FC2ブログ

地域独占電力の横暴値上げ

いやあやっぱり独占企業は姿勢が違いますよね。湯水の様に設備投資を行い、挙げ句の果てに
 
不良債権にすぎない原子力発電のうま味にのめり込んでも、平然と値上げで大儲けですからね。
 
 言う事が気が聞いていますよ。「原発事故のおかげで再生エネルギーを買う羽目になり電気の
 
原価が上がりました。だから皆さん値上げします。」 ふざけていますよね。
 
 そして、言う事があくどいですよ。「だから金が儲かる原子力は止められませんよ。」と言う次第です。
 
下は電力消費者を愚弄したあげく、増長して値上げを消費者に押しつけて平然と開き直る
 
平静のやくざ企業の横暴を糾弾できず、スポンサー電力会社の言いなりで一言の苦言も呈する事の
 
出来ない使命を放棄した頽廃的な報道を平然と行っている腑抜た数多のネット記事です。
 

電力10社、一斉値上げ=再生エネ費が増加―5月

時事通信 3月30日(月)19時0分配信
 電力10社は30日、5月の電気料金を発表した。太陽光など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づき、料金に上乗せする費用が増加するため、標準的な家庭の料金を12~156円引き上げる。10社の一斉値上げは1年ぶりとなる。
 原油など火力発電の燃料価格が低下していることから、10社の5月の料金は93~223円押し下げられる。ただ、再生エネの買い取り費用が、同月から410~474円と4月の2倍以上に膨らむ。差し引きすると、燃料安の恩恵が吹き飛ぶ。 

固定価格買い取り制度とは

kotobank
NHK(2014年10月14日)
ダイヤモンド・オンライン(2015年3月23日)

ガス料金は値下げ

標準的な家庭のガス料金の値下がり幅は前月比85円~118円で、大阪が最大。産経新聞(2015年3月30日)
時事通信(2015年3月19日)
スポンサーサイト



富士山ライトアップ轟々非難で中止に!

いやあ馬鹿なことを考える人がいたのですね。 まあどこかの国には金儲けの為に賭場を
 
導入しようと言う首相や知事が居るぐらいですから仕方がないのかも知れませんね。
 
  だいたい、夜間照明そのものが光害だという認識が無いのにはあきれます。何よりも
 
困るのは私のような天文好きには星が見えにくくなってどうしょうもありません。 また植物
 
は一定時間以上の照度で夜間照らすと時計が狂って開花や結実が無くなって大問題です。
 
更に、昆虫や鳥達は勿論家畜や人間にも不眠症や不妊を初め精神や肉体への悪影響は
 
計り知れない物なのです。 その上無駄な電力消費は危険な原子力発電を増長させますから
 
100害あって一利無しと言うのが結論です。 勿論一時的な観光収入が見込めるかも
 
知れませんが失う物が多すぎます。 以下は非難轟々で取りやめになった富士山ライトアップ
 
事業の愚を報じるネット情報です。
 
 
「反対される方がいる中で、無理に実行するつもりはありません」とコメント。 [ねとらぼ]  物議を醸していた富士山のライトアップ計画について、提唱していたベンチャー企業パイフォトニクスが中止を 表明 した。 パイフォトニクスのコメント  富士山を山頂付近を裾野から遠隔照明システムで...
剣に議論する機会をどこかで設けたいと思います」と コメントしている 。 反対意見を受けてのコメント...
 

多数の反対の声

Facebook
Togetter

どんな計画?

「光技術は企業や行政、アーティストなど、さまざまな分野の人を結び付け、融合させることができる。中国や韓国との協力も可能で、国際平和にも貢献できるはずだ」。中日新聞(2015年3月18日)
※リンク先が削除されている場合があります。
    産経新聞 2015年3月29日 15時30分
<観光イベント>春本番880人ウオーク 伊豆の国の大仁駅スタート、富士山くっきり [写真]
伊豆新聞 2015年3月29日 10時58分
吉田河口湖バイパス供用開始 富士噴火時は避難路に
産経新聞 2015年3月28日 7時55分
<狭山茶>茶摘みに向けて茶木の「お化粧直し」 埼玉・入間 [写真]
毎日新聞 2015年3月27日 16時0分
登山道の収容力研究追加 富士山安全対策
@S[アットエス] by 静岡新聞 2015年3月27日 8時23分

特殊潜行艇回天の悲劇!! 

特殊潜行艇の回天と言えば父を思い出します。
 
 昭和18年に徴用された父は豊川海軍工廠の光学部(現ニコン)で特殊潜行艇回天の潜望鏡を作っ
 
ていて、終戦の年の8月7日にB29の重爆撃で9死に一生を得た経験の持ち主でした。
 
  その後は深夜にフラッシュバックする重爆撃の深刻なPTSDで20年間ほど廃人そのもので、
 
全く働けず家族は貧困のどん底に陥れられました。悲劇は特攻隊員だけではなくすそ野の広い
 
悲劇が起きていたのです。
 
以下は特攻隊員の生き残りの方々だけを取り上げた見識の無い片手落ちで配慮と洞察力の足りない
 
記者によって作られたネット記事です。
 
 

「回天」で散った命弔う 慰霊式に松前の元潜水艦乗組員出席

愛媛新聞ONLINE 3月29日(日)8時33分配信
 第2次大戦末期、旧日本海軍の人間魚雷「回天」の出撃を直接知る愛媛県松前町上高柳、清積勲四郎さん(86)らによる回天搭乗員の慰霊式が28日、山口県周南市大津島の市回天記念館であり、中国地方や関西の遺族ら約20人が出席。生還を期さない戦いに投入された若者たちを弔った。
 回天は全長14・75メートル、直径1メートルの魚雷に1人が乗り、敵艦に体当たりする特攻兵器。
 清積さんは回天を搭載して南方に向かった潜水艦「伊58」の元乗組員。まだ16歳で、生活の世話が任務だった。伊58が1944年12月~45年8月、回天を載せて出航した計3回のうちマリアナ諸島方面など2回に乗り組み、伊58から出た回天9基(生還者なし)中、5基を送ったことになる。
 毎年開く伊58の戦友会で記憶を語り継いできたが、出席者が減り2000年に途絶。回天の訓練施設があった大津島での慰霊式は、清積さんら有志数人が02年から毎年続ける。
愛媛新聞社
【関連記事】

<人間魚雷>回天搭乗員へ「今の平和報告」慰霊祭参加2人に

毎日新聞 3月29日(日)12時0分配信
 旧日本軍の特攻兵器、人間魚雷「回天」を搭載した「伊号第58潜水艦」の元乗組員や遺族らが28日、基地のあった山口県周南市の大津島を訪れ、慰霊祭を開いた。慰霊祭を始めた当初15人ほど参列していた元乗組員は戦後70年を迎え、京都市伏見区の中村松弥さん(89)と愛媛県松前(まさき)町の清積勲四郎(きよづみ・くんしろう)さん(86)の2人だけに。「回天の搭乗員たちのおかげで生かされてる。70年過ぎた今も平和であることを報告したい」と手を合わせた。

 中村さんは19歳で志願して海兵団に入った。16歳の清積さんも中村さんと同じ伊58に配属された。回天を前線のグアムやフィリピン沖まで運ぶのが任務。終戦間近の45年7月、伊58は回天6基を乗せて出港した。中村さんは、艦長に代わって、回天に乗り込んだ搭乗員へ電話で指示を伝えていた。

 「最後に言うことはないか」。発進直前の搭乗員に艦長は必ず聞いた。「長い間お世話になりました」。そう答える搭乗員の表情は分からなかった。中村さんは「気持ちまでしっかり伝えたい」と、大声で艦長に返した。この時、18~23歳の搭乗員5人が出撃し帰らなかった。

 中村さんは戦後、搭乗員の「最後の言葉」を思い出すようになった。「家族にも言いたかったやろうに」。55年ごろから、仕事が休める正月に大津島を1人で訪れるようになった。清積さんとは88年に再会。参列する元乗組員は年々減り、元乗組員は清積さんと2人になった。花が開き始めた桜の木の下で、清積さんと一緒に回天碑に祈りをささげた。【蒲原明佳】
<人間魚雷>回天搭乗員へ「今の平和報告」慰霊祭参加2人に写真 毎日新聞 12時0分 天皇皇后両陛下、パラオから生還した元日本兵の男性2人とご懇談映像 フジテレビ系(FNN) 23日(月)4時50分 戦後70年・ペリリュー島激戦 両陛下、生還兵2人に「本当にごくろうさまでした…」 4月にパラオ慰霊のご訪問 産経新聞 22日(日)16時53分 【戦後70年】邑楽・清岩寺で日米合同追悼式 平和への思い新た 産経新聞 22日(日)7時55分

中村さんが振り返る「最後の言葉」

「最後に言うことはないか」。発進直前の搭乗員に艦長は必ず聞いた。「長い間お世話になりました」。そう答える搭乗員の表情は分からなかった。毎日新聞(2015年3月29日)

なぜ「回天」が投入されたのか

「天を回らし、戦局を逆転させる」という願いを込めて、人間魚雷「回天」は誕生した。山口県周南市
時事ドットコム
戦争を語り継ぐ
ハフィントンポスト

小説や映画にもなった「回天」

棺おけ……、ですね。「これ、人が乗るの?」って思いました。僕は意外に体ががっちりしているほうなので、狭いんですよ。回天は、中からは絶対に開けられない構造になっているので、ふたをと閉められると「どうしようこれ、ほったらかしにされたら……。」と怖かったですね。シネマトゥデイ
読書メーター

ワシントンの桜祭りに特ア国いちゃもん

 日本は入り口から桜かな!! とは俳人一茶の句ですがほんとうに日本らしい花です。
 
日米友好の印として東京都から送られた2000本の桜が見頃を迎えているというのですが
 
妬みと嫉妬に膨れ上がったお隣の2角国がいちゃもんを付けていると言うのです。
 
  まあ、この二つの国は一々相手にしていては国家の品位が下がるだけですから放置するのが
 
 
賢明である事は間違いありません。 以下は今年も見事な花を付けたワシントンポトマック河畔の
 
桜の美しさと国家エゴの醜さを対比して報じるネットニュースです。 
 
 

日米交流史の象徴・ポトマックの桜にまでケチをつける韓国と中国

nippon.com 3月27日(金)11時56分配信
米国にも日本生まれの桜「ソメイヨシノ」の名所がある。首都ワシントンのポトマック川の並木である。1世紀以上前に東京市から贈られたもので、その後の日米関係の激動も乗り越え、今や約2000本。毎年3月下旬の開花期に併せ、「全米桜祭り」開かれる。

【桜物語】ポトマックの桜、“日米交流史”の象徴 (nippon.com)

「全米桜祭り」は、毎年70万人以上の人が参加する首都ワシントンDC.の春の大事な行事となっている。主催は、ナショナル・チェリーブロッサム・フェスティバルInc.。3月最後の土曜日のファミリーデーから2週間開催される。祭りの最中には、寿司や日本酒に関する講義、アニメ・写真などの展示、落語など文化公演、着物のファッションショーなどが多彩な催しが繰り広げられる。人気の「スミソニアン凧(たこ)揚げ大会」も祭りの最初の週末に行われる。

一方、「全米桜祭り」の一環として在米日本大使館やワシントン日米協会などが主催しているのがストリートフェスティバル「さくらまつり」。いうまでもなく、アメリカ最大の日本文化祭となっている。在ワシントンの日本人、日系人社会が一丸となって長期計画をたて、毎年「さくらまつり」を実施している。

ところが、近年、「全米桜祭り」に異変が起きている。韓国、中国などが「全米桜祭り」をアジア系の大きな行事として位置づけ直すよう働きかけているからだ。

特に、韓国側は、ソメイヨシノは日本産ではなく韓国産であるとして、そのことを明確にするよう米国政府に働きかけをしているという。それだけではない。日本の桜自体が、済州島原産のものであるという学説さえ流しているのである。
100年前、日米両国関係者の想いと熱意
桜をワシントンに最初に持ち込もうとしたのは、ナショナル・ジオグラフィックス協会の女性理事で紀行作家であったエリザ・シドモアさんだった。女史は1885年、日本への旅行後、公共施設などの管理をしていた米陸軍に対して、埋め立てが行われたポトマック川畔に桜を植樹するよう提案した。提案は、何度も拒否され、実に24年間にわたる長い要望の末に実現する。

ポトマックの桜「100周年」を在米日本大使として迎えた藤崎一郎氏によると、桜植樹の話が急展開した功労者の一人は、水野幸吉ニューヨーク総領事(当時)だったという。水野氏は日露戦争で在留邦人保護に尽力した人物で、日露戦争を講和に導いた米国に対する恩義を強く感じていた人物でもあった。

水野氏はシドモア女史とも知り合いで、桜植樹の提案を熟知しており、1909年4月にワシントンへ出張したとき、シドモア女史と、ワシントンに偶然に滞在していたアドレナリンの発見者である高峰譲吉博士と3人で話す機会があった。高峰博士は当時、ニューヨークにおける日本人社会のリーダー的存在であった。

この会合で、シドモア女史から「タフト大統領夫人がポトマック川畔への桜の受け入れを歓迎した」との情報がもたらされ、話がとんとん拍子に進むことになった。高峰博士や水野総領事らは、移民排斥などでアメリカ人の反日感情の高まりを懸念していたこともあり、日本政府への桜の移植を強く働きかけることとなった。

桜の木の移植に動いたのは当時の尾崎行雄・東京市長。小村寿太郎外相の依頼を受け東京市は1909年8月に桜の米国移植関連予算を決定する。尾崎市長は当時、大変な”国際派“としても知られ、日露戦争終結のポーツマス条約締結で米国に世話になったという認識を抱いていた。

日本国内でのすべての準備が整い、1910年1月、2000本の桜の苗木が海路でアメリカに移送された。しかし、長い航海の途中、多くの桜が病害虫に侵され、ワシントンに到着はしたものの、防疫検査を通過できず、すべてが焼却処分された。

しかし、尾崎市長はこれにめげることなく、害虫に強い桜を確保するよう指示を出して再挑戦する。東京の荒川堤で採集したソメイヨシノをはじめとする五色桜を穂木として、兵庫県伊丹市東野地区の台木に接木し、健康な苗木を作り上げる。さらに青酸ガス薫蒸で害虫駆除も念入りに実施した。

一年以上かけて育てられた桜の苗木3020本は、1912年2月に横浜港を発ち、無事にワシントンに到着。同年3月27日に記念植樹が行われ、ヘレン・タフト大統領夫人が出席した。長期の航海にもかかわらず、病害虫に侵された桜が一本も見つからなかったことに、米側検疫官は感嘆したという。

最初に贈られた3020本の桜は12種類で、現在ではソメイヨシノとカンザンが多くを占める。また、ワシントンDCの人工湖タイダルベイスンの周りには現在までに、約3750株の桜が植えられ、イーストポトマック公園とワシントン記念塔周辺にも桜が立派に育っている。

ちなみに、伊丹市の東野には「里帰り桜」の木がある。日本から桜がワシントンに贈られてから90周年に当たる2003年に、ワシントンの桜の苗木がその記念として伊丹市に贈呈されたものだ。
 
積み重ねたものこそが歴史
ポトマックの桜は、米国に、特に首都ワシントンに見事に根差した。現在の親密な日米関係の象徴ともいえる。それゆえに、それを自分のものにしたいというのはいささか子供じみた発想としか思えない。

この2000本の桜が、この地に移植され、愛されるようになるまで、多くの日米の関係者の苦労があった。日露戦争後に日米関係がピーク時から急転直下、険悪期に向かう中、両国のきずなをつなぎとめておこうという無数の思いが、あの大戦争をも乗り越えて、現在、満開の桜を咲かせているのである。

歴史とは、困難な時期においても積み重ねたものの結果であり、こればかりは横から手を伸ばしても手に入れることができるものではないのだ。

nippon.com yahoo別館(infoseek別館)
 

ヤフオクにゲームソフト等1220本100万円で!

いやあ、すごい人が居るのですね。 パソコンのゲームソフトなどが1220本も出てますよ!!
 
どうしたのでしょうかね、こんな大量のソフト!! 買っても全て使えたとしても一生かかっても
 
制覇出来ない分量ですよね。たとえ一週間に1本クリヤできたとしても、1年で僅か52本、40年
 
やり続けても2080本ですよ。気が遠くなりそうですよ。 でもまあ博物館や収集家には垂涎の
 
オークションと言う事でしょうか?
 
 以下は世の中にはご奇特な方がおられるのだと言う事を考えさせられるネットオークションです。
 
 

 








就活は馬鹿面接官がバカな方法で馬鹿選び!

首相も馬鹿、そして代議士も判事も官僚も社長も馬鹿ばかりとは良く言ったものです。
 
え!! 誰がそんなことを言ったのか? ですか、そりゃあ馬鹿に決まっていますよ。 爆!!  
 
余計な冗談はさておき、昨今の企業面接が馬鹿らしいというネット記事を見つけました。 
 
 結論は 「馬鹿な面接官がバカな方法で馬鹿ばかり選んでいる。」と言うのです。 勿論
 
こんな面接官を選任した人事担当者やそんな馬鹿を経営の要の人事責任者に選んだ社長や
 
経営者が馬鹿である事は違いません。
 
  そして、はっきりと言ってこんな馬鹿な集団が製造した家電製品や自動車に住宅などを
 
購入している国民は更に馬鹿だという事なのです。 え!! 「世界の他の国よりましだ!」
 
ですか? いや世界の他の国よりも馬鹿さ加減はひどいのではないでしょうか? だって
 
他の国は企業やその責任者に為政者が馬鹿だと言う事を重々知っていますが、日本人は
 
そんな常識も無いのですからその馬鹿さ加減が分かると言うものです。 
 
  以下は馬鹿な経営者が馬鹿な人事担当者を選任し、その人事担当者が馬鹿な
 
面接官を立てて、ますます馬鹿な社員を採用しているという馬鹿な事を伝えている
 
馬鹿馬鹿しいネットニュースです。 爆!! 
 
 

この国はきっと滅びる!就活のバカたち 学生もバカなら、面接官も大バカ

3月25日(水)12時11分配信
 すました顔で嘘をつき、〝自己分析〟にハマり、面接で臆面もなく大声を出す学生たち。「面白い奴が欲しい」と、頓珍漢な質問をして悦に入る面接官たち。こんな茶番、いつまで続けるつもりなのか。
他人に語れるような人生なのか
 今年も学生たちの就職活動が佳境に入った。街角でリクルートスーツ姿の若者を見かける機会が増え、思わず心の中で応援するという読者も多いに違いない。

 いま、企業の採用面接で必ずと言っていいほど行われるのが〝自己PR〟だ。読んで字のごとく、学生が自らの人となりを初対面の面接官にアピールすることで、面接が始まって最初に行われることが多い。

 「では、あなたの強みを教えてください。1分以内でお願いします」

 と面接官が尋ねると、学生は作り笑顔でこう答える。

 「はい。私の強みは、みんなをまとめるリーダーシップがあることです。私はテニスサークルで副部長を務めていました。合宿の企画や引率などを通して、人の意見をまとめることの難しさを学びました。サークルで培ったリーダーシップを、御社でも役立てたいと思っています」

 もちろん彼は、あらかじめ暗記した回答を吐き出しているだけだ。しかも〝副部長〟という部分は誇張されている。実際は平部員だが、どうせわからないだろうと高を括っているのである。このような誇張は「話を〝盛る〟」と呼ばれ、就活生の常套手段だ。

 一方面接官も面接官で、ふむふむ、と頷きながらメモをとるフリをしつつ、ろくに話を聞いていない。〝サークル〟〝副部長〟という言葉が出てきた時点で「また同じか」となるからだ。某大手IT企業の採用担当者は、「何百人も面接をこなしていれば、『盛っている』ことはすぐにわかります。少し突っ込むと、話が急に曖昧になる。多いですよ、そういう子は」と語る。

 作家の曽野綾子氏は、そんな嘘にまみれた昨今の就職活動の様子を深く嘆いている。

 「今の採用面接は、本人の美点ばかりを聞いて、学生は準備した模範回答を淀みなく答える。採用する側も面接を受ける側も嘘っぽい。そんな面接をしたところで、専門知識以外の教養や人としての厚み、個性がわかるはずがない。これでは、本当にその人のことを理解したとはいえません。

 自分の美点を人前で恥ずかしげもなく披露できる人は、他者の視点で自分を見ることができていないということです。だから平気で『自分はリーダーに向いています』なんて面接で言ってしまう。周囲は『出しゃばりな奴だな』と思っているかもしれないでしょう。自分のことをこうだと思い込むと、結局は自分勝手で幼稚な自己表現しかできなくなると思います」

 都内のW大学に通う男子学生は、ある企業で受験した5人1組の集団面接で、この「幼稚な自己表現」を目の当たりにした。

 「自己紹介を求められた途端、端の席にいた男子学生が勢いよく立ち上がり、『はい! 僕は大学で演劇を始めました。ずっと暗い性格でしたが、演劇を始めて別人に生まれ変わることができました! 』と、部屋中に響き渡る大声で話し始めたんです。

 みんなあっけにとられていましたが、考えてみると彼の回答はおかしい。演劇をやっていることはアピールできていても、全然自己紹介になっていません」

 彼がこんな行動に出た理由は、面接での過酷なPR合戦を乗り越えるために、学生たちがこぞって取り組む〝自己分析〟にある。自己分析とは「これまでの人生を徹底的に振り返り、自分がどんな人間かを語れるようにする」ことだ。就活の現状を是正することを目的としたNPO〝DSS〟代表で人材コンサルタントの辻太一朗氏が解説する。

 「『小学校時代にいちばん悲しかったことは何か』『自分の嫌いなところはどこか』『10年後、自分は何をしていると思うか』こういった、一見他愛のない、しかしよく考えると答えようのない設問に答えることが〝自己分析〟だとされています」

心にもないことを言わせる

 つまり先の学生は、自己分析で「演劇」が自分にとって最も重要だという結論に至り、何を聞かれてもその話をしていたわけだ。

 「面接対策として、ある程度の自己分析をする必要はあるかもしれません。しかし、没入しすぎて『自分はこういう人間だ』と自己暗示をかけ、それに縛られてしまうことが多い。せいぜいバイトかサークル活動といった浅い人生経験で、自分はこういうタイプの人間だと決めつける。自分で自分の可能性を狭めてしまうことにもなります」(辻氏)

 二十歳そこそこの若者が、必死で禅問答に取り組み〝自分史作り〟に励む。その姿は、大人から見ればどこか気味が悪くもある。

 周りが見えない就活生は、時に他人にも悪影響を与えてしまう。ある大手銀行の人事担当者は、選考の現状に忸怩たる思いを抱いている。

 「最近では、面接にかかる時間を短縮できるため、5人程度の学生に議論をさせるグループディスカッションを行う企業が多い。

 しかしこれをやると、学生はみんなグループ内のポジション取りに汲々としてしまって、結局公正な評価ができないことがある。マニュアル本に『場を仕切ると高評価につながる』と書かれているんですね。

 そして、仕切りたがる学生に限って人の話を聞こうとしないから、議論も成立しなくなってしまう」

 面接で〝変化球〟の質問が飛んでくるのも定番になっている。学生たちは、ここで何とか上手いことを言おうと腐心するのだが、その問いの内容をよくよく見ると、滑稽なものばかりだ。

 都内のO女子大学に通うある就活生は、複数の企業の面接で「いま、1億円手に入ったらどうしますか?」と全く同じ質問をされ、流石に呆れたという。

 「『全額寄付します』って答えたときは、面接官に鼻で笑われましたね。次のときは『それを元手に起業します』と答えると、『何の会社を作るの?』と言われて、その後が続かなかった。

 『あなたを四文字熟語で表現してください』と聞かれて、『ええと・・・・・・七転八起です。転んでも転んでも諦めません』なんて心にもないことを咄嗟に言ってしまったこともありました」

 「新しい祝日を作ってください」「お酒は人生に必要だと思いますか?」「誰かひとり、歴史上の偉人にあだ名をつけてください」---あなたなら、こうした問いに何と答えるだろうか。

 「まるで大喜利ですよ。マスコミや広告業界ならまだしも、ごく普通の営業職や事務職募集の面接で、こんな質問をする必要があるんでしょうか」(同・O女子大生)

 面接官が、採用とは無関係な質問に終始するケースもある。某食品メーカーを受験した学生はこんな体験をした。

 「履歴書の趣味の欄に好きな歌手を書いたら、『キミ、この歌手好きなの?どの曲が一番いいと思う?俺はあのアルバムが好きなんだ』と、一番偉そうにしていた面接官が音楽の話ばかりし始めた。仕事の話はしないまま、よくわからないうちに終わったのですが、結果は合格でした。就活は運と縁なんて言いますが、僕の代わりに誰かが落とされていると思うと・・・・・・」

〝ハズレ〟の面接官

 採用面接の密室の中では、こうした馬鹿げたやり取りが大真面目に行われているのだ。ではなぜ、面接官は変化球、もといビーンボールを投げてくるのか。

 「企業側は口を揃えて『準備してきた答えだけでは、人柄や頭の回転が見えない』と言います。だから『自分を動物に例えなさい』といった奇抜な質問で瞬発的な思考力を測ろうとする。でも、これでは芸人に『一発ギャグをやれ』と言うのと同じで、その時面白い事を思いつくかどうか、運にも左右される。裏を返せば、これは面接官の質問力、受験者のことを掘り下げて聞く能力が低いことの証明なんです」(前出・辻氏)

 その言葉を裏付けるように、前出のIT企業採用担当者は、選考の内幕を愚痴っぽく話してくれた。

 「一次、二次面接では人事以外の社員が二時間程度の研修を受けて、即席で面接官になることが多いんです。ほとんど素人といっていい。ですから、せっかくの答えに『ふうん』としか言えなかったり、話の腰を折ってしまう、的確な質問ができないといった〝ハズレ〟の面接官が少なくない。ハズレに当たったばかりに、残念な結果になってしまう学生さんもいる。正直、気の毒です」

 意味不明な質問をされた挙げ句に選考から漏れた就活生にしてみれば、たまったものではない。

 また、就活の現場を取材していると、企業面接以外にも奇妙な光景が目につくことがある。

 先月、男子学生を対象にした「就活メイク講座」を開いたのは、就職人気ランキング常連の資生堂。「面接での好感度をアップするため、身だしなみのサポートをする」のが目的という。

 その資生堂は、自社を志望する学生たちに「入社後、『美意識』『自立性』『変革力』を発揮できるかどうか」(広報部)を求めているらしい。しかし、同社の講座を受講してメイクをした男子就活生から、面接官が「美意識」や「自立性」や「変革力」を感じるかといわれると、疑問である。

 説明会で社員の熱烈な社長崇拝を目の当たりにし、ゾッとしたという話もあった。通信会社のS社を受験した女子学生が言う。

 「社員と就活生数人の懇談会の席で、ものすごい美人の女性社員が『私は社長の大ファンで、著書を何度も読み返し、面接でもそれをアピールして受かったんです』と目を輝かせて語っていた。一体、この会社は学生のどこを評価して採用しているんだろうと、思わず引いてしまいました」

 マニュアル漬けの学生たちと、どこかピントのずれた大人たち。どっちもどっちと言いたくなる就活戦線の実情に、驚き呆れる読者も多いだろう。

 なぜ昨今の就活は、これほどまでに〝茶番劇〟となってしまったのか。

 「企業の人事担当が優等生タイプを嫌うようになったことが、理由のひとつにあると思います」

 そう解説するのは、人事コンサルタントとして活躍する城繁幸氏だ。

 「優等生タイプとはテストが得意で、就職活動も受験と同じ戦略で取り組む人たちのことです。リーマンショック以後、企業はこうした優等生タイプより、ユニークな人材を採ることに熱心になり、アドリブ型の質問を面接に導入しました。しかし、そこに最大の誤算があった。そもそも面接官自身が優等生だから、アドリブの質問に対する答えがすぐれているのかどうか、判断できないんです」

 面白くない面接官が面白い学生を見定めようとしているとは、笑うに笑えない。

 一方で、就活が基準不明の面接重視になった責任は、学生や大学側にもある。

 「学生からすると、楽な講義で単位を取り、課外活動に専念した方が面接で話せるネタが増える。一方の教授も、講義なんて手を抜いて、自分の研究時間を増やしたいというのが本音です。企業はそれを知っているから、大学の成績など見ずに面接ばかり重視する。

 いい人材を得るためには多くの学生に会わねばならず、勢い就活はどんどん早期化・長期化してしまう。現在の就活の様々な問題点は、いわば、学生、大学、企業による複合的な負のスパイラルによって生まれたものなんです」(前出・辻氏)

そして今年もまた「バカの季節」

 就職活動に学生も大学も企業も振り回され、誰も異を唱えられないまま、いわば〝三すくみ〟で状況は悪化し続けているのである。

 昨春の選考に漏れ、8月に辛うじて遅めの内定を得た前出の女子大生は、複雑な心境を吐露してくれた。

 「就活って、基準が見えないから、受かっても落ちても何が原因だったのかわからない。だから、就活マニュアルに載っている『いい就活生』像にできるだけ近づくよう努力するしかないんです。意味があるかどうかは考えず、割り切るほかない。でも、いくら『いい就活生』になるために頑張っても『いい社会人』になれるわけじゃない。だから、内定が決まった今も、すごく不安で・・・」

 苦労して採用した学生が、いざ入社した後「まるで使えない」と判明するのはよくある話だが、それも当然。なぜなら、企業には自社に必要な人材を見分けるだけの眼力がなく、一方、情報に溺れる学生は「優れた社会人」ではなく「優れた就活生」になるべく、必死に見当違いの努力を重ねているのだから。

 本当は、大学時代という貴重な時間を、薄っぺらな就活などに割くべきではないはずだ。数学者の藤原正彦氏も、就活で軽んじられる〝教養〟こそ重要と語る。

 「大学1、2年生のころは遊び回っていて、3年になったら就職活動では、きちんとした教養が身につくはずもありません。

 企業は、大学の勉強は役に立たないと考えています。確かに、国文学や数学や物理をやっても、企業に入って役に立つとは限らない。しかし、大学できちんと教養を身につけなければ、大局観とか長期的視野は養われないんです。

 教養をつけるためには、時間をかけて読書するしかない。その習慣を大学で身につけた人が入社しなければ、企業だって長期的にはダメになりますよ。

 政治家や官僚もそうですが、偏差値は高くても、対症療法しか打てない、長期的展望のない人ばかり。だから、今の日本は路頭に迷っているではないですか」

 バカが馬鹿馬鹿しい方法でバカを選ぶ。そんな就活を続ける限り、この国はいつか滅びるだろう。

 「週刊現代」2012年2月18日号より
1234次へ
4ページ中4ページ目を表示
最終更新:3月25日(水)12時11分
2015/3/25(水) 午前 6:48
... アパレルは 洋服馬鹿ばかりなので その心配が無い 頭がいい人間を使うより馬鹿を使った方が楽だえ? わたし? 私は無類の洋服馬鹿だそれにその当時はビジネスと割り切る ...
2011/5/17(火) 午後 11:34
... でもそれは思い上がり、そして馬鹿の極みと公然と罵倒された。 社会主義革命の道途中で頓挫かな。 ... 現状は官僚機構を使えず馬鹿げた発言をし混乱させているというものだ。 ...
2009/11/15(日) 午後 7:00
... 関りを持つどいつもこいつも馬鹿ばかり・・・ 無駄な事業を廃止もしくは縮小して歳出を削減し国の財政 ... 議論に終始している姿は馬鹿げているし、とても許せるものではない。 ...
2009/10/21(水) 午後 2:38
だそうで。 ここまで出鱈目だと、真面目に批判するのも馬鹿馬鹿しくなりますな。 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091021/stt0910211252008-n1.htm 平野博文官房長官は21日午前 ...
2009/6/8(月) 午前 10:54
巨額赤字でも元次官用「天下りポスト」増設 農林中金2009年6月8日3時1分 農林中央金庫は、子会社の農林中金総合研究所(総研)に理事長職を設け ...

高齢者天国は現役世代の地獄?

 いやあ、増え続けるばかりの高齢者比率ですがまあそのうちに減少に転じるのは間違いありません。
 
問題は高齢者を介護する若年労働者に負担がしわ寄せされるのか、若年高齢者福祉人口の不足に
 
よる高齢者の放置なのかと言う点では無いでしょうか。
 
  過去の現実を見るまでもなくうば捨て山の未来版が到来する事は不可避です。となると残るのは
 
高齢者の側の自衛策です。一番の根治療法は長生きしない事、次善の策は長生きするなら、他力本願
 
はあっさりと捨てて自力本願に宗旨がえし金儲け至上主義の医療を相手にせず健康を自主育成し、
 
これ又年金と言う不労所得をあきらめて自力収入を確保して高齢社会という大海の大嵐を乗り切る
 
精神力と体力と経済力を確保する事です。当然それが出来ない人は娑婆におさらばしてあの世に
 
さっさと転籍する事が世のため身のためそして家族や若い世代の為の最大の貢献と言う次第です。
 
 え!! お前さんはですか、後数ヶ月で立派な高齢者の仲間入りですが、目下の関心事はフル
 
マラソンのタイムです。もちろん、体力も収入もそしておまけに年金も全て健在で、悪いのは心と口と
 
お人柄だけと言う次第ですよ。 え!「頭と懐は?」ですか、そんなものは人並みに慢性的に悪くって
 
話に成りませんよ!! 爆!! 以下は余計な心配をあおって税収増を目論むお役人の悪巧みを
 
垂れ流す不見識な数多のネットニュースです。 
 
 

10年後の東京…高齢者の4人に1人要介護

産経新聞 3月28日(土)7時55分配信
 ■団塊世代、75歳以上に/保険費の負担増加

 団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる平成37年には、東京都内の高齢者の4人に1人に介護が必要となり保険費負担が増加する。そんな推計が27日、都が公表した「都高齢者保健福祉計画」で示された。支えるためには現役世代(15~64歳)の35人に1人が介護職に従事しなければならない。だが、全国平均に比べれば、高齢化率はまだ低い水準という。

 同計画は、都が平成27年度から3年間の福祉政策の指標とするために策定。今回は団塊の世代が75歳を迎える10年後の「2025年問題」に焦点を当てた。これによると、後期高齢者は5年後の32年に171万人となり、65~74歳の前期高齢者(153万人)を超過。37年には約198万人に及び、都内の人口の15%を占めるようになる。

 さらに要介護認定者は27年の約57万人から20万人増の約77万人に。これは65歳以上の高齢者の24・5%にあたる数字という。

 また、これに伴い、各種サービスにかかる介護保険給付費も27年度の8363億円から1兆2107億円に増加。65歳以上の都民が支払う介護保険料の平均月額は現在の4992円から、10年後には8436円に上昇する見通しという。

 要介護者の増加に対応するため、都は37年までに特別養護老人ホーム1万8千人分▽介護老人保健施設9700人分▽認知症高齢者グループホーム1万600人分-を新たに整備し、10年後には17万4374人に上るとされる施設・居住系サービス利用者を受け入れる計画を示した。

 一方、それを支えるためには32年度の介護人材が、同年度の生産年齢人口(15~64歳)854万人の約3%にあたる計24万7786人必要といい、学生や主婦も含めた現役世代の35人に1人がヘルパーなどの介護職に就くことが求められるという。だが、これでも37年の都内の高齢化率は25・2%で、全国平均の30・3%よりは低い。都は「介護職員の昇級を促すキャリアパス制度などを活用し、これまでの増加率に加え、さらに年間3千人の介護従事者を確保すればいい。実現可能な数字だ」としている。

最終更新:3月28日(土)10時23分東電のシェア、10年後は20%減も 自由化で首都圏は激戦写真 産経新聞 7時55分 米上院も16年度の予算決議案を可決-下院案と一本化へ Bloomberg 27日(金)17時51分 きょうの国内市況(3月27日):株式、債券、為替市場 Bloomberg 27日(金)16時34分 【日本株週間展望】2カ月半ぶり続落、米経済にドル高の懸念 Bloomberg 27日(金)16時12分 事実婚の権利を認めるフランスのPACS、日本も見習うべきか?写真 Mocosuku Woman 27日(金)12時30分

東京都(2015年3月27日)

迫る「2025年問題」

東京新聞(2014年2月5日)
日経Gooday(2015年1月15日)
国立社会保障・人口問題研究所

JR福知山線脱線事故に判事が出した悪質な無罪判決

 ヤッパリね、無罪判決に成りましたよね。 あの場所は昔からよく知っていますが25年ほど
 
前に直線から急カーブに改悪された折りに、いつか必ずここで脱線大事故が起きるだろうと
 
いう確信を持ちました。 その理由は明白、あそこでどの快速も100㎞ぐらいで進入していて
 
座っていても体が後ろにのけぞり足が浮くか、反対だと座席から転がり落ちそうになるぐらい
 
振られたからです。 正直あのカーブは怖かったです。 だからあのカーブで急ブレーキをかけ
 
れば脱線は当たり前でした。
 
  そしてJR西の社長達が予見不可能と言うのなら社長不適格である事は自明です。 基本的に
 
あの上り線のカーブが下りに合わせて急カーブかされたのは尼崎駅前開発の土地売却益が
 
目当てでした。 昔のまま平面で再開発地域のど真ん中を突っ切って尼崎駅に接続しておけば
 
さしたる問題は無かったのです。しかし、高架にしたのはやはり駅前再開発で目障りな線路を
 
無くすために無理やり急カーブに変更したからです。 
 
  まともな人間なら誰でも分かるこんな理屈が分からないのは世界中で裁判所の判事さんだけ
 
でしょう。 何しろ太鼓持ちで偉いさんの顔色ばかり伺い、権力者に喜ばれるためなら平気で
 
法を曲げる鞄持ちで、犯罪者の見え透いた嘘には見事にだまされるお人好しばかりです。その上
 
本当に禄でなしで信じる所は平気で曲げる意気地なしばかりです。 
 
 嘘だと思うなら一度裁判の当事者になってみれば当たり前の事実が理解できない裁判官の無能
 
さに辟易すること請け合いです。 
 
  以下は105名の死者と500名を越える負傷者を出したJR福知山線の脱線事故の予見出来ない
 
という嘘で塗り固めた判決をだして不正や職務怠慢経営者に殺人犯を社会に野放しにして、自分達の
 
老後に弁護士と成った暁に収入増を願って社会悪と犯罪の激増を願って出された悪質な凶悪殺人
 
犯に出された無罪判決を報じるネットニュースです。
 

JR西歴代3社長、二審も無罪=「脱線予見できず」―福知山線事故・大阪高裁

時事通信 3月27日(金)14時8分配信
  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000084-jij-soci
  •  兵庫県尼崎市で2005年4月、乗客106人が死亡した福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴されたJR西日本歴代社長の井手正敬(79)、南谷昌二郎(73)、垣内剛(70)各被告の控訴審判決で、大阪高裁(横田信之裁判長)は27日、全員を無罪(求刑禁錮3年)とした一審判決を支持し、検察官役の指定弁護士の控訴を棄却した。
     3人は、現場カーブで脱線事故が発生する危険性を予見できたのに、自動列車停止装置(ATS)の設置を指示する義務を怠ったとして強制起訴された。指定弁護士は、工事で現場カーブの半径を半減させ、列車本数を急増させたと主張した。
     一審神戸地裁は13年9月、カーブにATSを設置した鉄道事業者は少なく、法的義務ではないと指摘。「速度超過による脱線事故が起きる具体的な予見可能性はなかった」と判断した。
     横田裁判長は「ATSの整備基準を満たすような急カーブでも列車が安全に走行しており、現場カーブに脱線の恐れがあると評価すべきではない」と述べ、予見可能性を否定。大規模事業者として率先して安全対策を進めるべきだなどの主張については、「法人組織としての責任を問題にする場合には妥当だが、個人の刑事責任の判断では考慮できない」と退けた。 

事故の経緯と3社長の在任時期は

時事通信

事故の予見可能性が焦点だった

裁判では、3人が現場の急カーブで事故が起きると予見できたかが最大の争点だった。毎日新聞(2015年3月27日)

事故当時の写真など

時事通信

オーム真理教の「光の輪」に立入検査密通

 犯罪の捜査ねえ、捜査機関というのは基本的にお客様の犯罪者には優しく親切ですが、無実で罪の
 
無い庶民には厳しい取り調べや残忍なほどに犯罪人扱をする犯罪人製造所ですからね。勿論公安も
 
その配下の警察もそして仲間の検察もその点は似たり寄ったりです。
 
   近所の警察署に産業廃棄物の不法投棄を通報した近所の方が在りましたが、翌日から
 
張り込みに私服が来ていましたがどう言うわけか不法投棄のトラックは一台も来ませんでした。
 
張り込みが終わるとまた不法投棄のトラックが! これが2度在りましたので警察はいつでも何処
 
でも立ち入りの日程を犯罪者に通知しているのでしょうね。まさか捜査情報と引き換えに甘い汁
 
や取って置き情報がもらえるとかいうような事はないはずですからね。まあ、裏に何があるのか
 
知りませんけど、公安警察や検察と言う所は伏魔殿のような所で一つ狂い出すと何処までも表は
 
正義ですが裏では何が起きるか分からない魑魅魍魎の巣窟のような所ですよ。
 
 また大阪地検特捜部に現職政務官を刑事告発した事が在りますが、彼らが一番心配したのは
 
被疑者が検察関係者ではないかと言う始末で、そのことから分かる事は内部には随分ときわどい
 
事が頻繁に起きているのでしょうね。 おかげで変な嫌疑と懸念で反対にまず尋問されました。
 
検察や公安警察は犯罪者には大変親切で思いやりがあり、罪を告発したり犯罪に立ち向かおうと言う
 
人には一つ間違うと恐ろしく厳しいというおかしな所ですよ。
 
  以下は元オーム真理教の改名した光の輪に対してきわめて思いやりが深く、親切な公安職員が
 
いた事を検察が問題にして告訴した事を報じるややこしいネットニュースです。  
 

立ち入り日程を「ひかりの輪」信者に漏らす 公安調査庁職員を守秘義務違反で略式起訴 東京地検特捜部

産経新聞 3月27日(金)11時51分配信
  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000524-san-soci
  •  公安調査庁の立ち入り検査の日程を、オウム真理教から分派した団体「ひかりの輪」の信者に事前に漏洩(ろうえい)したとして、東京地検特捜部は27日、国家公務員法(守秘義務)違反罪で、同庁の風間寛之主任調査官(31)を略式起訴した。公安調査庁は同日、風間主任調査官を減給100分の5(1カ月)の懲戒処分にした。

     特捜部などによると、風間主任調査官は平成25年6月17日、東京都世田谷区の教団施設に居住していた20代の男性信者=脱会=に対し、翌日に同施設へ公安調査庁の立ち入り検査が実施されるとの内容のメールを送ったとしている。

     公安調査庁によると、風間主任調査官は「信者の信頼を得て、より重要な情報を得ようとした」と説明。情報提供に対する見返りは受けていないという。

     この問題では、ひかりの輪が昨年11月、「風間主任調査官が男性信者に対し、飲食接待したり金品を提供したりしていた」と指摘し、同法(守秘義務)違反罪で刑事告発していた。

     ひかりの輪は27日、「今後二度と同様の違法行為が行われないことを望む」とコメント。公安調査庁は「厳粛に受け止め、信頼に応えられるよう努力する」としている。

最終更新:3月27日(金)15時37分

 

調査官の説明は

調査官は「信者の信頼を得て、より重要な情報を得ようとした」と説明。北海道新聞(2015年3月27日)

上祐氏が設立した「ひかりの輪」

毎日新聞(2015年3月20日)
ウィキペディア
産経新聞(2015年3月24日)

アベノバカス崩壊で日本経済は破綻身売りか!

  分からないのでしょうね。この先の日本経済の破綻と銀行や製造業の身売り! そして買ってくれる
 
のは中国ぐらいで日本は企業も国土も来年の今頃には中国の属国になるのが。
 
  大体今の米国や日本の株高は国債発行と紙幣の大増刷に加えて金利や年金基金の枷を
 
取り去ってまでした金融緩和による溢れ返ったマネーが行き場も無く株式市況になだれ込み
 
誰も買い手のない紙屑の株を米国も日本も自社株買いで自社株価をつり上げてその評価益で
 
また金を調達して自社株買いでバブルもバブルの歴史的株高の狂乱です。 
 
  この夏にも金融引き締めが起きれば、買う物の無い21世紀の株高バブルははじけるのは
 
必然で、銀行も大企業も年金基金も手持資産がしぼみ果て紙屑になった元々買い手の無い
 
自社株をなげうって結果は債務超過で倒産してはいおしまいという次第です。
 
  以下は歴史に学ばない愚かな為政者と経営者が日本経済や世界経済を破綻の淵に追いやる
 
ことを警告する希有なネットニュースです。  
 

アベノミクス:バブル崩壊25年 「結局、日本人はバブルから何も学んでいない」

 
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/feature/images/20150326mog00m020001000p_size8.jpg
のぐち・ゆきお 1940年、東京都生まれ。東京大学工学部卒。大蔵省(現財務省)から一橋大学教授、東大教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学教授などを経て2011年4月から早大ファイナンス総合研究所顧問。「バブルの経済学」(日本経済新聞社)で吉野作造賞。「『超』整理法」(中公新書)がベストセラーに=東京都中央区日本橋の早大日本橋キャンパスで2015年3月18日、高橋昌紀撮影

 ◇野口悠紀雄さんインタビュー

 日本企業は強くなっていない。円安で収益が支えられているだけ−−。1980年代後半、みんなが熱狂していたバブルを「悪」と断じた早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問の野口悠紀雄さんは、今の株価上昇を支える「円安バブル」にも「同じことを繰り返すのか」と厳しい目を向ける。【聞き手・尾村洋介、荒木功/デジタル報道センター】
 −−円安と同時に株価が急上昇しています。そこで今、かつてのバブルを総括したい。野口さんは87年に「東洋経済」でバブルの異常さを指摘する論文を発表しています。だれもバブルという言葉を使わない中で、当時の経済に何を感じたのでしょうか。
 一言で言えば違和感です。あるはずのないことが起こってどんどん進行している、という感じがした。それまで日本経済の成長過程で、私は違和感を感じたことはない。戦後の復興、高度成長、石油ショックへの対応といろいろ問題もあったが、違和感というのはなかった。しかし、バブルの時には「こんなことがあるはずはない」と、非常に強い違和感を抱いた。特に不動産と株の価格の値上がりは、異常な状況でした。
 「東京都を売ればアメリカ全部が買える」などと言われるようになった。カリフォルニアにペブルビーチという美しい高級ゴルフコースがありますが、そこが日本の不動産会社に買収された。私はありえないと思った。ニューヨークのロックフェラーセンターを三菱地所が買い、そういうことが次々起こっていく。日本のNTTの時価総額がアメリカのAT&TとIBMを合わせたよりも大きくなったとか。それを誰も不思議に思わない。その異常さですね。87年に私が東洋経済に書いたのは地価と賃貸料、フローとストックの価格の比較でしたが、その前提として「直感的に見て、これはおかしい」と。
 当時金利の自由化が行われようとしていて、転換社債やワラント債などいろいろな資金調達の手段が出てきて、それらを利用して安い金利で資金を調達できた。他方で大口預金の金利が自由化されてかなり高くなったので、お金を右から左に回すだけで稼げてしまう。それを当時「財テク」と称していたわけですが、そんなものはテクノロジーでも何でもない。虚業で多額のお金を稼げる一方で、真面目に働いても自分の住む家も買えない。本当におかしいことなのに、みんなそれに熱狂している。おかしいことだらけだった。
 −−92年に出版された「バブルの経済学」の前文に「バブルは悪である、という偏見といっていいほどの大きな予断をもって(執筆に)のぞんだ」と野口さんは書いています。
 そうです。データの計算をして確かにバブルとしか考えようがないということをいう前に、なぜそういう研究をしたかというと、そういう予断が私にはあった。
 −−そのころ、なぜ日本人は異常さに気が付かなかったのでしょうか?
 なぜでしょうね。いまだに分かりません。今の経済の状況もそうです。日本の企業の利益はリーマン・ショック前の水準には届いていない。それにもかかわらず株価はどんどん上がっている。ある週刊誌には「株価は6万円を超える」と書いてありました。私のほうが聞きたい。「なんであなた方は懲りないんですか」と。バブルは結局、崩壊した。それによって多くの人が運命を狂わされ、国民は非常に大きなツケを払わされた。「それにもかかわらず、またやるんですか」と聞きたいのです。
 −−バブルの中にあると「期待は合理的な範囲内にある」と思ってしまう。
 そうです。だから人間はバブルから決して学べない。それが結論ですね。バブルの絶頂期には「日本では重力の法則が働かない(株価は下落しない)から大丈夫。日本にはニュートンは来ない」とさえ言われていた。しかし、日本にもやはりニュートンは来たわけです。
 −−当時は設備投資も良く、プラザ合意後の国際的な課題だった内需主導の大型景気が来たと見られていたようですね。
 80年代初めに原油価格が下がった。それも今と似ています。金融緩和をしていることも似ている。中長期的には日本がアジアの中心、アジアの金融の中心地になるため、ビルの需要があるといわれていて、国土庁も「そのためにビルが何棟必要か」といった推計をやっていた。政府のお墨付きです。
 −−地価の上昇も最初は実需があったから始まったとされていますね。
 実需と仮需の区別は難しい。後で振り返ってみれば、住宅価格が上昇していく推移は明らかにおかしい。だけど、上がっている時に実需ではないと言い切るのは非常に難しい。
 −−バブルが起きた原因はどう考えますか。
 戦時期に作られた統制的な金融体制、私はそれを「1940年体制」と言っていますが、それが不要になってきたにもかかわらず、生き延びようとしたために起こった−−と思っています。日本の復興と高度成長に非常に大きな役割を果たした日本興業銀行、日本長期信用銀行などいわゆる興長銀などが80年代になって不要になった。お金は集まってくるが、投資先がない。特に企業の設備投資に回らない。本来ならそこで40年体制が変わり、長期信用銀行はアメリカの投資銀行的なものに変わって直接金融の仕組みを担っていくべきだったのにできなかった。このため、手軽に利益を稼げる不動産投資にのめり込んだ。一方で、金利の自由化が中途半端な形で進んでいき、金融の緩和が行われた。金融緩和や金融自由化のテンポの問題などがバブルの原因と言われていて、確かに重要だが、それだけではあれほど大きなバブルは起こらない。40年体制の問題があったからこそ、興長銀がバブル崩壊で一番大きな影響を被ったのです。日本興業銀行は合併で生き延びたが、他の2行は残ることができなかった。最初に戦後の復興時期と高度成長期には違和感がなかったといったが、その時期は戦時的な経済体制・金融体制が非常にうまく機能していた。機能しなくなったのが80年代だった。
 −−「経済大国」になったという日本人の意識も影響したのでは?
 それはあると思う。日本人だけでなく、世界がそう思っていた。私はアメリカで講演する機会が多かったので、強く感じました。80年代の始めごろから日本の工業化がアメリカを追い越し始めた。鉄鋼、自動車、それから半導体の生産量などの実績で日本が追い越したという認識は日本人だけでなく、世界中が共通して持っていた。80年代の末に発表された「メードイン・アメリカ」というマサチューセッツ工科大学の先生が書いた本には「日本企業は非常に効率的な生産をしているから、アメリカの企業は見習うべきだ。アップルはソニーを見習わなければいけない」と書いてあった。さきほど地価の見通しは難しいと言いましたが、世界が日本に学ぶべきだという認識があったことを前提にすると、日本がアジアの金融の中心になりビルがたくさん建つから賃貸料も上がるだろうと言われてまったく否定するわけにもいかないですね。日本経済の実体的な成長が世界を制覇したという感覚が間違いなくあったと思う。
 −−そうした背景がないと80年代後半のような大きなバブルはできないでしょう。
 バブル自体はそれがなくてもできます。現在の経済状況がそうです。今は、日本の産業が世界に冠たるものだとは誰も思っていないでしょう。でも株価は上がっている。だから、もっと変な状態だと思いますね。
 −−バブルが膨らんだ後の対処について、野口さんは「つぶすべきだ」と考えていた。
 もちろん。バブルはおかしいわけだから。
 −−つぶした後の傷は、当初考えられていたよりも深かった。
 私は当時、ある政治家に「バブルが壊れたら大変です。不動産の価格が下がったら特に金融が大変なことになります」と言ったことがあります。自民党の政治家の中で最も賢明とされている人ですが、その人は「ようやく私の選挙区でも地価が上がり始めました」と言いました。地価が下がったらどうなるかなんて誰も考えていなかった。
 −−バブルがこのような形で急激に崩れると思っていましたか?
 そう言われると、分からないですね。バブルだから長くもつはずはないとは思っていた。ただ、どれほど大変になるかということまでは分からなかった。どこでつぶれるかはわからない。私は87年にバブルはやがてつぶれると言った。そして、実際に株は90年の初めから下がり始めたが、地価はその後1年半ぐらい下がらなかった。
 −−今から25年前の90年3月27日、大蔵省が不動産融資総量規制を銀行に通達し、それがバブルをつぶしていく一つのきっかけとなりましたね。
 総量規制は当時は効かなかった。地価はしばらく下がらなかった。総量規制では「住専」という住宅金融専門会社は規制の例外とされていたので、その後、住専が融資をやることになった。地価が下がったのは、長期的に維持できる価格ではなかったためだ。フローの家賃が上がらないのにストックの価格が上がっているからバブルと言った。株価や不動産、為替レートなどストックの価格は人々の予想が反映されるので激しく変動する。これに対し、生活あるいは経済の実態に関連しているフローの価格はあまり変わらない。所得が変わらないのに家賃だけがあまりに高くなったら払えなくなってしまう。フローの価格が上がらない以上、ストックの価格はやがて下がる。
 −−バブルが膨らむ時も破裂した後も、どちらもコントロールできなかった。
 そうです。つぶれるときは、もっと激しい。
 −−もう少し穏やかにつぶすべきだったのではという意見もあります。
 どうやってやるんですか?人々の期待が崩壊するんだから、それをコントロールすることはできない。上がると思い、転売利益があると思うから高く買った。それが限界になったところでバブルの崩壊は非常に急激に起こります。ゆるやかにバブルをつぶすことは不可能です。人々が売り急ぐ。それを止めることはできない。
 −−それでは、バブルにどう向き合えばいいのでしょう?
 人間は賢くなれない。せいぜい他の人が賢くない時に自分はどうやって防衛するか、ということでしょう。
 −−投機ゲームに参加していなかった人にまでバブル崩壊による影響は及びました。
 私の知っている方で、その渦中に巻き込まれた人がいます。旧日本債券信用銀行の最後の会長となった窪田弘さん(同行の粉飾決算事件で証券取引法違反の罪に問われたが、のちに無罪が確定した)です。人格者で、もちろん彼が投機的なものを指揮したわけではない。それにもかかわらず彼はバブルの崩壊で非常に厳しい状況に陥りました。投機をしなければ大丈夫かというと、そうもいえない。恐ろしいことだ。
 −−改めて現在、アベノミクスの状況をどう見ますか。
 円安です。円安バブル。国債市場に無理を強いることによって過激な円安が起こり、今の日本企業の収益はそういう円安に支えられている。日銀は2013年から異次元金融緩和をやっていますが、本来、目的としていることができていない。金融緩和を行えばマネタリーベースが増えて、それでマネーストックが増えて金利が下がる−−と、教科書に書いてありますが、マネーストックは増えていない。お金がジャブジャブ供給されているかというと、そうはなっていない。銀行が持っている国債を日銀が買って、代金は銀行が日銀に持っている当座預金になる。これが異次元緩和で起こっていることのすべて。マネタリーベースと当座預金はものすごい勢いで増えているが、貸し出しが増えないため預金は2、3%の増とほとんど増えていない。金利は日銀が国債を買っている直接的な効果で、いわば力ずくで下げている。
 それがはっきりした形で表れたのが昨年秋からの追加金融緩和だ。アメリカが金融緩和をやめて金利が上昇し始めているのに、日本は逆方向の金融政策をとって追加緩和をした。それで日本の金利は更に下がり、ついに昨年12月には2、3年債がマイナスになってしまった。これは、日銀が非常に高い価格で国債を買っているからです。将来、日銀が保有している国債は損失をもたらす。アベノミクスを語るとき、他の政策は効かないけど金融緩和だけが効いているとかいいますが、それは逆だ。金融緩和はまったく効いていない。
 −−それが日銀の財務にかなりの負担をかけているということですか。
 将来、損失が発生する可能性のある資産を大量に持っているわけですから。日銀は国債の金利が上昇したら民間金融機関の国債はどうなるかという試算は発表していますが、自分のことは何も言っていない。たぶん民間の金融機関と同じ程度の損失が発生する。今の円安は誰も負担していないのではなく、損失は将来、国民が負担することになる。かつてバブルの後始末の不良債権処理では大きな国民負担が発生したが、それと同じようなことが今起きている。
 −−日本の企業の株が上がっていることについては?
 日本企業は強くなっていない。新しい技術を開発したわけでもないし、生産の効率性を上げたわけでもない。単に、円安によって円表示の輸出売り上げが増えただけのことです。実は、先進国の製造業が衰退するのは、日本に限ったことではなく、中国が工業化したから必然の現象だといえます。中国が工業化した世界で生き残るのは米アップルのように「国内で生産しない」「工場を持っていない」製造業です。日本の製造業も縮小するか、あるいは変身を図るべきです。国外に行くのが正しい方向だ。生産設備を海外に移すのが遅れた企業がこの円安で利益を得ていますが、円安はそういう意味でも日本の産業構造の転換を遅らせている。一番残念なのは、円高をよしとする政治勢力が存在しないということ。労働者の立場を代弁する政治勢力がない。円安というのは労働力、賃金を安くするという意味で労働者の敵ですから。
 −−バブルはまたはじけるとすれば時期はいつですか。
 それは分からない。金融市場で非常に不自然な状況を起こして進んでいる円安バブルは長期的に安定均衡ではいられない。ずっとはもたないことは明らか。ただし、それがいつ壊れるかは、分からないものなのです。

2時間3分26秒!

これがフルマラソンのタイムならばあと30秒で世界記録に成るのですがハーフです。
 

 21日の淀川ハーフマラソンけっこう暑かったですね、。 予定では軽く2時間を切るつもりでしたが
 
3分26秒もオーバーです。 やっぱり○かなあ!! 爆!!
 

 
 当日のハーフ参加者は3500名程でそのうち男子は2805名中の1513位です。
 

環境省放射性罹患を「福島病」に統一!

傷病の管轄は厚生労働省ですから、放射線障害に対する診断規準は作成禁止でしたよね。
 
そして、放射能による環境汚染とそれに起因する障害や病変は環境庁の管轄ですが、環境省
 
ではそういう対応そのものはしないと言うのです。その理由が気が利いています。
 
 国が許容した数値以下の放射線によって傷病が発生する事は予想されないので調査も分析も
 
絶対に行わないと言うのです。 まあね、環境省なんてどうせ産業界の太鼓持ちですからまともな
 
対応など出来るはずはありません。
 
 何を根拠にそんなことが言えるのか? ですか..実はね、1996年の3月に当時の日本道路
 
公団が運営する中国縦貫道の深夜騒音が要請限度を越えていたので当時の大木長官に
 
その事実を突きつけ調査と善処を要望した事が在るのです。勿論同時に直ぐ近くの霞が関ビル
 
にあった日本道路公団の本社も訪れ藤井総裁にも直接違法状態改善要望書を手渡しました。
 
  そして1年後の1997年の早春に、環境庁は違法状態を改善するために法改正を行って
 
環境基準の要請限度を10デシベルも引き上げたのです。 そうすればたちまち違法状態は
 
改善ですからね。
 
  それ以来馬鹿らしくて環境問題は止めてしまいました。こんな連中が国家国民の健康や環境
 
を食い物にして居るのです。これが日本の環境行政の実態です。
 
  以下は同様の手口で業者の利益の為になら何でもやってのける日本の環境庁の太鼓持手口
 
を報じるネットニュースです。 
 
 

福島県の汚染地帯で新たな異変発覚!「胎児」「赤ちゃん」の死亡がなぜ多発するのか?~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害 【第6回 後編】~

宝島 3月25日(水)12時0分配信
 
小児甲状腺ガン、急性心筋梗塞「汚染17市町村」で同時多発
 福島第一原発事故発生当時、18歳以下だった福島県民の人口は36万7707人。そのうち、14年12月末時点で甲状腺ガン、またはその疑いがある子どもの合計は117人である。この数字をもとに、福島県全体の小児甲状腺ガン発症率を計算してみると、10万人当たり31.8人となる。これでも相当な発症率であり、十分「多発」といえる。
 14年度の検査で新たに「甲状腺ガン、またはその疑いがある」と判定されたのは8人だが、そのうちの6人が「汚染17市町村」の子どもたちである。「汚染17市町村」における小児甲状腺ガン発症率を計算してみると、同33.0人と県平均を上回り、より多発していることがわかった。
「汚染17市町村」では、急性心筋梗塞も多発している。【図5】は、同地域における過去5年間の「急性心筋梗塞」年齢調整死亡率を求めたものだ。
 最新13年の年齢調整死亡率は、福島県全体(同27.54人)を上回る同29.14人。おまけにこの数値は、12年(同29.97人)から“高止まり”している。つまり「汚染17市町村」が、福島県全体の同死亡率を押し上げていた。
 周産期死亡率、小児甲状腺ガン発症率、さらには急性心筋梗塞年齢調整死亡率のいずれもが、「汚染17市町村」で高くなる──。
 これは、福島第一原発事故による「健康被害」そのものではないのか。それとも、偶然の一致なのか。
 本誌取材班は、東京電力を取材した。同社への質問は、
(1)原発事故発生後の「福島県における周産期死亡率の上昇」は、原発事故の影響によるものと考えるか。
(2)原発事故発生後の「汚染17市町村における周産期死亡率の上昇」は、原発事故の影響によるものと考えるか。
(3)「汚染17市町村」で周産期死亡率と急性心筋梗塞年齢調整死亡率がともに上昇していることは、この中に、被曝による「健康被害」が内包されている可能性を強く示唆している。これに対する見解をお聞きしたい。
 という3点である。
 取材依頼書を送ったところ、東京電力広報部から電話がかかってきた。
      *
「(記事を)読む方が、心配になったりするような内容ではないんでしょうかね?」
──「心配になる内容」とは?
「質問書をいただいた限りだと、『震災以降、率が上がっている』といったところで、特に不安を煽るような内容になったりするのかなと、個人的に思ったものですから」
──「不安を煽る」とはどういうことでしょうか?質問した内容はすべて、国が公表したデータなど、事実(ファクト)に基づくものです。
「ファクトですか」
──はい。
「国等(とう)にも当社と同様にお聞きになった上で、記事にされるんでしょうかね?」
──はい。そうです。
      *
 その後、同社広報部からファクスで次のような“回答”が送られてきた。
「人口動態統計での各死亡率等についての数値の変化については、さまざまな要因が複合的に関係していると思われ、それら変化と福島原子力事故との関係については、当社として分かりかねます」
 しかし、「分かりかねる」で済む話ではない。
 そもそも、日本国民の「不安を煽る」不始末を仕出かしたのは東京電力なのである。それを棚に上げ、事実を指摘されただけで「不安を煽る」などという感情的かつ非科学的あるいは非論理的な言葉で因縁をつけてくるとは、不見識も甚だしい。
 自分の会社の不始末が「国民の不安を煽っている」という自覚と反省が不十分なようだ。猛省を促したい。
 
 
環境省「放射線健康管理」の正体を暴く
 続いて、国民の健康問題を所管する厚生労働省に尋ねた。
      *
「それは、環境省のほうに聞いていただく話かと思います」
──原発事故による住民の健康問題は、環境省に一本化されていると?
「そうですね」
      *
 ご指名に基づき、環境省を取材する。面談での取材は「国会対応のため、担当者の時間が取れない」との理由で頑なに拒まれ、質問への回答は、同省総合環境政策局環境保健部放射線健康管理担当参事官室よりメールで寄せられた。回答は以下のとおり。

「昨年12月22 日に公表された、『東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理のあり方に関する専門家会議』の中間取りまとめによれば、
●放射線被ばくにより遺伝性影響の増加が識別されるとは予想されないと判断する。
●さらに、今般の事故による住民の被ばく線量に鑑みると、不妊、胎児への影響のほか、心血管疾患、白内障を含む確定的影響(組織反応)が今後増加することも予想されない。
 とされています」
 環境省は、たとえ周産期死亡率や急性心筋梗塞年齢調整死亡率が増加したとしても、それは原発事故の影響ではない──とした。その根拠は「専門家会議の中間取りまとめ」が、原発事故の影響でそうした疾患が増加することを予想していないからなのだという。ちなみに、「専門家会議」を所管しているのは、この回答の発信元である同省の「放射線健康管理担当参事官室」である。
 科学の権威たちが揃って予想だにしないことが起きたのが福島第一原発事故だったはずだが、あくまで「予想」に固執する環境省は同じ轍(てつ)を踏みそうだ。もちろん、科学が重視すべきは「予想」より「現実」である。
 環境省の説が正しいとすれば、原因は別のところにあることになり、それを明らかにするのが科学であり、それは環境省が拠りどころとする「専門家会議」の仕事のはずだ。だが、その原因を特定しないまま、環境省は端から全否定しようとするのである。なぜ、環境省は現実から目を逸らし、真正面から向き合おうとしないのか。
 身も蓋もない言い方だが、環境省が現実に目を向けることができないのは、昨年12月に出したばかりの「中間取りまとめ」を、環境省自身が否定することになりかねないからなのである。つまり、本誌取材班の検証で明らかになった「汚染17市町村」での周産期死亡率や急性心筋梗塞年齢調整死亡率の増加の事実は、「専門家会議の中間取りまとめ」の「予想」結果を根底から覆しつつ「権威」を失墜させ、その贋物性を白日の下に曝け出してしまうものだった。
「中間取りまとめ」が予想していない疾患の増加はすべて「原発事故の健康被害ではない」として、頭ごなしに否定する環境省の姿勢は、かつて「日本の原発は事故を起こさない」と盛んに喧伝してきた電力御用学者たちの姿を彷彿とさせる。
 12年7月に出された国会事故調(東京電力福島原子力発電所事故調査委員会)の報告書は、
「歴代の規制当局と東電との関係においては、規制する立場とされる立場の『逆転関係』が起き、規制当局は電力事業者の『虜』となっていた。その結果、原子力安全についての監視・監督機能が崩壊していた」
 としていた。環境省もまた、電気事業者の「虜」となっているようだ。そう言われて悔しければ、「現実に向き合う」ほかに名誉挽回の道はない。
 
このように不甲斐なく、頼りにならない環境省のおかげで、このままでは「汚染17市町村」での“健康異変”は十把一絡(じっぱひとから)げにされ、かつて「水俣病」が発覚当初に奇病扱いされたように、原因不明の奇病「福島病」とされてしまいそうである。
 メチル水銀中毒である「水俣病」に地域の名前が付けられたのは、加害企業の責任をごまかすべく御用学者が暗躍し、「砒素(ひそ)中毒説」などを唱えたことにより、原因究明が遅れたことが原因だった。これにより、病気に地域名が付けられ、被害者救済も大幅に遅れることになったのである。
 従って、「汚染17市町村」で多発する病気に「福島」の名が冠されるようになった時の原因と責任は、すべて環境省にある。


取材・文/明石昇二郎(ルポルタージュ研究所)+本誌取材班
(『宝島』2015年4月号より)
 
 
最終更新:3月25日(水)12時0分

怒ると天国!

そりゃあね、世の中腹の立つ事ばかりですからね。 怒り狂えば早く天国に行けると言う
 
ネット記事は当然でしょう。 そして人を怒らせてのこの世にさばる奴は悪人というのが
 
世界共通です。 そして彼らは地獄に行くのですからそれ迄の猶予期間が長ければ
 
執行待ちの死刑囚の刑期が長くなるという次第です。 
 
  下は、神様が地上の世界で怒る人を速やかに天国に招いて下さるという祝福をネガティブに
 
報じる的外れな金の亡者たちが愛読するネットニュースです。 
 
 

「激怒」は健康に悪い、心臓発作リスク8.5倍=調査

ウォール・ストリート・ジャーナル 3月25日(水)9時57分配信
  •  激しい怒りはどれほど健康に悪いのか。その具体的な事実が最近の医療研究で相次いで明らかになっている。

     ものすごく腹が立つ出来事のすぐ後には心臓発作のリスクが8倍以上高まることを示す新たな証拠が見つかった。怒りによって心臓発作や不整脈が生じやすいことを示す研究もある。怒りは不眠症や過食、糖尿病を引き起こしやすいインスリン抵抗性(肝臓や筋肉、脂肪細胞などでインスリンが正常に働かなくなった状態のこと)につながる可能性があることも分かってきた。

     米デューク大学医療センター行動医学研究所のレッドフォード・ウィリアムズ所長は「怒りはわれわれの身体のほぼ全てにとって有害だ」と話す。同所長は「Anger Kills: Seventeen Strategies for Controlling the Hostility That Can Harm Your Health」(仮訳「怒りは致命的:健康を害しかねない敵意を抑制する17の方法」)の共同著者でもある。

     強い怒りはアドレナリンやコルチゾールといったホルモンを血流に放出する。その結果、心拍数の増加や血圧上昇、糖代謝の活発化が誘発されかねない。これは、身体的な攻撃を仕掛けるために膨大なエネルギーを必要としているときには有効だ。「穴居人の時代であれば、怒れば怒るほどますます攻撃的になり、より多くの食料が獲得できた」と、ニューヨークのモンテフィオレ・メディカルセンターの精神医学科のバイス・チェアマン、スコット・ウェツラー氏は指摘する。

     しかし、怒りが行き過ぎると害になりかねない。米国人の主な死因である心臓病のリスクをもともと抱える人々にとっては特にそうだ。米国の成人の約半分は、心臓病の三つの主なリスク要因(高血圧、高い悪玉コレステロール値、喫煙習慣)のうちの少なくとも一つを抱えている。

     デューク大学のウィリアムズ所長によると、慢性の怒りは心臓に長期的なダメージを与えかねない。アドレナリンやコルチゾールの値が高いと、血圧が上昇し、心臓の負担が増える。血圧上昇と血流増加も、動脈の内膜を損傷し、脂肪の垢(あか)がたまる原因になり得るという。

     オーストラリア・シドニーの急性心血管診療所が、心臓発作が確認された300人以上の患者に、心臓発作が起こる前の48時間に何らかの怒りの感情を経験していたかどうかについて質問した。その結果、極端な怒りを覚えた患者は2時間以内に心臓発作を起こすリスクが通常よりも8.5倍も高いことが分かった。この研究は今月、欧州心臓病学会誌で発表された。
最終更新:3月25日(水)9時57分

巨大隕石衝突痕跡発見か

 最近俄に増えてきましたね。つい20年前までは、「地球には一つとして巨大な隕石衝突痕跡が無い。」
 
と豪語していた斎一論者はすっかりなりをひそめてしまいました。
 
  1994年にメキシコユカタン半島に直径200㎞と言われる巨大なチクシュルーブクレーターが発見
 
され2000年頃には更に巨大なインドのムイバイに直径400㎞と言われるシェバクレーターも見つかり
 
そして、今回はオーストラリアに同じく直径400㎞の新たな隕石衝突痕跡のクレーターが発見されたと
 
言うのです。 
 
  しかし、不思議なのは過去に巨大隕石衝突痕跡の無い事を根拠に吹聴された斎一説に基づく
 
地質年代学に疑問を呈する学者が一人も登場しないのです。 
 
 お分かりの様に前提がもろくも崩れた学問は全て根底から瓦解し、もはや存在意義は無いにも
 
関わらず、いまだに前世紀の遺物である地質年代学は健在です。
 
  やれカンブリア期だとか地球年代学は42億年だとか、ジュラ期だ白亜期だとかいう進化論の
 
バックボーンである年代決定手段が否定されているはずなのにいまだに大手を振ってまことしやかに
 
進化論ともども跋扈しているのは奇異を通り越して、滑稽に過ぎる事態です。
 
  以下は、更に新たな隕石衝突痕跡が続々と登場しそうな昨今の地球物理学の現状をその意味も
 
全く理解せず斎一説に基づいた地質年代学による時代考証に従って能天気に報じる記者やデスクの
 
頭の程度の低さを露呈させるお粗末なネットニュースです。
 
 

豪州で巨大隕石の衝突跡を発見、幅400キロ 3億年以上前に落下か

AFP=時事 3月24日(火)12時49分配信
【AFP=時事】オーストラリア中部の地殻内深部に、3億年以上前に地球に落下した巨大隕石(いんせき)が残した幅400キロの衝突跡を発見したとの研究結果を、オーストラリア国立大学(Australian National University)の科学者チームが23日、発表した。

隕石衝突で海洋酸性化が加速か、大量絶滅 惑星探査研

 隕石の衝突で生じた地表のクレーターは既に消失していたが、研究チームは豪州東部と中部の地面を地下1.6キロ以上掘削することで、巨大隕石が地球に衝突した地点を特定した。3億年~6億年前に地球に落下し、破壊的な衝撃を生み出したと思われるこの巨大隕石は、地面に衝突する直前に2つに割れたと研究チームは考えている。

 研究を率いた同大考古学・人類学学部のアンドリュー・グリクソン(Andrew Glikson)氏は「2つに割れた小惑星はそれぞれ直径が10キロ以上あったとみられ、衝突により当時地球上に生息していた多くの生物種が死滅したと思われる」と語る。

 学術誌「テクトノフィジックス(Tectonophysics)」に掲載された論文によると、極度の高温高圧の下で地殻が地下19キロ以上の深部で砕けたことが、分析により判明した。

 また、周辺の磁気モデリングにより、落下地点の地殻深部に、鉄とマグネシウムを豊富に含む地球のマントルから岩石が引き上げられた隆起がみられることが分かった。

 45億年に及ぶ地球の歴史には、地球外天体の衝突や地球内部の地質学的変化などの事象に起因する急激な環境変動が起きた時代が含まれている。

「こうした大規模な衝撃は、これまで考えられていたよりはるかに重大な役割を地球の進化の中で担ってきたのかもしれない」とグリクソン氏は指摘する。

 オーストラリアに落下した隕石の衝突により、灰と塵(ちり)でできた巨大な雲が大気中に放出されたとみられており、これによって地球の気温が変化し、さまざまな生物種が死滅する原因となった可能性がある。

 ただ、6600万年前に地球に衝突し恐竜などの生物種の大量絶滅を引き起こしたと考えられている巨大隕石に匹敵する破壊的な影響を、この隕石が及ぼしたことを示す証拠は存在しない。

 研究チームは、これまでのところ今回の隕石衝突事象を地球上で大量絶滅が発生した特定の時代に結びつけるまでには至っておらず、この地域の年代が推定よりはるかに古い可能性もあるとしている。

「これは謎だ。今回の衝突と時代が一致する大量絶滅事象が見つからないのだ。衝突は3億年より前の時代に起きた可能性があるのではないかと、私は考えている」とグリクソン氏は話した。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:3月24日(火)14時50分

地表のクレーターは既に消失

Telegraph(2015年3月23日)
BBC News(2015年3月24日)
Yahoo! JAPAN

地球に衝突した隕石

宇宙情報センター
ウィキペディア

エボラ蔓延の責任問題発生

いやあ、エボラなんて恐れる必要の無い感染症なんですが、どちらもこれを活用して
 
慢性的資金難を克服しようと画策していた事は明白です。 だから、何とかしてエボラを
 
拡大させたかったのですね。証拠ですか。十二分に在ります。 
 
   記事にも在りますがWHOはエボラ発生の報告がすぐにこなかったと言っています。
 
そして国境無き医師団はWHOから感染症対策の指示がこなかったと言っているのです。 
 
  そのおかげで、根治療法が無いエボラに対して国境なき医師団は対症療法である、
 
解熱鎮痛剤の投与が継続できたのです。 最初の1976年のエボラ発症と拡大の原因は
 
実はベルギーの医療知識の無い素人シスターによるエボラに対する解熱鎮痛剤のアスピリン
 
やバッファリンという解熱鎮痛剤の投与による患者の発熱対症療法でその結果人体の感染症
 
防衛反応である免疫を高めるための発熱を抑えた結果による死亡の大量発生と感染拡大
 
でした。 最初の患者の発生から2月が経過して本国から本物の医師が到着して
 
解熱鎮痛剤の投与を中止した10月にエボラは自然消滅したのです。 
 
  当然、その経緯は医学を学んだ事があれば衆知ですが、今回はWHOと国境無き医師団の
 
利害が一致して、確信犯によるエボラ大発生が功を奏して、枯渇していた両者の資金が少し潤う
 
結果となり、また一般に解熱剤投与によるエボラ拡大方針が問題化してその悪質な似非治療が
 
出来なくなりエボラの拡大が鎮静化したと言う次第です。
 
  そして、互いがその責任を自覚しているが故に互いに非難をし合ってお茶を濁していると言う次第です。
 
以下はすっかり堕落した世界の医療業界の象徴的国際機関が見苦しい泥仕合の茶番劇でエボラ
 
拡大の幕引きを演出している事を報じるネットニュースです。

エボラ対応の遅れ、国境なき医師団とWHOが相互に非難

AFP=時事 3月24日(火)7時19分配信
【AFP=時事】1年余り前に感染拡大が始まったエボラ出血熱対策の遅れをめぐり、援助団体の国境なき医師団(Doctors Without Borders、MSF)と国連(UN)の世界保健機関(World Health Organization、WHO)との間で23日、舌戦が勃発した。両組織が、問題の責任は相手側にあると互いに非難し合っている。

リベリア首都でエボラ熱の新規患者を確認、約1か月ぶり

 昨年3月に確認されて以来、主にギニア、リベリア、シエラレオネで1万人以上の命を奪い、2万5000人近くが感染したエボラ出血熱に対する国際的な対応に関し、MSFは厳しく批判する内容の報告書を発表した。

 その中でMSFは、世界的な公衆衛生上の緊急事態への対策を主導する立場にあり、「エボラを制御するノウハウを持っている」WHOが迅速に十分な対応を取らなかったために、「何か月も無駄にされ、多くの命が奪われた」と指摘した。

 対するWHOは23日、ごく初期の事例を報告しなかったとしてMSFを批判した。WHO報道官は英国放送協会(BBC)のラジオ4(Radio 4)で、「もし最初の症例または最初の集団感染が発生した(2014年)1月か(2013年)12月の段階でわれわれが(エボラ発生のことを)知っていたら、この感染拡大を制御するのはもっとずっと簡単だっただろう」として、「これらの事例は、残念ながらWHOが関与していないグループが調査した。もう少し詳しく知りたいならばMSFにいる私の同僚に聞けばいいだろう」と述べた。

 これを受けてMSFのクリストファー・ストークス(Christopher Stokes)事務局長は、これらごく初期の症例は遠隔地で発生したため、エボラだと確認されるまで時間がかかったと反論。「(2014年)3月半ばに確認が取れた段階で、あらゆる資材を投入し、大規模な支援を開始するべきだった」として、「にもかかわらずWHOは翌日、MSFが誇張していると言った」と明かした。

 WHO側はエボラ出血熱への対応が遅く不十分だったことは認めており、独立調査委員会を設置した。委員会は今年5月に報告することになっている。【翻訳編集】 AFPBB News
最終更新:3月24日(火)9時42分

流行の責任をめぐり

時事通信(2015年3月24日)

流行の勢いは鈍化

時事通信(2015年3月13日)
産経新聞(2015年3月20日)

ワクチン開発は

時事通信(2015年3月5日)
NHK(2014年12月16日)

「国境なき医師団」について

国連とは関係のない100%民間の団体。THE PAGE(2013年11月9日)
国境なき医師団日本
    AFP=時事 2015年3月24日 7時19分
韓国のエボラ熱支援活動終了 医療救護隊第3陣が帰国
聯合ニュース 2015年3月23日 18時17分
エボラ熱緊急救護隊3陣、本日帰国へ…救護隊活動終了=韓国 [写真]
WoW!Korea 2015年3月23日 11時11分
エボラ発生から1年、流行終息へ自信 シエラレオネ [動画]
AFPBB News 2015年3月23日 10時34分
シエラレオネ、国民に3日間の在宅を要請 エボラ感染抑制で
CNN.co.jp 2015年3月22日 15時15分

放射能値は全て危険規準、安全基準では決してない。

いやあとんでもない記事が在るものですね。 こんな嘘を書いていますよ。
 
調査した全100家庭でセシウムの検出限界値を下回る
 実際は、今では福島の食事からは放射性物質はほぼ検出されていないと言ってもいい。生活協同組合コープふくしまが14年7月から15年2月にかけ、県内の100家庭の食事を陰膳方式(編注:一般家庭で調理された食事と同じものを検査し、栄養素や化学物質の総量を推定する調査)で測定。100家庭すべてで福島県産の食材も使用されていたが、どの家庭からも検出限界値の「1キログラムあたり1ベクレル」のセシウムは検出されなかった。この調査は、コープふくしまが15年3月7日に結果をウェブサイトで公開している。

 厚生労働省が定めている食品に含まれる放射性セシウムの基準値は、一般食品の場合で1キログラムあたり100ベクレル。福島で出されている食事は、この基準値を大幅に下回っていることになり、福島県産食材は安全と言ってもおかしくない状態だ。
 
   放射能の基本のキの字も知らないで食品残留放射能値に安全値ああるなんて無知を通り越して
 
反社会的報道です。 既に、広島や長崎の被爆調査をとおしてこれ以下なら絶対に放射線生涯が無い
 
といういわゆる閾値は存在しないのに、あたかもそれが在るかのような悪意在る報道には怒りを禁じ得ま
 
せん。 
 
  それに、検出限界以下などと吹聴していますが現実の福島の食品検査につかわれる測定器の
 
検出限界値はキログラム当たりなんと25ベクレルという法外な濃厚汚染値です。
 
 せめて0.1ミリベクレルとか言う程度なら分かるのですが1ベクレルと言う高濃度汚染値が検出限界
 
でもやはり危険で食品である可能性が濃厚なのです。だから全く悪質なネットデマ記事です。 
 
  まあ福島の米の検査などを初めとする多くの食品放射能汚染検査の測定限界が50ベクレルとい
 
う現実も鑑みると福島や群馬、栃木、宮城、茨城、千葉、東京などの農産品は絶対に流通させては
 
行けない事は明白です。
 
  以下は本当に放射能に対する基本的理解の無い無知をさらけ出す悪質なネット
 
デマ報道です。
 

大塚愛が原発放射能めぐりトンデモツイート 「未だに食品には不安が多く・・・」に批判集中

J-CASTニュース 3月16日(月)16時0分配信
 シンガーソングライター・大塚愛さん(32)のあるツイートが波紋を呼んでいる。

 東日本大震災発生から丸4年を迎えた2015年3月11日、東京電力福島第1原発の事故で起きた食品の放射線被害に触れたのだが、その内容に批判が集中している。

■「不用意な発言がデマを拡散させる」

 大塚さんは3月11日午前、

  「4年の月日が経って、薄れていく記憶とは反比例に募る放射能による子供への影響の不安。未だに食品には不安が多く、神経質に過ごす毎日には、起こった出来事の大きさを少しも忘れることはありません」

とツイート。

  「これからも月日が経ってわかることがでてくることと向き合わなきゃいけない未来が来たときに、子供たちを守れることは何か、考えて行動しなきゃいけない。守りたい」

と続けた。

 このツイートに対して、

  「お歌の世界の立ち位置では、言いにくいことを、あえて呟いてくださってありがとうございます」
  「あたしも食品にはめちゃくちゃ気ぃ遣います、、」

など最初こそ好意的な感想が寄せられたものの、すぐに厳しい指摘が相次ぐ。

  「あなたの知名度から、不用意な発言がデマを拡散させる事になることを自覚しなさい」
  「4年もたったいま、こんな活動家じみた発言で福島県死ね死ねを振りまく人間性には呆れますね」

 十分な理由や根拠を示さずに大塚さんが「未だに食品には不安が多く」といった断定的な発言をしたことに対して「不安をあおる」といった反発が相次いでいるようだ。
調査した全100家庭でセシウムの検出限界値を下回る
 実際は、今では福島の食事からは放射性物質はほぼ検出されていないと言ってもいい。生活協同組合コープふくしまが14年7月から15年2月にかけ、県内の100家庭の食事を陰膳方式(編注:一般家庭で調理された食事と同じものを検査し、栄養素や化学物質の総量を推定する調査)で測定。100家庭すべてで福島県産の食材も使用されていたが、どの家庭からも検出限界値の「1キログラムあたり1ベクレル」のセシウムは検出されなかった。この調査は、コープふくしまが15年3月7日に結果をウェブサイトで公開している。

 厚生労働省が定めている食品に含まれる放射性セシウムの基準値は、一般食品の場合で1キログラムあたり100ベクレル。福島で出されている食事は、この基準値を大幅に下回っていることになり、福島県産食材は安全と言ってもおかしくない状態だ。

 15年3月16日午後になっても、大塚さんは寄せられた指摘に未だ答えていない。

 しかし、「ファンにとってはカリスマですから、服装やメイクなどのファッションに留まらず、ライフスタイルや思想まで真似る人は多いと思いますので、不勉強な発言は控えて欲しいと思います」などの厳しい批判は寄せられ続け、15日には元ツイートと反応をまとめた記事まで作られた。
最終更新:3月17日(火)8時38

虫に無視された虫よけ!

いやあ、薬は飲み薬だけではなくなるだけつかわない主義ですから、こんな事が話題に
 
なっているとは知りませんでした。 有名な虫よけ会社の製品が虫よけにならない虫よけ
 
を販売して消費者庁から処置命令を頂いたのですから消費者にとっても製造メーカーに
 
とってもまさしく晴天の霹靂と言うところでしょうか。
 
  それぞれの言い分を聞いてみるとどちらが正しいのかは判別しにくいのですが分かる事は
 
薬物に非常に敏感な虫が無視出来るぐらい安全性が高いという事では無いでしょうか。
 
  虫も同じ地上の生き物ですから、虫が元気であれば人間にも害は無いと言う事で、
 
安心して虫よけは使っても良いという確たる証拠で、消費者庁がめくじら立てて糾弾する
 
程の事は無いように思います。
 
 以下は普段は消費者の権利を剥奪し、製造者側の利益を代弁している消費者庁が何を
 
血迷ったか、虫よけの製造メーカーに俄に矛先を向け、安全性は低くとも虫を徹底的に駆除する
 
為に人体に危険な虫よけを販売するようにという行政指導を開始した事を報じるネットニュースです。

「蚊に効くんじゃないのか」炎上『虫よけ剤』表示問題、実際に“効く”のか、“効かない”のか?

産経新聞 3月22日(日)8時14分配信
 消費者庁が2月、表示に根拠がないとし、空間用虫よけ剤を販売する4社に措置命令を出したことから波紋が広がっている。根拠なしとしたのは、効き目の範囲や「バリア」などとした表示についてだが、報道で虫よけ剤の対象が人を刺す蚊と異なることを知った消費者からは「だまされた」との声も上がっている。同庁は「薬剤の効果を否定するものではない」としているが、実際のところ、蚊に効くのか、効かないのか…(平沢裕子)

■対象は人を刺さないユスリカ…

 空間用虫よけ剤が寄せ付けないとする虫は、主にユスリカとチョウバエ。ユスリカは日没時などに蚊柱を作る小さな虫で、ハエや蚊の仲間。見た目や名前からアカイエカなど人を刺す蚊と同じと思いがちだが、人を刺して吸血することはなく、病原体を媒介することもない。

 一方、チョウバエは浴室や台所など水回りに発生する小さい虫で、食品工場などで食品に混入することが多いことから関係者には警戒される虫の1つだ。

 今回対象となった商品を、2年前から玄関とベランダ、寝室や居間の窓など計5カ所に使っていた東京都江東区の40代主婦は、「室内に虫を入れないために使っていた。刺す蚊にも効果があると思っていたのに…」と憤る。

 また、埼玉県ふじみ野市の60代主婦は「テレビなどのCMを見て、当然、刺す蚊にも効くと思って数年前から買って部屋につるしていた。商品に書かれた文字をよく見ていなかったし、素人が血を吸う蚊かどうかは分からない」。

 対象となったメーカーなどにも問い合わせが相次いでおり、ネット上には「つるしていたのに蚊が部屋に入ったことがある」「大半の人が蚊にも効くと思って買ったんじゃないのか」といった書き込みが散見される。

 虫よけ剤によく使われている「ピレスロイド系」薬剤のピレスロイドとは、除虫菊に含まれる有効成分の総称。ほ乳類や鳥類に対する毒性が弱く、昆虫には強力に作用することから多くの殺虫剤に使われる成分だ。蚊取り線香が蚊を殺すのもこの成分のためで、蚊に効果があるのは長年の経験で実証済み。薬理学を専門とする唐木英明・東大名誉教授は「ピレスロイドは昆虫の神経に作用する薬。ユスリカに効けばアカイエカにも効くと考えるのが普通」と指摘する。

■実験を「蚊」で行うメーカーも

 しかし、今回の措置命令を受け、アース製薬は「蚊を対象とした商品ではありません」との表示を追加した。広報担当者は「有効成分は蚊にも効くが、効果はマイルド。お客さまに誤解を与えないように表示を改めた」と説明する。

 一方、大日本除虫菊は「使用目安の範囲は屋内テストの結果」「屋内と屋外の境目に吊るして下さい」などの表示追加にとどめ、蚊への効果についてはとくに言及していない。興和も「シャットアウト」を「対策」、「三次元バリア」を「三次元に広がる」との表記変更にとどめた。

 実は、大日本除虫菊は除虫効果の検証実験にアカイエカも使っている。ユスリカやチョウバエは飼育が難しく、害虫として長年研究されているアカイエカの方が実験に使うためのノウハウがあるためだ。広報担当者は「アカイエカへの効果については言えないが、リピーターのお客さんがいるのは効果を実感していただいているからだろう」。

 アカイエカなど人に害がある「衛生害虫」への効果の表示は「医薬品」または「医薬部外品」でないとできない。医薬部外品は、人体への作用が緩和なものとして販売規制はないが、医薬品医療機器法(旧薬事法)が定める有効性や安全性の審査を受ける必要がある。今回、措置命令となった商品は医薬品や医薬部外品ではない、いわゆる「雑貨」で、アカイエカの表示がないのはこのためだ。

■業界で「自主ルール」を

 フマキラーは、「虫の侵入を完全に防ぐものではありません」などの表示変更はすでに行ったが、「消費者庁に提出した実験効果が正しく評価されていない」とし、不服申し立てをするかを含め検討中だ。アカイエカを使った実験をしているかについては「ノーコメント」とするが、「医薬部外品の承認を得るには6~7年かかる」とし、雑貨での販売は変わらない。

 殺虫効果をうたう蚊取り線香や液状の蚊取り剤などは医薬部外品。同じ成分を使っているのなら、虫よけ剤も医薬部外品の承認を受けてもいいように思うが、虫よけ効果を判定するための試験法は確立されていない。使用方法の規定や安全性の試験も厳しく、業者にとってはアカイエカと表示するために医薬部外品の承認を受けるよりは、雑貨として販売した方がメリットが大きいとの判断も働く。

 帝京平成大薬学部の斎藤充生准教授は「今回の商品が実際にどれだけ虫よけ効果があるのか、消費者には分かりにくいのも事実。虫よけ効果について業界が標準的な試験法や条件を決めて、自主基準に合うことを表示するなどの仕組みを作ってもいいのではないか」と話している。
 

メーカーの主張

4社が共通して主張しているのは、試験などで「十分な効果を確認している」という点で、「消費者庁からも効果を否定されたわけではない」と強調する。産経新聞(2015年3月12日)

消費者庁が措置命令

朝日新聞デジタル(2015年2月20日)
消費者庁(2015年3月20日)

商品の市場規模

朝日新聞デジタル(2015年3月6日)

医師が飲まない薬のリスト

 いやあね、薬を飲まない医師って多いですよね。余分ですが昔製薬会社を経営していた
 
叔父の口癖は「薬は全て毒だから絶対に飲むな、症状は悪化し副作用が出るだけだ。」という
 
物でした。今はその叔父も他界し会社も有名な巨大製薬会社に吸収されしてしいますが
 
薬の有害性は今も不変です。
 
  以下をご覧頂くとお分かりの様に医師が薬を出す目的は二つ。無知な患者が薬を
 
ほしがるので手っとり早く症状を押される対症療法に薬剤を出し、その結果医師はお金が
 
儲かると言う事です。 医師にとっては患者が喜び、病気が悪化しますます来診が増え
 
更にお金が儲かるのですからいいとずくめです。 しかし、患者にしてみれば病気の
 
原因は究明もされず放置された挙げ句、健康回復の為に体が出している症状という
 
危険信号を消失させ、更に肝臓や腎臓などに負担をかけ、副作用を引き起すだけの
 
毒物を長く飲まされ、挙げ句に大金をふんだくられ、医療保険ますます値上げされると
 
いう四面楚歌と言う事なのです。 以下参照。
 
 
 

現役医師20人に聞いた「患者には出すけど、医者が飲まないクスリ」糖尿病 高血圧 花粉症 インフルエンザ完全保存版一覧表

現代ビジネス 3月21日(土)17時1分
  •  心の中で「自分なら絶対に飲みたくない」と思っていても、患者には言えない。副作用がひどい、飲んでも意味がない―じつは、そんなクスリを処方している医者は多い。
風邪薬で死にそうになった
 しんクリニック(東京・蒲田)の院長、辛浩基医師は「あるクスリ」を飲んで命を落としそうになった経験がある。

 「私が研修医の頃でした。毎日深夜まで働いて身体がひどく疲れているときに、風邪をひいてしまったんです。熱があって鼻水もすごく出ていたので、症状が治まればいいと風邪薬を飲みました。

 仕事を終え、車を運転して自宅に帰っている途中、ものすごい眠気が襲ってきた。危うく事故を起こしそうになったんです。自分だけでなく、他人の命まで奪ってしまうところでした。あのクスリはもう飲みたくないですね」

 そのクスリとは、非ピリン系感冒剤顆粒。商品名で言えば、「PL配合顆粒」などの風邪薬だ。風邪をひいて病院に行けば、かなりの確率でこのクスリが処方される。辛医師が続ける。

 「当時、風邪薬でここまでひどい副作用が出るとは思っていませんでした。風邪の症状を抑えるのにはいいクスリですが、人によって副作用の出方がかなり異なる。今はそれをきちんと患者さんに説明してから処方するようにしています」

 広く使われているクスリでも、じつは重篤な副作用をもたらすことがある。医者は、自らが服用したり患者に投与したりした経験から、「本当のクスリの怖さ」を知っている。都内の大学病院に勤務する循環器内科医はこう本音を明かす。

 「患者さんには普通に処方していても、自分では絶対に飲みたくない、家族には飲ませたくないというクスリはけっこうあります」

 重篤な副作用が生じる、飲んでも効果がない、依存性がある……など理由はさまざまだが、じつは、ほとんどの医者が「患者には出すけど自分は飲まないクスリ」があると言うのだ。

 そこで今回本誌は、現役の医師20人にアンケートを行った。自分では飲まないクスリは何か、その理由はなぜかを訊いた。複数の医師から名前が挙がったクスリをまとめて、次ページからの表に記したので、併せて見てほしい。

 意外にも、冒頭で紹介した風邪薬は、多くの医者が「自分は飲まない」と答えた。常喜医院(東京・四ツ谷)の院長、常喜眞理医師も「PL配合顆粒などの総合感冒薬は、痛みどめの成分も入っているので、飲み続けると胃が荒れる」と言う。

 風邪だけでなく、インフルエンザのクスリについても、「飲みたくない」という意見が目立つ。中でも多かったのが、タミフルの名称で知られるオセルタミビルだ。
 



 「飛び降りなどの異常行動が問題になりましたが、実際に患者に投与すると、とくに子供では非常に興奮したような状態になることがあった」(都内クリニック院長)

 日本予防医療協会代表理事の金城実医師も、「オセルタミビルは飲みたくない」と話す。

 「先日、1歳半になる私の孫がインフルエンザにかかったんです。子供から『病院でクスリを処方されたのだけど、飲ませるべきか』と相談を受けましたが、『水分をきちんとあげて、あったかくして寝ていればいい』とアドバイスしました」

 金城医師がオセルタミビルを飲まないのには、副作用のほかにもう一つ理由がある。

 「インフルエンザのときに出される抗ウイルス薬(オセルタミビルなど)は、ウイルスを殺すわけではないからです。このクスリの作用は、細胞内で増殖したインフルエンザウイルスが、その細胞から外に出ないようにすること。つまり、すでにウイルスが身体中に増殖してしまっているときに飲んでも意味がないんです。タミフルだけでなく、一般的なインフルエンザ薬は同じ作用のため、初期にしか効きません」

 もっと言えば、症状が出てから飲んでも意味がない。それなのに副作用が強いのだから、その事実を知っていたら飲みたいとは思わないだろう。ちなみに金城医師の孫は、クスリを飲まずとも2日後には熱も下がり、元気になったそうだ。

 現在ピークを迎えている花粉症は、これまでくしゃみや鼻水などの症状を抑えるだけのクスリがほとんどだったが、昨年、根治治療が望めるシダトレンというクスリが保険認可された。

 「スギ花粉のエキスを投与することで免疫をつけるクスリで、3年以上毎日投与しなければならないので自分には無理」(都内クリニック院長)

 と、否定的な声が多数挙がったが、花粉症については、その他のクスリも飲まないと話す医者が多い。頭がぼーっとするなどの副作用が強く、症状を抑える効果も低いからだ。北海道大学大学院医学研究科の西原広史医師が言う。

 「フェキソフェナジンやエピナスチンなど比較的新しい花粉症薬でも、薬価が高いわりに患者さんが満足するレベルの効果は見られないことも多い。ですが、何もクスリを出さないのも申し訳ないので、患者さんと相談の上、処方しています」

 生活習慣病の一つ、痛風のクスリで痛い目に遭った医師もいる。
 



 「2年ほど前、尿酸値が上がっていたのでベンズブロマロンというクスリを飲み始めました。なんとなく尿の色が濃くなり、喉が渇きやすくなってきたので、『なんでだろう?』と服用から1ヵ月ほど経ったときに血液検査をしてみたら、衝撃的な結果が出ました。尿酸値はぐっと下がっていたのですが、肝機能の数値が劇的に悪くなっていたんです。すぐに精密検査をして、クスリを止めました。あのまま知らずに飲んでいたら、肝不全になって死んでいたはずです。今思い出しても怖い経験です……」(都内総合病院・内科医)
 
飲んでも効かない
 いまや950万人もの患者がいると言われる糖尿病。最新の医学をもってしても根治することはなく、発症すれば一生クスリを飲み続けなければいけない病気だ。次々と新薬が開発されているが、その作用や副作用にもさまざまなものがある。

 長年、糖尿病を患っているという千葉県の総合病院院長はこう話す。

 「これまで数々の糖尿病薬を飲んできましたが、止めたクスリも多いですね。たとえばグリベンクラミド。これはすい臓を刺激してインスリン分泌を促す作用があり、すぐに効果が出るのですが、飲み続けるとすい臓が疲れてきて効かなくなるんです。実際、血糖値が下がらなくなってきたので飲むのを止めました」

 木更津東邦病院(千葉・木更津)内科医の藤井昭夫医師も、このクスリはとくに危険だという。

 「低血糖を起こしやすいんです。最近は、高血糖よりも低血糖による症状のほうが怖いと言われています。意識を失って昏睡状態になったり、心血管系の病気を引き起こしたりして、寿命を縮めるリスクもある。自分では飲みたくないですね」

 脂っこいものを食べると胃がもたれる―そんな経験がある人も多いだろう。病院へ行くと、胃炎や胃潰瘍と診断され、クスリを処方されることが多いが、胃薬には、こんな裏話もある。前出の金城医師が言う。

 「胃もたれを訴えて病院へ行くと、『胃酸過多』と診断されて胃酸の分泌を抑えるクスリ(エソメプラゾールなど)を処方されることが多いですが、じつはこれは大きな間違いなんです。

 胃の調子が悪いという日本人の約7割は、胃酸分泌不全と言われています。胃酸の分泌は20代をピークに減少していく。40代以上で感じる胃もたれの多くは、胃酸の出すぎではなくて胃酸が少なくて消化ができていないことが原因。そこに胃酸の分泌を抑えるクスリを飲んでしまっては悪化する一方です」

 医師の中でも、この事実を知らない人が多く、真逆の作用を及ぼすクスリを処方していることがよくあるのだ。

 「認知症の進行を止める」という触れ込みで'99年に発売され、注目を集めたドネぺジルについて、関東医療クリニック(埼玉・川口)院長の松本光正医師はこんな厳しい意見を言う。

 「認知症がクスリで治るわけがありません。クスリの効能を見ても、『認知症に効く』とは一言も書かれていない。ただ儲かるから医者が使っているだけなのです」

 このクスリを効果がないからとの理由で「飲まないクスリ」に挙げる医師は多かった。
 
「欲しがるから出す」
 実際にドネペジルなどの認知症薬を患者に処方しているという認知症専門医は、こう話す。

 「これまで、多くの患者さんに認知症薬を出してきましたが、クスリを飲んでも症状が早く進行する患者さんをとてもたくさん見てきました。それでもクスリを処方するのは、ご家族から『ぜひクスリを出してほしい』と言われるからなんです。不安だから藁をもつかむ思いなのでしょう。そんなときに『クスリは意味がない』とは言えませんから」

 多くの医者たちが、自分では飲まないクスリを患者に処方する理由はここにある。クスリを出せば儲かるということのほかに、家族や患者が「出してくれ」と言うからだ。埼玉県の総合病院に勤務する内科医はこう話す。

 「本当はクスリを飲まないほうがいい場合でも、何も出さなかったら患者さんに文句を言われます。日本は医療費が安いですから、患者さんのほうも『せっかく病院に来たのにクスリをもらわなきゃ損』という意識があるようにも思います。悪い評判が立つのも嫌なので、仕方なく出していることが多いですね」

 病院で出されるクスリが本当に必要なのか、考えたことはあるだろうか。何の疑問も持たずに服用するという人が多いかもしれないが、処方する医師には「患者に言えない事情」もあるということを肝に銘じておいたほうがいい。

 「週刊現代」2015年3月21日号より


 
 
 

一覧表入りの記事

現代ビジネス(2015年3月21日)
現代ビジネス(2015年3月21日)

薬が多いと安心?

dot.(2015年3月16日)

薬との付き合い方は人それぞれ

日本調剤
医薬分業のもつ意味とメリット。QLife家庭の医学

「医薬分業」規制めぐり論争

毎日新聞(2015年3月14日)
Mocosuku Woman(2015年3月15日)
    産経新聞 2015年3月21日 7時55分
医療事故調査制度 遺族への報告書に努力義務 [写真]
産経新聞 2015年3月21日 7時55分
医療事故調査制度、詳細決まる [動画]
日本テレビ系(NNN) 2015年3月20日 22時23分
医療事故の調査制度 遺族への報告書提出は努力義務 [動画]
テレビ朝日系(ANN) 2015年3月20日 19時30分
母を責めれば子どもが死にます。偉い人にはそれがわからんのです。 [写真]
小川たまか 2015年3月20日 18時43分

経営者の無能ぶりは世界共通で昔から未来も

 いやあ、エアーバッグの発明者って日本人だったのですね。しかし、日本の経営者達や
 
中央官僚達は能がなく、無視して結局特許を失効させて国家の利益をそこっなっているのは
 
昔からです。 勿論日本だけではありません。今、世界中で大活躍しているパソコンやスマホの
 
表示方式はGUI インターフェイスと言います。 これは1975年にシリコンバレーのパロアルト
 
研究所が発明した画面でパソコンを操作する仕組みです。 しかし、当時はメインフレームと
 
いう巨大なビル一棟を占拠するような数百億円と言うIBMのコンピューターが主流でその操作
 
は機械語や高級言語に特化したエリート特権階級だけに許された特権でした。そんな時代に
 
素人が誰でも扱えるパソコンなんて物笑いの種ぐらいにしかならず、こんな物を開発した
 
技術者は解雇され、当然そんな物の特許も殆ど省みられない始末でした。 
 
  それに目を付けたのがアップルの創始者スティブ・ジャブスと言う偏屈な男でガレージで
 
組み立てたマッキントッシュと言う名前のハソコンにこの特許の切れた仕組みを発明者に無断で
 
失敬して大当たり、それを妬んだIBM と言う巨大な企業の下請けになっていたビルゲイツが
 
ステーブジャブスを恐喝して、まんまとステーブジャブスをGUIの特許権者と認めた引き換えに
 
GUIの使用権を獲得してそれぞれが今のマイクロソフトとアップルと言う世界屈指の巨大企業に
 
仕立て上げたと言うことなのです。
 
  更に、日本の名古屋にあった小さな電卓会社がCPUというソフトから独立した中央演算装置の
 
開発を発案し、当時の名だたる半導体産業にアイデアを持ち込んで開発を依頼しても、東芝や
 
日立や三菱などの半導体企業は門前払いし、やむなく米国ダラスのインテルと言う小振りの企業
 
に持ち込んで開発し、更に日本の銀行の資金援助も全く得られず仕方なく特許権を譲渡する
 
条件でチップを委託製造して日本の工場で電卓を製造したと言うのです。 この企業は直後の
 
過酷な電卓競争であえなく倒産、中央演算装置の全ての権利はめでたくインテルと言う小さな
 
ベンチャー企業がせしめ、以降世界中の全てのコンピューター市場を席巻して莫大な利益を未来
 
永劫産み出し続けていくと言う次第です。 
 
  お分かりでしょう。 いずこの国の経営者もまた銀行も多くの場合本当に役立つ優れた技術や
 
革新的アイデアを適切に評価し、それを巨大ビジネスに仕立て上げる資質の無い多くのろくでなし
 
が企業経営や国家国民の指導者となって特権を行使していても、自身に課せられている責務を
 
認識したり適切に執行する能力が欠落しているという事はいずこの国でも何時の時代でも
 
普遍的な真理だと言う事なのです。 
 
  下は、世界のほぼ全ての車に装備され、危険防止の要となる先進の革新的アイデアもやはり
 
責任在る立場の人々に評価されず、発明者が本来受け取るべき名誉や評価や対価を喪失している事
 
を報じるネットニュースは以下です。

「エアバッグ」生みの親は日本人だった

週刊SPA! 3月21日(土)13時51分配信
「エアバッグ」の発明者が日本人だったことを知らない人は多い。小堀保三郎氏がエアバッグ開発に着手したのは’64年。まさに時代が早すぎた、悲劇の発明だった。

⇒小堀氏が実際に行ったエアバッグ実験の記録写真

「小堀さんがエアバッグを思いついたのは、旅客機に乗っているとき。飛行機がエアポケットに入ると、大きく乱高下しますが、当時はシートベルトが任意で、締めていないことで頭を打つ事故もあったんです。それで、テーブルの上に上体を伏せ、荷物を抱えていると安心だと思い、そこから『自動車も衝突の瞬間に、空気で膨らむものがあればいいのでは?』と思いついたそうです」と話すのは、小堀氏を手伝ってきた工学博士で芝浦工業大学名誉学長、「日本自動車殿堂」会長の小口泰平氏。小堀氏は確たる技術の裏付けのため、東京大学などの教授陣や防衛庁に協力を求め、安全実験を行った。

 かくして完成した「衝突時の乗員保護システム」は、衝撃加速度検出装置、エアバッグ、気化ガス発生装置などで構成。エアバッグは運転席、助手席、後席に設け、側面のサイドエアバッグやルーフエアバッグも、当時すでに考案されていた。

「ただ、当時の運輸省はのりませんでした。『アメリカやヨーロッパでやってる?』と前例を聞くんです。特許だからやっているわけがないのに、それで終わり。日本は研究開発で先頭を切っても実用化は遅い。欧米の技術は信頼するのに、です」(小口氏)

 結局、エアバッグ関連の特許を世界14か国で取得したが、実用化には至らず、小堀氏は特許の延長手続きを行わないまま自ら命を絶った。エアバッグは特許の有効期限切れ直後に、ドイツで実用化されている。

「小堀さんは『もういい、やるべきことは全部やった』と言いました。今になってその頑張りが人を救っています」

<取材・文/田幸和歌子>
日刊SPA!
最終更新:3月21日(土)13時51分

英バージングループがEV開発に本腰!

  いずれ時代はEVに移行する事は確実ですが、とう言うわけか自動車メーカーはEVの開発には
 
冷酷です。その原因は明白で仕組みが確定するとあっと言う間にパーツの単価が下がりしかも部品
 
数が激減するので儲け憎くなるのは避けたいと言う事なのでしょう。 しかし、時代は確実にEVに移行
 
する事はやはり確実な様相です。 世界のパソコン市場や携帯電話会社を追い込んだ技術革新による
 
高機能低価格化の波にさらされる事が不可避な電気自動車の開発競争の激化と、将来の収入悪化
 
の懸念を報じるネットニュースは以下です。
 
 
 
 

英ヴァージン・グループが電気自動車開発を本格化か=報道

2015年 03月 20日 08:38 JST
ブルームバーグが19日、伝えた。
ヴァージン・グループは、電気自動車のレース「フォーミュラE」のチームを持っている。ブランソン氏はブルームバーグテレビで「われわれは電気自動車に従事する人々を抱えている。今後どうなっていくかはわからないが、ヴァージンが宇宙事業で繰り広げているように電気自動車分野でもテスラと競争するようになるかもしれない」と語った。
ヴァージン・グループの広報担当者はロイターに対して「われわれはフォーミュラEチームとともに、来シーズンに向けた計画を練っていて、来シーズンの最もすぐれたエンジンと自動車の製造を目指している。恐らくは、それが将来、もっと幅広い自動車市場に利用できるだろう」と述べた。

1号機燃料所在でまた東電情報小出

 いやあ、ふざけていますね。東電、今頃になって「1号炉の炉心に燃料が無い。」と言い出したのです。
 
原発にはずぶの素人の私でも311の当日に、既に炉心は格納容器から融け出している事ぐらい
 
お見通しでした。 え!! 何を証拠にそんな出鱈目を言っているのか。 ですか!! 爆!!  
 
いやいやこちらの事故翌日の夕方の投稿をご覧下さい。 
 
 http://blogs.yahoo.co.jp/semidalion/44827483.html  全く情報がなく錯誤も在りますがこの時点で
 
チャイナシンドロームが起きているのは自明でした。
 
  これからの東電の発表も大体見当がつきます。 あと数年してから炉心は格納容器内にも無い
 
と発表して、更に数年してから溶融炉心は建屋内には無い、そしていずれ溶融炉心は発見できま
 
せんでした。考えられる事は地中深く沈み込んでしまった可能性が否定できません。 というふざけた
 
発表で廃炉はこれで終わりましたと言うのが落ちだと思われます。 
 
  今はとりあえず再稼働に妨げにならないようにとりあえず溶融炉心が格納容器内に無いと言う
 
おなじみ東電小出し報道発表が顕在である事を実証する数多のネットニュースは以下です。 
 

1号機「炉心に燃料なし」=宇宙線で推定、福島第1―東電

時事通信 3月19日(木)20時41分配信
 東京電力は19日、宇宙線を使って福島第1原発1号機の原子炉内部を調査した結果、圧力容器中心部に核燃料はないと推定されると発表した。燃料は溶け落ちたとみられており、調査前から予想された結果だったが、東電は「解析と同じ結果が得られたことに意義がある。(燃料の位置を)絞り込んで検討できる」と説明している。
 東電によると、調査は宇宙線が大気に衝突した際に生じる「ミュー粒子」を利用。核燃料など密度が高い物質に当たると測定画像に黒く映るはずだが、圧力容器の中心部分は白かった。溶け落ちた燃料の位置は把握できていない。 

最終更新:3月19日(木)20時44分

画像を公開

毎日新聞(2015年3月19日)
47NEWS(2015年3月19日)

「透視」に使われるミュー粒子とは

ZAKZAK(2014年8月8日)
東京大学地震研究所

廃炉までの道のり

時事通信(2013年11月18日)
朝日新聞デジタル(2014年10月21日)

福島第一原発の現状

東京新聞
NHK
    時事通信 2015年3月19日 20時41分
(プロメテウスの罠)オイルマン:13 消防車貸してほしい [有料][写真]
朝日新聞デジタル 2015年3月19日 16時0分
地下水トリチウム濃度17倍=汚染水漏れタンク近く―福島第1
時事通信 2015年3月18日 23時6分
原電が平成29年度末までに持ち株会社に移行
SankeiBiz 2015年3月17日 18時58分
東電、「凍土壁」の凍結開始遅れると発表 [動画]
TBS系(JNN) 2015年3月17日 8時30分

偏向報道対策関西で激化!

報道というのは70年代の昔は第三の権力と言われていましたが、最近は権力のトップの座に
 
躍り出た観がありますよね。どうしてそんなことが分かるのか? ですか、そりやあ関係者のの
 
収入を見れば一目瞭然ですからね。 NHKや朝日さんを初め関係スタップ、特に報道局関係
 
者の実際の勤務労働時間当たりの時給を見れば納得ですからね。
 
  彼らの、収入源は何かというと広告収入、要するに視聴率という神様にとりつかれて、その為
 
には人々を引きつけ、快感を与える内容や映像を物色し、無ければ捏造はお手の物と言う次第です。
 
  まあ、マスコミをそんなふうに育ててしまった消費者の愚かしさに加えて巨大企業による公告宣
 
伝費の与奪によって経営陣を手なづけた手腕に加えて、政治家や官僚による飴と鞭教育の成果
 
と言うのは嘆かわしい実態です。
 
  さて、私達庶民にはあんまり身近ではない、マスコミの視聴率目当ての偏向捏造報道は
 
被害者に成りやすい行政、特に末端の県議や市議という下層支配階級に集中して、針小棒大
 
の過剰報道に泣き寝入りを強要されていた地方議会や自治体のこれまた過剰防衛と思われる
 
報道取材の録画撮りが燎原の火の如く広がり始めた事を報じるネットニュスは以下です。

西宮市長の取材監視映像 「部分開示する」と決定

神戸新聞NEXT 3月19日(木)7時30分配信
 兵庫県西宮市の今村岳司市長が市の重要施策で、報道機関からの取材を受ける際、広報課員を同行させ、取材状況を録画するとした問題で、市は18日、取材内容を記録した映像を「部分開示する」と決定した。ただ、開示映像には全てモザイクが掛けられ、音声もカットされるという。

 神戸新聞社の情報公開請求に対する回答。

 今村市長は「誤解を与える報道があった場合の確認用」としてテレビ局の取材を録画すると発表。その後、対象を活字メディアにも広げた上、「記録映像は公文書に当たり、情報公開の対象になる」との見解を示した。

 市によると、これまで撮影した映像は5本。全て阪神・淡路大震災の借り上げ復興住宅をめぐる、市の対応への取材だったという。

 市情報公開条例では「特定の個人が識別される」「法人等の正当な利益を害すると認められるもの」を非公開としており、報道機関名や記者名、担当課など取材内容が特定できる情報は公開できないとした。(前川茂之)
【関連記事】

井戸で地震予知は可能か?

 結論から言うと「可能」です。 どうしてそんなことが言えるのか? ですか。いやね20年前の
 
阪神大震災の折り、自宅の直ぐ隣の空き地でマンション建設のためにボーリングしていた人が
 
地震の前日ボーリングした穴から水が吹き出したと言うことがあったからそういうのです。 
 
 ただし、その場所は有馬高槻構造線の路頭の真上でしたから、何処でも地震の前兆で井戸水
 
が吹き出すわけではありません。ということは、そのマンションは恐ろしい巨大な構造線の真上
 
に建設されたと言う次第ですが、そこを購入して今も住んでいる人はそのことを全く知らないと
 
言うことのほうが問題では在ります。 
 
  ですから、地下水によって地震予知が出来る事は間違いありませんが、その為にはやはり
 
原因と成る活断層のいわゆる破砕帯の中に存在する地下水位の分かる井戸などであることが
 
重要で、海底や湖底では水位は測れませんから温度変化や濁りが主眼に測定が必要という
 
事になります。 また、活断層列島の日本には活断層は1万や2万ではありませんし、路頭が
 
あれば判断できますが多くは地下深くに存在していてそこに水位測定装置を設置するには
 
莫大な経費が掛かり、かといってたまたまその場所に在る井戸等で水位を測定していても
 
当該活断層が活動するのは大抵1万年とか10万年に一回と言うレベルですから、全国全ての
 
活断層にそのような装置を設置して初めて年に1件ぐらいヒットする事があるかもしれないと言う
 
宛にならない地震予知と言う事になります。 
 
  まあ、理論的には地下水位による地震予知は可能ですが現実には不可能に近いと言う
 
事になります。以下は折からの財政逼迫で地震予知関連予算の減少を食いとめる為に
 
必至になって広報活動に励んでいる地震学者の危機意識の高さを報じるネットニュースです。
 

<地震>地下水水位や温度で予測 東日本大震災でも兆候か

毎日新聞 3月19日(木)8時7分配信
 大地震の前に異変をとらえ、備えることが被害の軽減につながる。こうした中、行政や民間が所有・管理している井戸の地下水データなどが、異変に気づくセンサーになりうるとして、専門家が活用を呼びかけている。

【ダイオウイカ「大漁」の謎】巨大地震のシグナルか?

 「日本ではいつ、どこで大地震が起きても不思議ではない。埋もれたデータを活用して異変をとらえられないか」。東京学芸大の織原義明専門研究員(地球物理学)は今月2日、東京都内で開催された研究会で語った。

 現在、駿河湾から静岡県内陸部を震源域とする東海地震に備え、一帯には岩盤の伸び縮みをとらえる「ひずみ計」、地震計、観測用井戸などが設置されている。しかし、それ以外の地域での監視網は見劣りするのが現状だ。新たな観測装置を整備するにはコストがかかる上に、どの程度まで整備すれば十分なのかすらはっきりしない。

 ◇温度上昇や濁り発生

 一方、過去の文献によると、中国・唐山地震(マグニチュード=M=7.5、1976年)やキルギス・プルジェバリスク地震(M6.7、70年)では、震源にほど近い井戸水で、水位や温度の上昇、濁りが発生前に確認されている。

 日本でも南海地震(M8.1、46年)の発生する1週間前から前日までに紀伊半島と四国地方で水位が低下したり、濁ったりしたとの報告が17件寄せられた。明治三陸地震(1896年、M8.5)と昭和三陸地震(1933年、M8.1)では多くの井戸水が濁ったという報告が多数寄せられていた。

 しかし、いずれも市民の目撃情報であり、どの程度の変化だったのかという数値がほとんどなく、地震との因果関係を検証できないのが実態だ。

 ◇東日本大震災前にも

 織原さんらは、東日本大震災(M9.0、2011年)でも何らかの異変があったのではないかと考え、東北地方の太平洋沿岸で井戸を所有する寺社や温泉施設などを訪ねた。

 その結果、岩手県大船渡市にある正源寺の住職は「地震発生の約1カ月前から水がくみ上げられなくなった」と語り、水位の低下をうかがわせた。近くの五葉温泉では07年10月から源泉の水位と水温の記録が残っているが、10年12月から発生直前までに水位が最大で16メートル、同時に水温も1~2度低下していた。

 正源寺の井戸は深さ2メートル、五葉温泉の源泉井戸は深さ2キロで、上下が不透水層にはさまれているため、水位や水温は降水量の変化を受けにくい。今回の変化は、プレート(岩板)の境界がゆっくりと動くスロースリップ現象で陸側の地殻が伸びて、井戸水にかかる水圧が弱まったと推定されている。

 また、宮城県には地盤沈下の監視を目的に、大震災の1年以上前から水位を記録している官民の井戸が約40本あり、仙台市西部に秋保、作並両温泉などの源泉井戸があった。このうち、沿岸に近い仙台市の井戸で11年1月から約60センチ、多賀城市の井戸では10年12月から約1メートルそれぞれ水位が下がった。現在、原因を調べている。

 「市民の『変だ』という漠然とした報告から一歩抜けだし、埋もれた客観的なデータを集約すれば、地震の発生メカニズム解明や備えの強化に役立つかもしれない」と織原さんは話す。

 東海大の長尾年恭・地震予知研究センター長は「興味深い取り組みだ。ただ、各地にデータが整備されても、その意味を解釈できる人材の育成が欠かせない」と提言する。【田中泰義】
最終更新:3月19日(木)10時25分

地震予測の現状は

日本テレビ系(NNN)(2015年3月16日)
ダイヤモンド・オンライン(2015年3月12日)

大地震の予測地図

朝日新聞デジタル(2014年12月20日)
地震調査研究推進本部

もしもに備える

NHK
Yahoo!天気・災害
    福島民報 2015年3月19日 9時16分
災害の恐怖を世界が認識 防災会議閉幕
産経新聞 2015年3月19日 7時55分
チリ中部沿岸でM6.2の地震・津波なし(3/19)
レスキューナウニュース 2015年3月19日 4時0分
東電、全電源喪失を想定し訓練 [動画]
TBS系(JNN) 2015年3月18日 22時13分
東電、福島第1原発で電源喪失想定し訓練
時事通信 2015年3月18日 20時25分

原発やっと5機廃炉に

やっと美浜1、2号機、敦賀1号機、玄海1号機、島根1号機の廃炉が決まったようです。残るは
 
40機程ですが安全が確認でき得ない以上一時も早く全ての原発を廃炉して頂きたいものですね。 
 
 

40年超」原発、5基廃炉 美浜・敦賀決定 きょう島根・玄海

産経新聞 3月18日(水)7時55分配信
 ■関電、高浜など再稼働申請

 関西電力は17日の臨時取締役会で、運転開始から40年を超えた美浜原発1、2号機(福井県)の廃炉を正式に決め、八木誠社長が同県庁で西川一誠知事に報告した。一方、美浜3号機と高浜1、2号機(同)については、再稼働に向けて、原子力規制委員会に対し新規制基準の適合性審査の申請を行った。

 日本原子力発電も同日、敦賀1号機(同)の廃炉を決定。両社に加え、中国電力と九州電力が18日、島根1号機(島根県)と玄海1号機(佐賀県)の廃炉をそれぞれの取締役会で決める見通しだ。

 東京電力福島第1原発事故後、原発の運転期間を原則40年に制限するルールに従い、電力会社が廃炉を決めたのは初めて。

 長期停止が続き、追加安全対策に巨額のコストがかかる原発の淘汰(とうた)が今後、進みそうだ。

 政府は昨年10月、運転開始から40年前後が経過した美浜1、2号機など全国の原発7基について、運転延長するか、廃炉にするか早期に決めるよう電力各社に要求。延長申請の期限が今年7月に迫っていた。

 美浜1、2号機は、出力がそれぞれ34万キロワット、50万キロワットと比較的小さい。関電は、運転延長に必要な追加安全対策の工事費用などを回収するのは困難とみて廃炉を判断した。

 国内の原発48基のうち、運転開始から30年を超えた原発は19基ある。電力各社は来年以降も、こうした老朽原発を廃炉にするか運転延長するかの判断を迫られることになる。

<玄海原発廃炉>関連交付金減額…町財政は? 廃棄物は?

毎日新聞 3月18日(水)20時51分配信
  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00000094-mai-soci
  •  九州電力が18日、玄海原発1号機(佐賀県玄海町)の廃炉を正式決定した。原発関連の交付金などに頼ってきた地元住民は「時代の流れ」などと受け止めつつ、地域経済への影響や廃炉に伴う廃棄物の処分などへの不安を抱いている。九電は廃炉表明の一方で、他の原発の早期再稼働を目指す考えも改めて明確にした。

     「設備の有効利用の観点から何とか運転延長を考えたが、かなわなかった」。午後7時から佐賀市の九電佐賀支社で開いた記者会見。九電の瓜生(うりう)道明社長は苦渋の表情を浮かべながら廃炉決定に至った理由を説明した。2013年に施行された原発の新規制基準の下では大規模な追加対策工事が必要となり、運転開始から40年になり規模も小さな玄海1号機は投資額が回収できないと判断したという。

     ただ地元には廃炉による財政や地域経済への影響を懸念する声が根強い。山口祥義(よしのり)知事は記者団に「原発への依存度を下げていく方向を私も考えている。よく判断してもらった」と評価した上で、「今回の決定によって間違いなくマイナスになる部分が出てくると思う」と語った。

     玄海町が国や県から受けた原発関連交付金は昨年度までの39年間で総額331億円余り。今年度当初予算約100億円のうち約67億円が原発関係の歳入だ。1号機関連の交付金減額は再来年度からで、町は約4億円と試算する。

     佐賀市内での会見に先立ち、玄海町役場を訪れた瓜生社長に対し、岸本英雄町長は廃炉後の地域経済への不安をのぞかせ「速やかな再稼働と、地域振興についても考えてほしい」と注文。瓜生社長も、13年7月に再稼働に向けた安全審査を原子力規制委員会に申請している玄海3、4号機について「一日も早い再稼働を目指したい」と応じた。

     岸本町長はその後の取材に対し「廃炉作業で人がやって来るが、一過性のものでしかない。財政は厳しくなる。行政サービスの質を下げない方法を考えたい」と話した。

     玄海町の自営業男性(59)は「廃炉は時代の流れ。ただ原発の仕事に携わる人はたくさんおり、せめて稼働時と変わらぬ雇用が確保できるようにしてほしい」と要望する。

     一方、同町の水産加工会社代表、野崎哲雄さん(65)は廃炉に伴う放射性廃棄物の処分や使用済み核燃料の保管などの課題を挙げ「国策で始めた原発なんだから最後の処分まで国がきちんと責任を持ってほしい」と言う。その上で「原発に頼らない産業を考えていかねばならない」と話し、廃炉決定を機に原発依存体質からの脱却を目指すよう訴えた。【鈴木一生、原田哲郎、松尾雅也】

廃炉の課題は?

テレビ朝日系(ANN)(2015年3月18日)
産経新聞(2015年3月18日)
Yahoo!ニュース個人編集部(2015年3月12日)

全国で5基の廃炉が決まる

17日は福井県の3基。そして、18日は佐賀県と島根県の2基の廃炉が決まりました。TBS系(JNN)(2015年3月18日)
産経新聞(2015年3月18日)
産経新聞(2015年3月18日)

一方で、再稼働申請

老朽原発の高浜原発1、2号機、美浜原発3号機(いずれも福井県、出力82.6万キロワット)の3基について、40年超の運転延長を目指し17日に原子力規制委員会に安全審査を申請。毎日新聞(2015年3月17日)

町長が新設希望も

時事通信(2015年3月18日)
    毎日新聞 2015年3月18日 20時51分
<原子力規制委>中部電力に浜岡原発の富士山噴火対策求める
毎日新聞 2015年3月18日 20時36分
「大きな節目を一つ越えたと認識」と規制委 川内原発、再稼働は夏以降の見通し
産経新聞 2015年3月18日 18時33分
川内原発の工事計画認可 再稼働は夏以降か [動画]
日本テレビ系(NNN) 2015年3月18日 14時38分
原子力規制委、川内1号機の工事計画認可
時事通信 2015年3月18日 13時10分

異次元の規制緩和でデフレ健在!

 いやあ、黒田バズーカー砲とやらで年率2%の物価上昇という目論見は見事失敗と言うことですね。
 
大体ね、少子高齢化に加えた人口減少に小手先の金融緩和で物価を揚げようなんて言う了見が
 
間違っているのですよね。 それにね、インフレになれば購買意欲が生じるという時代錯誤も甚だしい
 
経済観で市場に大量の紙幣をばら蒔いても無駄なのが分からないのは本当にお気の毒です。 
 
  今の日本の国民の大多数の頭の中には、欲しい物殆どありません。欲しいものでは無く逆に
 
費財で満杯になっている住居から何を捨てようかと言う事こそが深刻な問題なのです。
 
 だから殆どの日本の国民はいまある物以外に新しい物を買おうなんていう意欲や必要性
 
そのものが消失しているのです。 そんな当たり前のことすら知らない人が国家の舵取りをして
 
いるのですね。  我が家の周囲のご家庭見回しても大半の家庭が耐久消費財であふれかえり、
 
いまさらもう何も買う必要は無いと言う日本国民の実態を知らないお馬鹿さんが首相や日銀総裁
 
に成ったと言のが現在の日本の政治の悲しさという次第です。
 
 黒田さんが異次元の金融緩和をしても市中にあふれかえったお金は消費には向かわず、行き場
 
が無くなった大量の金は行き場が無く、その結果投機に向かい、株が高騰しているだけです。
 
 株がいくら上がったってそれは国民のほんの一部の富裕層の過剰な資産が更に増加しただけで
 
、その結果単なる金持ちの資産評価額が増えただけで、消費経済には何の影響も起こせないのは
 
当然の帰結と言う次第です。 
 
 もし、ここで金融引き締めに政策転換したら有り余った金や公的年金運営基金などで暴騰させた
 
株は暴落、その先はデフオルトが在るのみです。 かといってそんな最悪のシナリオを避けるには
 
未来永劫国家経済が破綻するまで金融緩和を拡大し続ける以外に無いのですがそんなことは
 
不可能だと言うことです。 
 
  ということは、今回の金融緩和には出口が無く、後は座して国家経済の破綻を怯えながら為す
 
術無く座視するという以外に選択肢が無くなったお気の毒な首相や日銀総裁の無能振りを報じる
 
数多のネットニュースは以下です。

物価マイナスに転じる可能性排除できない=黒田日銀総裁

ロイター 3月17日(火)16時20分配信
[東京 17日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は17日の金融政策決定会合後の記者会見で、物価上昇率が前年比でマイナスに転じる可能性を認める一方、企業や家計の物価観に影響はなく、原油安の影響がはく落することで2015年度を中心とする時期に物価目標の2%に達するとの見解を強調した。

日銀総裁「物価一時マイナス、15年度中心に2%へ」:識者はこうみる

物価はプラス幅を縮小しているが、円安・株高基調が続いており、現時点で追加緩和は不要との判断とみられる。

<今のところ物価の基調に変化なし>

午前中の金融政策決定会合では、賛成多数で政策の現状維持を決め、「緩やかな回復基調を続けている」との景気判断を据え置いたが、消費者物価指数(生鮮除くコアCPI)について、足元は「0%台半ば」から「0%台前半」、先行きは当面「プラス幅が縮小」から「0%程度」にそれぞれ下方修正した。

物価以外に景気を点検する項目はすべて従来判断を据え置いた。

日銀が金融政策運営の目安とするコアCPIは、昨年4月に前年比1.5%(除く消費増税分)上昇したのをピークに下落基調にあり、ことし1月は同0.2%の上昇率にとどまった。黒田総裁は会見で今後も「エネルギー価格の動向次第で、若干のマイナスとなる可能性を排除できない」と指摘した。

昨年夏以降の急激な原油安でコアCPIが大幅に下押ししたことで、日銀は1月の決定会合で、指数そのものでなく、物価の基調を見て政策判断することで事実上合意したことが、議事要旨などから明らかになっている。

黒田総裁は、物価の基調とは「需給ギャップや期待インフレ率」で示されるものと説明。「中長期的な期待インフレ率は維持されており、原油下落が影響する懸念はない」、「今のところ、デフレマインド転換が遅延する懸念が出てくるとは思わない」、「今のところ、物価の基調が変化する状況にない」と述べ、現時点で追加緩和は不要との見解を強調した。

<賃金上昇の環境は整っている>

期待インフレ率を左右する企業や家計の物価観の目安として、春の賃金交渉を注視していると指摘。「ベースアップやボーナスの形で賃金上昇が実現する環境は整っている」と期待感を示した。

今後の物価の見通しについて「原油価格が想定通り緩やかに上昇するならば、15年度を中心とする期間に2%に達する」との従来見解を繰り返した。具体的には「当面、物価はゼロ程度で推移」するが、昨年夏以降の原油安の影響がはげ落ちることで「15年度後半に、かなり上昇率が高まる」と説明。物価が急ピッチで2%に達するとの道筋を示した。

日銀は1月の景気・物価見通しで、原油価格が1バレル=55ドルから70ドルに上昇していくとの前提を置いた。総裁は、この想定は先物市場の見通しを反映しており、「欧州中央銀行(ECB)の経済見通しの前提価格と同様」と弁護した。

<株式市場、強気化している状況でない>

足元の物価は目標の2%にほど遠いが、2年にわたる未曾有の金融緩和で日経平均株価は15年ぶりに1万9000円台に達している。黒田総裁は「現在の企業収益は高く、株式市場だけが企業収益から離れて強気化している状況ではない」との見方を示した。日銀のETF(株価連動上場投資信託)買い入れは不要ではないかとの記者の質問に対しては「株価の支えや押し上げのためにはやっていない」としつつ、「質問の趣旨は理解」と返答。バブルリスクにも目配りしている姿勢を示唆した。 

なお、就任時は2年での必達を掲げていた2%目標の達成時期を、事実上16年度も入る3年半にすり替えたのでは、と質問する記者に対して、黒田総裁は、記者の質問を一部無視して回答を続ける場面があった。

<追加緩和時期、市場の見方分かれる>

株式市場では、決定会合で物価の現状と当面の見通しを引き下げたことで追加緩和の思惑が一部で広がり、先物主導で上げ幅を拡大。日経平均は反発し前日比で一時233円高となり、きょうも昨年来高値を更新したが、大引けにかけては利益確定売りに押され、指数は伸び悩んだ。

市場では総裁会見を受けた今後の追加緩和の見通しについて、様々な受け止めがあったようだ。当面の物価見通しを「下方修正したことで、4月の段階で追加緩和に踏み切るとの期待が高まりやすい」(岡三アセットマネジメント上席ストラテジストの鈴木守氏)との指摘があった。一方、「10月の(景気・物価見通しを公表する)展望リポートの段階で追加緩和の是非を検討すると思われる」(三菱東京UFJ銀行市場企画部チーフアナリストの内田稔氏)との声も聞こえた。

*内容とカテゴリーを追加します。

(竹本能文、伊藤純夫)

最終更新:3月17日(火)19時31分

「今のところ物価の基調に変化はない」

物価の基調に変化があった場合には、金融政策をちゅうちょなく調整する考えを改めて強調しました。NHK(2015年3月17日)

大規模金融緩和を継続

今春闘で賃上げが広がれば、個人消費の増加を通じて物価を押し上げることも見込まれるため、日銀は現行の政策を継続し、原油価格や賃上げの動向を見極める考えとみられる。毎日新聞(2015年3月17日)
企業や個人の間で将来物価が上がっていくとの予想が弱まらなければ、追加緩和に踏み切らないとの姿勢を強めている。産経新聞(2015年3月17日)
日本経済新聞 電子版(2015年3月17日)

景気判断も据え置き

NHK(2015年3月17日)

量的・質的金融緩和とは

日本銀行
日本銀行

デイラーの車修理は顧客を食い物にした利益優先

 中国の日産デイラーがボッタクリだというのですが、車や安全に対する考え方の相違が
 
原因なのでしょうね。
 
私の乗っているポンコツの日産車、初年度登録が2000年で、走行距離は間もなく20万㎞と
 
いう年代物です。燃費が少し悪いだけで全く故障も無く高速で時速140●でも静かに走って
 
くれておりエコカーに買い換えれば燃費であっと言う間に新車購入費がまかなえますが、
 
買い換えを迷っている年代物です。  5年ほど前のお話ですがマフラーの排気管から排気
 
ガス漏れていたのでデーラーに修理を依頼したらマフラー交換で部品探しに数日を要し、経費
 
は10万円と言われびっくり。 あわてて車を返却させ大きな爆音のする車を走らせて近所の
 
鉄工所に持ち込んで溶接して貰ったら5分程で費用5千円で完全に修理できました。要するに
 
走行安全性能には全く影響しない部品ですから強引に新品の部品交換するのは行き過ぎた
 
デーラーの利益優先の過剰修理と言う批判は妥当だと言う次第ですね。
 
  あれから5年近くなりますが、全く問題も故障もなく車は快調に走っています。きっとこういう
 
何でも正規部品への交換ばかりしているディラーの修理と顧客対応の姿勢が問題なのでしょう。
 
  下は、お国柄か日本のやり方をそのまま外国に持ち込んだ結果法外な過剰修理の烙印を
 
押されでとんでもない一大ネガティブキャンペーンに発展し、善後策を弄している日本の自動車
 
販売会社の顧客利益と顧客感情無視の深刻な実態を報じるネットニュースです。
 

日産、調査チーム立ち上げ=TV番組で販売店批判―中国

時事通信 3月16日(月)17時7分配信
 【北京時事】中国国営中央テレビが毎年3月15日の世界消費者権利デーに合わせて放送する人気の消費者保護番組で、日産自動車の車を扱う販売店などが批判された。影響力の大きい番組だけに、日産の合弁会社は、直ちに自主調査に乗り出すなど対応に追われた。
 今年は日産のほかにも、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)やメルセデス・ベンツを扱う各販売店もターゲットにされた。取材班が販売店に車を持ち込み、不当に高い修理費を請求された様子などを隠しカメラで撮影。番組内で厳しく批判した。
 日産の合弁生産会社、東風日産乗用車は15日夜、「放送を重く受け止めており、直ちに調査チームを立ち上げた」と発表した。販売店の問題とはいえ、メーカーが責任を持って取り組む姿勢をアピールすることで、今後の販売減少などの悪影響を防ぐ狙いがある。 

癌手術や抗ガン療法は最低の対症療法、根治は無理!!

 
たいていの人は生涯に出合うガン患者は1名か2名だと思います。私は牧師という職業柄多くの
 
癌患者を見取ってきましたが、熱心に治療手術する人ほどあっと言う間に天国へ行かれます。
 
治療さえしなければもっと長生き出来たと確信していて私はできるだけ癌治療はしないようにと
 
言い続けていますが耳を貸す人はほんの僅かです。
 
 何故癌治療をしないほうが長生き出来るかと言うと結論は明確です。要するに抗ガン治療も
 
手術も癌が出来た病気発症の原因は追求も調査原因も一切放置して、単に癌のほんの一部
 
の症状に過ぎない癌腫瘍を除く事だけに集中して原因を放置する対症 療法に過ぎないのです。
 
 いくら大規模に癌の症状や腫瘍だけを取り除いても根本原因がそのままですから次から次へ
 
と新しい癌が生成され拡大して次から次へと手術や抗ガン療法が必要となり体力と臓器と
 
生命力を失ってその結果余計に癌に蝕まれ、体内に放置されている発癌の原因物質
 
(恐らく体内にある放射線でダメージを受けた何兆と言う細胞や体内に蓄積された発癌医
 
薬品や農薬や食品添加物) によって手術や抗ガン剤によるダメージで生体の免疫力を急激に
 
低下させおとなしくしていた小さな癌が一気に拡大して命を失うのです。
 
 以下は癌放置療法家として著名な近藤医師の癌治療をしないほうが長生きできるという
 
経験的、実践的証拠をありのままに報じる希有なネットニュースです。

がんより怖い「がん治療」の実態

@DIME 3月14日(土)15時40分配信
 医者が信じられない。頼りになるはずなのに、不信感しか持てなくなりそうだ。このままでは、病院に行くのも怖い。そんな暗い気分にさせる、知りたくなかった医療の現実を見せつけたのが、『がんより怖いがん治療』(小学館刊)だ。がん治療、がん検診、医者の裏側を赤裸々に明かしたのは、『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋刊)で日本の医療界を敵に回した近藤誠氏。40年間にわたり医者として活動してきた慶応義塾大学病院で見てきたことや経験してきたことなどから、医療界の真実の姿を浮き彫りにする。

■ともに怖い、手術と抗がん剤治療

 第1章と第2章で明かされるのは、がん治療の怖さ。次のような実態を知れば、怖くなるだろう。勘三郎さん(歌舞伎俳優の中村勘三郎さんのこと)は、食道がんの手術から約4か月後に亡くなった。真の死因は食道の全摘手術にある。胆汁や消化液を誤嚥し、ARDS(急性呼吸窮迫症候群)を引き起こしたのは、手術によって胃や気道の機能に障害を起こした結果だからだ。(※同著より)

 がんに冒された食道を全摘出し、胃袋を引き上げて代用食道を作る大手術の結果が「術死」。誰にでも起こり得ることだけに、手術への不安がかき立てられる。ならば、抗がん剤が安全かといえば、そうともいえない。

 抗がん剤が効かない最大の原因は、がん細胞を殺すと同時に、正常細胞を殺してしまうことにある。(中略)最も危険な側面は、生命に関わる重要な臓器に害を与えることだ。骨髄、循環器、呼吸器、消化器、泌尿器、中枢神経などの機能を低下させる。その結果、体は異常を来して、ひどくなると死亡する。(※同著より)

 手術も抗がん剤も信じられない。がん治療が信じられないものになっているのは、患者第一ではない医療界の体質にあった。手術は、19世紀に始まったときから、がん治療の最新、最良の技能と見なされ、医療界に君臨してきた。(中略)手先が器用で手術がうまければ、論文など書かなくても、つまり研究しなくても、出世の道が開けるのが外科である。(中略)よって、切除できそうががんは手術になって、臓器が取られてしまう。(※同著より)

 抗がん剤治療の恐ろしさは、新薬の実験台(被験者)にされることだ。(中略)第2相試験の実験台に選ばれるのは、もう何をしても治る見込みのない患者たちだ。対象になるのが、乳がん、胃がん、肺がん、卵巣がんなど、もともと抗がん剤が効かない種類のがんだからである。さらに、すでにほかの抗がん剤を使って効果が見られない患者を選んでいるからである。(中略)しかし、治る見込みがないなら、残された人生をできるだけQOLを保ちながら、穏やかに暮らしたい人も多いだろう。それを医者は、ゼロに等しい効果をちらつかせて、実験台にしてしまうのだ。(※同著より)

 がん患者は、出世と実験のために利用されるということか。医療界には、病に苦しむ人を救うという崇高な理念は微塵も残っていないのか、と絶望したくなる。

■がん検診に意味はなし

 しかし、がん治療よりもある意味で恐ろしいのが、がん検診だ。第3章では、がん患者がつくり出される現実を示す。健常者をがん患者に仕立てるのは、治療より怖い。こんな信じられないことがまかり通っている現実に、背筋が凍る。

 がん検診に意味がないことは、日本のがんによる死亡者がいっこうに減らない事実を見ればわかる。厚生労働省の統計では、がん死亡者が1950年以降、増えつづけているのだ。定期検診や人間ドックが普及し、「早期発見・早期治療」が推奨されている。検診推進派が言うように、早期がんを早期治療すれば、進行がんにならないのだとしたら、日本では早期がん患者が増えているのに、なぜ死亡者は減らないのだろうか。早期発見されるがんの多くが「がんもどき」であるからだ。(※同著より)

「がんもどき」とは、他臓器に転移しておらず、放置しても転移が生じないがんのこと。「がんもどき」をがんとして取り扱い、治療に持って行くのは、医療は産業でもあるからだ。「医は算術」という側面が露骨なまでに表出している。

 しかし今や、がん検診は多くの人の生活を支えている。検査料を稼ぐだけでなく、発見したがんを治療することで二重に稼ぐことができる。がん検診からがん治療に至るコースは、病院の大きな収入源になり、医者や職員を養っている。(中略)しかし病気になる人の数は、毎年だいたい同じである。市場規模は決まっているのだ。そこで新たな市場として、健康な人を病人に仕立て上げようとする。そのための手段が検査。(中略)今や健康な人たちが、医療産業にとって米であり石油なのだ。彼らがいないと医療産業は回っていかない。(※同著より)

 本来、「医は仁術」であるべきなのだろうが、産業としての側面もあることは理解できる。しかし健康な人を病人に仕立てるのは詐欺そのもの。医療機関に対する信頼が、音を立てて崩れていくような衝撃を受ける。

■不必要な検査や医療は受けないで

 第1章から第3章は、高い専門性を利用し、がん治療でやりたい放題のことをしている医療界の印象を強く印象づけたが、第4章以降は、間違った治療や検診に立ち向かう著者の戦いにシフト。どのように戦い、その過程で達した新境地が中心になっている。

 苛烈な戦いに、著者には味方する者などおらず、孤独な戦いを強いられる。そのため採用した戦法が、メディア利用し患者を味方につけることだった。『文藝春秋』にある論文が掲載されるとき、二人の娘に対して語ったことが、戦いの苛烈さを物語っている。

 原稿を編集部に渡し、輪転機が回っている頃、ぼくはふたりの娘を呼び寄せて語った。「パパはこれから外科を相手に一戦かまえる。それで、いろいろ迫害されて、うちは貧しくなるかもしれない。覚悟しておいてくれ」と。(※同著より)

 そして、戦いは無傷では済まず、代償が伴う。著者が支払った代償は、出世の道を完全に断たれたことだった。覚悟を決め、万年講師の道を受け入れた著者だが、覚悟を決めた人間は強く、しぶとい。万年講師生活で得られた時間を使って最新の医学論文を読み込み、メディアを利用してこれまでのがん治療やがん検診を真っ向から否定する言論活動を活発に展開する。その真骨頂といえるものが、『患者よ、がんと戦うな』であった。

 面白くないのが、真っ向から否定された医療界。なりふり構わず著者を潰しにかかる。しかし、そんな医療界をよそに、患者は著者に味方し、著者の外来を訪れる新患は後を絶たない。セカンドオピニオンを求めて来る人が多いことから、著者は治療をせず相談だけを受けるセカンドオピニオン外来を開く。医療界との戦いから著者が読者に伝えたかったことは何か。それは、次の記述で明確に示されている。

 人は自然にまかせて生活するのが一番健やかに、長生きできる。だから読者には、不必要な検査や医療を受けないようにしてもらいたい。そのためには医療や治療法の知識以外に、医療業界の有り様について知っておくことも必要だろう。知らないとカモにされるのである。ほかの業種ならカモられたところで、お金や財産を失うだけだが、医療では最悪の場合、命がなくなる。(※同著より)

 医療は産業。治療代と検査代を稼ぎたい病院に、製薬会社や医療機器会社の思惑も絡む。様々な思惑が絡む複雑な構図の中で病院の言いなりにばかりになっていれば、助かる命も助からないことだってある。長生きしたければ、賢くなるしかない。これが、著者が読者に伝えたいメッセージである。

文/大沢裕司
@DIME編集部
最終更新:3月14日(土)15時40分

さすが天下の関電裁判官のすげ替えを要請!

 
いやあ、さすがに電力会社の本質がよく分かるニュースですね。 私も裁判では苦労をしましたが
 
一番困ったのは判事さんの資質でした。 出ている大学はたしか頭狂大学でしたので、常識も
 
良識も無く、先方の成り立ての美人弁護士に興味があるらしく、鼻の下を長くして媚びる始末で
 
あきれ果てました。 老練の弁護士に裁判官を変えれ無いのですか?と聞くと「忌避することは
 
出来るが次に扱ってくれる判事にどんな仕打ちをされるか分からないし、判決を遅らせる時間稼ぎ
 
という判断をされると勝てる裁判も負ける。」と聞き馬鹿判事の一部勝訴というふざけた判決を頂い
 
てから又お高い弁護士費用を払って控訴する羽目になりました。 まあ両方の弁護士さんはお互い
 
示し合わせてこうなるのを期待しておられたのは明白で、しかも老後の再就職先に大弁護士事務
 
所を物色する判事さんとも意気投合してみんなウインウインウインで馬鹿を見るのは、犯罪被害者
 
の私と一言も謝らない悪人の犯人だけと言うありさまでした。まあ勝って最期に負けた犯人が最高裁
 
に上告し、また弁護士は大喜びで棄却でめでたく一件落着しましたが、本当に裁判官の無能には
 
辟易したものです。 
 
  さて、そのような裁判闘争でさすが関西電力、堂々と判事の忌避を要請したと言うのは余程判事に
 
裏金か、将来の顧問弁護士就任依頼と言う切り札があっての判断と思われます。 
 
  判事も、もしここで関西電力の要求を蹴れば目の前に迫っている判事退官後の再就職や
 
最期に残る高裁や最高裁判事の昇進という望みは消えるのです。 しかし、もし関西電力の
 
要求を飲んで、判事の交代を受け入れれば夢のような将来のバラ色の出世の可能性がウインク
 
しているということなのです。 
 
  果たして福井地裁の判事さんこの甘い金銭と出世と言う誘惑に勝って正しい判断が出来るのか
 
それとも甘い金と名誉に魂を売り渡すのか私達の関心がその判断に大きく影響すると言うことを
 
訴える珍しく健全な福井新聞のネット記事は以下です。 余分ですが大手のマスコミやNHKさんは
 
関電さんから大量の便利供与を受けていますので関電を刺激するような内容を絶対に記事にした
 
り報道するようなことはしません。
 

関西電力側が裁判官の変更求める 原発再稼働差し止め仮処分の審尋で

福井新聞ONLINE 3月12日(木)18時23分配信
  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150312-00010002-fukui-l18
  •  3月11日開かれた原発再稼働差し止めを求める仮処分の審尋で、関電側は審理を担当する福井地裁の樋口英明裁判長ら3人の裁判官に対して忌避を申し立てた。住民側弁護団は「長い原発訴訟の歴史で、電力会社による忌避は前代未聞。明らかな審理の引き延ばしだ」と関電の対応を批判した。

     忌避は、裁判官と当事者が内縁関係など裁判の公正を妨げる事情があるときに、当事者が裁判官の変更を求める手続き。申し立てから3日以内に理由書を提出する必要があり、裁判官は忌避申し立ての審理中は訴訟行為はできない。

     申し立ては別の裁判官が判断し、忌避が認められた場合は、別の裁判官が審理を担当する。一方、当該裁判官は、申し立ての目的が遅延行為だとみなした場合、自ら却下することができ、仮処分のように緊急性が必要と判断すれば訴訟を進めることができる。

 

油断かシエラレオネで米国のボライテイアら10人感染帰国へ!

すっかり見かけなくなっていたエボラ出血熱のニュースです。 まあ何事も高名の木登りよろしく
 
もう大丈夫と言う緊張がほぐれた一瞬の気の弛みが感染症対策にも言えるということです。
 
以下はいきなり10人もの感染者がでたとされる米国医療従事ボランティアのエボラ大量感染
 
を報じるネットニュースです。
 
 

西アフリカでエボラ熱に感染か、米国人10人が帰国へ

CNN.co.jp 3月15日(日)10時20分配信
(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は14日、西アフリカでエボラ出血熱に感染した恐れのある米国人10人が帰国に向けて現地を出発したと明らかにした。

13日には、西アフリカのシエラレオネでボランティア活動中にエボラ熱に感染した米国人医療関係者が帰国し、メリーランド州にある国立衛生研究所(NIH)の隔離病棟に収容された。NIHによると、容体は重篤とされる。患者の身元は公表されていない。

新たに帰国する米国人らはいずれもこの患者と接触したり、患者が感染した時と同様の状況に置かれたりした可能性があるものの、現時点でエボラ出血熱の診断を受けてはいないという。

CDCによると、帰国後はNIHかネブラスカ州オマハのネブラスカ医療センター、ジョージア州アトランタのエモリー大学病院の近くのホテルなどに滞在することになっている。

米国内の病院のうち、エボラ熱など感染力の強い伝染病への対応が確立しているのは、これらを含む4施設のみ。NIHの病棟には昨年10月、テキサス州の病院でリベリア人のエボラ熱患者を担当していて感染した看護師が入院した。リベリア人患者は死亡したが、看護師は全快して退院した。

エボラ熱は患者の体液に直接触れることによって感染する。世界保健機関(WHO)によると、2013年末に始まった西アフリカでの流行でこれまでに1万人以上が死亡している。

米国人数人、エボラ感染の恐れ=西アフリカから搬送―CDC

時事通信 3月15日(日)12時35分配信
  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150315-00000034-jij-n_ame
  •  【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)は14日、西アフリカのシエラレオネで米国人数人がエボラ出血熱に感染した恐れがあり、空路で米国に搬送すると発表した。国立衛生研究所(NIH)など3カ所の医療施設で21日間、経過観察を行う。
     ロイター通信は14日、感染の恐れがある米国人は「少なくとも10人」と伝えた。CDCによると、シエラレオネで既にエボラ出血熱に感染し、13日にNIHに入院した米国人医療関係者らと接触した可能性がある。ただし、現時点でいずれも陽性反応はないという。 

13日には感染した医療関係者が帰国

新たに帰国する米国人らはいずれもこの患者と接触したり、患者が感染した時と同様の状況に置かれたりした可能性がある。CNN.co.jp(2015年3月15日)

これまでの死者は1万人超

AFP=時事(2015年3月13日)
時事通信

交通が発達した現代のリスク

現代の世界的な高速大量輸送網の波に乗って、地域の限定した風土病に留まらず、短期間に国際的な疫病に発展する可能性がある。PHP Biz Online 衆知(2015年1月15日)
日本薬学会
    西アフリカでエボラ熱に感染か、米国人10人が帰国へ
    CNN.co.jp 2015年3月15日 10時20分
    エボラ出血熱 死者数1万人超える [動画]
    日本テレビ系(NNN) 2015年3月13日 12時13分
    エボラ熱、西アフリカ3か国で死者1万人超
    読売新聞 2015年3月13日 10時26分
    エボラ熱、死者1万人超す [動画]
    TBS系(JNN) 2015年3月13日 10時6分

    日本列島は火山と地震と津波大国天国で国民は地獄?

      いやあ、日本列島は世界の陸地の僅か1%ですが、世界の地震の1割りは日本で起こり、火山も
     
    やはりほぼ一割が集中立地していてしかも列島の周囲にはぐるりと全体が巨大プレート境界で、
     
    津波地震の世界最大の頻発地域で日本語の津波が世界中で通用するぐらいの津波大国だと
     
    言うのです。 
     
      そんな国に原発を作るだけではなく、高度な経済システムを発展させてしまったのですからいざ
     
    地震や火山噴火や津波となると被害は甚大と言うのは必然と言う次第です。 
     
      でもね、この自然災害の多さは同時に豊かで多種多様な鉱物資源や生物資源をもたらし、
     
    そのような豊かな栄養源に養われる日本国民は思考力も優れしかも世界屈指の豊かさと長寿に
     
    恵まれているという事とは表裏一体の関係だと言うのです。
     
      その頭脳を使えば、こんな危険な日本列島に巨大な産業や建築物に危険極まる原子力
     
    発電に傾倒する事は世界で一番愚かな国民性を曝露しているという皮肉だと言うことがわかり
     
    ます。 以下は日本列島が以下に自然の猛威に脆弱でありそのリスクがダントツに高いという
     
    宿命を明白にするネットニュースです。 
     
     

    <火山噴火>経済損失、日本が最悪 降灰の影響が多岐に

    毎日新聞 3月14日(土)15時0分配信
     ◇15年の国連世界防災白書

     日本で潜在的に起きうる噴火による経済損失を年平均で示した「平均年間損失」は、約112億ドル(約1兆3600億円)と推計され、世界で最も高いことが分かった。仙台市で14日始まった国連防災世界会議に合わせて公表された、2015年の国連世界防災白書で報告された。白書は噴火による経済損失を風水害や地震よりはるかに小さく見積もるが、世界の活火山の約1割が集中する日本のような火山国の損失は深刻だと強調している。

    【写真で見る】特集・日本の火山

     白書は2年に1度公表されているが、火山の本格的なリスク評価が示されたのは今回が初めて。アジア太平洋地域の活火山を対象に、噴火時に降灰がある地域を確率論的に導いた。その上で、火山灰により将来見込まれる全損失を1年あたりで平均した値(平均年間損失)を算出した。

     それによると、日本の平均損失は約112億ドルと最も高く、インドネシア約59億ドル、フィリピン約5億ドルと続いた。日本は世界の活火山の7%が集中していることに加え、経済規模が大きいことが想定損失額の拡大につながったとみられる。火山灰による影響は交通、農業、精密機器から健康被害まで多岐に及ぶ。10年にアイスランドで起きた噴火では、降灰による交通、物流のまひで約50億ドルの損失が出たとされる。

     白書によると、世界の活火山の100キロ圏内に暮らす人口は8億人以上。インドネシア、フィリピン、日本の順に多いが、全人口に占める割合ではグアテマラやアイスランドで9割を超えている。観測技術の進展により過去100年で5万人の命が救われたとする一方、10キロ圏内に約570万人が暮らす世界で最も「危険」なメキシコ中西部の火山地域には、観測システムがないことなどが報告されている。【八田浩輔】

    最終更新:3月14日(土)17時27分

      毎日新聞 2015年3月14日 15時0分
    富士山噴火 宝永大噴火規模の降灰なら震災瓦礫の14倍の量想定
    NEWS ポストセブン 2015年3月14日 7時6分
    桜島で「ウォークインロックフェス」、開催迫る-2年目の地元フェス /鹿児島 [写真]
    みんなの経済新聞ネットワーク 2015年3月13日 12時0分
    軽石スイーツ?-桜島土産の新定番「ジオの恵み」シリーズ発売へ /鹿児島 [写真]
    みんなの経済新聞ネットワーク 2015年3月12日 16時0分
    日本列島は活動期に 巨大地震・火山噴火に挑む日本の予知力 [写真]
    ダイヤモンド・オンライン 2015年3月12日 8時0分
    プロフィール

    油食林間

    Author:油食林間
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR