FC2ブログ

お役所規制で餅つき消滅

 お役所ねえ、あんな所にいる人間は大抵怠け者ですよね。 彼らの考えていることは我が身の

保全、減点法の出世街道を走り抜け、見事天下り先を仕留めれば濡れ手で粟の現なまが

たんまりと甘い汁ように滴る生活が手に入りますからね。

  そして失敗しない秘訣は簡単、何も仕事をしないこと。 ひたすら問題の起きないようにし慣例

に従って最低限の仕事さえこなせば後は我が世の春が待っているのです。

 彼らが夜も寝ないで仕事中にまどろみながら考えていることは唯一、どうしたら責任を取ら

される危険な仕事を無くせるかという消極主義一辺倒。何とかして老後の天下り先を得る為に

始末書や顛末書や議会答弁でやり玉に上げられる様な仕事をしないで済ませるかは

なかなか大変な大仕事という次第です。

   いろいろと手口は在りますが、一番多いのは学校問題で顕著な「苛めは存在しない。」などという

暴言です。 その為に使う手口は大変簡単。 苛めの定義を定め、その定義に余計な解釈を付けて

調査は形だけにして、はい本校、はたまた当市に置いてはいじめの発生状況は今年も0でした。

という前年踏襲調査結果の公表という悪辣手段です。

   もちろん保健衛生当局の保健所なども集団食中毒の可能性の有るイベントは成るだけ止めさせ

るのが賢明なお役人の進む道という次第です。

餅つき禁止!? 年末年始恒例なのに 自治体規制に住民反発も

日本農業新聞 11/29(火) 7:00配信    
 年末年始の風物詩、屋外で第三者に餅を振る舞う餅つきイベントを禁じる地域が出てきた。餅をちぎったり丸めたりして人の手に触れる工程が多いため菌やウイルスが付きやすく、集団食中毒が発生する恐れがあるとして、一部の自治体が判断した。農家やJA職員、消費者からは「祭りで餅つきができないのは寂しい」「衛生管理は重要だが、規制をかけるのは行き過ぎだ」といった声が上がっている。
注意喚起徹底こそ
 「餅つきは日本の伝統。できないのは残念だ」。都市近郊のJA職員が嘆いた。このJAは約6年前、祭りで長年実施してきた餅つきをやめた。地域に親しまれてきたが、保健所から「食中毒の危険がある」としてやめるよう指導を受けたためだ。「衛生管理は重要だが、餅つきは収穫の喜びを分かち合う昔ながらの行事。消費者も喜んでいたのに」と惜しむ。

 この地域の保健所によると、餅つきは食中毒の要因となる菌やウイルスが付きやすく、屋外で実施する場合は手洗いや器具洗浄が徹底できず、ウイルスのまん延を招きやすいとして「制限はやむを得ない」と話す。

 厚生労働省監視安全課によると、餅つきを原因とした食中毒発生件数の統計はないが、餅を原因にした食中毒は2013年が4件(1件が桜餅)、14年が桜餅で1件、15年が1件発生。13年のうち1件は「餅つき会」のイベントが原因と特定されている。

 同課によると餅つきは食品衛生法の営業許可は原則不要で、都道府県や政令指定都市、保健所を管轄する自治体が個別のルールを設けているという。
イベント開けぬ
 都市近郊のある県では、イベントなどでついた餅を不特定多数の人に振る舞うことを原則禁止している。「餅つき自体を否定しているわけではないが、食中毒予防の観点に立った判断」と説明。学校などで自分たちでついた餅を食べる場合は禁止していない。

 縁日祭礼で民間団体が屋外で餅つきをすることを禁止する基準を設けた都市もある。担当者は「餅つきが原因で食中毒が発生したら、翌年からイベント自体を開催できなくなる」と口をそろえる。

 地方では、どう対応しているのか。米どころの新潟県は、屋外で実施する時はテントを設置するなど衛生面の対策を徹底している。県は「餅つきは禁止できない。注意喚起を徹底している」と強調する。北海道や秋田、岩手、山口、愛媛、熊本の各県などでも禁止する条項は設けていないという。

 ただ、「明文化していないが、集団食中毒発生の恐ろしさを説明し、餅つきをやめるよう、かなり強く伝えている」という自治体もあった。

 消費者はどう見るのか。餅つきを禁じる動きについて「念には念を入れるのは当然」「食品衛生上、仕方ない」とする意見の一方、「対策をきちんとすれば問題ないのに、規制するのはおかしい」という声も上がる。
子の体験「貴重」
 小学3年生の子どもを持つ都市部の男性(44)もその一人。「禁止は行き過ぎ。なんでも規制するのでなく、保健所はどんな対策が必要かをきちんと説明すべきだ。子どもの貴重な食体験を奪わないでほしい」と憤る。

 都会の消費者と餅つき交流をする東北の米農家(62)は「日本は今、数件の事故で、全体を駄目だと判断してしまう風潮がある。自分の地域は禁止されていないが、衛生面に気をつけて続けていく」と強調する。

 食品衛生コンサルタントの笈川和雄さんは「行政が餅つきを禁止することの是非については、一概に言えない」とした上で、「子どもが餅をついたり、丸めたりする作業に参加すると時間がかかり、餅の温度が下がりノロウイルスが発生する恐れがある。そうした点を十分理解し、対策を取ってほしい」と助言する。(尾原浩子)

日本農業新聞



スポンサーサイト



犬猫に精神障害や問題行動激増

 そりゃあね。犬や猫も生き物ですから食事と睡眠だけではなく適切な運動や気晴らしに

生活環境次第でグレたり、狂暴化したり痴呆になったりと人間によく似た問題行動が起きる

のは当然です。 要するに普通の状態にしてやらないと環境不適応で心的ストレスや肉体的

トラブルが出てくるのは自明です。 以下は、ペット業界が新たなビッグビジネスとして

ペットの精神外来を目論む業界を上げての増収キャンペーンです。

室内飼いのストレス…犬猫の問題行動に「心の病」

室内飼いのストレス…犬猫の問題行動に「心の病」
治療で改善
 飼い主をかんだり、留守番中に家具を壊したり――。犬や猫の問題行動が、「心の病」と関係しているケースもあることが分かってきた。室内飼いの増加など、犬や猫にとってストレスや不安を抱えやすい環境が背景にあるようだ。

 東京大学付属動物医療センターでは最近、問題行動を抱えた犬猫の来院が増えている。同大学准教授の武内ゆかりさん(動物行動学)は「問題行動が理由で、1週間に2匹は新たな犬や猫がやってくる。対応を始めた15年程前は2週間に1匹でしたから、随分増えました」と話す。

 これまで、同センターに問題行動で来院した犬猫は600匹以上で、犬のほうが多い。犬も猫も、多くは室内で飼われていた。武内さんは「犬や猫にも心がある。人とペットの距離感が近くなる中で、ペットが飼い主に依存してしまったり、飼い主が叱るタイミングを誤ったりすると、不安やストレスをため込んでしまう」と説明する。

 犬の症状で最も多いのは、人をかむなどの「攻撃行動」だ。原因の一つとして武内さんは生まれた直後の過ごし方を挙げる。「誕生後2か月程度は母犬やきょうだい犬と一緒にいたほうがいい。すぐに引き離されてしまったために社会性が身に付かず、必要ないのにかんでしまったりする場合もある」と話す。

 不適切な場所での排せつ、家具の破壊、無駄ぼえといった問題行動を留守番中など飼い主の不在時にするケースもある。「分離不安」と呼ばれる。下痢や食欲不振になる場合もある。

 同じ行動を過度に繰り返す症状は「常同障害」と呼ばれる。自分の尻尾を追うようにぐるぐる回り、時に尻尾をかみ切ってしまうことも。このほか、光や影を追いかけたり、自分の体をなめ続けたりする。

 攻撃行動などの症状は犬だけでなく猫にも表れることがある。問題行動の治療を行っている井本動物病院(横浜市)院長、井本史夫さんによると、引っ越しによる環境の変化、多頭飼いなどストレスの様々な原因が考えられるという。

 猫は単独行動を好むとされているが、「室内飼いが増えた結果、分離不安の症状が見られるケースがあります」と指摘する。「猫は気まぐれだから」と異常を見過ごしやすい面もある。

 こうした問題行動の多くは治療によって改善できる。動物病院でカウンセリングをして原因を突き止め、飼い主とペットとの関わり方を改めるなどする。場合によっては、犬や猫に薬を投与することもある。

 問題行動を治療する動物病院は増えている。2013年には、獣医師らで作る「日本獣医動物行動研究会」が、専門性を持つ獣医師を認定する制度も作った。現在、東京、神戸市などの7人が認定されている。

■ペットを心の病にしないためにどうしたらいいか。

 武内さんは「愛犬や愛猫の普段の様子を意識的にチェックして」と話す。例えばトイレに行く回数、排せつの量などを覚えておく。変調があった時にすぐに気付ける。「あくびや舌なめずりが増えるのもストレスのサインなので、気になったら病院に相談してください。早期発見、早期治療が大切です」と助言する。

 井本さんは「おもちゃで遊ばせ、ドッグランに連れて行くなど日頃からストレスを発散させてください」と呼びかけている。


自分の生活に合う犬種
◎ヤマザキ学園大学講師で獣医学博士の茂木千恵さんの話

 核家族化や共働き家庭の増加も、ペットの問題行動が増えた要因の一つだろう。子犬の時期から長時間の留守番をさせたりしていると、暇を持て余していたずらをしたり、もの音に過剰に反応してほえたりする場合がある。心身ともに満たされていれば、そうした行動はしない。

 犬種によって特性は異なる。その犬種が自分の生活スタイルに合っているか、飼う前によく考えてほしい。運動が好きな犬種なら、飼い主にもそれなりの体力が必要だ。自分に合った犬を選ぶことが、ともに健康的に過ごす大前提だ。猫は、上下に移動する運動ができるようキャットタワーを設けたり、多頭飼いならトイレを複数用意したりといった配慮が必要。室内環境を整えストレスを軽減させることが大事だ。

犬の飼育「室内」8割近く

 ペットフード協会(東京)の調査によると、犬の飼育場所は「室内のみ」「散歩、外出時以外は室内」を合わせると8割近くを占める。中でも、「室内のみ」は年々増加しており、2015年は4年前に比べ9.2ポイント増えて4割を超えた。

■環境整える工夫が必要

 ◎取材を終えて 問題行動を抱える犬猫の多くは室内飼育という。だからといって屋外で飼えばいいというわけでもない。猫の場合、交通事故や伝染病などのリスクもある。室内飼育の環境を上手に整える工夫が必要だ。そういえば、昔飼っていた猫がソファに何度も粗相をして困ったことがあった。死んでしまったのは15年前。犬猫に心の病があることは、今ほど知られていなかった。愛猫は何を訴えていたのか、今さらだが気になる。(山村翠)
読売新聞東京本社
    最終更新:11/29(火) 15:12





    蜜蜂が14億人の雇用創出

      蜜蜂が花粉を交配して初めて実る果物や野菜に多くの植物の実りによって多様な植物層や動物層が

    生かされているというのは動くことの無い現実です。 そこに人類は自己都合による農薬を多用して

    すっかり弱い小さな昆虫を死滅させてしまい、その結果多くの動植物の食料供給を途絶させ

    生態系の混乱にじょうじた多くの害虫の大繁殖にさらなに農薬の投入でとうとう蜜蜂が激減し

    まもなく人間も大切な食物を実らなくさせてしまっているというのがおばかな人類の自滅行為と

    言う次第です。 以下は、蜜蜂がいなくなると人類の14億が職を失い、その結果全人類と

    地上の全生物が死滅することになるという笑い話を報じる愉快なネットニュースです。

    14億人の雇用、ハチなどの送粉者に依存 国際研究

    2016年11月29日 10:24 発信地:パリ/フランス  http://www.afpbb.com/articles/-/3109488





    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/6/8/500x400/img_68befac26aa0c557fa62e66ba9720dc7125384.jpg     ドイツ西部デュッセルドルフでブラックベリーの花粉を集めるハナバチ(2014年6月2日撮影、資料写真)。(c)AFP/DPA/ROLAND WEIHRAUCH
    【11月29日 AFP】約14億人の雇用と全農作物のおよそ4分の3は、植物の花粉を媒介する生物(送粉者)に依存しているとする世界規模の調査結果が28日、発表された。ハナバチやチョウなどの個体数減少に歯止めがかからなければ、人間の生活にとって極めて大きな脅威になると研究チームは警鐘を鳴らしている。
     今回の国際研究に所属研究者らが参加した英レディング大学(University of Reading)が発表した声明は「送粉者の世界的な減少に対して早急に対策を講じなければ、世界の食糧供給と雇用が危機に直面する」としている。
     送粉者による受粉(動物送粉)は、大半の果実類、種子、木の実やコーヒー、ココア、菜種などの高価値作物などを含む重要な農作物種の約4分の3に直接的な影響を及ぼしている。
     研究チームによると、年間の農作物生産高における送粉者の寄与分は約2350億~5770億ドル(約26兆~65兆円)に及ぶという。
     英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された研究論文は「農業の雇用者数は14億人に上り、世界の経済活動人口の約3分の1を占める」とした上で、世界で最も貧しい農村社会では収入源と雇用先を農業に依存している人が全体の70%に上っているため、この結果は特に重要な意味を持つと指摘した。
    ■多くの送粉者が絶滅の危機に
     送粉者の大半はハナバチ、チョウ、ガ、カリバチ、甲虫などの昆虫だが、鳥、コウモリ、トカゲなどの脊椎動物や風などが受粉を媒介する場合もある。
     鳥やコウモリなどが大半を占める脊椎動物の送粉者の5分の1近くが、絶滅の危機に直面している。また、送粉者の中で圧倒的多数を占めるハナバチの約9%が絶滅危惧種に分類されているほか、ほぼ同じ割合のチョウも絶滅に直面している。
     ハナバチの個体数は、欧州や北米などの地域で発生している「蜂群崩壊症候群」と呼ばれる謎の現象による打撃を受けている。その原因としてダニ、ウイルス、菌類、殺虫剤、あるいはそれらの複合的な要因などが指摘されている。
     今回の論文の執筆者らは、農業に伴う最悪の副作用から送粉者を守るための措置を講じるよう呼びかけている。
     この保護措置としては、農薬の代わりに自然の害虫捕食動物を用いる、作物の間に花を帯状に植える、輪作の作物に顕花植物(花をつける植物)を加える、送粉者の個体群を生息させるための野花の生育地を回復させる、などが考えられる。
     送電線や鉄道の土手、高速道路などの人工インフラを改造して送粉者のための花や巣作りの場所にすることも可能だと、研究チームは論文に記している。(c)AFP/Mariëtte Le Roux
     

    世界はEVへ、日本は国家破綻へ?

     自動車の潮流はEVになることは分かりきっています。 しかし、トヨタを初め日本の自動車

    産業はかたくなにそれを認めず、やれ燃料電池車だハイブリッドだとたわけたことを言い続け

    とうとう世界の潮流に取り残されてしまいました。

      ブログを開始した10年前から一貫して自動車産業は電気自動車が主流になると書き続けて

    きましたが殆ど反応はありませんでした。 多分物が何にも分かっていないのでしょう。

      何故電気自動車になるかという最大の理由は構造が簡単で誰でも作れ、当然価格は

    10万円程度まで下落するから世界はEVにシフトするのです。 

      所が日本は島国で、しかも性善説に立っていて、「いいものは必ず売れる。」 というとんで

    もない思考にとらわれているのが原因です。 

      要するに日本以外の諸外国の思考の根幹は宗教に大きく影響されその大半の人々は

    キリスト教を初め回教などの一神教を信じその基本は両方とも性悪説で。

      性悪説というものの思考の根幹には 「悪いものが必ず善(良い)物に勝つ。」 という当たり

    前の思考が厳然と存在しているのです。

      所が性前説が強い日本人の殆どは功考えています。 車は高性能、高機能、高効率、高付加

    価値を追求すれば必ず売れるというのです。 世界の現実を無視した日本独特の思い違いが

    疑われることなく蔓延しています。そして特に社会で評価されている人々、とりわけ経営者や

    成功した学者や法曹関係者など頂点を究めた人々を毒しています。 自分が社会で評価されたのは

    私の能力が認められたと信じて疑うことが無く、その思考は日本社会の頂点から底辺までを

    支配してしまっているのです。

      人間と同様に製造物も粗悪で誰でも作れて危険な電気自動車など売れるはずが無いと思い

    込んで良いも丈が認められるという間違った信仰にとらわれているのです。

       あの、シャープが経営破綻し身売りをしている理由の根本にはやはり同じ性善説に

    対する妄信がありました。 高性能丈を追求し、良い液晶は必ず認められ売れる。というとんでもない

    思考が破綻をもたらしたのにいまだに気づいていないのです。粗悪ですぐに故障し、低品質な

    中国産や韓国産などの液晶が世界で通用したり売れ続けるはずが無いと信じきっているのです。

     だからグローバル化によって優れた製品に固執した日本の産業界は必然的に衰退の一途を

    続けているのです。全く同様の性善説の思考で日本の造船、林業、鉱工業、医薬品、報道、大学教育

    などなど、日本の全ての領域でこの世界でガラパゴス化して世界から除け者になっているのです。

     この日本独自の性善説に立った「正義は必ず勝つ。」という間違った思い込みは認識されることも

    当然衰退の原因だと問題にもされずにいまだに幅を効かせているのです。

       このままだと造船やシャープやパナソニックに続いて次々と日本の良いものを追求した国家の

    あり方は速やかに衰退するでしょう。それは、単に企業のみではなく国家そのもの破綻を招くだけ

    なのです。この危険で特異な日本でだけ通用するマイナーな性善説に立脚した価値観は一時も

    早く棄て、世界標準の悪(粗悪品)が善 (優良品)に勝つという思考に入れ換えなければならないです。 

       今からでも遅くない、自分はエリートだとか知識人だとか勝ち組だなどという思い上がりを

    持っている人は静かに座って世界の歴史をじっくりと検証して、自分の心の中の悪行の数々と

    自分が学んだ教科書や学者の嘘が羅列された論文を、確かな実際の事実に照らし合わせて

    検証して見られる事をお勧めします。

       そこには明白に正義は負ける、悪は必ず正義に勝利する。という厳然とした人類の

    歴史を見いだされることでしょう。 こんなことも理解の出来ない方にいくつかの例証を

    しておきましょう。 何故ローマは世界を制覇したか、それは不道徳で野蛮な嘘つき民族で

    あったから理屈や真理を重んじるギリシャに勝てたのです。 また、合衆国の先住民のアメリカ

    インディアンは正直で人を疑わ無い無垢な民族であったため嘘と強奪と凌辱の限りを尽くした

    ヨーロッパの蛮族に殺戮されてしまったのです。 いくらでもこの手の証拠は無限に在ります。

    しかし、野蛮なローマ人たちは自分たちの悪事を正直に歴史に残さず、自分たちよりも遥かに

    正しいギリシャ民族を騙しそして殺していながら、しかも歴史には平然と自分たちが正義で

    ギリシャが贅沢に溺れて自滅したと記したのです。 要するに敗者の言い分を抹殺し勝者の

    自己欺瞞に満ちた嘘で固められた好都合な嘘が歴史とされ、普通に教科書に書かれている

    のです。 だから教科書などに記された歴史という代物は勝者にとって不都合な事実は巧妙に

    隠され、自己正当化の虚構のみが石碑や歴史として強権をもって後世に残されているのです。

      以下は、世界は安物で簡単に出来る粗悪な電気自動車によってまもなく世界が席巻され、

    このままだと日本の企業と民族が消滅しかねないという警鐘を報じる希有なネットニュースです。

    2030年でガソリン車が消える?日本はどうする、世界中が電気自動車にシフト

    オートックワン 11/28(月) 18:34配信 
    パリ協定の発効もあり、驚くべきことに世界中の自動車メーカーが突如電気自動車の方向に舵を切った!

    次世代電気自動車(EV)やPHVモデルを写真でチェック

    なかでも激しいのはドイツ勢。「2030年までに化石燃料燃やす新車の販売を禁止する法案」に反応し、VWグループ、メルセデス・ベンツ、BMWいずれも電気自動車を本格的に導入すると発表。

    アメリカでは電気自動車を販売しなければ、反則金を払わないといけない制度を立ち上げており、今やテスラなどクルマを売る利益率より電気自動車を作ることによって入る報奨金の収入の方が良い状況。中国も突如国内のメーカーにリチウム電池の増産を働きかけ、すでに世界一の生産能力を倍増させる。

    出遅れてしまったように見えるのが日本だ。リチウム電池や電気自動車の販売で世界をリードしたものの、ここにきて足踏み。今年1~9月の電気自動車販売台数を見ると、アメリカ11万台、欧州10万5千台、中国22万台に対し、我が国は1万5千台規模と伸び悩んでしまっている。

    直近のモーターショー見ても、世界中の自動車メーカーが新しい電気自動車を出展しているのに対し、日本勢ときたら皆無に近い。トヨタやマツダあたりは押っ取り刀で「電気自動車を開発する」と発表したものの、未だ具体案無し。

    日本の自動車メーカーはどうなっているのだろうか?

    もちろん技術力についていえば全く問題なし。トヨタやホンダは電気自動車を相手にしないほど高い技術力を必要とする燃料電池車すら作っている。電気自動車を作ろうとすれば簡単。リーフやクラリティを見てるとデザイン力が激しく心配ながら(電気自動車の魅力を出せない?)、それ以外はイケそう。

    問題は経営判断だと思う。ホンダなどアメリカでクルマを売り続けようとするなら電気自動車が絶対必要。現在テスラに一番お金払っているのはホンダだと言われているほど。

    本来ならモーターショーなどで大いにアピールしなければならないタイミングなのに動き無し。黙っている戦略だったらOKですが。

    トヨタも具体的な動きが出ていない。先行した日産すら二の矢を打たない状況。どうなってしまったのだろうか?

    また、2010年頃に世界を圧倒していたリチウム電池の進展すら無し。むしろ電池は韓国や中国、アメリカにすら負け始めている。

    実際、電池産業は液晶パネルに似ているらしい。思い切った投資を行い、大量生産した企業が勝つと言われている。パナソニックと日立は粘っているけれど、気がつけば後塵を拝しているという状況になりそう。

    遅くとも年明けまでに5年スパンでの計画を決め、2017年の東京モーターショーにズラリと電気自動車を並べる勢いがなければ厳しい。

    [Text:国沢光宏]
    最終更新:11/28(月) 18:34




    米大統領選投票集計確定トランプ306人クリントン232

    大変なのでしょうね票の集計、12月8日の投票から20日をへて漸く手間取っていたミシガン州の

    結果が判明です。 トランプ氏が僅差で勝利して16人の選挙人を獲得、合計306人と成り232名の

    クリントン氏に74名の大差で圧勝です。 しかし、獲得票数はクリントン氏が200万票多く、

    米国大統領選の枠組みに対する批判が噴出しています。

     以下はは漸く確定した米国大統領選の選挙結果です。

    ミシガンはトランプ氏が勝利 米大統領選、全州で結果確定

    2016年11月29日 08:00 発信地:ワシントンD.C./米国
    大統領選を争ったドナルド・トランプ氏(左)とヒラリー・クリントン氏(2016年11月8日作成)。(c)AFP/Mandel Ngan/Brendan Smialowski

    【11月29日 AFP】米大統領選で結果が確定していない最後の州となっていた中西部ミシガン(Michigan)州は28日、共和党候補だったドナルド・トランプ(Donald Trump)氏がわずかな差で民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏に勝利したと発表した。最終的な獲得選挙人数はトランプ氏が306人、クリントン氏が232人となった。
     州の開票点検委員会が結果を認証した。その後ルース・ジョンソン(Ruth Johnson)州務長官が出した声明によると、トランプ氏の得票はクリントン氏を1万704票上回った。認証を受けて、ミシガン州に割り振られた16人の選挙人票は正式にトランプ氏のものとなった。
     ただミシガン州の開票結果については、緑の党の大統領候補だったジル・スタイン(Jill Stein)氏が中西部ウィスコンシン(Wisconsin)州に続いて再集計を請求する見通しとなっている。申し立ては30日が期限。
     申し立てが行われたとしても、再集計は自動的に行われるわけではない。トランプ氏は再集計の要請に異議を申し立てる期間として1週間が与えられ、実施は来月半ばまでずれ込む可能性もある。
     選挙人が各州の得票数結果に応じて正式に票を投じる選挙人投票は、来月19日に予定されている。(c)AFP






    北極の温暖化のみ報道され南極の寒冷化は無視

    地球温暖化は鳴り物入りで大々的に報道されています。 パリ協定でもお判りの様に

    その推進は原発立国のフランスです。 そして、その事をよろしく思わないのは

    お隣の英国で相変わらず地球寒冷化を報道しています。

       まあ、両国の歴史を見れば一目瞭然、常に互いの利益は相反し憎しみと憎悪と

    紛争の連続でした。

     以下は、英国系の地球寒冷化を擁護するべく南極氷の100年間の安定を報じる情報と

    その下に数多のフランス系の地球温暖化キャンペーンの世界の原発村の悲願を

    報じる数多の上手なプロパガンダ記事です。 そしてさらに一番下には厖大な南極寒冷化のニュースです。





    北極の異常な高気温、気候変動の「悪循環」が拍車

    2016年11月25日 17:05 発信地:パリ/フランス

    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/4/500x400/img_94a54b43a0601657bfcf3d3b66e972ab183268.jpg     米航空宇宙局の衛星が撮影した北極域の海氷(2010年9月13日撮影、資料写真)。(c)AFP/NASA

    【11月25日 AFP】大量の熱を蓄えた海水と北向きの風が、北極域での異常な高気温を引き起こしており、気候変動の「悪循環」がそれに拍車を加えているとの研究報告が24日、発表された。
     北極の天候の変化を1時間ごとに追跡記録しているデンマーク気象研究所(DMI)が発表した観測データによると、極氷冠上空の大気の温度が、平均を9~12度上回る状態がこの4週間続いているという。
     DMIの気候研究者のマルティン・シュテンデル(Martin Stendel)氏によると、北極点(North Pole)上空の温度は先週、数日間にわたって0度を記録し、11月中旬の例年の水準を約20度上回ったという。
     シュテンデル氏はAFPの取材に、人工衛星による観測データ収集が開始された1979年以降の記録としては、先週の気温はずば抜けて高いと述べ、「現在観測されている状況は、極めて異常だ」と付け加えた。
     北極の海は夏季の海氷融解で露出するが、例年のこの時期には、その表面に毎日数千平方キロの氷が張り、再び凍結する。だが今年は、それがまだ起きていない。少なくとも例年と同様のペースでは起きていないと、シュテンデル氏は指摘する。
     また、電話での取材に同氏は、「氷が通常通りに成長していないだけでなく、暖気の流入によってさらなる融解が起きていた」と説明した。
     米国立雪氷データセンター(NSIDC)の報告によると、10月の海氷面積は約640万平方キロで、観測史上最小だったという。北極圏でも、2016年9月16日に約414平方キロと史上最小を記録した。
     科学者らによると、いくつかの要因が、10月下旬以降の北極の異常な高温を引き起こしているのだという。
     最も直接的な要因は、欧州西部とアフリカ西海岸沖から吹き上がってくる暖風だ。
     仏気候環境科学研究所(LCSE)の科学者、バレリー・マソン・デルモッテ(Valerie Masson-Delmotte)氏は「この熱を運んでくる暖風は、一時的なものだが、ほぼ前例のない気象現象だ」と説明した。暖風は、24日以降になってようやく和らいできたという。
     
    ■ミラー効果
     また、その他の要因として、記録的な強さとなった太平洋のエルニーニョ(El Nino)現象が挙げられる。
     だが、いくら強力であっても、断続的なこれらの要因に拍車をかけているのは、中でも最大の要因である地球温暖化だと専門家らは口を揃える。
     英気象庁(Met Office)極地気候部の主席研究員、エド・ブロックリー(Ed Blockley)氏は「北極の海氷の長期的な減少は、気候変動に原因があると考えられる」と話した。
     温室効果ガスが熱を吸収することで発生する人為的な気候変動により、地球の平均表面温度は、産業革命前との比較ですでに1.0度上昇している。
     ところが北極圏では、温暖化が2倍のペースで進行している。この原因の一端は、科学者らが「正のフィードバック」と呼ぶ悪循環にある。
     太陽の熱放射は、白い雪や氷の上に降り注ぐと、その約80%が宇宙空間に反射される。デルモッテ氏はこの現象を「ミラー効果」と呼ぶ。だが、露出部分がはるかに拡大している深い青色の海に太陽光線が当たると、その熱の80%が反射されずに海水に吸収され、そのまま蓄積される。
     シュテンデル氏は「海氷面積を調べれば、この悪循環がすぐに確認できる。そこには明らかな減少傾向が存在するからだ」と話す。
     そして短期的には、この露出した海水が、氷の再形成のペースを減速させている。0度を下回る程度の海水温は、「そこにあるはずの氷と比較すれば」はるかに高温だと、シュテンデル氏は言う。
     現在は無氷海面となっているが、その領域に氷の厚い層があれば、上空の気温は「通常、マイナス30度から40度になる」という。そのため、氷量の減少は、広範囲にわたる影響を及ぼす恐れがある。
     デルモッテ氏は、AFPの取材に「それにより、温暖化が全般的に増幅され、特に近隣の大陸での温暖化が深刻化する」と指摘した。
     北極海に隣接する大陸の一つであるデンマーク領グリーンランド(Greenland)には、融解が急速に進んでいる巨大な氷床が存在する。この氷床には、地球の海水面を数メートル上昇させるほどの大量の水が含まれている。(c)AFP/Marlowe HOOD

    南極のユスリカ、昆虫で最小のゲノムで過酷環境に適応か 米研究

    2014年08月13日 11:04 【 環境・サイエンス>科学・技術 】

    西南極の氷床融解は制止不可能、NASA

    2014年05月13日 14:49 【 環境・サイエンス>環境 】

    1500年前のコケ、再生に成功 南極氷床下で採取

    2014年03月18日 10:48 【 環境・サイエンス>科学・技術 】

    急速に進む南極の氷融解、今後数百年続く恐れも 国際研究

    2014年02月21日 11:37 【 環境・サイエンス>環境 】

    南極への安易な「観光」に苦言、仏極地研究所長

    2014年01月04日 19:03 【 ニュース>災害・事故・事件>事故 】

    太陽系外起源のニュートリノ、南極観測所で28個検出

    2013年11月22日 16:24 【 環境・サイエンス>科学・技術 】

    火山活動で南極氷床の融解加速か、米研究

    2013年11月18日 15:34 【 環境・サイエンス>環境 】

    彗星の核、地球上で初めて見つかる

    2013年10月09日 18:09 【 環境・サイエンス>科学・技術 】

    南極の夏の氷、10倍の速度で融解 研究

    2013年04月15日 14:53 【 環境・サイエンス>環境 】

    南極氷底湖の「新種バクテリア」、実は汚染物質だった

    2013年03月11日 11:57 【 環境・サイエンス>科学・技術 】

    南極氷底湖で「新種バクテリア」発見か、露チーム

    2013年03月08日 16:31 【 環境・サイエンス>科学・技術 】

    解けゆく南極の氷上滑走路、基地への物資輸送困難に

    2012年10月25日 13:39 【 環境・サイエンス>環境 】

    溶け出す北極圏のCO2と南極圏のメタン、温暖化の悪循環にも

    2012年08月30日 18:32 【 環境・サイエンス>科学・技術 】

    南極沖の海底で亜熱帯雨林の痕跡を発見、論文

    2012年08月03日 12:12 【 環境・サイエンス>環境 】

    南極氷底湖に到達したロシアの掘削、環境汚染に懸念

    2012年02月09日 19:07 【 環境・サイエンス>科学・技術 】

    アムンゼンの南極到達から100周年、南極点で記念式典

    2011年12月15日 12:59 【 ライフスタイル>ライフ 】

    南極の氷河の下にあるガンブルツェフ山脈、起源の謎を解明

    2011年11月18日 15:26 【 環境・サイエンス>科学・技術 】

    ベルリンで水中オペラ開幕、アールヌーボー様式のプールで

    2011年05月06日 10:34 【 ライフスタイル>エンターテインメント>音楽 】
    以下は南極寒冷化ニュース

    saigaijyouhou.com/blog-entry-8620.html - キャッシュ
    太陽の北極と南極にN極、赤道付近に二つのS極が形成される「4重極構造」が現れ つつあることが、国立天文台などの研究チームの観測で分かった。現在は2極だが、 地球が寒冷化した約300年前にも4重極構造だったとみられる。当時の ...
    saigaijyouhou.com/blog-entry-8620.html?sp - キャッシュ
    寒冷化南極大陸の氷、実は増加していたことが判明!数年前から ... 事実ならば、 南極氷床の融解が海面上昇につながっているという従来の説は覆される。 ... 現在は2 極だが、地球が寒冷化した約300年前にも4重極構造だったとみられる。
    ja.wikipedia.org/wiki/南極の気候 - キャッシュ
    南極の気候(なんきょくのきこう)は、南極大陸およびその周辺部における気候について の記事である。 目次. [非表示]. 1 概要; 2 南極が北極より寒い理由; 3 歴史; 4 気温. 4.1 寒さに関するトリビア. 5 降水量; 6 滑降...
    oka-jp.seesaa.net/article/374328311.html - キャッシュ
    昨日の英国デイリーメールで、上のような「時代は地球寒冷化へ」という見出しの記事が 出るほどまでに、最近の数々の ... 下のグラフはコロラド大学の集計データで、 1979年 から 2013年までの南極の海氷の面積の拡大を示したグラフです。
    indeep.jp > ホーム > 未来の地球 - キャッシュ
    仁義なき気候戦争 : 「反」地球温暖化説の最先鋒となりつつある米国 NASA が、10月 の「南極の氷は増えている」報告に続き、今度は「南極寒冷化し続けている」と発表. 2015/11/27 ...
    ameblo.jp/kissy-seed/entry-12100292195.html - キャッシュ
    2015年12月3日 - 地球寒冷化 南極大陸の氷「実は増加していた」 NASA ----------- 転載 ---------- URL http://www.cnn.co.jp/fringe/35072954.html CNN) 南極大陸で年々失われていく氷 よりも、増えている氷の量の方が多いとの研究結果を、 米航空宇宙 ...
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 地球温暖化
    南極の氷が増えているから寒冷化だということはありません。 南極の氷床が増えている のは、南極の積雪が有意に増えているからです。 南極全体の気温は横ばいで、温暖化 も寒冷化も起きていません。 衛星観測による世界の気温は2000年 ...
    119110.seesaa.net/article/405677888.html - キャッシュ
    1981年から 2010年までの平均からは 137万 2,000平方キロメートルもその面積が 上回っていて、これが「寒冷化」のせいなのどうかはともかく、南極の氷の面積が増えて いることは事実のようです。 冒頭の ABC ニュース の記事をご紹介し ...
    119110.seesaa.net/article/401719945.html - キャッシュ
    では、今年に入って以来、毎日のように海氷面積が観測記録を更新し続け、「南極寒冷化」という現実をご紹介しています。 ... そんな中で、フランスの南極基地である デュモン・デュルヴィルで、6月の南極の気温としては過去「最も低い気温」が ...
    yaplog.jp/n-kissy070/archive/457 - キャッシュ
    地球寒冷化 南極大陸の氷「実は増加していた」 NASA ----------- 転載 ---------- URL http://www.cnn.co.jp/fringe/35072954.html CNN) 南極大陸で年々失われていく氷 よりも、増えている氷の量の方が多いとの研究結果を、 米航空宇宙局(NASA)の チームが ...
    soleilplus.seesaa.net/article/431409861.html - キャッシュ
    2015年12月19日 - 地球寒冷化の証拠とされた南極と現在の北極,衝撃の事実を伝える多くの動画を基に、 もう一度地球の姿を見つめ新しい常識を生きていくブログ.
    blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51938266.html - キャッシュ
    昨日のブログ記事で、最近、メディアが一斉に温暖化により南極の氷が解け海水面が 上昇していると警告したことを取り上げさせて頂きましたが。。。以下の記事の通り、実は 、北極では氷床が増えているのです。北極は寒くなっており、南極は ...
    www.tokyo-sports.co.jp > トップ > ノンセクション > 社会 - キャッシュ
    米航空宇宙局(NASA)は昨年10月、「南極の海氷面積が1979年の観測以来最大の 1947万平方キロメートルに達した」と発表し、南極では調査・観測するための各国の船 が動けなくなった。「地球は温暖化ではなく、寒冷化に転じる」と見る ...
    www.cger.nies.go.jp > ... > ココが知りたい地球温暖化 - キャッシュ
    寒冷期と温暖期は定期的に繰り返しており、最近の温暖化傾向も自然のサイクルと見る 方が科学的ではないのですか。また、もうすぐ次の寒冷 ... このデータは、南極氷床の 過去につくられた氷(氷床コア)を分析し復元(推定)したものです。気温が顕著に高い間  ...
    d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/20150731/p4 - キャッシュ
    ひさびさに地球温暖化、いや、地球寒冷化の話題です。数年前からメモしたCO2を原因 とする地球温暖化説に対する批判を、ごく簡潔にまとめておきます。 1.南極・北極の氷 は季節ごとに増減している. ①暑いですね。地球温暖化だ。南極の ...
    hanabi.2ch.net/test/read.cgi/sky/1410457426/248-n - キャッシュ
    2016年8月17日 - ... 化と関連付けて 多くの学者がこの寒冷化推移に着目することを祈るばかりだ ... 世界 的に海水温が高くて、南極大陸の気温が低い… やはり低い雲が ... なぜなら、南極以外 の世界は、雲により寒冷化されるが、南極だけは、広大な領域が
    c.2ch.net/test/-/sky/1410457426/ic - キャッシュ
    254:名無しSUN :2016/08/27(土) 11:59:32.63 ID:TeUENY5b [sage] 夏なのにバカ みたいな寒気とか 北極から寒冷化しているのか ... なぜなら、南極以外の世界は、雲 により寒冷化されるが、南極だけは、広大な領域が 雪面なので、低い雲により温暖化 される ...
    www.kochi-u.ac.jp/marine-core/Members.../purpose.html - キャッシュ
    これらのサブシステムは相互に連動しながら新生代を通じた地球の気候進化(特に寒冷 )に大きく寄与してきている.地質時代において,南極氷床や海氷がグローバルな気候 変動システム内でどのようなふるまいをしてきたのかを明らかにすることは,南極寒冷 ...
    www.kyoto-bhutan.org/pdf/Himalayan/.../Himalayan-10-212....
    のこの 50 年の気温変化を記したが、年々の変動. が大きいのに比べ有意な温暖化は みられない 5)。 図 3 南極各基地での気温変化傾向 4)。南極半島域は著しい温暖化、. 東南極は温暖化していない、内陸はむしろ寒冷化。 図 4 ファラデー基地の年平均気温 ...
    www.nipr.ac.jp/publication/PDF/NEWS_no.187.pdf
    成層圏・中間圏の寒冷化. 極地研TOPICS 04. 第Ⅷ期計画に向けて. 南極のエイリアン を監視せよ! 総研大生の見た南極. 縮小する富士山の永久凍土. 代替船による第50次 観測. 夏期オペレーション. 50年目の. 昭和基地越冬を終えて.
    diamond.jp > TOP > 企業・産業 > 週刊ダイヤモンド特集セレクション - キャッシュ
    2016年9月22日 - 今は温暖化?寒冷化? 常識を覆す新説が続々登場. 週刊ダイヤモンド編集部. 2016年 9月22日. 著者・コラム紹介 バックナンバー ... 事実ならば、地球温暖化の議論をリード してきたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が主張してきた、南極やグリーンランド  ...
    www.huffingtonpost.jp/.../antarctic-peninsula_b_11249946.ht... - キャッシュ
    2016年8月1日 - 南極半島では、20世紀末期には温暖化傾向がかなり弱まっており、21世紀初頭には おおむね寒冷化していた。 ... 南極半島は南極のほんの一部であるため、今回の知見は 、南極やその他の地域のより一般的な寒冷化を示唆するものではない ...
    blog.goo.ne.jp/.../e/a181424c068aaded6878aff6a8134570 - キャッシュ
    2016年1月2日 - ロシアのプーチン、 地球温暖化は「詐欺」と公言! 反温暖化説の米国 NASA も 南極寒冷化し続けていると発表 ! ロシアは「地球温暖化」という 概念を持っていない。 この プーチンの姿勢は今後 大きな影響を与えてくれるかもしれない。
    www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/kanrei12.html - キャッシュ
    ニューヨーク・ワシントンでは大雪になっており、アメリカの東西両端で『寒冷化』と『温暖 化』が同居しており、世界的な常識となっています【地球温暖化】説が ... 北極の氷は減っ ているが、南極の氷はほんのわずかだが増加傾向(横這いといってもいい位だが・・・)。
    www5d.biglobe.ne.jp/~kabataf/yougo/B.../nendai_ice_age.htm - キャッシュ
    過去6千5百万年間の酸素同位体比が示す気候変動海洋表層の変動は浮遊性有孔虫 化石底層の変動は底生有孔虫化石の分布値から得られた. 3千7百年前の環南極海流 の成立と1千5百万年前のトンガ海溝とサモア海路の成立によって地球は急激に寒冷化  ...
    www.gaia.h.kyoto-u.ac.jp/~ishikawa/Lecture/.../Grad-03.pdf
    温度差が拡大. ・段階的な顕著な寒冷化. 10C. 過去6500万年間. ◇今日まで寒冷化. 顕著. ・3500万年前. 南極氷床の形成. ・1500万 ... 海洋深層の流れ. プレート運動: 大陸の移動、海底地形の変化. → 深層水の循環 → 寒冷化. 北大西洋深層水. 南極 底層水.
    www.asahi.com/eco/TKY200901210344.html - キャッシュ
    南極大陸はこの50年間、温暖化し続けているとする解析結果を、米ワシントン大や米 国立大気研究センター、米航空宇宙局(NASA)などのチームがまとめた。「南極大陸は 、南極半島など一部を除けば温暖化していない」とする従来説を覆す ...
    gurizuri0505.halfmoon.jp/20151104/75397 - キャッシュ
    な,なんだってぇ~~~>ΩΩΩ Ω いや,南極内陸部は氷がすごい勢いで増えてるんじゃ ね?って噂にはなっておったが 実測で増加が証明されたか…
    ddnavi.com > トップ > スポーツ・科学 - キャッシュ
    2015年12月10日 - 地球温暖化によって、南極の氷が減るはずが増えていた――というニュースを聞いて 驚かれた人は多かったのではないだろ ... 今、世界では太陽の活動が弱まる“地球寒冷 ”によって引き起こされる問題について、解決策が叫ばれつつある。

      米大統領選再集計で混迷

       大勝利のトランプ氏、クリントンの得票には数百万名もの不正投票があると言い出しました。

       しかしです。民主主義の根幹である選挙に不正があっては現代社会そのものが成り立ちません。

        もしそんなことが現実に起きていては合衆国独立以来の最大の危機と成りかねません。

       今後の展開が気になる再集計を巡るネットニュースです。




      トランプ氏 不正投票を主張

      11/28(月) 11:49 掲載
      http://lpt.c.yimg.jp/im_sigghizAuJrZXQpkJ2wfTkwTeA---x200-y162-q90/amd/20161127-00000010-jij_afp-000-view.jpg米ニューヨークにあるニューヨーク・タイムズが入居する建物で行われたインタビューを終えたドナルド・トランプ次期大統領(2016年11月22日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News(AFP=時事)

      総得票数で劣勢のトランプ氏、「数百万人が不正投票」と主張


      ワシントン(CNN) 米大統領選に勝利した共和党のドナルド・トランプ氏は27日、「数百万人」の有権者が「不正に」民主党候補のヒラリー・クリントン氏に投票していたと主張した。ただし、主張を裏付ける証拠は示していない。

      大統領選の勝者となったトランプ氏が、不正投票の疑惑を指摘したのは初めて。投票に大規模な不正があった形跡は見つかっていない。

      大統領選ではトランプ氏が獲得選挙人数でクリントン氏を上回り、勝利を収めた。しかし総得票数ではクリントン氏が約200万票も上回っている。

      これについてトランプ氏は「不正に投票した数百万人を差し引けば、総得票数でも私の勝ちだ」とツイートした。

      陰謀説を主張する一部のウェブサイトには、トランプ氏が総得票数でもクリントン氏を上回ったとする虚偽の記事が出回っている。トランプ氏のツイートはこうした記事を指していた可能性もある。

      大統領選の結果をめぐっては、ウィスコンシン州が小政党「緑の党」の要請で再集計を実施することになり、クリントン陣営もこれに参加する意向を示している。

      トランプ氏は27日、ツイッターで再集計の動きを立て続けに批判し、「クリントン氏は私への電話で敗北を認めた。事実は何も変わらない」「多くの時間と金を費やしても結果は同じだ。お気の毒に」などと投稿した。

      トランプ氏はかつて、総得票数でなく獲得選挙人数で勝敗が決まる大統領選の制度を強く批判していたが、選挙後は「小さな州も参加できる天才的な制度だ」と態度を翻している。  
       






      トランプに習ったヘイトスピーチ米国に拡大

      ムスリムやメキシコ人など米国社会の少数者に対した差別的発言が米国に急拡大していると言うのです。

      何しろ、かの大統領候補が繰り返した過激な発言が功を奏して見事次期大統領の座を勝ち取った

      のですから左様な発言が社会に認められたと言うのは極当たり前の感覚です。

        今後、抑制されていた社会に対する不満や軋轢が政治的、経済的、宗教的、民族的な弱者に

      向けられ腹いせにどんな暴力や差別や侮蔑が彼らに降りかかるか予断を許さないという事態です。

      以下は、米国のようなモザイク社会に抑制されていた人々の不満の捌け口に火を付けた

      次期大統領に対する責任の取り方を指南する希有なネットニュースです。


      コラム:米国でヘイトクライム急増、トランプ氏は何をすべきか



      [23日 ロイター] - 米大統領選挙で共和党のドナルド・トランプ候補が勝利を決めてからの5日間で、400件以上のマイノリティ層に対する「憎悪や差別による嫌がらせ及び脅迫」があったと南部貧困法律センターは記録している。
      米国におけるヘイトスピーチを監視する同センターは、ニュース記事や直接報告、ソーシャルメディア上の報告をもとに、こうした事件の多くは「トランプ氏の選挙運動と、そのスローガンへの直接的な言及を伴っていた」と指摘する。
      他の人権団体も、ムスリム(イスラム教徒)や黒人、ラテン系住民、ユダヤ人、同性愛者、移民などのマイノリティを狙った暴言や暴力が、投票日翌日の11月9日以降全国で多発していると報告。明らかに、ヘイトクライム(憎悪犯罪)の急増は、トランプ氏とその陣営幹部によって、偏見や人種差別、同性愛者に対する嫌悪を公然と表現しても構わないと支持者の一部に思わせるような雰囲気が生み出されたことを示している。
      攻撃の急増に最も悩まされているのが、ムスリムだ。トランプ氏が選挙運動のなかでイスラム教徒を批判対象として選んだことにその一因がある。米連邦捜査局(FBI)は14日、昨年ムスリムに対するヘイトクライム件数が過去10年以上で最多となったと発表した。
      FBIによれば、2015年に報告されたモスクへの襲撃やムスリムに対するヘイトクライムは257件に上り、前年の154件に対して67%増となった。ムスリムを対象とする事件としては、記録を開始した2001年以来で最多である。2001年は、「9.11」同時多発攻撃の発生以降、480件以上のヘイトクライムが生じていた。
      また、FBIによれば、ムスリム以外のグループに対するヘイトクライムも昨年増加している。ユダヤ人に対する事件は9%、黒人に対する犯罪は8%近く増えたという。
      昨年ムスリムに対するヘイトクライムが増加したのは、米国など西側諸国で、市民を標的とした攻撃が発生し、過激派組織「イスラム国(IS)」や関連組織の支持者が犯行声明を出したこと、そして大統領選に向けた選挙運動のなかで攻撃的な論調が見られたためである。
      トランプ氏とその支持者の一部の論調は、ムスリム系米国人や移民などのマイノリティ層は米国にとって危険というメッセージを送っていた。
      トランプ氏がこうした攻撃を深刻な問題と認識しているかは分からない。だがこれまでのところトランプ氏は、彼の勝利に当然の危惧を抱くマイノリティ層に対する社会的包摂の推進や、こうした層への歩み寄りなど、実質的な動きをまったく見せてこなかった。
      また彼は、選挙後のヘイトクライムに対しても形ばかりの非難しか行っていない。13日に行われたCBSのニュース番組「60ミニッツ」のインタビューでトランプ氏は、彼の支持者がムスリムなどのマイノリティに嫌がらせを行っているという報道について質問を受けた。彼の答えはこうだった。
      「それを聞いてとても悲しい。『やめろ』と言いたい」
      またトランプ氏は、早速着手した政権人事に対する懸念を打ち消してもいない。新政権がホワイトハウスの首席戦略官・上級顧問に起用するスティーブン・バノン氏は、白人至上主義者やネオナチの主張に対して共感を示す、いわゆる「オルタナ右翼」運動のリーダーだ。
      米国の法執行部門のトップ幹部である司法長官には、アラバマ州選出のベテラン上院議員、ジェフ・セッションズ氏を選んでいる。セッションズ氏は移民改革に対する強硬な反対派であり、米議会は1986年に彼を連邦裁判官として承認することを拒んでいるが、その理由は、彼の人種差別的な言動に対する懸念だった。
      さらにトランプ氏は、国家安全保障担当の大統領補佐官として、元国防情報局長のマイケル・フリン退役陸軍中将を指名した。フリン氏はイスラム教を「がん」にたとえ、「宗教を隠れ蓑にした」政治的イデオロギーだと主張するなど、煽動的な発言をした過去がある。2月にはフリン氏は「ムスリムに脅威を感じるのは当然」とツイートしている。
      こうした攻撃的な発言をさらに補強しているのがトランプ氏だ。12月、カリフォルニア州サンバーナーディーノにおける乱射事件の後、トランプ氏は、米国指導者が「いったい何が起きているのか理解できるようになるまで」すべてのイスラム系移民や同訪問者に対する米入国禁止を要求して世界を驚かせた。
      トランプ氏は大統領選に向けた運動のなかでも、法執行当局者がムスリム系米国人社会とモスクに対する監視を強化することを求めた。さらに彼は、ムスリム系米国人をデータベースに登録するか、ムスリムに対して特別な身分証明書の携帯を義務付けることを検討するとも語った。そうした措置が将来の攻撃を防ぐことになると主張したのである。
                      
      トランプ氏が次期大統領となった以上、多くのムスリム系米国人は、同氏や取り巻きがこうした提案のいくつかを実現するのではないかと危惧している。トランプ氏の顧問の1人、カール・ヒグビー氏は16日、フォックスニュースに出演し、ムスリムを対象に登録制度を設けるというトランプ氏の提案を擁護した。
      この提案の合法性は疑問視されているが、ヒグビー氏はこれを擁護するために、米国にとって最も暗い時期の1例を引き合いに出した。第2次世界大戦中、当時のルーズベルト大統領が日本、ドイツ、イタリア系移民10万人以上を「敵性外国人」として区別するとした決定だ。1941年の真珠湾攻撃を受けて、1942年に下されたこの大統領命令は、後に連邦最高裁の支持を得て、米国市民権の有無にかかわらず、日系移民数万人が収容所に送られる結果となった。
      フォックスニュースの司会者メギン・ケリー氏が、ムスリムの全国登録制度を作るという発想に疑問を投げかけたところ、ヒグビー氏は「私は単に前例があると言っただけだ」と述べた。
      トランプ氏が共和党の大統領候補指名を確実にした後、本選挙で広範囲の米国民にアピールするために自身の意見を修正するかどうかが、大きな話題となった。特にイラク戦争の犠牲となって勲章を受けたムスリム系米兵の遺族をトランプ氏が攻撃したときには、他の共和党指導者も同氏の発言を非難したが、トランプ氏はイスラム教徒への批判を慎むことを拒んだ。
      この戦略で票を勝ち取った以上、それを否定する動機は彼にはほとんどないだろう。
      3月に米CNNテレビのキャスター、アンダーソン・クーパー氏のインタビューに応じたトランプ氏は、「イスラム教徒は私たちを憎んでいると思う」と断言。クーパー氏がイスラム教は西側諸国と戦争状態にあるのかと質問したところ、トランプ氏は「非常に大きな憎悪がある。私たちはその真相を探らなければならない。私たちに対する信じがたいほどの憎悪がある」と述べている。

      こうしたレトリックは、現実世界にも影響をもたらす。
      昨年11月にパリで発生したIS工作員による同時攻撃で130人以上が死亡し、同年12月2日にはIS指導者への支持を表明するムスリムの夫婦によりサンバーナーディーノでの乱射事件が発生した。これらを受けて、ムスリム系米国人に対するヘイトクライムが急増した、とFBIや公民権団体は記録している。
      FBIの記録によれば、ここ数年、ムスリムに対する米国でのヘイトクライムは、月平均で推定12.6件のペースで発生していたが、パリ攻撃を受けて、12月半ばまでに38件と3倍に膨らんだ。
      だが、FBIが先週発表したこうしたヘイトクライム統計も、この問題を不完全にしか捉えていない。地方の法執行機関からのデータ提供は任意であり、多くはヘイトクライムを報告していないからだ。
      コミーFBI長官でさえ、最新の数字を発表する際に、過小報告の問題を認めている。「ヘイトクライムの追跡や報告を改善して、われわれのコミュニティで何が起きているのか、それをいかに防止するかを十分に理解する必要がある」と長官は述べている。
      ヘイトクライムを地元警察に通報しない人が多いため、公民権団体は、事件の実数はFBIのデータが示すよりもはるかに多いと主張する。米司法統計局が実施した近年の調査によれば、2012年にヘイトクライムが29万3800件発生したと推定しており、この数字はFBIデータの約50倍となっている。この調査によって、事件の6割は警察に通報されていないことが判明した。
      荒れた大統領選を経て、ヘイトクライムや嫌がらせの急増が伝えられるなか、トランプ次期大統領には、彼自身そして彼の顧問たちによる憎悪扇動を抑制する責任がある。だがこれまでのところ、彼自身の選挙運動が一因となった相次ぐ憎悪と嫌がらせに対処することについて、次期大統領は、ほとんど関心を示していない。
      *筆者はニューヨーク大学教授(ジャーナリズム論)。元「ニューズデー」紙中東支局長。サウジアラビアとイランの代理戦争についての著書を執筆中。
      *本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。(翻訳:エァクレーレン)
      *このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。






      IKEAに居座る中国人”、社会問題の縮図 2016年 10月 20日(Fisco)         

      オーストラリアにカミナリ喘息8500人搬送で6人致死

      何でしょうかね、恐いですね。向うは日本と反対で今ちょうど春たけなわで花粉の季節。

      そこにカミナリが起きカミナリ喘息という劇症喘息が起こり大量の罹患者が病院にあふれ返った

      というのです。 

        しかも、その詳細は全く開示されず、当局も混迷し医療現場も相当混乱している模様です。

       以下は怪奇現象のカミナリ喘息発生を報じるネットニュースです。

      オーストラリアで発生の「雷雨ぜんそく」、6人死亡

      2016年11月27日 16:48 発信地:シドニー/オーストラリア

      http://www.afpbb.com/articles/-/3109325?cx_part=topstory

      http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/e/7/280x/img_e75f50deaba47f639431c2a730303c48104188.jpg 豪パースに近いコッテスロービーチで撮影された稲妻(2015年11月14日撮影、資料写真)。(c)AFP/GREG WOOD
      【11月27日 AFP】オーストラリア南部ビクトリア(Victoria)州で先週、ぜんそくや花粉症患者に深刻な呼吸器系の症状をもたらす「雷雨ぜんそく」が発生し、当局は27日、これまでの死者数が6人になったと発表した。現在も3人が重体だという。
      「雷雨ぜんそく」は花粉の飛散量の増大と雷雨が重なって発生するまれな現象で、先週には18歳から35歳までの4人が死亡、8500人以上が病院へ緊急搬送されている。
       これに関してビクトリア州保健当局は27日、「21日の雷雨ぜんそくに関連した病状によるものとみられる死者数は、これまでのところ6人となった」との声明を発表。さらに5人がメルボルン(Melbourne)市内にある病院の集中治療室(ICU)で専門医による治療を受けており、うち3人が重体だと明らかにした。このほかにも12人が呼吸器系などの健康問題のため治療を受けているという。
       今週になって新たに死亡した2人についての詳しい情報は明らかにされていない。(c)AFP







      ざこ寝便、エコノミークラス搭乗は航空業界の救世主か?

        いいですねエコノミークラスでざこ寝席が確保できるというのです。 だってねえ、日本から

      何処へ行くにも大抵深夜便で、しかも狭い座席のエコノミーしか乗れない私のような貧乏人

      にとって旅行の最大の問題は横になれたらという切なる願いです。

         辛いですよね10時間以上も同じ姿勢で座り続け、食事もうたた寝も何もかも窮屈なのは

      かといって、とてもでは無いがビジネスクラスや個室などに移るゆとりはありません。

          しかし、そんな搭乗の世界に家族や夫婦などで3人分の席が占有でき、ざこ寝が出来るなら

      ぐっすりと眠り、到着したら元気一杯観光に、そしてグルメにそして仕事に邁進する事が

      出来ます。 以下は、治安の悪化で減少する旅行客の確保に、航空各社が導入を模索

      するざこ寝エコノミークラスの解禁を伝えるネットニュースです。

      “ざこ寝”関空救世主になるかも? NZ航空の革新的エコノミークラスに注目

      産経新聞 11/25(金) 9:14配信
       関西国際空港の現行の国際線冬ダイヤ(来年3月25日まで)は、欧州便が前年同期の週29便から22便に大幅減となるなど、長距離便の不振が鮮明だ。そんな中、11月4日からニュージーランド・オークランド便を約3年ぶりに復活させたニュージーランド(NZ)航空が“救世主”として存在感を高めている。NZ航空は家族連れやカップルでざこ寝ができるシート「スカイカウチ」をエコノミークラスで導入し、話題性も十分だ。(藤原直樹)

       関空国際線の冬ダイヤは、中国と韓国向けの新規就航や増便が相次ぎ、ピーク時の就航便数は開港以来最多の週1273便(前年同期は1216便)となっている。このうち、飛行時間が4時間以内の中距離が主体の格安航空会社(LCC)は週390便となり、旅客便に占める比率は34・5%まで高まった。

       一方、欧米を中心に長距離便は減便が相次いだ。これまで安全とみられてきた地域でもテロが発生するなどして敬遠する日本人が増えたことや、景気低迷が影響しているようだ。ドイツ、フランス、オランダ、米サンフランシスコ便がそれぞれ減便。1日1便の週7便を維持していたトルコ便も週4便となった。

       大手旅行会社の担当者は「便数が減るとツアーの行程にどうしても制限が出る。欧米向けツアーは苦戦気味だが、このままではツアーの魅力も下がる悪循環に陥ってしまう」と危惧(きぐ)する。このような状況の中で関空便を週3便とはいえ復活させたNZ航空には、期待が集まっている。関空を運営する関西エアポートが10月28日に開いた冬ダイヤ発表会見では、配布資料にNZ航空の黒を多く取り入れた機体の写真を何枚も取り入れるなど、全面的にPRしていた。

       NZ航空が関空便に導入するのは米ボーイングの中型機B787。スカイカウチが設定される最新鋭の機材だ。スカイカウチは横並びの3席の足元を広げると、平らなベッドのようなスペースになる仕組み。3席分を大人2人で使う。大人1人と子供2人の計3人での使用も可能だ。1人だけでの使用だと割高になるが、ビジネスクラスよりは安い。10時間を超える関空からオークランドまでの飛行中、横になって眠ることもできる。

       航空各社は収益の柱となるビジネスクラス以上では、さまざまなアイデアを取り入れたシートの開発競争を繰り広げているが、収益性の低いエコノミークラスでは会社ごとの違いがほとんどない。それだけに、スカイカウチは航空業界で革新的なシートとして話題を集めている。NZ航空のクロビス・ペリエ日本・韓国地区支社長は「関西は観光客が主体の市場なので、エコノミークラスの重要度は高い。スカイカウチは新婚旅行にもぴったりで、武器になる」と話す。

       NZ航空の復活しか明るい話題のなかった関空長距離便。今後の展望はどうか。鍵を握るのは、関西エアポートに出資する仏空港運営大手バンシ・エアポートだ。世界34空港の運営に参画するバンシには、各国の航空会社と接点を持っているという強みがある。また、精度の高い需要予測とそれに基づくきめ細かな着陸料の設定といったノウハウを持つ路線誘致の専門部隊も持っている。だが、現在までのところ関空で「バンシ流」は成果を上げているとは言い難い。

       10月28日の会見で関西エアポートの山谷佳之社長は「需要をしっかりと分析し、伸びるところを徹底的に伸ばす。長距離便も当然やらないといけないが、中国からさらにたくさん訪日客が来てくれそうだという状況で、それを止めて(長距離便に)シフトはしない」と話しており、当面は好調な中国や韓国など東アジア路線偏重が続くとみられる。
      最終更新:11/25(金) 9:14






      再集計をトランプ氏批判

      大接戦で、しかも得票数で200万票も多かったクリントン氏が敗北した米大統領選

      選挙人10人のウイスコンシン州で票の再集計が開始されようとしている中で、トランプ氏が

      再集計を批判です。 まあ当然の成り行きですが、問題は気になる結果です。何しろ

      人口は約500万人で選挙人は10名ですが、もし選挙結果が覆れば当然他の州の結果にも

      再計算の波が押し寄せさらに12月19日の選挙人による本投票にも少なからざる影響を

      与えることは必至です。

       以下はなおもくすぶる米大統領選への不満や欺瞞を報じるネットニュースです。

      トランプ次期米大統領、票の再集計は「ペテン」

      2016年11月27日 12:36 発信地:ワシントンD.C./米国

        http://www.afpbb.com/articles/-/3109306

      http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/3/280x/img_f358a3746f221968e83e8cf288f66f00122321.jpg 米ニューヨークにあるニューヨーク・タイムズが入居する建物で行われたインタビューを終えたドナルド・トランプ次期大統領(2016年11月22日撮影、資料写真)。(c)AFP/TIMOTHY A. CLARY
      【11月27日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は26日、今月8日の大統領選で同氏が勝利した3つの激戦州の一つ、ウィスコンシン(Wisconsin)州で準備されつつある票の再集計を「ペテン」だとした上で、選挙での勝利は異議申し立てやののしりを受けるものではなく尊重されるべきだと主張した。
       再集計は緑の党(Green Party)の大統領候補としてわずかな票を集めたジル・スタイン(Jill Stein)氏が要求しているもので、共和党候補だったトランプ氏は「すでに敗者が敗北を認めている」選挙だとしている。民主党候補だったヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏陣営は再集計に参加するとしつつ、今のところ選挙に不正な点は見られないとしている。
       スタイン氏は大統領選の結果について、トランプ氏が勝利したペンシルベニア(Pennsylvania)州とミシガン(Michigan)州でも再集計を要求する方針。トランプ氏はこれら3州で、合算してわずか10万票余りの差で勝利した。これら3州での辛勝により、トランプ氏は選挙人団の過半数となる270人を超える選挙人を獲得した。
       トランプ氏は「これは、すでに敗者が敗北を認めている選挙についてのペテン話だ。この選挙結果は尊重されるべきであって、異議申し立てやののしりを受けるべきではないのに、ジル・スタインはまさにそれをやっている」と述べた。だがトランプ氏自身は選挙期間中に、もし敗北したら結果を拒否すると威嚇し、メディアと体制派エリートが選挙運動で不正を行っていると主張していた。(c)AFP


      特集:米大統領選挙2016

      米大統領選挙は、共和党候補のドナルド・トランプ氏が民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官に勝利した。



      ウィスコンシン州再集計は「ばかげてる」 トランプ氏が批判

      CNN.co.jp 11/27(日) 9:53配信    
      ワシントン(CNN) 米大統領選の不正疑惑をめぐり、ウィスコンシン州が小政党「緑の党」の要請で再集計を実施することになった問題で、ドナルド・トランプ次期大統領は26日、再集計を「ばかげた詐欺」と批判する声明を出した。

      トランプ氏は声明で、同州に要請を出した緑の党の元大統領候補、ジル・スタイン氏が再集計の資金集めと称して「私腹を肥やそうとしている」と主張。集まった資金の大半が「このばかげた再集計」には使われないだろうとの見方を示した。「ばかげた」再集計という言葉は、声明の表題にも使われている。

      声明はさらに、民主党候補だったヒラリー・クリントン氏がすでに敗北を認めたことを指摘し、疑念の的になっているウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニアの各州ともトランプ氏が「大差で」勝利していると主張した。

      スタイン氏は同州での再集計にかかる費用をインターネット上で募り、すでに500万ドル(約5億6000万円)以上の資金を集めた。再集計は今後1週間のうちにも実現する見通しだ。

      同氏はCNNとのインタビューでトランプ氏の主張を退け、集まった資金は再集計専用の独立口座に入っていて、ほかの目的で使うことはあり得ないと強調。選挙戦ではトランプ氏自身、選挙制度が「仕組まれている」との主張を展開していたと指摘した。

      クリントン陣営とホワイトハウスは、投票システムが不正に操作された証拠はないとの立場を示している。ただクリントン陣営は26日、公正さを確保するためとして、再集計への動きに参加すると表明した。
      最終更新:11/27(日) 14:46






      トランプ降ろしが現実味

       選挙人が一般投票の結果に従わず敵対候補に入れたり、投票をボイコットして過半数割れに

      なったりといろいろと手段を講じてトランプ降ろしが現実味を帯びかねないと言うのです。

        まあ州の定めによっていろいろ難しいことが有る様ですが、なお波瀾含みの12月19日の本

      投票まで目が離せない状況が続いているというのです。

          これでもし、当選者が覆ったら、もしかして米国に大暴動や大混乱が起きる可能性もあながち

      否定出来ないという次第です。 いずれにしてもトランプさん与党とのいがみ合いは露骨で

      これからいろいろ難題が降りかかりそうな情勢は当分継続という次第です。

      くすぶる「トランプ降ろし」=選挙人投票で逆転狙う-米大統領選


           【ワシントン時事】米国で共和党の実業家トランプ氏の大統領就任を阻もうとする動きがくすぶっている。

          米ウィスコンシン州が再集計へ=第3党候補が要請-大統領選

           トランプ氏は8日に行われた大統領選の一般投票では勝利したものの、形式的には12月19日の選挙人投票で過半数270人の支持を得なければ、大統領には就任できないためだ。

           トランプ氏は一般投票で29州で勝利。選挙人290人を獲得したとされる。しかし、選挙人は憲法上、一般投票の結果に従うことを義務付けられておらず、実際にはトランプ氏は獲得にめどを付けたにすぎない。歴史上、有権者の意思に背く「不実な選挙人」が現れた例は何回もある。

           不実な選挙人が続出すれば、12月19日の選挙人投票の結果、トランプ氏の獲得選挙人が当選ラインを下回る可能性もゼロではない。反トランプ勢力が思い描くのはそんなシナリオだ。

           ある団体は民主党のクリントン前国務長官の当選を目指し、クリントン氏への投票を選挙人に要求する署名を募集。これまでに450万人以上の賛同者が集まった。米メディアによれば、選挙人の一部はトランプ氏にもクリントン氏にも投票しないよう「選挙人仲間」に働き掛けている。

           ただ、近年の大統領選では不実な選挙人は1回当たり1人がせいぜい。州法で選挙人の勝手な投票を禁じている州も半数以上あり、実際に「トランプ政権」の誕生を止められる見込みはほとんどない。このため、これとは別に、接戦だった州で票の数え直しなどを求める動きも強まっている。 
          最終更新:11/26(土) 17:24








          カストロ逝く













          キューバのカストロ前議長が死去、国営メディア
          2016.11.26 Sat posted at 14:53 JST



          CNN) キューバの国営メディアによると、同国のフィデル・カストロ前国家評議会議長が死去した。90歳だった。





          キューバのカストロ前国家評議会議長が死去、90歳

          2016年11月26日 14:44 発信地:ハバナ/キューバ

          【11月26日 AFP】(更新、写真追加)キューバのフィデル・カストロ(Fidel Castro)前国家評議会議長が25日夜、同国の首都ハバナ(Havana)で死去した。90歳だった。
           弟であるラウル・カストロ(Raul Castro)国家評議会議長が国営テレビで「キューバ革命の最高司令官」が25日午後10時29分(日本時間26日午後0時29分)に死去したと述べた。(c)AFP


          カストロ前議長、オバマ米大統領のキューバ訪問を痛烈批判 03/29

          カストロ議長、ローマ法王との会談で信仰心取り戻す 05/11 http://www.cnn.co.jp/media/cnn/images/icons/icon_video.png

          マンデラ氏追悼式 オバマ大統領とカストロ議長の異例の握手も 12/11 http://www.cnn.co.jp/media/cnn/images/icons/icon_video.png

          キューバのカストロ前議長、「情報来ない」と苦言 06/05








          椅子問答、奪い合い? それとも譲り合い?

           公共交通機関の椅子を巡っていろいろな問題か噴出しています。 一番はやはり

          飛行機に搭乗する椅子問答です。 関西空港からマレーシア 搭乗しようした電動車椅子の

          男性が航空会社から搭乗を拒否されたと言うのです。 曰く、電動車椅子は手荷物で定められた

          重量制限を越えていると言うのです。 確かに最も軽いもので25㎏、重いものになると100㎏を越

          えるものがあり、搭乗人物や手荷物などを加味すると200㎏を越えることになりかねません。

              そして、もう一件は国内の列車内で高齢者優先席に座っている若者とその前に立つ高齢者

          の論争です。 こちらは譲れ譲らないの押し問答でどちらも大人げないがあきれ果て廃れ果てた

          譲り合いが奪い合いに転化した嘆かわしい問答です。

            いつの時代も人は座るべき椅子を巡って様々争ってきたというのが現実です。

          自民党総裁の椅子や都知事の椅子や合衆国や韓国の大統領の椅子を巡った揉め事は洋の東西

          古代現代を貫く浅ましい人間の性を如実に表す揉め事だという次第です。

            いずれもやはり主義主張や規則原則などは脇においてお互いに「譲り合いの精神 」が肝要では

          無いでしょうかね?

          電動車イス搭乗拒否で日弁連が警告

          毎日放送 11/25(金) 23:36配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161125-00000068-mbsnewsv-soci

          電動車いすを利用する男性がマレーシアの航空会社に搭乗を拒否されたとする申し立てを受け、日本弁護士連合会は航空会社に輸送規定などを改めるよう警告しました。

           脳性まひのため電動車いすを利用している兵庫県西宮市の大久保健一さん(40)は
          おととし、マレーシアの航空会社「エアアジアX」で関西国際空港からマレーシアに向かう際、車いすの事を事前に伝えていたにも関わらず、車いすが機内持ち込み手荷物の重量制限を超過しているなどと搭乗を拒否されたとして、日弁連に人権救済の申し立てをしていました。

           「誰もが乗りやすくなるきっかけにしてほしい」(大久保健一さん)

           日弁連は11月10日、エアアジアXに対し憲法で保障された移動の自由などの侵害にあたるとして、輸送規定を改めるよう警告したということです。
          毎日放送

          「残念だったな」電車マナー優先席めぐりお年寄りと男性口論 動画投稿で議論沸騰

          産経新聞 11/25(金) 12:20配信    


           電車内で、お年寄りの男性と優先席に座った男性が口論している動画が「You Tube」(ユーチューブ)に投稿され、話題になっている。

           動画は35秒。電車の優先席の前に立ったお年寄りの男性が指をさしながら、座った男性に文句を言っている。

           「日本語通じないのか」(お年寄り)          「もう1回言ってみろよ」(男性)
            「日本語通じないのか」(お年寄り)           「もう1回言えよ!」(男性)
           「日本語通じない?」(お年寄り)         「もう1回言えっつってんだよ!」(男性)
            「だから、日本語通じないのか」(お年寄り)    「だから、もう1回言えよ。コラッ」(男性)
           「なんでだよ」(お年寄り)                  「だから、もう1回言ってみろよ」(男性)
           「だから、代わってくれって言ってるんだよ。席を」(お年寄り)    「なんでだよ」(男性)
            「優先席だから」(お年寄り)               「なんでだよ」(男性)
            「『なんで』ってよ」(お年寄り)          「悪ぃけど、そういう人に…、譲りたくないわ(笑いながら)」(男性)
           「あなた日本人か」(お年寄り)          「悪いけどそういう人に譲りたくないわ…残念だったな」(男性)
           「で、なに。そこ優先席だって分かんないんだ」(お年寄り)      「わかんないですね」(男性)
           「ああ、そっか」(お年寄り)    ここで終わっている。

           さらに投稿主はツイッターに「AMBITIOUS JAPAN」という名前で「私は優先席を譲りません!!なぜなら先日、今にも死にそうな老人に席を譲ろうとしてどうぞと言ったら『私はまだ若い』などと言われ、親切な行為をした私がバカを見たからです。今後とも老人には絶対に譲りません」と投稿した。

           この動画をめぐってネット上では議論が沸騰。「お年寄りの男性が高圧的でひどい」「年上ってだけでえらそうすぎる」という意見が当初は多数だったが、時間が経つにつれて「混んでるのに優先席に座ってる若者もどうかと思うし、譲ってもらって当たり前って態度の老人もどうかと思う」とどっちもどっちといった意見や「都合のいいように切り取ったかも知れない映像でお年寄りが悪いなんて…」「(若者が)かなりいきがった言い方をしていて気持ちが悪い。顔さらされて年配の方がかわいそう」といった若者を非難する意見が増えてきた。

           動画をよく見ると、お年寄りの男性のそばにはもう一人の手が映っており、若者に注意するお年寄りの男性を何度か止めているように見える。

           この若者が投稿した動画はお年寄りの男性の顔にモザイクなどの処理は施されておらず、「そもそも勝手に動画に上げていいの?」といった意見も多かった。

           「AMBITIOUS JAPAN」氏のツイートにも「優先席にあなたが座らなければいいんじゃないでしょうか」と、読者からのコメントが書き込まれていた。(WEB編集チーム)








          米大統領選一部州で再集計に

          米国大統領選、ウイスコンシン(10人)、ペンシルベニヤ(20人)、ミシガン(16人)で 得票再集計に

          もし覆ればクリントン勝利も?

            クリントン228、クランプ290でもし3州選挙人合計の46名の勝敗が覆ればクリントン274

          トランプ244となり選挙結果は覆る事になります。

            以下は波瀾要因と成りかねない米大統領選の再集計を伝えるネットニュースです。







          米ウィスコンシン州が再集計へ=第3党候補が要請-大統領選

          時事通信 11/26(土) 9:09配信    
           【ワシントン時事】米大統領選で共和党のトランプ氏が勝利したウィスコンシン州の選挙管理委員会は25日、第3党「緑の党」候補だったスタイン氏らの要請を受理し、来週以降に投票結果を再集計する見通しだと発表した。

           再集計は手数料の払い込みが条件となるが、スタイン氏は必要額を大幅に上回る500万ドル(約5億5000万円)以上を調達しており、実施は確実とみられる。

           スタイン氏は、トランプ氏が勝ったペンシルベニア州、優勢とされるミシガン州でも再集計を求める方針。スタイン氏の陣営は「サイバー問題の専門家から投票結果が操作された可能性があるという憂慮すべき報告を受けた」と訴え、再集計に必要な資金を募っていた。

           3州の再集計で民主党候補のクリントン氏が勝てば大統領選の結果が覆るが、クリントン氏の陣営は見解を示していない。 

           米政府はロシアがサイバー攻撃で大統領選の結果を改ざんする可能性を警戒し、対策を強化していた。一方、トランプ氏も選挙中、不正集計される恐れがあると主張していた。







          植物の免疫力は断食療法

           昔からね、大抵の病気には断食が有効だと言われてきました。 特に最近の薬の効かない

          癌に対しても大変有効だと聞きますが、医師は絶対にそれを認めません。

            そのような中、植物も感染した病気に断食療法を用いていることが発覚しました。

          以下は、人間に有効な断食療法が植物にも大変有効だということを報じる希有な

          ネット情報です

          植物は侵入してきた病原体を兵糧攻めにして撃退する -植物の新規防御メカニズムの発見と解明-

             高野義孝 農学研究科教授、山田晃嗣 日本学術振興会特別研究員(現徳島大学特任助教)、西條雄介 奈良先端科学技術大学院大学准教授、中神弘史 理化学研究所ユニットリーダーらの研究グループは、病原体が感染した際に植物細胞が糖吸収活性を増強させることで細胞外の糖を回収し、病原体の糖へのアクセスを阻害する機構を見出しました。
             本研究成果は2016年11月24日付で米国の科学誌「Science」オンライン版に掲載されました。
            研究者からのコメント
             今回、細胞外部の糖を回収し病原細菌の糖吸収を阻害する植物の新規防御応答を明らかにしました。病原細菌に限らず多くの植物病原体は炭素源として糖を利用しているため、幅広い細菌および菌類に対してもこの防御が有効であることが考えられます。そのため本成果を基盤とし、植物の糖吸収を高める化合物を発見できれば、より広範囲の病原体に有効な新規農薬の開発につながる可能性があると期待されます。

            概要

             炭素は生命体を構成する重要な元素の一つであり、植物は光合成により空気中の二酸化炭素から糖を合成し利用しています。しかし多くの生物が炭素を獲得するには、植物や他の生物から有機化合物を摂取する必要があります。細菌や菌類などの病原微生物が感染し増殖する際にも同様で、特に植物に感染する病原体は、植物が光合成産物として高濃度に蓄積した糖を主な炭素源として吸収し、利用しています。しかし病原体が植物から糖を搾取する一方、植物がそれに対抗する防御手段を備えているかはこれまで明らかにされていませんでした。
             そこで本研究グループは、植物が細胞外空間の糖を細胞内へ回収することで病原細菌の糖摂取を阻害しているのではないかと考え、防御応答活性化時の植物細胞の糖の取り込み活性に着目して、モデル植物シロイヌナズナを用いた解析を行いました。
             その結果、植物は防御応答の発動により糖トランスポーター(輸送体)活性を増強し細胞外の糖含量を減少させること、それが病原細菌の病原性因子の分泌抑制と代謝エネルギー制限につながり、病原細菌の増殖が抑えられることが明らかになりました。
             

            (1)植物細胞は気孔から葉の内部に侵入してきた病原細菌を認識し防御応答を発動する。(2)糖輸送体(糖トランスポーター)STP13の485番目のスレオニン残基 (T485) がリン酸化される。(3)リン酸化を介してSTP13の糖吸収活性が強まることで細胞外の糖含量が減少し、(4)病原体の糖摂取が阻害される。

            詳しい研究内容について

            書誌情報

            【DOI】
            http://dx.doi.org/10.1126/science.aah5692

            Kohji Yamada, Yusuke Saijo, Hirofumi Nakagami, Yoshitaka Takano. (2016). Regulation of sugar transporter activity for antibacterial defense in Arabidopsis. Science.





            O Holy Night Sissel Kyrkjebø







            大統領選なお波紋と物議

             なんか雲行きが怪しくなってきましたね。 クリントン氏の得票がトランプ氏を200万票以上上回り

            いくつかの州で不正操作が見られるというニュースが流れだしました。

              まあ、誰がなっても時局柄困難な門出と成りそうですが、スッタモンダが続くといろいろと

            影響が及びますので、もめごとはない方が良いことは違えません。

              以下は、一筋縄では収まりそうに無いトランプ大統領の新政権波瀾万丈の門出を

            思わせる数多のネットニュースです。

            米大統領選、3州で不正操作か 専門家が不審な傾向を指摘

            CNN.co.jp 11/23(水) 14:29配信    
            (CNN) 今月8日に投開票された米大統領選をめぐり、激戦となった一部の州で票数が不正に操作されたり、コンピューターシステムへの不正侵入があったりした可能性を、著名な専門家らのグループが指摘していることが23日までに分かった。

            ミシガン大学のコンピューター科学者、アレックス・ホルダーマン教授らによると、大統領選で民主党地盤とされながら共和党のドナルド・トランプ氏が制したウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニア各州の集計結果に不審な傾向がみられるという。

            同教授らのグループは17日、敗北した民主党候補、ヒラリー・クリントン氏の陣営幹部らに対し、3州の再集計を要請するべきだと申し入れた。

            申し入れの内容に詳しい情報筋によれば、これらの州では機械を使った電子投票方式の郡でクリントン氏の獲得票が少なく、投票用紙に記入する方式の郡での票数を7%も下回っていたことが判明した。

            グループは不正侵入の証拠が見つかったわけではないとしたうえで、独立機関による調査が必要だと主張している。

            米誌ニューヨーク・マガジンが最初に報じた。CNNは同グループやトランプ氏の政権移行チームに取材を試みたが、22日夜の時点で回答は得られていない。クリントン陣営の関係者は、この指摘に基づく監査を要請するかどうかについて明言を避けた。

            クリントン氏の得票数リード、200万票超に拡大 米大統領選

            AFP=時事 11/24(木) 9:52配信
            【AFP=時事】今月8日に行われた米大統領選の開票で、敗れた民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官の得票数でのリードが200万票を超えたことが23日、米インターネットメディア「クック・ポリティカル・リポート(Cook Political Report)」のまとめで明らかになった。

            【写真】クリントン氏が敗北宣言 トランプ氏との協力表明

             今回の選挙では、共和党候補の不動産王ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が選挙人の過半数を獲得して当選を決めており、クリントン氏は9日に敗北を認めている。

             しかしクック・ポリティカル・リポートが公式データを基に集計した最新の一般投票の得票数は、トランプ氏の6221万2752票に対してヒラリー氏6422万7373票と、勝者を敗者が1.5%上回っている。

             米大統領選で、民主党候補が得票数で上回ったにもかかわらず落選したのは今世紀に入ってから2回目。2000年には民主党候補のアル・ゴア(Al Gore)氏が共和党候補のジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)氏を約54万4000票上回ったものの、敗北している。

             得票数の差がわずかだったフロリダ(Florida)州の選挙結果について、連邦最高裁がブッシュの勝利につながる判決を下したため、同氏が過半数の選挙人を獲得して当選した。【翻訳編集】 AFPBB News

            敗者が100万票以上リード=民主に制度見直し論-米大統領選


             【ワシントン時事】米インターネットメディア「クック・ポリティカル・リポート」によると、8日に行われた米大統領選の開票で、民主党候補だったクリントン前国務長官の得票数でのリードが15日、100万票を超えた。

            〔写真特集〕アメリカ大統領の系譜~日米開戦から現代

             民主党内では、選挙結果は民意を反映していないと批判し、大統領選挙人制度の見直しを求める声が出ている。

             米大統領選は全米50州と首都ワシントンに割り当てられた計538人の選挙人のうち、過半数の270人を獲得した候補が当選する仕組み。ただ、選挙人の割当数は完全には人口に比例しておらず、2州を除いて、得票1位の候補がその地区の選挙人を総取りするため、得票数と獲得選挙人数の逆転が起きることがある。

             同リポートの集計では、クリントン氏は15日夜の時点で6231万8079票を獲得している。これに対し、共和党候補だったトランプ次期大統領の得票数は6116万6063票。しかし、獲得選挙人数ではトランプ氏が290人で、232人のクリントン氏を上回っている。

             米メディアによると、得票数と獲得選挙人数の勝者が食い違ったのは史上5例目。開票作業はまだ続いており、クリントン氏のリードは最終的に200万票を超えるとの推計もある。

             民主党のボクサー上院議員は15日、声明を発表し、「選挙人制度は時代遅れで、非民主的だ」と強調。選挙人制度を廃止し、得票数で勝者を決められるようにする憲法改正案を上院に提出した。ただ、共和党内で賛同する声は出ておらず、成立の可能性は極めて低い。 

            古屋から金塊4億1千万円ザックザック、仏ルーアンで

             フランスのルーアンといえば1562年の宗教戦争で攻防戦が起きかのアンリ4世の父

            カルバン派に改宗したアントワーヌの戦死地ですね。まあねえ、フランス革命で消滅した

            ブルボン朝のいわく有る町ですからこんな隠し財産が発見されることも有るでしょうね。

              以下は相続した先祖の屋敷から大金の隠し金塊がザックザック現れた怪を報じる

            いかにもフランスらしい国家に対する信頼を持たない国民の隠し金の実体を如実に

            報じるネットニュースです。



            相続した家から金ざくざく! 計100キロ、約4億円相当 仏北部

            2016年11月23日 07:49 発信地:ルーアン/フランス

            http://www.afpbb.com/articles/-/3108923?cx_tag=pc_rankday&cx_position=1#cxrecs_s

            http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/a/280x/img_ba80b447299eb85f1c02b62c0aa12cdc184188.jpg 米製版印刷局で展示された金の延べ棒(資料写真、2012年8月27日撮影)。(c)AFP/PAUL J. RICHARDS

            【11月23日 AFP】フランス北部ルーアン(Rouen)郊外の町で、亡くなった親族から大きな家を相続した男性が、その家屋の中に隠されていた硬貨や延べ棒など、合わせて350万ユーロ(約4億1000万円)相当の金を発見し、思わぬ「棚ぼた」を手にした。
             男性は家のあちこちに、重量にして計100キロもの金の硬貨や延べ棒が隠されているのを見つけたと、地元紙ラデペシュ(La Depeche)が報じた。
             この報道を、地元競売商のニコラ・フィエルフォール(Nicolas Fierfort)氏がAFPに対し事実と認めた。新たな家主が売りに出した家具の鑑定依頼を受けていたというフィエルフォール氏は、「金貨が5000枚、12キロの金の延べ棒が2本、1キロの延べ棒が37個あった」と明かした。
             同氏によると、これらの金は「極めて巧妙に隠されて」おり、「家具の下、リネン類の下、浴室の中…至る所にあった」という。
             新家主の身元や、前のオーナーとの関係などは公表されていない。男性がお宝に気付いたのは、家具を動かし始めた時だったという。最初に見つかったのは、家具の底部にねじで固定されていたブリキの箱で、中には硬貨が入っていた。それから箱やウイスキー瓶などの隠し場所が次々に見つかり、ついには積み重ねられた重さ12キロの金の延べ棒が出てきた。発見された金は、すでに国内外の買い手に売却されたという。
             しかしラデペシュ紙は、本当の棚ぼたを得たのは、お宝を発見した男性よりも税務当局かもしれないと指摘している。男性は45%の相続税に加え、亡くなった親族が金所有の申告を怠っていた場合は、3年前までさかのぼって税を納めなければならないという。(c)AFP






            犬の夢?

              
               おいおいラブチャン。最近の天国の景気はどうかね?


              あらパパ、おひさね。元気にしてる?


             もちろん元気だよ!! 君は全然僕の話を聞いていないね。 天国の景気の話をしているんだけど。


             なんの話? 天国に景気なんか無いわよ、お金持ちは大抵地獄に行ったから、天国は

            いつでも貧乏人がいっぱいで何でも只だから景気は無いのよ。


             あらそうかね、じゃあパパも天国に行けそうだね。所でアメリカの暇な学者が犬の記憶を研究して

            犬には人間の行動を記憶する能力があったという研究発表をしたそうだよ。 

            そんな当たり前のことを研究してお金を儲けようなんてとてもじゃないが天国に行けそうも無い学者さんが

            いたんだよ。 


             あらあら、どうして犬に記憶があるということが当たり前なの? だって犬はお話が出来ないから

            確かめようが無いでしょう。


             あのね、別にお話しなくっても記憶のあるなし位は簡単に解るんだよ。 どうしてかって言いたいの

            だろうけど簡単だよ。 だってねえ、君がまだ地上にいたころ散歩の後ご飯を食べてすぐに君は

            寝ていたよね。 その時ね、何時も君の前足と後ろ足がまるで野原をかけっこしているような動作を

            していたんだよ。 そして、目の玉がぐるぐる回っていたよ。要するに君はしょっちゅう散歩の夢を

            見ていたんだよ。 ということはちゃんと記憶が残っていて、しかも、映像や音声も記憶されていて

            実に楽しそうな夢を見ていることが解ったよ。 時々ワン!!という夢吠えもしていたよ。


               まあ、いやね。 人の夢まで覗いていたのね。 


              おいおい、そんな言い方は無いだろう。幸せそうに夢を見ているのを知って、こんなに

            楽しそうにしているならまた散歩に言ってやろうというモチベーションを上げてたんだから

            ね。 


              そうね。私が地上にいた間に、一日として散歩のない日は無かったよね。 感謝しているは。


               そうだろう、天国でもその事は思い出してくれているかい。 


             え!!、そんなこともう忘れたわよ。大切なことは今日天国で何処に散歩へ行くかよ。

              毎日毎日やることが一杯あるからそんな大昔のこと思い出している暇は無いの。

              だからあんたも、郷愁に耽ってないで、一日一日を大切にして活きてよね。

             そのうちに、私がお迎えに行くから、それまで頑張ってね。


              おいおい、まだやることが一杯あるからちょっと先のばしにしておいてよね。ではまたね!!



            イヌに人の行動を記憶する能力、研究

            2016年11月24日 10:08 発信地:マイアミ/米国  http://www.afpbb.com/articles/-/3109010

            【11月23日 AFP】イヌの回想能力が、これまで考えられていたよりも高い可能性があることを示唆する研究結果が23日、発表された。忘れっぽさや気移りに関して、イヌはいわれのない非難を受けてきたのかもしれない。
             米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に掲載された研究論文は、イヌには人の直近の行動を記憶する能力があるように見受けられると記された。
             この種の回想能力は、エピソード記憶として知られている。この能力により、頭の中で時間の流れをさかのぼり、出来事の細部を思い出すことができる。
             エピソード記憶は、ヒトを含む霊長類に存在することが知られているが、これがイヌにもあることが示されたのは今回の研究が初めてだ。
             研究を率いたクラウディア・フガザ(Claudia Fugazza)氏は、イヌに「今朝あったことを覚えてる?」と単純に質問することは不可能であることを指摘しながら、今回の研究では、自身が開発した訓練技術「Do As I Do(する通りにやってみて)」を適用したと説明。これは、イヌが聞かれたことに行動で答えることができるようにする技術なのだという。
             この手法に従うと、イヌは人の行動をまねるように訓練される。
             例えば人が、いすの上に立つ、空中に飛び跳ねる、傘をたたく、という動作をしたとする。そして、その人が「やってみて」と言うと、イヌは、その合図に合わせて同じ動作をするよう訓練される。
             今回の研究では、最初にこの手法でイヌ17匹を訓練し、褒美を与えた。次に、トレーナーがどんな動作をしても、地面に伏せているようイヌたちを訓練した。
             そして、トレーナーが突然「やってみて」と言うと、イヌたちはご褒美がなくても、前に見たトレーナーの行動と同じことをした。
             フガザ氏によると、この手法は、イヌに人まねをさせる段階を超えて、イヌが過去に見た行動を不意に思い出せるかどうかを調べるところにまで及んでいるという。同氏は、ハンガリーの「MTA-ELTE Comparative Ethology Research Group)」として知られる、世界最大のイヌ研究組織の一つと共同で研究を行っている。
            「この手法で訓練したイヌは、間に24時間を挟んだ後でも、飼い主の行動をまねすることができる」とフガザ氏は説明。「つまり、時間を挟んで『やってみて』の命令をイヌに出すことは、『飼い主がしたことを覚えてる?』と彼らに聞くのと同じことなのだ」と付け加えた。
             
            ■記憶の薄れ
             今回の結果は「他者の行動についてのエピソード記憶に似たものが、ヒト以外の動物種に存在することの初の証拠であり、この種の記憶がイヌに存在することに関する初の研究報告だ」と、論文は述べている。
             イヌの他にイルカ、シャチ、オウムなども、人の行動をまねするように訓練した経験があるフガザ氏は、さらに研究を重ねることで、この種の記憶が他の多くの動物にもあることが示される可能性があると考えている。
             対象となったイヌ17匹には、さまざまな種類の品種や雑種が含まれていた。
             イヌがトレーナーの行動を思い出すことができたのは、最大1日後までで、それ以降になると記憶が薄れ始めたと論文は指摘している。最短のケースは同1時間だったという。
             英ニューカッスル大学(Newcastle University)神経科学研究所の特別研究員、ジェマ・マーティン・オルダス(Gema Martin-Ordas)氏は今回の研究について、「探求の価値がある」アイデアであり、「イヌの記憶が、時間間隔を伸ばすほど薄れ続けるのかどうかや、保持する時間の間隔が同じでも内容をより複雑にするほど記憶が薄れるかどうかを調べることは、非常に興味深いだろう」と述べた。(c)AFP/Kerry SHERIDAN


            地震で原発事故想起は全国民

            あの時、もし何処かの原発の使用済み核燃料プールの水が一カ所でも空になってしまって

            いたら、と思うだけで戦慄する程の恐怖です。 福島第一に5箇所の使用済み核燃料プールがあり

            同じ危機的状況下の福島ニや女川を思うとよくぞ水が保たれていたと背筋が凍る思いです。

              もちろん他にも沢山の偶然が重なってかろうじて破局的放射能漏れは防がれました。

              もし一基でも深刻な放射能が漏れていたら事故炉から数百㎞の範囲で放射能は即死レベルと

            なり同様の事態は次々と連鎖して、日本どころか人類は滅亡していたのです。

               そんな事態を経験しながらも、今も平然と再稼働を進め、また起きるであろう巨大地震まで

            僅かな経済的利益の為に闇雲な再稼働が続いています。

               以下は、日本のマスコミの中で唯一まともなことを主張している東京新聞の控えめな弱腰の

            原発関連ニュースです。


            原発と地震 やはり不安は消えない

             夜明け前の東北地方をマグニチュード(M)7・4の地震が襲った。東日本大震災以降最大の津波も観測した。被害は小さかったが、原発が地域の安全と安心を脅かしている姿があらわになった。
             震源は福島県沖だった。福島第一、第二原発の前に広がる海だ。
             大震災の際、原発の近くを通る国道6号は一部浸水した。堤防工事が行われているが、まだ完成していない。国道は朝夕、作業員を乗せた車で渋滞する。津波が高くなくてよかった。
             福島県いわき市ではガソリンスタンドに車の列ができた。原発からは数十キロも離れているが、原発から放射性物質が放出されるのを恐れた人たちが、遠くに避難できるように給油したのである。
             最近の同県沿岸部は、新しい商業施設や宿泊施設ができ、一見、日常生活が戻ったような印象を与える。しかし、原発事故のときの混乱や不安を忘れていなかった。それを象徴する給油の列だった。
             第二原発で一時、核燃料プールの冷却が止まった。安全には問題ないと言うが、不安を訴える住民はいる。今回の地震は、住民にとって、原発事故はまだ終わっていないことを示した。
             東京電力は福島県知事らが繰り返し廃炉を要望しているのにもかかわらず、第二原発の廃炉を決めていない。福島の復興を言うのなら、廃炉の決定が望まれる。
             気象庁は今回の地震を東日本大震災の余震としている。最近、話題にならなくなっていたが、M7前後の余震は、一二年十二月、一三年十月、一四年七月、一五年二月と続いていた。「今後も年一回程度はM7クラスの余震が起きてもおかしくない」と言う。余震だけではない。大震災を起こした日本海溝よりもさらに東側で、アウターライズ地震という巨大地震の発生を警告する専門家もいる。
             日本は地震と火山の国だ。海底で地震が起きれば津波も発生する。首都直下や南海トラフ地震が話題になるが、予想もしない場所で大地震が起きることも珍しくない。福島県沖の地震は、私たちへの警告と考えたい。
             まずは家族や職場、学校で、もしものときの対応を話し合おう。旅行先だったら、といった想像力も働かせよう。
             原発は地震などの自然災害の際、複合災害となって被害を大きくする。原発事故のつけは、推進した政治家や企業ではなく、国民に回ってくる。全原発を廃炉にすることが国土強靱(きょうじん)化につながる。
             






            ベトナムは原発中止、フィリピン中止を再考、チェルノブイリは新たなお棺

             原発ねえ、止める国もあれば、やる国もあり、そして新たなお棺で頬被りを決め込む国もあります。

            さて、世界最大の地震国日本、なけなしのお金を投資した原発を惜しんで再稼働の大合唱ですが

            やっぱり気になるのは大地震、国土のあちこちでひっきりなしに起きる地震と恐ろしい超大地震襲来

            の不安、それでも原発を稼働しなければ電力会社は債務超過で倒産するか破綻の淵に瀕するのは

            余りに忍びがたいと原子力村を上げての起死回生の危険極まるごり押し再稼働です。

                この場に及んで安全対策も形だけで従来通りの安全神話が頼りの嘘で固めた原子力規制庁の

            体たらくでめでたく亡国を待つ愚かな日本国の明日は無いという悲哀を感じさせるネットニュース

            3本は以下です。

            ベトナム、日露支援の大規模な原発計画を中止

            2016年11月23日 15:59 発信地:ハノイ/ベトナム


            http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/6/280x/img_969d7085a0f05ed86307fc9f82bddab2144254.jpg ベトナム・ハノイで開かれた原子力に関する国際展示会で披露された同国初の原発に導入される予定のロシアの原子炉の模型(2012年10月26日、資料写真)。(c)AFP/HOANG DINH Nam     【11月23日 AFP】ベトナム政府は22日、電力不足を補うと期待されていた数千億円規模の原子力発電所2か所の建設計画を中止した。
             東南アジア初となるはずだった2か所の原発は、日本の電力会社9社などが出資する国際原子力開発(JINED)とロシア国営原子力企業ロスアトム(Rosatom)の支援によって、南部ニントゥアン(Ninh Thuan)省に計画されていたもので、計4000メガワットの発電容量が見込まれていた。
             計画中止の理由は、環境的・財政的問題に加え、09年に最初に計画が提案されて以降、建設コストが当初の倍の180億ドル(約2兆円)に増加してしまったためだという。ベトナム政府によれば、2011年の東日本大震災での福島第一原子力発電所の事故以後、いっそう先進的な技術が必要だと開発側が判断したため、コストが膨れ上がったという。また、ベトナム政府はウェブサイトで「(原発の)建設計画の中止は技術的な問題が理由ではなく、わが国の現在の経済状況だ」と説明している。(c)AFP


            32年間放置の原発、稼働を検討 フィリピン政府

            2016年09月01日 13:16 発信地:マニラ/フィリピン


            http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/8/500x400/img_780dca57ce4e3716365519f13cb5e531255099.jpg     フィリピン・マニラ西方のバターン州にあるバターン原子力発電所(2011年5月18日撮影)。(c)AFP/JAY DIRECTO

            【9月1日 AFP】フィリピン政府は8月31日、32年前に建設されたものの安全上の懸念から一度も稼働していない原子力発電所を復活させ、急増する国内のエネルギー需要に対応する計画を検討中だと明らかにした。
             首都マニラ(Manila)の西方約30キロ、バターン(Bataan)州にあるこの原発は、発電能力620メガワット。ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領の報道官は、「持続的で経済的にも利用しやすいエネルギーを求めてあらゆる選択肢を検討している。バターン原発の稼働も検討中だ」と述べた。
             バターン原発は1970年代の石油危機を受けて、故フェルディナンド・マルコス(Ferdinand Marcos)大統領政権下で23億ドル(約2400億円)を投じて建設された。しかし、腐敗と独裁で悪名高いマルコス政権が86年に軍の支援を受けた民衆革命で倒れた後、故コラソン・アキノ(Corazon Aquino)大統領は同原発の稼働を認めなかった。
             バターン原発については、立地が地震断層や活火山に近すぎるとの懸念が指摘されている。また、アキノ政権の稼働封印政策には、86年に旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ(Chernobyl)原発事故が起きたことも強く影響した。
             その後、電力不足や原油高を受けて復活論が浮上したが、東日本大震災に伴う福島第1原発事故などが影響し、稼働封印政策が維持されてきた。(c)AFP


            チェルノブイリ原発、新たな巨大シェルターで覆う作業始まる

            2016年11月15日 14:02 発信地:キエフ/ウクライナ

            http://www.afpbb.com/articles/-/3107987?cx_tag=pc_txt&cx_position=1#cxrecs_s

            【11月15日 AFP】ウクライナで14日、1986年に起きたチェルノブイリ(Chernobyl)原発事故の放射性廃棄物を封じ込めるため、原発施設を新たな巨大シェルターで覆う作業が始まった。今後何世代もの人たちの安全を守る目的がある。
             このプロジェクトの主要出資者である欧州復興開発銀行(EBRD)は11月29日までに設置を完了させる計画。総費用は15億ユーロ(約1700億円)だという。
             旧ソ連(現在のウクライナ)で発生したチェルノブイリ原発事故では、事故直後に少なくとも30人が死亡した。
             オスタプ・セメラク(Ostap Semerak)環境相は「チェルノブイリ原発4号機を大きなアーチ型構造物で覆う作業が開始されたことで、1986年に発生したこの事故以降30年にわたっている闘いの終わりが始まった」と述べた。
             同原発4号機は現在のところコンクリート製のドームで保護されているが、このドームは旧ソ連の救援隊が急きょつくったものであるため放射性物質が漏れる恐れがある。
             EBRDは大きな巨大シェルターの建設と設置は「工学史上、最も野心的なプロジェクトの一つ」だとしている。(c)AFP



            フイジーに植物を育てる蟻生息

             世界にはいろいろな生き物がいるのですね。フィジーに木のうろに種を蒔き、施肥をして

            植物を育て大きく成長したらそこを住処にして繁殖している蟻が生息しているというのです。

              植物にしてみればありがたいお話ですが、所詮施肥される堆肥は蟻の排泄物ですから

            有難迷惑なのかもしれません。


            植物を育てるアリ、フィジーで発見 研究

            2016年11月22日 09:45 発信地:パリ/フランス
            http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/d/2/280x/img_d26af989fd3e18c05ec6ffc9dcb57cc5134050.jpg パナマ・エレーラ県の農場で播種する人(2015年11月25日、本文とは関係ありません)。(c)AFP/RODRIGO ARANGUA    11月22日 AFP】太平洋の島国フィジーで、植物の種を植えて施肥をする、いわば「ミニチュア農場主」のようなアリが発見された。研究論文が21日、発表された。アリが「育てる」植物は6種類以上に上るとみられるという。
             英科学誌「ネイチャー・プランツ(Nature Plants)」に論文を発表した独ミュンヘン大学(University of Munich)の研究チームによると、アリが食用の菌類を育てることはこれまでの研究で観察されていたが、植物を栽培することを示したのは、今回の研究が初めてだという。
            「Philidris nagasau」という学名で知られるこのアリは、アカネ科スクアメラリア(Squamellaria)属の植物6種類の種を採集し、木の割れ目を見つけて植え付ける。
             アリは、成長中の苗を定期的に訪れる。発表された報道向け要約記事によると「苗に肥料を与えるために内部で排便し、その成長を助ける」のだという。苗は、木の内部に空洞の房を形成し、大きくなるとアリのコロニーの営巣空間となり、外敵からの保護を提供する。
             記事では「アリと植物は相互依存の関係にあり、どちらか一方が欠けるともう一方は生き延びることができない」と指摘された。
             研究チームは、アリとその栽培植物の進化の歴史を再構成し、両者の相互依存関係が築かれたのは約300万年前にさかのぼると結論付けた。歴史上最も多産な農業を営む現生人類が登場するはるか以前のことだ。
             スクアメラリアはいわゆる着生植物で、他の木の上で害を及ぼさない形で育つ。他の木に依存するのは構造上の支えだけで、水と栄養分は木に依存せず、空気と雨水から抽出する。(c)AFP



            癌痛対策は放置有るのみ

             癌に痛みが付き物だと言うのです。 30名を越える多くの方の闘病と死を見てきましたが

            ほんとうに大変そうでした。 一番多かったのはやはり膵臓癌で5人です。 他に乳癌や子宮癌

            胃癌、大腸癌、直腸癌、前立腺癌、肺癌、いろいろと在りました。

              人事の様に言っていますが、確かに人事で本人や家族は必死で切羽詰まって瀕死の中

            大手術や抗ガン療法に放射線療法に奔走しその中で末期となり緩和ケアを受けてみなさま

            静かに息を引き取って行かれました。

              でもねえ、人事だから言えるのかもしれませんが治療は止めておいた方が賢明ですね。

            癌の痛みも癌と戦っている人ほど痛そうでした。 特に必死の形相で徹底抗戦を貫かれた方は

            激痛の中壮絶な闘病の挙げ句あっさりと亡くなられました。

              私は、思います。もしも、全く治療せずに放置しておいたらあんなに苦しまずに済んだのでは

            と思います。 本当に癌の痛みなのかあるいは治療のもたらした痛みなのか疑問です。 さらに

            抗ガン療法や緩和ケアで大量に投与される麻薬の副作用で、出る麻薬中毒による禁断症状

            と思われる方が多々おられました。 私は医師ではないので診断は出来ませんが、

            初めから何も治療せず、手術もしなければあんな痛みは発生せず、緩和ケアも末期の断末魔

            の苦悶もおこらず多分後20年か30年生き長らえて寿命をまっとう出来たと私は全ての亡くなられた

            私の知る癌患者に確信しています。

             以下は医師が癌の痛みを脅しに使って人々に癌を恐れさせ新たな治療を数限りなく実施し

            大もうけをしている現実を報じるネットニュースです。

            医者が明かす「痛い死に方ランキング」ワースト50 最もつらいのはあの「がん」です

            現代ビジネス 11/21(月) 11:01配信

             歳を重ねれば、死ぬこと自体は受け容れざるをえない。だが、苦痛を伴う死に方は勘弁してほしいと思うのが人情だ。「痛い死に方」と「理想の逝き方」を研究する。
            想像を絶する苦しみ「がんの王様」
             「当時71歳だった父の膵臓がんが発見されたときは、すでにステージⅣで、医者から余命半年と言われました。このステージでの5年生存率は10%以下だとわかっていたので、それなりに腹は決めていた。

             ですが、その後の苦しみは想像を絶するものでした。背中や腰の痛みがだんだん激しくなり、本人は息をするのもつらいと言っていました。

             体重はすっかり落ちて痩せこけ、身体や眼の白目の部分が黄色くなる黄疸が出た。また、父は糖尿病を患っていたのですが、インスリンを出す膵臓をやられたことで、血糖値のコントロールができなくなり、病状は悪化していきました。

             結局は、生きる気力も奪われて4ヵ月ほどで亡くなりました。俗に『がんの王様』と呼ばれる膵臓がんとの闘いは、こんなにむごいものかと思い知りました」

             こう語るのは、山下雅史さん(仮名、57歳)。膵臓は体の奥のほうに位置し、周囲を胃や十二指腸、大腸、肝臓といった多くの臓器に囲まれているため、がんの発見が難しい。発見時の8割近くが手術不能の進行がんだというデータもある。しかも、強い痛みを伴うがんの典型例だ。

             戦後、日本人の寿命が延びるに従い、どのような病気によって終末期を迎えるかは大きく変化してきた。最終ページの表にあるように、現在では、約3割の人が、がんで亡くなっている。

             最近では早期発見すれば手術で完治するがんも多いし、緩和ケアも広がってきているので、昔ほど痛くてつらい病気ではなくなったがんもあるが、部位によってはやはり「いっそ殺してほしい」と思うほどの痛みを伴うこともある。
            太い神経に浸潤して激痛が走る
             日の出ヶ丘病院のホスピス相談医、小野寺時夫氏が語る。

             「がんになったすべての人が痛みを感じるわけではないですが、およそ7割の患者には身体的苦痛があります。命に関わる病で最も苦痛が大きいのが、がんという病気なのです。とりわけ膵臓の後ろ側には腹腔神経叢があり、がんがここを圧迫すると激痛があります。さらに肝転移を伴うと強い吐き気が出てくる」

             このような苦しみが絶え間なく、朝から晩まで、しかも数ヵ月以上にわたって続くのだ。

             今回、本誌は30名を超える現役医師たちに、「痛くてつらい病気」についてアンケート調査を行ったが、半数を超える医師から、膵臓がんの名が挙がった。

             山王メディカルセンターの鈴木裕也氏が語る。

             「がんの骨転移に伴う痛みはどれも強いですが、とりわけ膵臓尾部に発生した膵臓がんは、腰椎周辺の太い神経に影響しやすく、激しい腰痛に悩まされることもあります。

             肉体的な痛みを取り除くにはモルヒネの使用がありますが、モルヒネを使ってもその量や状況判断の誤りで、痛みが緩和されないこともあります。その原因の一つに、日本人の医者はモルヒネの使い方が下手だということがあります。技術を持つ医者が少ないのです」

             NTT東日本関東病院緩和ケア科部長の鈴木正寛氏が、がんが引き起こす痛みについて解説する。

             「腫瘍の痛みは、骨や筋肉、靭帯の痛みである『体性痛』、内臓の痛みである『内臓痛』、神経の痛みである『神経障害性疼痛』に分類できます。それとは別に、手術や抗がん剤、放射線治療によって出る痛みやしびれもある。

             確かに膵臓がんは比較的強い痛みが出やすく、薬の効きも悪い場合もあります。緩和ケアでは、そういう痛みには鎮痛剤だけではなく神経ブロック(一種の局所麻酔)を使って対応します」

             次から次へと襲いかかる痛みと、病を治療するために生まれる新しい痛み――その両方と向かい合いながら命を永らえようとするのが、がんの闘病生活なのだ。

            肝臓がんの場合
             膵がんに近い難治性のがんとして胆管細胞がんがある。先日亡くなったラグビー選手の平尾誠二氏や女優の川島なお美さんを苦しめたのもこのがんだ。

             胆管は普段意識されない部位だが、肝臓で作られた胆汁という消化液を十二指腸に運ぶ役目をする。がんの発見が遅れがちで、膵がんと同じような症状が起きる。

             同じく肝臓がんも発見が遅れがちな病気だ。肝臓はがんに浸潤されても自覚症状が出にくく、「沈黙の臓器」と呼ばれている。肺、大腸、胃、膵臓についで日本人の死亡数が多いがんでもある。

             症状としては体重減少、黄疸など様々あるが、肝臓がんに限らず、肝臓の病気に特徴的なのが腹水の発生だ。

             「肝臓の機能が低下すると血管外に水分が出て行ってしまい、腹に水がたまって、まるでカエルのようになる。ひどい場合は、水を抜いてもらわなければなりません。肺や胸のあたりに胸水がたまり、呼吸困難を感じることもあります」(都内大学病院内科医)

             腹水がひどい場合、「プールに入って、鼻の下ぎりぎりに水面があるような圧迫感」があるというから、そんな状態が続くと体力のみならず、病気と闘う意欲すらも失ってしまうだろう。

             また肝臓がんや肝硬変には、全身こむらがえりという症状もある。

             「全身のこむらがえりが起きると、患者さんは体をのけぞらせ痛がります。この痛みにはモルヒネも使用できません」(日比谷クリニック大和宣介氏)

            愛も記憶も失う
             日本人の死亡者数第1位の肺がんはどうか。これは肝がんの腹水でも生じた苦しい呼吸困難を伴う。肺がんの専門家である聖路加国際病院呼吸器内科の内山伸氏が語る。

             「一般的にがんは骨に転移すると痛みを訴える患者さんが多いですが、肺がんの場合は、肺全体に転移して息苦しさに悩まされる人が多い」

             言うまでもなく人は息をせずには生きていけない。24時間、病の苦しみを意識しなければならないという意味で、呼吸器の病気で死期を迎えるのはつらいことだ。

             同じ意味で、食事をするたびに痛みや苦しさに向き合わなければならない喉頭がんや舌がんといった、頭頸部の腫瘍も生きる気力を削がれる病といえるだろう。

             肺のがんは肝臓や脳に転移する確率も高い。脳の腫瘍は、また別の意味でのつらさがある。米国ボストン在住の医師、大西睦子氏が語る。

             「難治性の脳腫瘍だった米国人女性が、部分的な開頭術による脳の側頭葉の切除を行いました。ところが、その後に再発、もはや進行は止められないという状況になり、余命6ヵ月と言い渡された。

             その後は、頭蓋骨が割れるような激しい頭痛、絶え間なく襲いかかるてんかんの発作に苦しみ続けました。言語障害も起きて会話もままならず、最終的には最愛の夫の顔を目の前にしても彼の名前を思い出せなくなってしまった。

             彼女は結局、医師による自殺ほう助、いわゆる安楽死を選択しました」

             日本では米国のような安楽死は認められないので、脳腫瘍を患った患者は混濁する意識と記憶の喪失、そして激しい痛みに苦しみながら、死の訪れを待つことになる。

             このように長期間にわたって身体的・精神的苦痛と向き合うのが難治性のがんだ。医学がいくら進歩したといっても、その苦しみは簡単に和らぐものではない。

             「週刊現代」2016年11月19日号より

            最終更新:11/21(月) 18:01




            ミラーレス高齢者に危険

            そりやあそうでしょうね。 だってねえ、私なんかカーナビのモニターは全く見えません。

            どうしてかというと近すぎて目の焦点が合わないのですね。 だから2メートル以内に

            いる女性はみんな肌が綺麗で皺やしみの無い美しい方に思えます。 何しろ焦点が

            合いませんからね。 爆!! もちろん視力は1.5から2.0も在りますから5メートル程

            離れたら染みや皺やくすみなどがはっきり見えて、大抵の人は美人には見えなくなります。

              当然バックミラーやルームミラーでは2~30メートルの遠方を見るわけですから老眼で

            あっても何不自由なく側方や後方の状態が確認できます。 もちろん100メートルや200メートル

            の後方に覆面パトが追尾してきても全く問題なく認識できます。 しかし、です。もしミラーレス

            の車両に乗り換え、ウインドウやすぐ目の前の表示画面に後方や側方の映像が映し出され

            ても残念なことに私の目では近すぎて老眼鏡を付けないと全く何が表示されている

            のか確認できません。 もちろん老眼鏡をかければ前方の安全確認が出来ませんから絶対に

            走行中に老眼鏡はかけれません。 

              以下は、自動車会社が車両に新しい装置を装備してオプション価格で儲けようという魂胆が

            多くの高齢者にとって大変危険な選択であることを報じるネットニュースです。


            ミラーレスに死角? 高齢ドライバーには危険か、モニター式後方視界に思わぬ欠点

            clicccar 11/21(月) 19:47配信
            いよいよドアミラーを無くし、カメラとモニターで後方視界を確保しようという動きが現実的に動き始めています。

            【この記事に関する関連する別の画像を見る】

            スクープされたレクサスLSのテスト車両はどうやらミラーレスを前提にしている様子。

            そんな中、いち早く後方視界を電子化したのが日産のスマート・ルームミラー。

            リヤウインドウ付近に取り付けたカメラからの映像を、鏡面と切り替えが可能なルームミラーがモニターとなって後方視界を確保することができます。

            車内に人や荷物が載っている時、ルームミラー越しに後席乗員と目が合ったり、荷物が塞いだりで、肝心の後続車が(覆面パトか)よく見えない、という経験、誰にもあるでしょう。

            それを解消してストレートに後方の状況を見せてくれるメリットがあります。

            ところが、先日このミラーを使ってみたところ、意外な「死角」に気付きました。

            前方からミラー(モニター)に視線を移した時、何か違和感を感じたのです。

            50歳を超え、すでに老眼が始まっている者にとって、前方の少し遠くを見ていて、さっとルームミラーを見た時に近くのモニターにピントを合わせる速度がやや追い付かない状況です。

            鏡の場合はどうでしょう。鏡を通して見ているものというのは、鏡にピントを合わせているのではなく、鏡の向こうの物体までの距離にピントを合わせます。写真に詳しい人ならご存知ですよね。

            前方のやや遠くと、後方のやや遠くは、それほどピント距離に差がなかったのです。運転中のコンマ何秒という時間はハッとするのに十分な時間だし、目の疲労にも繋がりそうです。

            これは手前を近距離としてピントを合わせる遠近両用メガネでは上方を見上げるルームミラーには有効でないかもしれません。

            モニター式ミラーは、前述の他に、夜間でもかなり視界を確保できる、アウターミラーなら空力やデザインへの好影響などメリットは十分にあるはずです。さらには車両の周囲を監視するカメラは今後増えていくはずなのでそれを使わないのももったいない。自分も含め、言うまでもなく増えゆく高齢ドライバーのためにも、なにかしら将来の解決策に期待したいところです。



            (clicccar編集長 小林 和久)

            最終更新:11/21(月) 19:47

            鬼界カルデラのマグマ活動活発化

            日本列島に火山灰を広く堆積させたことで知られる鬼界カルデラのマグマが活動的になっている

            とう言うのです。 巨大噴火では火砕流は海を越えて鹿児島県に達しその到達距離は100㎞を

            軽く越えるというのです。 本当に火山は恐ろしいです。そして特に巨大な火山が林立する

            九州はいつ何どき巨大火山噴火や超巨大なカルデラの大噴火が起きるかだれにも解りません。

            以下は恐ろしい巨大噴火をしてきた鬼界カルデラのマグマが活発化しているという恐ろしいネット

            ニュースです。こんな巨大な火山がひしめいている九州に原子力発電所を立地させ、それを

            無謀にも再稼働するのは国民の生命や財産のみならず国家転覆罪に値する国賊行為です。 




            九州南方海底に活動的マグマ 神戸大が確認

            神戸新聞NEXT 11/19(土) 7:30配信

             神戸大学海洋底探査センター(神戸市東灘区)は18日、九州南方の海底に広がるくぼみ「鬼界(きかい)カルデラ」を調べた結果、熱くて濁った水が海底から湧き出る「熱水プルーム」を5カ所で確認した、と発表した。海底からの高さは最大約100メートルに上る。現時点では噴火予測はできないが、カルデラ直下のマグマが活動的であることを示しているという。

            【写真】鬼界カルデラ調査のイメージ

             同センター長の巽好幸教授(マグマ学)のチームは10月13~27日、大学保有の練習船「深江丸」を使い、鹿児島県の薩摩半島南約50キロに位置する鬼界カルデラ(直径約20キロ)内で、ドーム状に盛り上がっている場所などを調べた。

             音響測深装置で、水深約200~300メートルの海底に向けて船から音波を出し、反射波を観測。少なくとも5カ所で、海底からの高さ数十メートル~100メートル程度の熱水プルームを見つけた。

             チームは地震計5台、電位差計2台を海底に設置。来年3月に行う調査で回収するまで、鬼界カルデラの地震活動などを観測する。巽教授は「熱水プルームがあるということは、地下にマグマがあるということ。数年間調査を続け、マグマの規模や場所を明らかにしたい」と話した。

             鬼界カルデラは約7300年前に噴火を起こし、九州南部の縄文文化を滅ぼしたとされる。巽教授によると、こうした超巨大噴火は日本では過去12万年で10回発生。実際に起これば国内で死者が最悪約1億人と想定している。(上田勇紀)
            最終更新:11/19(土) 11:11






            国宝仏像にまた液体

            元在日の米国籍医師が日本の神社仏閣を巡りながらお清めと称して油をまいていた

            事件がまた再発です。 犯人は米国在住の医師・金山昌秀(52)という半島人でしたが、

            おそらく今回も同様の事件ではと思われます。

              以下はその折りの様々な出来事の記録です。

            寺社連続油被害事件

            出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
            移動先:案内検索
            寺社連続油被害事件(じしゃれんぞくあぶらひがいじけん)とは、2015年近畿地方を中心とした全国地域で、寺社国宝重要文化財などに、韓国系キリスト教団の開祖によって相次いでが撒かれた[1][2][3][4]事件[4]
            各地の警察は、[5]文化財保護法違反[3]器物損壊[6]建造物損壊[7]などの疑いで捜査を行っており、2015年6月1日に容疑者に対し逮捕状が発付され[7]、同年9月10日には日本の外務省から旅券返納命令が下され[8]、10月14日付でパスポートが失効となった[9]ことが判明している


            <奈良・興福寺>国宝の千手観音菩薩立像など5体に液体の跡

            毎日新聞 11/20(日) 20:07配信

             奈良市の興福寺で20日、国宝の千手観音菩薩立像や、四天王立像のうちの持国天像の台座など少なくとも5体の仏像などに透明の液体がかけられた跡が見つかった。奈良県警奈良署は文化財保護法違反容疑などで捜査している。

             同署によると、被害が確認されたのは、一般に公開されている国宝館と、国宝の東金堂の2棟にある仏像などで、床などにも液体の跡が付いていた。同日午後1時ごろ、来場者から「液体のようなものがかかっている」と同寺に連絡があった。

             2棟は午前9時から入場でき、開館前に職員が確認したが、被害はなかったという。同署は防犯カメラの映像などを調べている。同寺は21日、国宝館を閉館し、文化庁が調査に入る見込み。

             奈良県内では、昨年も東大寺や春日大社など多くの寺社で油のような液体がまかれる被害が発生していた。【芝村侑美】
            最終更新:11/20(日) 21:40


            国宝級「神社仏閣」に油を掛けた「カルト教祖」は在米産婦人科医

            国宝級の神社仏閣に油を掛けるとは、多くの日本人にとって不愉快極まりない行為であることはいうまでもない。しかし、急浮上した容疑者は、意外にも米国在住の日本人産婦人科医。その上、この男、カルト教団の創始者だという。驚くべき、その正体とは――。
             ***
             イスラム国は、歴史遺産の破壊や略奪を繰り返すことで知られる。こうした行為には、非イスラム的な文化を悪とする偏狭な信仰を実践する意味合いや宣伝効果を高める狙いがある。
             翻って、今回の事件はどうか。当初は単なる悪戯かとも思われたが、こちらにも我々には全く理解不能、噴飯モノの理由があった。
             警察庁によると、全国の神社仏閣で油のような液体が掛けられる被害は、16都府県48カ所で確認されている。しかも、東大寺(奈良市)や東寺(京都市)といった世界遺産や国宝級の文化財が含まれていたため、日本人の怒りを買うのも当然であろう。
             そんな折、千葉県警が建造物損壊容疑で米国在住の医師・金山昌秀(52)の逮捕状を取った。この男が、香取神宮(千葉県香取市)の柱など数カ所に油を撒いたというのだ。香取神宮の担当者が説明する。
            「3月26日の朝、うちの職員が国の重要文化財に指定されている楼門や狛犬、そのほか、賽銭箱など、計十数カ所に油のようなシミが付いているのを発見しました。甘い匂いがしたそうだが、どういう油かははっきりしません。修復は文化庁の指示に従って行う予定です。しかし、油を拭き取ることで、漆が剥がれてしまう恐れもあり、当分の間、そのままの状態にしておくことになりそうです」
             防犯カメラには、金山と似た男が液体を撒く仕草をする様子が映っているが、
            「東大寺や東寺でも似た男が映っていた。警察は、香取神宮以外の事件にも金山が関与しているとみて捜査を進めています」(全国紙社会部記者)
             特定の神社や寺を狙っているならばともかく、西日本から東日本まで広範囲の犯行である。犯人の特定には時間が掛るとみられた。そんな捜査に大きな進展が見られたのは、ある通報があったからだ。
             カルト教団について情報収集をしている、アッセンブリー京都教会の村上密牧師によれば、
            「油の撒布が問題になる中、キリスト教の教会が被害に遭っていないことに気付きました。そこで、こんなことをやるのはキリスト教系のカルト的なグループのはず、悪霊にまつわる活動を行っているIMM(インターナショナル・マーケットプレイス・ミニストリー)が怪しい、という考えに至った。その後、IMMの内情に詳しい人に連絡。ある韓国系のキリスト教団のHPに、金山が神社仏閣に油を撒いている映像がアップされているとの情報を掴んだのです」
             村上牧師は、その映像を入手。5月22日、京都府警南署に提出したという。
             IMMは、金山によって2013年5月に設立されたキリスト教系の教団だ。
             まず、金山医師の経歴について触れておこう。
             1962年9月、東京・深川で在日韓国人の両親の下に生れた。名門の駒場東邦高校へ進学。その後、帰化し、17歳の時には韓国系の教団で洗礼を受けたという。
             金山家を知る関係者が証言する。
            「父親は、医療用の電気毛布とか床暖房を作ったりする発明家でした。会社は小さかったものの、特許をたくさん持っていたらしく、近所ではそこそこ裕福だと言われていました。母親は『主人はハワイに別荘を持っていて、1年の半分はそっちで過ごしている』なんて話していましたしね」
            ■震災は神の警告
             金山医師は、3人きょうだい。姉と弟がいる。高校卒業後は米国のウィスコンシン医科大学へ入学。医師免許を取得し、現在、「ニューヨーク子宮内膜症センター」の所長として勤務している。
            「現地では有名な産婦人科医で、医師としての腕には目を見張るものがある。子宮内膜症だけでなく、不妊治療でも数多くの夫婦を救ってきた」(知人)
             米国を拠点に活躍する日本人医師といえば、聞こえはいいが、
            「彼は、2011年3月の東日本大震災を機に日本で宗教活動を行うようになりました」
             と話すのは、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団小岩栄光キリスト教会の吉山宏主任牧師である。
            「11年10月頃、うちの教会に彼が来て説教してもらった。その頃から付き合うようになった。初めて会った時は、気さくな人だと思いました。全国各地の教会を回るなど、日本のためを思う熱心なキリスト教徒だと思っていたのですが」
             ただ、日本に来るようになった経緯を聞くと、一般の人はギョッとする。吉山牧師が続ける。
            「その話を彼から直接聞いたことがありますが、概要を説明するとこうです。震災の直前、クリニックのスタッフと共に祈りを捧げていると、『やがて日本で大震災が起きる。直ぐに日本へ行きなさい』との神のお告げがあった。で、3月11日の震災が起こるまさに1、2分前、彼の乗った飛行機は成田空港で着陸態勢に入ったといいます」
             金山医師は、日本の教会で「震災は日本に対する神の警告。正しい神を信じなくてはならない」と語っていたという。ちなみに、離婚歴があって、
            「彼はニューヨークのプロテスタント系の教会に通っていたことがあり、そこで米国人と結婚式をあげた。ただ、金山さん曰く、結婚して5年程経った時、彼女の頭に蛇のようなものが巻き付いているのが見えたのだとか。そこで、妻に『お前は、本当は何者か』と問い詰めると、『私はフリーメーソンのスパイなんです』と告白され、離婚することにしたそうです」(先の知人)
             医師としては、こんなエピソードも披露していた。
            「ある時、難病に侵され、あらゆる医師から見放された患者の手術をやることになった。で、いざ、手術を始めるとキリストが囁く声が聞こえ、それに従って手術を進めた。すると、手術は奇跡的に成功、患者も助かったというのです」(吉山牧師)
             IMMを立ち上げたのも「神のお告げ」だという。
             マーケットプレイス・ミニストリー(MM)とは、一部のキリスト教徒には、前からある考え方である。それぞれの信徒の置かれた立場、職場や家庭、住む場所などで神に仕え、伝道しようというものだ。金山医師は、それを国際的、即ち、インターナショナルに行おうとしたようだ。
            「IMMの設立当初は、我々も問題ないだろうと思っていたんですけどね。しかし、やがて、彼の中にほかの教会の信徒を引き抜いて、IMMに縛り付けようとする傾向が見え始めたのです」(同)
             IMMには、最大250人程度の信徒がいたという。元信徒が補足する。
            「金山は、周りの人の意見を聞かず、自分こそが神の命を受けていると思い込んでいた。例えば、彼の下には様々な悩みを持った人が来るわけですが、そういう人にも神の声だと言って高圧的に『お前はサタンだ』『スパイだ』と罵っていました。カルト化の傾向がみられ、私自身付いていけなくなりました」
            ■オリーブオイルで…
             それにしても、なぜ、神社仏閣に油を撒いたのか。
             金山医師は、13年7月に行われたIMMの東京決起大会で、九州のある洞窟の写真をスライドに映し出し、
            「この場所で大虐殺があった。(中略)ここに呪いがある。(中略)私はここに行き『日本人の先祖が犯した罪を、主よ許してください』と罪の悔い改めの儀式をした。油を注ぎ、この場所を清めた」
             と語っている。
             教団内では、「祈りの儀式」と称し、「ヒソップの油」という液体を信者の額に塗っていたが、
            「金山さんは震災後、日本全国を説教して回った。その一環として、日本各地の山に登り、山の頂上にある祠(ほこら)などにオリーブオイルで小さな十字架を描き、清めの祈りをしていました」
             とは、先の吉山牧師。
            「聖書の中でオリーブオイルは、神の霊が働くとされています。病人が出ると、牧師や長老を招いて、オリーブオイルを注いでもらうことがある。日本でいえば、“清めの塩”や“盛り塩”みたいなものでしょうか。確か、立山や石鎚山などに登って、オリーブオイルで祠に十字架を描き、写真撮影していた。その写真を見せながら説教していました」
             まさかこんなことになるとは、夢にも思わなかったという。先の村上牧師の見方はこうだ。
            「金山は、悪霊を退散させた後に油を撒いて、その場所を清めているつもり。そうすれば、今度はそこに天使が降りてきて悪霊が再び戻ることはないと考えているようです」
             先の元信徒は、
            「特に反日感情があって、油を撒いていたわけではなかった。むしろ、本気で日本を救いたいと思っていた感じでしたね。金山自身、油を撒く行為を信者に推奨することはありませんでしたが、信者の中には、そういう行為をカッコいい、正義だと妄信し、本気で一緒になって油を撒きに行きそうな者はいました」
             都内に住む金山医師の姉に話を聞こうとしたが、
            「昌秀の行動については何も知りません。私もびっくりしているところです」
             と、言うのみである。
             だが、金山を知る関係者が言う。
            「数年前、ご両親が亡くなった後、3きょうだいは遺産相続で揉めてね。周囲からも『まずは、きょうだい、家族など自分の身の回りを顧みるべき』と忠告されていた。しかし、彼は全く聞く耳を持とうとしませんでした。お姉さんも、彼がIMMを立ち上げた頃から、こういうことは止めてもらいたいと心配していた。新聞で彼に逮捕状が出たことを知って『やっぱり、こうなってしまったか』と泣いていました」
             金山医師こそ罪深き人である。捜査員の前でも「日本の神社仏閣は呪われている」なんて言い張るのだろうか。



            マザーテレサに頻発する黒い噂

             マザー、テレサねえ。 同業者で彼女に傾倒する牧師さんを大勢知っていますが

            何でも信じ込む単純でお人好しが多いですね。 私ですか、実は私は初めて彼女の本を

            読み彼女の修道会の制作した自前の宣伝映画を見たときからこの人は間違った信仰に

            立ち、反聖書的な最悪の人物だと言い続けてきました。 おかげで教会からいなくなった

            信者が大勢いますが、それはそれで良かったと思っています。 要するに聖書の教える

            信仰や救いの基本を全く理解できていないからマザーテレサに傾倒でき得たと言う次第です。

            何が間違っているかというと以下の多くのマザーテレサの黒いニュースに書かれている点が

            彼女の似非救済事業の最大の問題です。

            「いとちいさな死にゆく人々に親切にする事はキリストに仕えることでその事によって自分が

            天国に行けるようになる。」 という下りです。

              逆に言えばマザーテレサの慈善事業は自己の魂の救済の為の偽善行為であり、肝心の

            いと小さな死にゆく老人たちの魂が救済されることは意に介さずひたすらに自己救済に邁進す

            るという欺瞞行為に過ぎません。病める老人の病気や痛みは看過してもその魂の救済の為に

            聖書の教える福音を伝えるべきキリスト者の責務を放棄しているような最悪の欺瞞事業家が

            崇められては聖書や教会が教えてきた人類救済の為の福音は完全に無視されているという

            ことになります。 以下は、マザーテレサの慈善事業がまやかし物であり、不詳続きのカトリック

            教会の世界を欺く事実無根の宣伝活動にすぎなかったという多くのネットニュースです。






            マザーテレサは
            「地獄の天使」と題したドキュメンタリー


            没後の2013年にはカナダの大学論文が「テレサの美談は、でっちあげ」と発表
            2013年にカナダの宗教学専門誌「Religieuses」でモントリオール大学とオタワ大学の研究者が発表した論文は、マザー・テレサの美談や名声は、カトリック教会の宣伝キャンペーンのためにでっちあげられたものであり、聖人には程遠い人物だったと結論づけている。
            テレサの名を世界に広めたのは1969年製作の英BBCドキュメンタリー
            論文はテレサの名が一気に世界に広めたのは、英BBCのマルコム・マガリッジ氏の力がもっとも大きいと指摘。中絶反対派でカトリック右派の彼女に共鳴した同氏は1968年にロンドンで彼女と面会し、69年にドキュメンタリー映画を製作。コダック社も彼女を宣伝に使い、その顔は世界中に知れ渡った。


             去る3月2日、インドの日刊インターネット新聞「The Times of India」に、「Mother Teresa 'saint of the media', controversial study says」とのタイトルで、マザー・テレサのこれまでのイメージがメディアによって作られたものであるという研究結果が出たと、掲載された。
             マザー・テレサといえば、貧困や病気にあえぐ弱い人たちの救済活動に生涯を捧げた、カトリック教会の修道女。修道会「神の愛の宣教者会」の創立者でもある彼女は、"無償の愛"の代名詞のように伝えられており、今なお、世界中の人々から崇め、慕われている。しかし、カナダの宗教学専門誌「Religieuses」最新号で大学の研究者が発表した論文によると、マザー・テレサの美談や名声は、カトリック教会の誇大宣伝のためにデッチあげられたものであり、聖人には程遠い人物だったというのだ。
            ■これまでのマザー・テレサ像
             1910年、オスマン帝国領のコソボ州で生まれたマザー・テレサは、敬虔なカトリック信者の両親に育てられ、12歳のときに「修道女としてインドで働きたい」と決心。18歳で、ロレト修道女会に入り、インドのカルカッタに派遣され、上流階級の子女の教育に携わっていたが、「すべてを捨て、最も貧しい人の間で働くように」という神からの啓示を受け、カルカッタのスラム街に移住。宗教を問わず、貧しい人、病気の人など弱者のために働きたいとし、1950年に修道会「神の愛の宣教者会」を設立。ホスピスや児童養護施設を開設し、その無償の愛の活動は全世界に知られるようになり、世界中から援助が集まるようになった。1971年に、教皇・パウロ6世から勲章「ヨハネ23世教皇平和賞」を授章されたのを皮切りに、ノーベル平和賞など数多くの賞が贈られた。1997年に、87歳で亡くなった時には、インド政府が国葬を行い、死後5年目にはヨハネ・パウロ2世が「彼女は福者である」と宣言した。そして、なにかと問題の多いカトリック教会において、清く正しく、いつまでも輝き続ける聖人のような存在として、マザー・テレサは人々の記憶に残ることとなった。
            ■明らかになりつつある、マザー・テレサの素顔!
            しかし、実像は異なるのではないか、と疑問を投げかける者が現れた。今回「Religieuses」に論文を寄稿したのは、モントリオール大学とオタワ大学の研究員たちである。
            彼らは、マザー・テレサに関する文献資料、約300件を調査し、「マザー・テレサが世界中に開設した517もの『死を待つ人々の家』ホスピスは、衛生状態が悪く、医薬品も慢性的に足りず、満足な治療が施せなかったと報告されている。しかし、彼女の修道会『神の愛の宣教者会』は何百万ドルもの多額の寄付金を受けており、金銭的に困っているわけではなかった」という事実を突き止めたと発表。そして、「マザー・テレサは、患者の痛みを和らげることはせず、痛みに耐えることを賛美して癒やすという、怪しげなことをしていた。多くの病人が、彼女の元を訪れれば、医師が治療をしてくれると思っていたにもかかわらず、彼女は、イエス・キリストの受難のように、痛みに耐えることは尊いことだと繰り返し言うだけだった」「人気が低迷しつつあったバチカンは、劣悪な環境で痛みに苦しむ人たちに『あなたは素晴らしい人間なのよ』と優しく接している、マザー・テレサのことをまさに“生きる聖女”だと大げさに宣伝することで、カトリックのイメージアップを図ろうとした」と指摘した。
             また、「バチカンは異例の早さで彼女を福者だと宣言したが、“痛みに耐えろ”という、怪しげな看護方法、問題点の多い政治家とのコネ(ハイチやアルバニアの独裁者を支持し多額の寄付金を得たという説がある)、多額の寄付金の管理に関する疑問点、そして、中絶、避妊、離婚に関して過度に批判していた点などは、一切、問題としなかった」とも綴っており、事実を知れば知るほど、マザー・テレサの神話はでたらめだということが明確になるとしている。
             さらに、マザー・テレサの名が一気に世界に広まったのは、英BBCのマルコム・マガリッジ氏の力が大きいとも指摘。中絶反対派でカトリック右派のマザー・テレサに共鳴したマルコムは、1968年にロンドンで彼女と面会しており、翌年、そのミッションをたたえる映画を製作。「初めて写真に撮られた奇跡」として、コダック社もマザー・テレサを宣伝に使い、彼女の顔は世界中に知れ渡った。
             奇跡といえば、バチカンは、「マザー・テレサは、ひどい腹痛に苦しむモニカ・ベスラという若いインド人女性の腹部に、宗教的なメダルを置き、祈ったことで治癒した」とし、マザー・テレサの奇跡として伝えている。しかし、医師は、「モニカが患っていた卵巣嚢腫と結核は、投与された薬により治癒したのだ」と証言しており、これを否定。それでも、バチカンは「奇跡だ」と主張し続け、多くの人々を騙しているという。
             なお、マザー・テレサは晩年心臓病を患い、ペースメーカーを入れる手術などを受けていたが、自身は衛生的で設備が整った近代的なアメリカの病院で、痛みを和らげる麻酔薬を投与されながらの治療を受けていた。まさしく、聖人からは程遠い人間だったというのである。
             マザー・テレサは聖人ではない、うさんくさい人間だという意見は、実は昔から出ていた。2年前に62歳の若さで食道がんでこの世を去った無神論者のジャーナリスト、クリストファー・ヒッチンズは、長年、マザー・テレサはとんでもない食わせ者だと主張し続け、それに関する本まで発行。「彼女が世界中から集めた寄付金を使えば、ベンガルにファーストクラスの病院を建てることだってたやすいことだった。しかし、彼女はそうせず、衛生状態の悪い、あまりにもひど施設に患者を収容し、ろくに治療を施さなかった。痛みを和らげるなど嘘だ。死ぬこと、痛みに耐えることを賛美する、まさしくカルトのような施設だったのだ」「信仰する宗教に関係なく看病したというが、それも嘘。朦朧とした患者に、痛みに耐えれば天国へ行けると、繰り返し言い、洗脳した」と厳しく批判している。
             今回発表された論文だが、「聖人的なイメージを持つマザー・テレサの創られた神話が、貧困にあえぐ人々の救済を目指す人道活動家たちを励ますことになっているのは確かだ」「しかし、マザー・テレサに関するメディア報道は、もっと慎重に、事実に基づいたことを伝えるべきだ」という言葉で締めくくられている。
             衝撃的な論文であるが、マザー・テレサの人気は不動のものだとされており、カトリック教会への打撃はさほどないだろうと、米メディアは見解を示している。今から10年前、2003年にローマ教皇庁はマザー・テレサの列福式を行ったが、世界中から25万人を超える人々が集まり祝福。実像がどうであれ、カトリックが全力を注ぎ創り上げたマザー・テレサの"聖人としての神話"は、揺らぐことのない、不動のものなのである。


            世界100カ国にあるテレサのホスピスは衛生状態が悪く満足な治療が施せなかった
            カナダの2大学の研究者らによると、マザー・テレサが100カ国で計517箇所に開設したホスピス『死を待つ人々の家』は、衛生状態が悪く、医薬品も慢性的に足りず、満足な治療が施せなかったと報告している。
            一方で多額の寄付はあり、金銭的には困窮していなかった
            2大学は「『神の愛の宣教者会』は何百万ドルもの多額の寄付金を受けており、金銭的に困っているわけではなかった」という事実を突き止めたとも述べている。
            患者には痛みに耐えることを賛美して癒やすという「怪しげ」な療法
            論文は、マザー・テレサは、患者の痛みを和らげることはせず、痛みに耐えることを賛美して癒やすという、怪しげなことをしていたと報告。一方で、彼女自身は、衛生的で設備が整った近代的な米国の病院でペースメーカー手術を受け、痛みを和らげる麻酔薬を投与されながらの治療だったと指摘する。
            テレサが起こした「奇跡」とされる病気の治癒は「薬によるもの」と医師が証言
            バチカンは「マザー・テレサは、ひどい腹痛に苦しむ…若いインド人女性の腹部に、宗教的なメダルを置き、祈ったことで治癒」し、「奇跡」と伝えているが、医師は、「女性が患っていた卵巣嚢腫と結核は、投与された薬により治癒したのだ」と証言している。
             

            「列聖」決まり、またも批判噴出

            「マザー・テレサの奉仕活動はキリスト教への改宗を目的としたもの」(インド右翼団体指導者)
            インド与党の支持母体であるヒンズー教至上主義団体「民族義勇団」(RSS)の指導者は2月23日、マザー・テレサの奉仕活動はキリスト教への改宗を目的としたものであると発言。同国内では抗議の声が上がった。
            「列聖は、テレサの慈善事業の価値についての論争を激化させる」(ワシントン・ポスト)
            米ワシントン・ポスト紙(電子版)は3月15日、マザー・テレサの列聖について、「多くのファンはローマ法王庁の発表を祝福をもって受け入れるだろうが、彼女の慈善事業や伝説が残した価値については、おそらく、論争を激化させるだろう」と指摘。
            「列聖はマザー・テレサの問題だらけの伝説に蓋をすること」(ハフィントンポストUS版)
            Huffington Post US版では、インド出身の編集者クリティカ・ヴァラグール氏が、「マザー・テレサの列聖は、彼女の問題だらけの伝説に蓋をすることになる」と主張、「彼女は聖人ではない」とまで言い切っている。

            聖女の“裏の顔”が取り沙汰される背景とは?

            支持回復のためにテレサを「メディア・キャンペーン」に利用するカトリック教会への反発
            カナダの2大学による論文は、マザー・テレサの美談や崇高なイメージが「弱体化したカトリック教会」に対する支持を回復させたい教会側の「メディア・キャンペーン」だったと結論づけている。列聖を前に改めてテレサの悪評が表面化する理由は、こうした教会側への反発との見方もある。
            1990年代から聖職者らによる児童への性的虐待が明るみに。国連も「教会が隠蔽」と報告
            1990年代ごろから米メディアは、カトリック教会の関係者らによる児童への性的虐待を指摘し始め、2002年にはボストンの地元新聞が、地元の教区で起きた神父による虐待を報じ、世界的な注目を集めた。国連(UN)も2014年、カトリック教会が数万人の聖職者による児童虐待を隠蔽してきたとする報告書を発表している。
            不透明な支出や業者との裏取引など、バチカンの放漫財政も問題化
            伊の暴露本によると、ローマ法王フランシスコはいま、膨れ上がる人件費、チェックなしの支出、不当な代金を請求する業者との裏取引など、バチカンの放漫財政に悩まされている。全世界の信者からバチカンに寄せられた献金のうちの6割がローマ法王庁の赤字の補填に使われていた疑惑も浮上している。
            教会はかつて、人道上大きな役割を果たしてきたが、現代では「犯罪や腐敗の温床」に
            カトリック教会はかつて、特権的立場を活用し、人権弾圧が横行する国などでは、人道上の「駆け込み寺的な存在」として大きな役割を果たしてきたが、一方で、「犯罪や腐敗の温床」にもなり、「透明性が要求されるような現代では、その負の側面が目立つようになってきた」。

            シベリヤ鉄道北海道延伸案浮上・有事には難民殺到

            え! 日本がロシアと陸続き!! そんな恐ろしいことは止めましょう。 というのが実感です。

             確かに日本とヨーロッパとの物流は豊かになり、いろいろな恩恵があるかもしれませんが

            同時に人間や家畜の感染症や疫病も入ってきます。 そして何よりも恐ろしいのはロシアの

            軍事力も鉄道を経由して簡単に樺太に展開でき、また航空機や弾薬などもいくらでも集積できて

            しまいます。 厳しい寒さのシベリヤから温かい北海道や日本列島の本州に観光客が

            殺到するかもしれませんが日本人の宿泊設備はロシア人に占領されて何の益もありません。

            そして、英国に難民が押し寄せたようにいざ紛争となると侵略軍丈ではなく世界の難民が

            押し寄せて来て治安や環境が悪化するだけでろくなことはありません。

            以下は富裕層や大企業が大もうけできても庶民は実質的に多大な損害を被るだけの

            ロシア人の経済侵略の食指のおぞましさを報じるネットニュースです。

            シベリア鉄道 延伸プラン まずはサハリンまで

            http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201611/images/PK2016112002100050_size0.jpg
             来月の日ロ首脳会談に向けロシア側が提案したシベリア鉄道を北海道まで延伸するプランの詳細が判明した。第一段階として、シベリアとサハリンを鉄道で結び、第二段階で北海道をつなぐ。日本と欧州を結ぶ動脈になるとして日本からの出資を求めているが、日本側は慎重な姿勢だ。 (編集委員・五味洋治)
             日ロ両政府が十五日に開いた閣僚級の「貿易経済政府間委員会」で、ロシア側が「他の経済協力の実現にも貢献する中核プラン」として説明した。
             ロシア側の説明によるとシベリア鉄道延伸は、五百八十キロ強の新たな路線を敷いてロシア本土とサハリンを結ぶ。タタール海峡(間宮海峡)については、橋とトンネルでつなぐ両案があるが、橋(六キロ)の場合は開通まで七年半、トンネル(一二・六キロ)は九年半かかる。
             完成すれば、低コストの物流路線になり、日本とロシア、欧州との物流や人的交流が飛躍的に増加し、市場競争力も増す、としている。
             ロシア側の試算では、第一段階で、ロシアとサハリン間で九百二十万トンの貨物が行き来し、北海道までつながれば、日ロ両国間で二千六百万トンの貨物量が見込まれるという。
             しかし、工期の短い橋でタタール海峡をつないだ場合でも、第一段階だけで総工費は約三千九百億ルーブル(約六千五百億円)と巨額になる。経済協力はロシアの医療や生活面の向上、極東の産業振興など八項目ある。十二月十五日に山口県で予定される安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領との会談で、文書として発表される予定だ。






            イグアノドンの脳の化石発見

             脳味噌なんていうとお豆腐程度の固さで強い衝撃を与えるだけでグチャグチャに潰れる

            デリケートで軟弱な組織です。もちろん脳脊髄液に浮いていますので水の中のお豆腐と

            同じでそう簡単に壊れませんが死後に化石となって残るのは希有という次第です。

            しかし、たまたま恐竜が最後を迎えた場所が水分の多い沼地であったため奇跡的に

            脳味噌がそのままの形で化石化されたからだというのです。 もちろん化石化していますから

            恐竜の脳味噌にどんな機能があったのか解明することには役立ちません。

              以下は世界で初めて化石化した草食恐竜イグアノドンの脳の化石発見を

            報じるネットニュースです。


            英で発掘の化石、恐竜の脳だった 史上初の発見

            2016.10.31 Mon posted at 11:39 JST  http://www.cnn.co.jp/fringe/35091399.html
             


            (CNN) 今からおよそ1億3000万年前、1頭の草食恐竜が深い沼にはまって死んだ。英ケンブリッジ大学などの国際研究チームは31日までに、イングランドで発掘された化石について、その恐竜の脳だったことが分かったと発表した。恐竜の脳の化石が見つかったのは史上初めてだという。
            化石はアマチュア研究家が2004年にイングランドのサセックス地域で発見。ケンブリッジ大学のデービッド・ノーマン氏などの研究チームが分析を進めていた。
            恐竜はイグアノドンという種類で、脳が残っていた理由を解く鍵は死に方にあった。
             ;
             
            陸上生物の脳は組織が柔らかいことから瞬く間に腐敗が進み、化石となって残るのは極めてまれ。
            しかし酸素濃度が低く酸性度が高い沼地のような環境では腐敗が進みにくいことが分かっており、この恐竜はそうした環境で死んだために組織が長期間にわたって保全されたと研究チームは推定している。
            今回見つかった脳の化石は現代のワニや鳥類の脳と似ていて、大きさは握りこぶしほど。草食恐竜にしては大きいことからも注目された。表面に光沢があって、髄膜のようなしわがあったことから脳の化石とみて検証を進めていたという。

            「シベリアのユニコーン」、化石発見 2万9000年前に生存 03/30

            94光年のかなたに高度な文明? 「非常に強い信号」を観測 08/30

            1万年前の大型哺乳類の歯、9歳の少年が発見 米ミシガン州 04/21

            地下室で男性を発見、家族が15年間監禁か ブラジル 10/27




            プロフィール

            油食林間

            Author:油食林間
            FC2ブログへようこそ!

            最新記事
            最新コメント
            最新トラックバック
            月別アーカイブ
            カテゴリ
            検索フォーム
            RSSリンクの表示
            リンク
            ブロとも申請フォーム

            この人とブロともになる

            QRコード
            QR