨日の様な悲しい事件が二度と起きない為に、犯人に警告の意味で監視カメラの事も記事にさせて頂きました!!
  この高価な高性能監視カメラが役に立たない事を願っています。
 おい!! ラブチャン、君の素晴らしい嗅覚と、この最新式の監視カメラでドラゴンランド一帯の防犯対策は万全だよ!!

チューリップ500本折られる!!

昨日撮影したドラゴンランドに咲いているチューリップです。

 今朝になってみると、満開の綺麗なチューリップ が500本程折られていました!! 
 実は毎日2~30本折られていましたが、今朝メンバーが咲き始めたルピナスの育ち具合を見に行って発見しました。 
 会長さんはそれを聞いて「そうか!!」と沈黙しておられましたがヤッパリ「許せません!!」と言う方がメンバーの中におられて警察に通報し被害届けを出す事になりました。
 最近あちこちで同様の事件が起きている為か、署長さんまで視察に来られ警察はマスコミ全社に記者発表する事になりました。

 午後になって新聞社や放送局のカメラが一斉にドラゴンランドに殺到しました!! 

 私たちも取材され、カメラが回り報道写真が撮影されました。
 

 ドラゴンランドに植えられているチューリップは500m程の堤防の両側4500本、そのうちの一割以上が今日折られたわけです。

同じようにこのチューリップは昨年も丁度今頃150本ほど、一昨年は300本程折られました!!

 同様の犯罪はあちこちで起きていて心苦しい出来事です。ネットで調べると花博でも700本と900本の計1600本が切られたそうです。
下は、ドラゴンランドの事件を速報する時事通信と読売の記事です。 
  
時事通信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00000116-jij-soci
読売 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100413-00001060-yom-soci
 最後はがっかりしてへたりこんだラブチャンです。

きっとラブちゃんが本気になって鼻で犯人の臭いを嗅ぎ足跡の臭いを調べると、誰が犯人で、何処に住んでいるかがすぐに調べられる事でしょう。
 今度やられたらラブチャンいよいよ君の出番だよ!!  

マダニ

昨日から暖かくなったと思ったらヤッパリ又心配事が増えました!!
 

ラブちゃんのお顔になんかいますね。拡大してみましょう!!
 

や!! ヤッパリマダニですね!!  動物の皮膚から発散する香りを嗅いで驚くほどすばしっこい移動で人間や動物に寄生します。ちょっと捕まえて見ましょう!!
 

一ミリ程の大きさですから生まれたばかりの未吸血幼虫ですね!! これけっこう恐い病気を媒介しますので要注意です。
 
 

 
 これはひっくり返してお腹を上にした所です。小さいのでうまく写って、いませんが口の所に戻りの一杯ついた吸血口が有ります。これを人間や動物の皮膚に差し込んで血を吸い出すと引き離すのが大変難しくうっかり手などで引っ張るとダニが吸った血液に体内の病原菌が混ざったものを人間や動物の身体に注射して思わぬ感染症を引き起こします。

まあ、いろいろ心配な事が有りますがダニ避けのフロントラインをやって有りますのでラブチャンに寄生しょうとしても出来ないで、毛の表面に浮きでてきて落ちてしまいます。
 
 でも安心は禁物です。うっかり人間が噛まれると恐ろしい感染症がいくつか有りますので注意が必要です。
 最後はマダニが引き起こすマダニ媒介性疾患の一覧表です。

興味や関心に心配な方はこちらをご覧くださいね!!
 
犬猫のマダニ駆除と感染予防
 
 ツツガムシ病とライム病(若年性関節リウマチ様関節炎)などの
人獣共通感染症の場合 
http://www.dermatol.or.jp/QandA/infection/contents.html

出ました!! 

 今日は一昨日までと打って変わって汗ばむ陽気!! 
 ヤッパリ心配が当たりました!! 出ました!! 
 

最初の登場はムカデです!! これ10㎝ほどで家の床を歩いていたのを検挙して外に連行し、これから処刑する直前の写真です。
 そして、ヤッパリ出ました!! もう一つはシマヘビさんです。

 
 ラブちゃんの散歩道でひなたぼっこしていました。こちらさんは小さな石で追放されました!! 

 
 最後はこれからまた一つ心配が増えたわ!! と悩ましげなラブチャンです。 

桜花爛漫の候

桜が綺麗ですね!!  日本中何処へ行っても桜だらけですね!!
 
日本は 入り口から 桜かな (一茶)
 
今日のラブちゃんのお散歩のコースで見かける、桜のほんの一部をご紹介します!! 
 
 桜!! 桜!! 桜!! です!! 
 

 

 

 

 
 

 
 

 

 

枝垂江戸彼岸桜

 

  ラブちゃんのお散歩道に見事な枝垂れ江戸彼岸桜が満開です。
 
 これ樹齢160年だそうです。見事ですね!!
 

 
   彼岸桜は色の濃い物が多いのですがこの花は淡いピンクです。
 

 
  おい!! ラブチャン君と良い勝負だね!! 爆!! 

 アリガト!!  爆!! 
 
下は枝垂れ江戸彼岸桜の咲いている高原寺のヤフー地図です。 
 
 
 
 

金太郎鯉のぼり

 

この鯉のぼりは10mの真鯉に金太郎が乗っています!!
 長い鯉を泳がす為の柱の高さは16mもあります!! 
 

ここまで運んで来るのも大変でした!! 
そして鯉のぼりは2本立てました!! 2セットともドラゴンランドの
河川敷に地元の企業から寄付いただいた鯉のぼりです。
 川西市は平安時代に坂田金時が源の頼光に仕え、
大江山の鬼退治で酒呑童子を退治したと言われています。
ですからこんな金太郎鯉のぼりがあるわけです。

 これから2月ほど立てますが突風やにわか雨の心配も有りますから、
安全の為にステーを取ります。 しかし、河川敷は礫が多くフックを
設置するのもなかなか大変です。 
ツルッパシやバァールでは歯が立ちません。
削岩機が必要ですが今日は間に合いませんのでとりあえずの仮ステーで
一時しのぎです。

 
 おいラブちゃん!! 君も少しは手伝ってくれないかね!! 
あら、私はあいにく手も口もふさがっているの!! 
お手伝い出来なくて残念だわ!! 爆!!  

鯉のぼり

鯉のぼり
 みんな深刻な顔です!! そうなのです。このドラゴンランドの渡渉の上の河川敷に鯉のぼりを張り渡す惨憺をしているのです。
 


 何しろ川を横断するワイャーの長さが120mもあり、
 
しかもワイャーの取り付け位置の高さが14mも在るのです。
 
 いろいろ考えやご意見があり万全を期するためにそれぞれの意見を出し合っています。
 
 それにワイャーを張り渡すのが2カ所もあり、
 
しかもそれぞれに大きな鯉のぼりが しなんと100匹ほど吊るされます。
 ワイヤーにかかる張力は1トン近くなると思われます。
 14mのポールを立てて、固定しその頂部にスチールワイヤーを装着しますので上手くしないとポールの固定部分などに、てこの原理が働いて数倍、あるいは数十倍のトルクが作用します。
 
 

 鉄工所の元経営者や、通信会社(NTT)の元建設事務所長もメンバーにおられますし、通信線路の建設現場経験者や土木作業の現場経験者もおられますからメンバーに不足は有りませんが.....
 やはり、ここは慎重にしかも万全に作業を進めなければ成りません。
 力を逃すにはポールにステーを複数張るのが一番ですが残念な事に河川管理者の国土交通省のお役人の許可がかなり難航しそうです。
  下の写真は昨年の鯉のぼりの情況です。
 

 今年はさらに大きな鯉のぼりの寄付が沢山ありました。下の写真です。
 

 
というわけで、これから慎重に作業を進める事になります。
 おい!! ラブちゃん!! 君も智恵と手を貸して来れないかい!! 鯉のぼりさんの為に皆で考えあぐねて居るんだよ!!
 

 
   あら!! 大きな鯉のぼりさんの泳ぐ姿はステキじゃない!!
 
でも、しっかりワイヤーを張り渡さないと鯉のぼりさんが本当に川を泳ぐ事になりそうね!!  でも、それもまたステキよ!!  爆!! 

苔の絨毯と山ツツジ

ラブちゃんとお散歩していると苔がとっても綺麗な所が有りました!!

 
山ツツジも咲いています。早速写真を撮ってみました。
 
でも私がカメラをいじり始めると!!
 
 ヤッパリラブチャンは退屈な様です。大アクビ!!
 

 
すぐにへたりこんで寝ってしまいそうです!! 爆!! 

 
 おいおいラブちゃんこんなところで寝込まないでよ!!
もう写真を撮るのはやめるからね!!
今日はラブちゃんの散歩道に生えている見事な苔の
絨毯のご紹介でした!!

事故です!

 今日は大降りに成りました!! 出かけると渋滞です!!
 
おかしいなあと思うと!! や事故です。
 
 

 
 
 信号のある交差点の手前に警察車両とその向こうに
レスキュー車が止まっています。
 
 

 
 
 対向車線にももう一台レスキュー車に警察車両です。
 
いや大事故の様ですね!! 
 

 
 
 
  交差点の手前にこちらを向いて前部を大破した乗用車が停車手、懸命に救助作業が行われています。
 
  

 
 
 フロントのボンネット部分が消えていますね!! どこへ行ったのでしょうね!!
 
  あたりに破片が散乱していますが、自損事故とは思えませんが
相手車両があたりには見あたりません。 きっと余程頑丈な相手に
ぶつかったのでしょうか?
 
 下は事故現場のヤフー地図です。+位置が事故車両の位置で
 
下方を向いて停止しています。 
 
  
 
  この場所は大事故が数年に一回ぐらい起きます。大抵夜です。
 
 前回は直進する大型バイクに直前を右折してきた軽乗用車が衝突して軽乗用車の助手席の女性とオートバイの乗員が死亡しました!!  全く同じ場所です。 
 
  事故の情況は前回とかなり違いますが重大事故である事は間違いなさそうです。
 
  お互いに心して安全運転を心がけたいものですね。
 
 
 
プロフィール

油食林間

Author:油食林間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR