FC2ブログ

金覆輪


きんぷくりん(金覆輪) である。

   変わった和菓子で一つ450円!! 爆!!  近くと言っても家から車で15分程行った所の菅屋山本店で売っている!! 
  封を切るとこんな感じだ!! 

上にある化粧厚紙を取ると真中に金箔が現れる!! 

 見るからに上品で美味しそうだ!! 爆!! 
   一人で450円を食べてしまうと苦情がでるといけないので我が家では何時も二つか三つに割って頂く!! 爆!!  
  割ると中はこんな風に成っている!! フラッシュを焚いたので少し色が変わった!! 

問題はこのあとだ!! バターナイフで切ったので大きさがチグハグに成ってしまった!! 爆!! 
 
 こうなると、どう分けるかが問題だ!! 当然、切りわけた本人は責任を取って最後に残った物を頂く事になる!! 
 
  そして、お隣でじっとお待ちになられているのがこちらさまだ!! 

 何時も黙ってじっと見つめていると不思議な事に一番美味しい所が落ちて来る!! 爆!! 
 
  はいはい!! ラブチャン!! きみはいい子だね!!  半分ズッコしようね!! 爆!!  
 
 以下はお店菅屋 さんへのリンクと金覆輪の商品説明のリンクです。
 
 
金覆輪とは、元々高貴な方々の大切なお道具や調度品等に金箔の装飾や縁取りを施したものを申しました。 栗や小豆の実り、自然の恵みを尊び慈しみ、感謝の意を込めて大切に覆う事から名付けられました。 手芒豆、卵黄や栗の実など新鮮な素材に、心を込めて作り上げた風味豊かな生地を金箔に見立て、真ん中には特別大粒の柔らかな栗を十勝小豆で包み、ぎゅっと覆いくるみました。 四等分にお切り頂き、その場の皆様で和んで頂ければ…。そんな作り手の思いが込められた、菅屋の代表商品でございます。
 
 
 
スポンサーサイト



草刈り

草刈り!!
 我が家の夏の風物詩....... 草刈りです!! 蒸し暑いこの季節はあたりの藪の草木が伸び放題!!  このまま梅雨が開けると笹が堅くなり、その上ヤブガラシやヘクソカヅラや山芋などの蔦類が長くはびこり、堅くなって草刈りが大変です!!
 
 早い目に刈らないとへこたれてしまいます。何しろ我が家の庭とその周囲の山や畑をいれると1200~300坪位有りますから大変です!! というわけで最近は草刈りばかりしています。
 

上の写真は我が家の東側の斜面にはびこっていた笹や2メートル近く伸びていた雑草を刈った所です。その向こうの野良をしている畑が漸く見える様になりました!!
     下は我が家南側の栗畑です。 春はワラビが採れますがあっと言う間に生い茂り、今刈らないと労力が数倍必要になり、蜂の巣が大きくなったりマムシを踏んだりする危険性が増しますから頑張って綺麗に刈りました!!

28㎜では収まり切りませんのでもう一枚撮りました!!

実は左端の我が家の縁側に監督さんがいます。少し拡大してみましょう!!

もう少し拡大してみます。

網戸の向こう側で心配そうにこちらをじっと眺めています。外に出してやると喜びますが蚊やぶよにかまれては一大事で箱入りにしています!! 爆!! 
さてもう一仕事有ります。 そう、南側の道路に迫り出して道を1.5メートルほど塞いでいる藪の始末です。 最初の写真二枚が刈る前で道路に藪が迫り出しています。

 
 
下の二枚が刈った後で撮った写真です。これでなんとか車が行き違い出来る様になります。


やっと作業が終わりました!! これで梅雨が開けてもなんとかなりそうです!!
良い汗流しました!! 爆!!  

蒸し暑い

蒸し暑いですね!! そのはずですよ!!

気温が30度 湿度がほぼ 90パーセントも有ります!!
縁側の温度計だから高いのだろうとおもって座敷の床の間の温度計を見ると!!

すこしましですが蒸し暑いことに変わりは有りません。ちなみに不快指数とやらを計算してくれる所があったので試しに30度で湿度90パーセントで計算してみました!!

 
 ああ!! 暑いわけですよ!!
最後は暑さにはめっぽう弱いラブちゃんです!!

 だいぶまいっている様です!! 何しろ毛皮が上等ですから大変な様です!!

毒蛾騒動

毒蛾にやられました!! 爆!!  今日といっても6月27日に礼拝を終え次週に備えて庭の合歓の大木の枝落としをしていた時です。
  
  右腕に突然、ビリビリビリ!! と電気が走りました!! 「やられた!! 」とばかりにあわてて右腕をまくり、横の水道で腕全体を洗いました!!
 

 
 しかし、です!! 全く傷みは取れません!!  酷いですね!! 毒蛾皮膚炎です!!
 
  真っ赤になってピリピリ、ヒリヒリします。 元々色が黒い上に最近は野良仕事ばかりでしかも腕全体がヒリヒリしますので分かりにくいかもしれませんが...   腕が真っ赤ですよ!!
 
   さっそく我が家の常備薬の副腎皮質ホルモンを含んだデルモゾールG軟膏を塗りたくりました。  すぐにかゆみはひきましたが、所々の傷みは一週間ほどは続きそうです。 
 
  勿論、野良仕事は何時も完全武装でしています。ズポンは伸縮性のよいジーンズで裾は靴下に入れ、さらに長靴を履き、長靴の口は紐で締めてあります。
 

 それに、手は真夏でも厚手の綿の長袖に丈夫な作業用の手袋を必ず着用し、袖口も手袋も開口部をしっかり閉じて有ります。
    

 顔は日本手拭いで頬も後頭部も首も覆い、目はピッタリとフイットして隙間の無いサングラスを着用し、頭も帽子で覆った完全武装で何時も野良をしています。
  

 何しろ、藪蚊にマムシ、脚長バチや大スズメバチ、ブヨなど.........
安全に見えますが山や畑は危険が一杯です!!
 
 下は蛾に遣られるまでやっていた合歓木の枝落としの作業と、作業中止で庭を占領している花の咲いた合歓の木の大枝です。 
 


 最後は毒蛾やイラガに関する関係情報です!! 
 
■毒蛾皮膚炎(どくが・ちゃどくが・もんしろどくが)

■毒蛾の毛虫には毒針毛(どくしんもう)が1匹に50万本から600万本あってそれに触れた人の皮膚に強いかゆみを伴う派手な皮膚炎を起こさせます。
その皮膚炎を毒蛾皮膚炎(どくがひふえん)といいます。
毒蛾の毛虫は危険を感じると毒針毛を空中へ大量に発射して身を守ります。
毛虫に触れていないのに毛虫に近づいただけでやられるのはそのためです。
毒蛾皮膚炎は毒蛾の幼虫の毛虫による場合が殆どですから毛虫皮膚炎ともいいます。

■チャドクガ
生態
幼虫(いわゆるケムシ)は4月から10月にかけて年2回発生する。淡黄褐色で成長すると25mm程度。チャノキ、ツバキ、サザンカなどツバキ科の植物の葉を食害する。
幼虫は若齢のうちは一箇所に固まっていることが多く、数十匹が頭を揃えて並び、葉を食べている。ひとつの枝の葉を食べつくすとまるで誰かが指揮でもしているかのように一列に並んで隣の枝に移動していく。何らかの刺激があると、思い出したように頭を上げ左右に振るのを見ることが出来る。数十匹の幼虫がいっせいに同じリズムで頭を振る姿はユーモラスであるが、この行動は1)同時に同じリズムで動くことで体の大きな生物だと思わせ天敵を威嚇している、2)体を揺らすことで抜けた毒針毛を風に乗せ、天敵を攻撃している、などの説があるが、本当のところはまだ明らかになっていない。
成長するにしたがって木全体に拡散する。食欲旺盛でほうっておくと木が一本まる裸にされてしまうこともある。成虫(蛾)は昼間は薄暗い場所の木の幹などに頭を下にしてじっとしていることが多い。ツバキの葉の裏などに産卵する。卵塊は成虫の体毛に覆われている。
■毒針毛 
  俗に「ケムシに刺された」というがケムシはカやハチのように自分から積極的に人を刺すものではない。チャドクガは生涯を通じて毒針毛をもち、触れるとかぶれを生じる。一度その被害にあった人はそれが抗原になって2回目以降、個人差はあるがアレルギー反応を起こすことがある。毒蛾の毛虫1匹にある毒針毛は50万本から600万本といわれている。ガやその幼虫であるケムシはチョウに比べて著しくイメージが悪いが、理由のひとつがこれである。しかし毒針毛を持つ種類は全体のごく一部である[1]。
症状としては触れてから2 - 3時間して赤くはれ上がり痒くなる。高齢の庭師や農家で、若いころは痒くなったが今はならない、という者もいるがまれな例である。一度この毒針毛に接触すると、抗体が形成され、2度目以降アレルギー反応を引き起こす。したがって1回目より2回目、3回目の方が症状が重くなる。毛そのものに毒があり、非常にもろく折れやすいため、痒みを感じて掻き毟ることで知らぬ間に断片が細分化・伝播し、腕全体や体の広範囲に発疹が生じる場合が多く予防も困難である。毒針毛の知識をもたず、単に蚊に刺された程度と軽く考え、ほうっておくとだんだん全身におよび、痛痒感で眠れなくなる。発熱やめまいを生ずることもあり、そのままにしておくと長期に亘ってかゆみが続くので、速やかに医師の診察を受けたほうが良い。
毒針毛は非常に細かく、長袖でも夏服などは繊維のすきまから入り込む。直接触れなくても木の下を通ったり、風下にいるだけで被害にあうことがある。またハチの毒などと違って幼虫自身の生死に関わらず発症するので、幼虫の脱皮殻や、殺虫剤散布後の死骸にも注意が必要である。被害にあったときに着ていた衣服は毒針毛が付着しているので、取扱いに注意する。成虫も毒があり、卵塊は成虫の体毛に覆われているので、幼虫の時期のみでなく年間通じて注意が必要である。

■チャドクガ(茶毒蛾)はチョウ目ドクガ科の昆虫。本州以南の日本各地に分布。年2回発生、卵越冬。日本では代表的な毒蛾である。園芸植物に被害をおよぼすほか、「刺されて」被害にあう人が後を絶たない。

■イラガ
生態
カキノキやバラ科の木に多く発生し、葉の裏側に大量に生息していることが多い。幼虫は別名を「イラムシ」とも言い、ライムのような鮮やかな緑色や薄茶色、概観はウミウシのような形状をしている。鶉の卵(鶉の4分の1程度)のような、独特の茶色い線の入った殻(スズメノショウベンタゴと呼ばれる)の中で蛹になり越冬し、7月から10月ごろに発生する。多くの棘を持ち、触れるとハチに刺されたような鋭い痛みを生じる。蛹の腸はタナゴ釣りの餌に用いられることもある。
羽化した後の成虫の開張は30mm程度、無毒。カキノキ、ナシ、サクラ、リンゴなど食樹は比較的幅広い。
●虫刺被害と治療
幼虫に知らずに触れると激しい痛みに飛び上がる。地方名のひとつ「デンキムシ(電気虫)」の由来である。これは外敵を察知した幼虫が、全身の棘の先から毒液を一斉に分泌するためである。体を光にかざすと、すべての針の先から液体が分泌されていることがわかる。刺激はかなり強く、場合によっては皮膚に水疱状の炎症を生じ、鋭い痛みの症状は 1時間程度、かゆみは1週間程度続くことがある。卵をつぶしたり触れたりしてもかぶれるので注意が必要。又、種類によっては繭に毒毛を付けている物がある。 刺された場合、まず流水で洗う。棘が残っていれば粘着テープなどで棘を除去する(患者はかなりの痛みを感じているので配慮が必要)。その後、市販の虫刺されの治療薬を塗るとよい。症状が酷い場合や目に入った場合は医師の治療を受ける。正確な毒性分は解明されていないが、ヒスタミンやさまざまな酵素を成分とした非酸性の毒だとされている。中和目的にアンモニア水を塗っても効果は無く、抗ヒスタミン剤やアロエの葉の汁を塗布するのが有効であるとされる。ひどい場合は皮膚科等で処置をする必要がある。
■駆除には市販のピレスロイド系物質含有の殺虫スプレー(蚊、ゴキブリ用など)が効果的である。
 
■近縁種
 
柿の葉に生息するアオイラガの幼虫。体長20mm程度仲間として、ナシイラガ、アオイラガ、アカイラガ、ヒメクロイラガなどがある。
食樹の樹幹についている繭はヒロヘリアオイラガのものであることが多い。ちなみに、ヒロヘリアオイラガに限っては繭にも毒がある。

亀の子束子

いやあヤッパリ亀の子束子(たわし)ですね!! 爆!! 

 最近野良仕事が多くって田圃の土が手足や服につき洗い落とすのが大変でした!!
腰がしっかりしていて適度の固さがあり、しかもブラシが緻密なので大変使い易いです!!

 素材も天然物でヤッパリ長持ちします。 昔から束子は亀の子が一番ですね!!
爆!! 

おい!! ラブちゃん君もこれでゴシゴシ洗ってやろうか!! 爆!! 

あらそれ気持ちよさそうね!! でも私は今良い夢見ているの!!
だからそう言う事は、、、、後にして下さららない!!  爆!! 
 

機関車幼稚園バス

機関車トーマス

 前から変な車が走って来ましたよ!!  機関車ですね!! 爆!!
何処かで見た形だと思えばなんだ!! 機関車トーマスですよ!! 爆!! 

  スゴイ車ですね!! 私も是非一度、乗ってみたいですよ!!

 や!! 近くの幼稚園の園児バスですね!! これは素晴らしい!! 爆!! 

や!! ちゃんと後ろの屋根には石炭まで乗っていますよ!!
 
  少子化に伴う幼児の減少は幼稚園間の熾烈な園児獲得競争を惹起し
園児バスにもこんな投資が必要な時代となったのですね!!
 
 でも、私が子供だったらヤッパリこんなバスに乗りたいと思いますよね!!
 いい年をしていても気持ちは同じですからね!! 爆!! 
おいラブちゃん!! 君はこんなバスに乗って見たいと思わないかい!! 爆!! 

 私は遠慮するは!! だってお足が4本あるし、地面に足がついていないとどうも不安だから!! 爆!! 
 
 
 

矛盾

矛盾

 最近はリサイクルばやりの様ですね!! 良く通るこのリサイクルショップなんか段々派手になっています。
 きっとヤフオクにも出しているのでしょうね!! 
 私もヤフオクは時々利用しますが結構良い値でしか落札出来ませんよ!! 
 昔!と言っても7~8年前は1円落札なんて言うのを聞いた事が有りましたが、今は利用者が増えて相場が確定して来たのかもしれません。
 このブログに来て下さる方の中にもブロンズや銀に金の槌をお持ちの方もおられるようで最近の実情もお教え頂ければと思います。
 しかし、今日通ったリサイクルショップに
高価買い取り、激安販売!!

 
と言うのを見て、「ム!! 矛盾だ!!」と
思った次第です。 
 不用品等を高い仕入れ値で買って、それを激安販売出来るなんて言う事は無理ですね!! 
 真実は相場以下の仕入れ値を吹っ掛けて安値で仕入れたものを、相場以上の高値で売り儲けていると言う事なのでは無いでしょうか!! 
 自分でヤフオクに出店して、うまく売り切ればいいのですかヤフオクでうまく売るのは難しいですね!! 
 土地建物と同じで買うはたやすいですか売るのはその細心の注意を払って何倍もの労力を掛けないとなかなか思う値段では売れません!! 
  私もドメインを沢山持っていましたので売ろうとしましたがことごとく失敗しました!!  
 まあ、自分で売るよりもこちらにおまかせしたほうが結果的にましだと言う事なのでしょうね!! 
 以下は矛盾についてのお話です。
韓非子「難編(一)」
楚人有鬻盾與矛者 譽之曰 吾盾之堅 莫能陷也 又譽其矛曰 吾矛之利 於物無不陷也 或曰 以子之矛 陷子之盾 何如 其人弗能應也
訳文 
楚人に盾と矛とを鬻(ひさ)ぐ者有り。之(これ)を誉めて(ほめて)曰く「吾が盾の堅きこと、能く(よく)陥す(とほす)もの莫し(なし)」と。また、その矛をほめていはく、「わが矛の利なること、物において陥(とほ)さざることなきなり。」と。あるひといはく、「子の矛を以て、子の盾を陥(とほ)さばいかん。」と。その人応ふること能はざりき。
 
韓非が『韓非子』のなかで儒家(孔子と孟子)徳治主義の思想を批判し、自説の法治主義の思想の正当性を主張しようという譬え話です。

夏至の太陽

今日は夏至であった。相変わらず太陽さんは元気がない!!
 

見て頂くと分かる様に今日の太陽も活動レベルは最低です。
 
最近の30日の活動情況も相変わらず低迷している事が分かります。下の図です。

 
 時々フアレアーが生じたりしてはいますが総じて活動は低調で人類のみならず地球全体に加えて太陽系の先行きに黄信号が灯っていると言う事の様です。
 
最後は今日の太陽です。
 
 
最後は梅雨の晴れ間に顔を出した太陽さんを励まして「早く元気になってね!!」とお話ししているラブちゃんです。

 

父の日の散歩

今日は父の日です!!   父の日の特例でラブちゃんのお散歩は遠くの公園にいく事になりました!! 爆!! 
 

 池の向こうに藁葺きのお家が見えます!! かなり田舎の様です!!
 

 ちょっと歩くともう休憩です!! きっと暑いのでしょう!!

シロツメクサの一杯生えた広場も有りました!!
 
 今日の散歩を終えてご機嫌のラブチャンです!! 爆!! 

え!! 父の日なんか全然関係ないですって!! 爆!!  そう言う事ですよ!!

お田植え

今日はお田植えです!! といってもたったの10坪の小さな水田です!!

 
  早苗はお隣の田圃で予備に取って置かれたものが不要になったのでいただきました。 キヌヒカリです。
 
 手で植えるのは結構大変ですね!! 二人で1時間ほどかかってしまいました!!

 
  まあどれぐらいがうまく根付くか、そしてこの田圃は1年間休耕田でしたから、きっと雑草の種が一杯残っていて、雑草抜きがきっと大変だと思います。
 
 あー!! 疲れた!! 爆!! でも出来ました!!

今日も頑張った監督さんのラブちゃんです。 お疲れ様!! 爆!! 

 

小鳥トリオ


 庭がチュンチュンうるさいので何事かと思って見ると小鳥さんのトリオが合唱しています。
 
なんとかが三人寄るとかしましいと言いますかこの小鳥さん達も相当かしましいですよ!! 爆!! 
 いったい何故こんな所に集まってチュンチュンピーピーやっているのでしょうか?
 
 まあ雀さん二羽とメジロさん一羽は相当中がよさそうです。
 
  いつまでも三羽で騒いでいます。きっと下に蛇か何かがいて興奮しているのかも分かりません。まあそっと置いておく事にしましょう!! 爆!!  

親指シフトキーボード

朗報です!! 但し親指シフトキーボードユーザーにですが!! 爆!! 

 実は....私が何時も使っているキーボードは普通のJIS配列のキーボードではありません。
 
 上記の様な配列に成っている親指シフトキーボードなのです。
 
   私が30年ほど前に使った最初のパソコンはIBMのJXと言う機種でした。
 
 キーボードの配列は勿論JIS配列でした。一応英文タイプをした事が有りますのでブラインドタッチを習得していましたのでローマ字変換入力をしていました。
 
 しかし当時のパソコンはまだウインドウズが無く、OSソフトはマイクロソフトが開発しIBMが採用したMS-DOSでした。 日本語が使える事自体が売り物でしたが、勿論その日本語の漢字変換はなんと単漢字変換と言う信じられないほど手間のかかる代物でした!!
 
爆!! 
 
 あまりに面倒くさく、一字ごとに打ち込み変換する煩わしさに加えて不要文字がどんどん出てきて肝心の使用頻度の高い文字がずっと最後のほうに成っている事が多く閉口でした。
 
 打ち込む文字数の多い私は習熟も上達も早く、日本語の有効な変換効率の優れた富士通のオアシスと言う機種に憧れていたのです。
 
 当時は一台セットで聖徳太子さんが200名様という高嶺の花でした。
 
 それが随分と、安くなり諭吉さん(当時はまだ聖徳太子が健在)50人で一番お安い機種を入手したのです。
 
 一週間でブラインドタッチを習得して、それ以来25年ほど親指シフトキーボードを愛用してきました。 
 
  打鍵がラクでストレス無くいくらでも文字入力が可能です。もう昔使っていたJISキーボードには戻れません。爆!! 
 しかし、時代の流れでウインドウズが登場し、親指シフトキーボードの機種がどんどん少なくなり今では私の使い易い親指シフトのキーボードにパソコンを設定するのはかなり面倒と成ってしまいました。 
 
 しかし、朗報です。新しいコンパクトな親指シフトキーボードが開発中でまもなくリリースされるそうです。
 
  以下のURLをクリックして、メールアドレスを登録するとその情報が送られて来るそうです。
 
 
  利用者が一人でも増えれば、パソコンのメーカーもそれだけ投資をして親指シフトユーザーがより早くより使い易くなった新しい親指シフトキーボードをゲット出来ると言う次第です。
 
 説明しているホームページは以下です。みなさま是非ご登録を!!
 
 
ページの一番下の方に有るメール情報サービスの文字をクリックして自分のメールアドレスを登録するとキーボードの商品販売関連の情報が送られます。
 
最後の写真は長く愛用していてそろそろ交換した方がよいと思われる13年間愛用している親指シフトキーボードです。

 
 

木の幹とオオミズアオ

 

何の事は無い!! ただの楠の木の幹です!! 
 
 木の生えているのはまさしく兵庫県の東の端にある川西市と言う所の多田(ただ)と言う場所なんです!! 
 
 だからタダの楠木と言うわけです!! 爆!!  
 
 しかし、眺めていても飽きない不思議な枝振りの木の幹だと思いませんか? 
 
 地面から伸びた幹が途中で左右に枝分かれし、その先でさらに細かく分岐し、空に向かって伸び、緑の葉を繁らせています。
 
 当たり前の事ですが!! 爆!!  
 
 言わなくても普通の木の幹ですが、実に素晴らしい芸術作品ではないでしょうか!! 爆!! 
 
 木はまるで踊っている様にも、また笑っている様にも見えるでは有りませんか!! 
 
  私が感心しながら楠木の幹を眺めているとラブちゃんが何か見つけました。 
 
 

 「ちょっとあんた!! こっちには綺麗なオオミズアオさんが居るわよ!! 早くきてごらんなさいな!!」 ですって!! 爆!!

人面蛾?

珍しい蛾がいました!! まるで人の顔の様に見えます!! いったいなんと言う蛾でしょうか?

他にもいろいろ珍しい蛾 を良く見かけます。
名前は分かりませんが写真だけご紹介します。
分かる方があったらご教授をお願いいたします。m(_ _)m 

上の写真の蛾はガラス窓の外に止まっている所を内側から撮影した写真です。珍しくお腹の側が写っています。
 

 日本に生息する蛾は数万種類いると言われます。
ですからそれを全部網羅した図鑑はお目にかかった事が有りません。
ネット上にもいくつかの蛾の図鑑が有ります。
そこで蛾の種類探す事は可能かもしれませんが....
 
  実際にはあまりに種類が多くてイチイチ探しているといくら時間があっても足りません。
 
 興味のおありの方はこちらのサイトです!!
 
 みんなで作る日本蛾類図鑑   http://www.jpmoth.org/index.html
 
サイバー昆虫図鑑      http://www.insects.jp/konbunringa1.htm
 
  おいラブちゃん君に暇があったらこの蛾がなんと言う種類なのか確かめて来れないかね!! 爆!!  

「私ね、忙しいの!! またにしてくださいな!!」 爆!!  
 

尺取り虫

庭の春蘭の鉢に尺取り虫さんがおられた!! 爆!! 

 葉から葉へと上手に綱渡りがおできになる!!
 ラブちゃんが感心していました!! 

 いったい何を感心しているのでしょうか!! 爆!!  

五本目の畝ができました!!


前回ご紹介した6月4日と少しも変わっていない
 
ですって!! 爆!! 
確かに前回はこうなっていましたね!!

見た目には少ししか変わっていませんがこの間には沢山の汗が流されているのです!!
   鍬で大きな土の固まりを砕き、さらに細かく砕きます。 そして有機の消石灰を入れて小さな耕運機で2から3往復して土をかき混ぜながらさらに土を細かくし草の根を除きます。
 
  さらにそのあと堆肥を約100ℓほど加えまた小さな耕運機で耕します。
  大きなトラクターであれば一瞬ですが、小さな小さな耕運機では6往復ほどしなければ成りません。
 
 攪拌出来る幅が狭く、深さも浅いのです。深く耕すには秘策があります。 耕運機の刃は進行方向に回転していますが、この前進しょうとする耕運機を後ろに強引に引っ張るとかなり深く耕せるのです。
 相手は機械で最高回転している物を満身の力を振り絞って後ろに引き戻します。こうしないと30㎝の深さには耕せないのです。ものすごい汗がでます
 
 そうしてヒラスコで畝を整えてたのです。 これだけの作業に丸々1週間がかかっています
 監督さんのラブチャンの最終チエックが入りました!!

 どうやら!! オッケーの様です!! 爆!! 
 
あとはマルチのシートを掛けるだけです!!
 
はい漸く五本目の畝が完成しました!! 

 一番左は教会に来る人が家庭菜園に使っています。
 
次の二本目の畝がおもにカボチャ、そして三本めが鳴門金時で四本目はトウモロコシで今日出来た五本目の畝のマルチのシートが輝いています。
ここには枝豆(大豆)でも植えることにしましょう!!
 「ご苦労さま!!」と言って監督さんがお茶を入れてくださいました!! 爆!! 

さて次は、里芋の畝作りにかかります!!  爆!! 
 

ノコギリクワガタ

今日は珍客ですよ!! 爆!! 
 暑くなった為かノコギリクワガタさんが玄関にお越しです!!
さっそくラブちゃんが歓迎しましたがどうも折り合いが良くない様です!! 爆!! 

 
   ラブちゃんは女の子なんですね!!  全然興味が無い様です。
たぶん数年前に枯れてしまい、3年ほど前に切り倒した太い台場クヌギの幹で羽化したのだと思います。
 
 毎年クワガタや甲虫が沢山来るので日曜日にやってきた子供たちが欲しがればあげる事にしましょう!! それまで虫かごに収容です!!

ラブちゃんは虫よりお花のほうがよっぽど嬉しい様ですよ!! 爆!! 

 

源氏蛍


  ラブちゃんのお散歩コースに蛍が飛び始めました!!  これです!! 爆!! 
 緑色の光跡ですが、しようが有りませんがこれが精一杯です!!

こんな物ですね!! 爆!! 


 でも朝のお散歩でもいましたので撮っておきました!!

 昼間に撮るとこんな場所です、ラブちゃんは蛍さんに満足している様です!!

虎渓の庭


虎渓の庭
 先日浄土真宗のお勉強に西本願寺に行ってきました!
 教えはキリスト教と瓜二つだと聞いていましたが偉い先生からお話を聞いて本当に驚きました! まさしくキリスト教と同じ教えですね!! 爆!!  
 今日ご紹介するのはその折り案内された書院で国宝が所々に有りますが全て撮影禁止でした。
    京都御所や二条城にもよく似た建物が有りますが豪華な作りと規模に驚きました!
   浄土真宗の栄えた往時の国家をも凌ぐ強大な勢力を偲ばせる建築物でした!
   特別名勝になっている虎渓の庭だけが撮影が可能でしたのでご紹介します。
 中国廬山(ろざん)のふもと虎渓を模して造られた枯山水の庭園です。 
江戸初期に作られ、後ろに見える巨大な本願寺御影堂の屋根を廬山に見せた借景の技法が取り入れています。
  浄土真宗本願寺のサイトは以下です。 
撮影禁止の国宝の数々はこちらのサイトをご覧ください。
http://www.hongwanji.or.jp/about/kenzo/12.html

イソヒヨドリ

 最近よくイソヒヨドリさんを見かけます!!

 
   窓のすぐ外に来てくれましたが残念ながら日陰で逆光です!!
どこかこの近くに営巣しているのでしょう!!
  

 やっと明るいところで撮影出来ましたが....残念ソッポを向いています!!

 やっと少しまともな写真が撮れました。爆!! 
 こちらは雌の様でです!!

 私がイソヒヨドリさんを撮っているとラブちゃんが「私とイソヒヨドリさんはどっちが綺麗!!」と自己主張です!! 爆!! 

枝切り

 注文の多い人が一人いて、庭がどうにも樹木の影になって洗濯物や花や果樹が心配なので早く枝を切れと言うのです!!

 
 確かに木が生い茂っていますよ!! おかげで柚子やビワにハーブや洗濯物に日が当たりません!! 仕方ないやるか!! 爆!! 
    

    台場クヌギの枝が3年で10㎝位の太さになり長さも4~5メートルになっていましたのでばっさりと切り落としました!! 以前は6本有りましたが切り過ぎて2本が枯れ、影を落としているのは2本だけです。残りの もう一本に写ってさっそく枝の切り落としです。

 切り落としに使ったのは大引き鋸です。 昔の炭焼きが使っていた60㎝位の長さの鋸です。 もうすっかり錆びていましたので万力に挟んでヤスリで目立てをして、そして金槌で歯を交互に曲げてなんとか切れる程度に成りました!! 錆びていなければもっと切れ味がいいのですかまあクヌギの枝を切り落とすにはやはりこれが一番ですよ!!   かなり太い枝でも片手で軽く数回引けば簡単に切れてしまいます。爆!! 
  ヤッパリ道具ですね!! 枝落としはあっと言う間に終わりました。 ですが問題は落とした枝の始末です。 大きな枝をそのまま引きずってお向の山の堆肥置き場に運んで終わりです。

  スゴイ量ですよ!! 4~5メートル位に積みあがりこんな山になってしまいました!!  これでまた2年ほど切らなくても済みそうです!! 爆!! 
 おおラブちゃん今日も監督ご苦労さま!!

  ラブちゃんは明日にも咲きそうな笹ユリさんのところであきれています!!  ラブチャンと笹ユリさんは仲良しの様ですよ!! 爆!! 

畝作り

今日もお日様と一緒にラブちゃんの散歩です!!

 
ラブちゃんのお散歩が終わると野良仕事が待っています。 
 
  朝や午前中に夕方等時間を作っては野良仕事です。時々助っ人があられわて畝作りが進められます!!

 左側の3本の畝は完成して茄子や胡瓜にカボチャやスイカにさつま芋が植えられています。
 
   今作っているのは4本目と5本目の畝です。
4本目は耕し終わり、石灰も堆肥も加えて後は成形してマルチのシートを掛けるだけになっています。ここまで来るのに二人掛かりで1週間もかかっています。
 一番大変な作業が右端の5本目で進めている草の根きりとスコップでの土の掘り起こしです。何が大変かと言うとやはり重労働です!! 
 休耕田の堅くなった土に大きなスコップに足を掛けて地面に踏み込みながら地面に突き刺しはびこった雑草の根きりをします。そして三方の根切りが終わるとスコップで土をこでて掘り起こすのです。

休耕田の土は固いし重たいのです。その次に土を掘り起こしますが一すくいの重さがまた凄いのです。
 

これ一すくいどれぐらいの重さがあると思われますか!! 湿った土が縦横やく20㎝で深さが約25㎝ほど有ります。 

この大きさの土塊です。 6リットル位の体積が有ります。土の比重は5位有りますから単純計算で6ℓ×5=30㎏です。 重いのですよ!! 
 
  大体大型犬のラブちゃんの体重と同じぐらい有ります。畝の幅が1m20㎝ほど有りますから畝を20㎝作るには六杯のスコップの土を掘り起こすわけです。すると180㎏の土を掘り起こす事になります。これが40メートルの畝になると200回繰り返すわけですから36トンの土を耕す事になります。10トンダンプ約4台分ですよ!! 

一畝でこの作業量です!! だから畝の土を掘り起こすのが一番大変です!! 
 頑張って今日になって漸くまた一畝ぶんの土を掘り起こす事が出来ました!! 
 
  あー!! 良い汗かいた!! 爆!!  

 今日も人足さんの監督をしていたラブちゃんです!! お疲れさま!! 爆!! 

 

集中豪雨

今日は大気が不安定だとラジオが言っていました!! 車を運転していると、や!! 一天俄にかき曇り、雷が鳴ってあたりが暗くなってきました!!
 

 
大粒の雨がパラパラパラと降り出しました!! 粒が大きいですよ!! ワイパーを一番速くしても前が見にくいですね!!
 

 
  すごい雨ですね!! 集中豪雨ですよ!!

 
  さすがにこれだけ降るとちょっと恐いですね!! 爆!! 

 ワイパーの後にこんな水が走るのは今まで見た事有りません!!  

 水しぶきで路面から2~30㎝がぼやけています。路面はまるで川です!!
 あたりの車がすくなっなり漸くお家に無事帰り着きました!! 雨なのに日が射しています!!
 

  スゴイ雨でしたね!! ラジオのニュースでは兵庫県南部や大阪府では40㎜~70㎜の猛烈な雨が振っている所があると言っています。

山椒の佃煮

   昨日は我が家の山椒の実が500g取れた事をご紹介しました!! 今年は随分と少ないので道の駅に行って買ってきました!!
 
    700gほど買ってきました!! 丁度千円ほどで我が家で取れた分を合わせると1.2㎏ほどです。
 
  さてこれを佃煮にするには房に成っている実をほぐさなければ成りません。

   別にほぐさなくても佃煮に出来ます。しかし、山椒は大変きついのでうっかり5粒ほどをまとめて口に入れて噛むと大変な事になります。
  そう、喉がしびれてしばらく息が出来なくなります。
 
 だから、山椒の実をほぐしておかないとかなり問題なのです。
 
  ほぐし終わるとサッと水洗いして水を切り鍋に放り込みます。後は醤油を入れて煮るだけです。

  このときアクを取る為に水炊きしてその水を棄てる人も在る様ですが私はしません。 野の物はあの強烈な苦みが魅力的だからです。
   どのぐらいお醤油を入れるかと言うと山椒の実がほぼひたひたに成る程度です。
 

  この他に、みりんや料理酒を加えると少しうま味が出ます。後は強火でしばらくぐつぐつと煮ます。
 

    一度火を止めて半日ほど放置すると醤油の味が山椒の実によく染み込みます。
    そうして今度は弱火でぐつぐつ煮て水分を飛ばします。あと少しで水分が飛んで焦げ始める前に火を止めます。
 はい!! 山椒の実の佃煮の出来上がりです。簡単でしょう!! 爆!! 

  後は適当に保存瓶などに詰めて冷蔵するだけです。
  これだけあっても我が家では半年位で無くなってしまいます。料理に使ったり、納豆などの薬味にしたり、塩昆布の様にしてご飯と一緒にいただきます。 でもうっかり沢山口に頬張ると恐いですよ!! 喉が完全にしびれてしまい5分ぐらい本当に息が出来なくなります。でもおいしいですよ!! 爆!! 
 
 

山椒の実

そろそろ山椒の実が取り頃になりました!!

 
山椒の木には刺の在る物と無い物が有りますが我が家の実の成る雌木はどう言うわけか刺の無い朝倉種は一本だけで後は皆刺が在ります。 
 すさまじい刺ですので素手で実を取るとひどい目にあいます。そこでこんな風にして山椒の実を取ります。 

丈夫な牛のなめし皮でできた手袋を両手にはめます。親指の先をご覧ください。何か刺さっているでしょう!! そうあれは山椒の刺です!! でもこの手袋は長く使い込んであり、皮に土などがこびりついていて刺は皮を貫通しません!! この手袋をはめた片手で刺だらけの山椒の枝をバリバリと掴んでもう一方の手で実を毟り取ります。

それを地面に置いた笊に落とし入れます。 こうして山椒の実を集めるのです。
 恐いのは刺だけでは有りません。山椒の木にはどう言うわけかこう言うお客さんが良くいます。

そう、足長蜂です。 これに刺されると痛いですよ!!それに何度もかまれると噛まれたなあとが拠り酷く腫れるのです。 山椒の木には本当に良くいますので要注意です。
 でも先に巣を落として踏みつぶしてしまってありますのであまり酷い攻撃はしてきません。

  うっかり巣のある所に近づくと攻撃されますので要注意です。
 山椒の木にはもういっぴき良く居る生き物が有ります。こちらです。

アゲハチョウです。山椒や柑橘類にタマゴを産みつけます。そして1月ほどすると巨大な青虫に成ります。 
 なんとか実を全部摘み取る事が出来ました。 今年の収穫は約500グラムです。

 今年は実の成り方がかなり少ないですね!! やはり天候が原因でしょうか? 
 
  山椒の実は佃煮にしますが、幼い頃から山村で山椒の実とともに育った私にはもう少し必要です。
 
 明日は山椒の実を買い足して山椒の実を佃煮にする事にします。 
 
プロフィール

油食林間

Author:油食林間
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR